March 08, 2019

フードタイム@経堂

「フードタイム」に行きました。
今年1月にオープンした南インド料理のお店です。
南インド料理は、タミルナドゥ州、ケララ州、アンドラプラディーシュ州、カルタナーカ州などがありますが、こちらはタミルナドゥ料理を中心とした南インド料理が頂けるようです。
前回ラッサムとビリヤニが美味しかったので再訪しました。

53344653_2173327066046476_4666727987125682176_n

店主はアラガッパン・モルゲッシュさん。タミルナドゥ州チェティナード地方のカライクディ出身だそうです。
ムンバイのホテル・シェルダンで10年ほど働き、日本では大阪のマドラスキッチンや、船堀のゴヴィンダスを経て、こちらのお店のオーナーシェフになったそうです。

53397895_2173327089379807_7135872980147503104_n

メニュー。
生ビールにラッサムとワダ・サンバルを頼みます。

54394324_2197833710262478_7772454044710207488_n

カレーはダルフライとアンブールチキンカレーを。
ここのメニューはメニューが豊富ですが、本格的過ぎて、野菜のカレーといっても、豆や野菜の種類がメニューだけではわかりにくいです。が、前回より少しだけわかりやすく表記されていました。

54377013_2197833726929143_9091894536644329472_n

ドーサも気になりますが、プーリーやパラタをオーダー。

53934097_2197833543595828_4318681038801862656_n

ビリヤニも色々あって迷う中、前回はアンブールビリヤニを食べたので、今回は、マトンハイデラバードビリヤニをオーダーしました。

54435005_2197833680262481_901860681672818688_n

ワダ・サンバル・セット

最初にワダとサンバルのセットが出てきました。
ワダは水に漬けた豆やジャガイモを潰して、小麦粉や青唐辛子などを練りこんで揚げたドーナツ状の軽食です。ココナッツのチャトニやオニオンチャトニが添えてあり、サンバルと一緒に食べます。

P3060304

揚げたて熱々のワダは、サンバルに浸しながら食べるのが南インド風。ここのサンバルが美味しくて、ひたひたになったワダにチャトニを加えながら食べると、ぐずっと崩れながらサンバルの旨味を吸ったワダが旨い。

P3060309

ビールは一番搾り。

P3060307

ラッサム

前回のラッサムも美味しかったけれど、今回はまた違った作りで、タマリンドやトマトの酸味は抑え目にして、唐辛子の旨味を強調した半透明な仕上がり。スパイスや唐辛子も利いているのですが、フレッシュなコリアンダーの香りを生かしたさらりとした洗練された味わいでした。

P3060310

キッチンで店主が黙々と作っています。前回はセカンドシェフでしたが、やっぱりモルゲッシュさんが作ると全然違うな。

P3060311

プーリー

揚げたてでぷっくりと膨らんだプーリーがこれまた旨い。

P3060312

ダルフライ

ダルカレーは縦長のポットに入って運ばれてきました。

P3060313

レンズ豆のほっこりとした甘みの中に、フレッシュトマトやコリアンダー、唐辛子やスパイスがたっぷり入っています。豆の旨味が溶けている優しい味わいの中に、唐辛子のアクセントもあり、今まで食べたダルカレーの一線を超えた奥深い味わい。

P3060314

チキンチェティナードカレー

スパイスと辛味が合わさった結構こっくりと粘度のあるチキンカレー。
わりと濃いめの味付けとしっかりとした辛さがあります。

P3060320

パラタ

チャパティの生地にギーを塗りながら練りこみ焼いたもの。
これも層になって空気を含みながら、もっちりふわっと焼いてあります。

P3060319

マトンハイデラバードビリヤニ

P3060315

ライタはトマトとパプリカと赤玉葱のマイルドなヨーグルト風味。

P3060318

ふんわりぱらっと仕上がったビリヤニは、この前後のカレーとも一緒に食べることを想定していて、辛さは幾分抑えているようです。マトンはくさみもなく柔らかく煮込まれていて美味しいです。

P3060316

色々混ぜながら食べるのが、最高です。

P3060317

食後はマサラチャイ

P3060325

事前予約なら、色々特別な料理も作ってくれるみたいなので、その前にもうちょっと通わないとな。

「フードタイム」

東京都世田谷区経堂2−3−9 1F

03−6413−9986


ranmarun at 20:00|PermalinkComments(0) エスニック・アジアン 

March 07, 2019

BERCE@箱根強羅

「BERCE」に行きました。

箱根ハイアットリージェンシー内にあるシェフズテーブルレストラン。
ここの総料理長の金山シェフのお料理を頂きに、季節ごとに訪れています。


882ca881

Drappier Brut  Nature

シャンパンはドラピエのナチュールで。

P3050258

Asperge アスパラ

ホワイトアスパラガスとプンタレッラの葉。
そのすり流し的なスープには酸味を利かせて。

P3050261

 Bastianich Vini Orsone 2014

イタリアのフリウラーノ。すっきりとした酸味と柑橘の香り。

P3050262

Saint-Jacques 帆立

帆立と筍のパイ包み。その三層が同じ厚さに仕上がるように焼き上げたパイ包みには、トマトのエキスのスープとせりを添えて。以前は、ビーツと黒トリュフのパイ包みの三重奏で感動したけれど、今回は春の食材を重ねて、トマトの酸味とせりの苦みが筍と帆立を軽やかに仕上げて。

P3050263

Rue de Vin Merlot 2016

フルーティーで軽快な味わいのメルロー。

P3050270

Calmar  イカ

切れ目を入れたアオリイカを炙って、セロリと文旦、クレイトニアやボリジと合わせて。バターソースにほんのりクミンの香りがアクセント。

P3050268

Domaine du Gros' Nore 2014 


バンドールの赤。

P3050266

Haricots Blanc 白インゲン豆 

白インゲン豆、つぼみ菜、スティックセニョールなどをニンニクと刻んだ黒トリュフ、パルミジャーノと。上にも黒トリュフがたっぷりかかっています。

P3050273

菊鹿 シャルドネ


熊本のワイン。りんごやオレンジの花、ときおりバニラ香。

P3050276

Berix 金目鯛

神奈川長谷川さんの金目鯛。皮目をぱりっと、身はしっとりふわふわとした食感に仕上げた金目鯛の火入れが素晴らしいです。
オレンジのソース、フヌイユのピュレ、プティベール、金柑、乾燥ケイパーのパウダーを添えて。

P3050279

Heritiers des Marquis d'Evry' 2008 Chateau de La Marquis

ブラックカラントやプラムなどの果実味。

P3050280

Agneau 仔羊

フランスリムーザンの仔羊は、パセリバターをはさみ、網脂で巻いて。タルティーボとローズマリーの花を添えて。ジューシーでミルキーな香りの仔羊にローズマリーの花の香りがとてもいいアクセントでした。

P3050283

Barbaresco 2013 IL Pozzo

ブラックチェリーやなめし革、茸のニュアンス。

P3050285

Boeuf  牛

イギリスのヘレフォード種の牛肉。ヘレフォード種の牛肉は何度も食べていますが、日本に入ってきたものを食べるのは初めてでした。密質できめの細かい肉質の赤身肉は、柔らかく、あっさりとした旨味があります。ソースはイチローズモルト15年を使ったウイスキーのソース。付け合わせは人参のグラッセだけというシンプルさがまたいいです。

P3050287

飛露喜 純米大吟醸

ここで、日本酒が出てきました。

P3050288

鯛飯

メニューにはありませんが、いつも最後の〆の炭水化物をリクエストしているので、特別に作ってくださった一品です。

P3050292

鯛も長谷川さんの鯛です。ねっとりとした旨味を持ち、何もつけずにそのまま食べても美味しい鯛。

P3050289

こちらは胡麻醤油のたれで漬けにしたもの。

P3050290

それをご飯の上にのせて頂くと、胡麻だれのコクと鯛の旨味、ご飯の甘みと合わさって、あっという間に平らげてしまいました。お米は佐賀の米だそうです。

P3050293

ご飯おかわりして、最後は両方の鯛と山葵、白胡麻をのせて、鯛出汁をかけて鯛茶漬けに。思わぬサプライズ料理に大満足でした。

P3050297

不知火

アバンデセールは、不知火(デコポン)に、文旦やレモンなどの柑橘のシャーベットと、アボカド。
デセールにアボカドを使うのは珍しいですが、柑橘だけの酸味や甘さにコクを出して、それぞれの柑橘香りや味わいをつなぎ合わせてくれます。

P3050299

ブラッドオレンジ 

小田原で作っているブラッドオレンジとパプリカのソース、蜂蜜風味のチュイル、エクアドルの75%カカオ。オレンジとパプリカの香りの融合も素敵でした。

P3050300

Mignardise ミニャルディーズ

食後は小菓子とコーヒーで。食後は、シェフとレストランや食材話の談義。シェフは魚や野菜、果物などは神奈川のものを積極的に使いますが、伊豆で食べた猪が美味しかったのと伊豆鹿のお話をしたら興味を持ってくださいました。次回は、伊豆のジビエもシェフの抜群の火入れで食べられたらいいなと思います。

P3050303

「BERCE」

神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320 ハイアットリージェンシー箱根リゾートスパ内

0460−82−2000



ranmarun at 19:00|PermalinkComments(0) フレンチ 

March 06, 2019

舞寿し@伊豆修善寺

「也万波」での昼食の後は、修善寺駅に戻ります。

途中わさび漬けのお店がいくつかありました。わさび漬けの撹拌機が展示されていました。

54432792_2193794113999771_5376488620033048576_n


















わさび漬けの他に、花山葵も売っていたりしました。今回はさらに別の目的地に行くので購入しませんでしたが、わさび漬けだけでもいろんな種類があるんですね。

53708099_2193794130666436_3220478078971019264_n


















そして、修善寺駅前にある「駅弁 舞寿し」に行きました。
伊豆箱根鉄道の駅前で40年以上駅弁を販売しているお店で、ご主人の武士東勢さんと80歳を超えるお母様、奥様の3人で切り盛りしているそうです。
ここでの名物の
「武士のあじ寿司」を購入しました。

54257016_2193794140666435_8199686789674303488_n


















武士(たけし)のあじ寿司 1100円

伊豆近海の地鯵、伊豆修善寺の醤油、伊豆天城の山葵、伊豆松崎の桜葉、伊豆の米を使い、鯵と味にこだわって作っているあじ寿司ということで、食べてみたかったのです。

たいていの駅弁は酸化防止剤や保存料、トレハロースなどの添加物を使っているところがほとんどなのですが、こちらは無添加で作っているのがとても嬉しいです。
踊り子号の乗車時間に合わせて作り販売しているそうで、ちょうど乗る5分前に慌てて行ったら最後の1個でした。人気のお寿司なので、確実に手に入れたい方は事前予約をお勧めします。

P3050255

蓋を開けると色艶いい美味しそうな鯵。
沼津の鯵は骨付きのまま1日塩締めしてから、塩抜きして1日酢締めしたものを骨抜きして、さらに一晩寝かせたものを販売直前に切り分けて、酢飯と一緒に箱に詰めていくそうです。
下の酢飯は白胡麻がまぶしてあり、松崎の桜の葉の塩漬けを塩抜きしたものが敷かれ、細切りにした生姜と天城産のわさびがのっています。レモンとガリをのせて。醤油がついています。

P3050256

近隣ではわりとメジャーなO軒の鯵寿司は、かなりしっかり酢で締めた押寿司なのでまあそれも伝統の味ですが、裏を見るとかなり色々添加物が入っているんですよね。
こちらは、裏を見ると「ごはん、酢、食塩、砂糖、鯵、桜葉、しょうが、わさび、レモン、ごま」と自然な調味料のみです。そして、ちゃんと鯵のフレッシュな香りを残した柔らかな酢締め加減で身の美味しさを味わうことができます。脂ののりぐあいや大きさなどは季節によっても変化しそうで、そこがまた魅力的。鮮度重視なのでこの駅でしか買うことができません。
ここのあじ寿司はまたリピしたい美味しさでした。

P3050256


















あじ寿司の他には、あじ巻寿司、い寿司、椎茸弁当、わさびいなり、助六などもあるようです。
電車に乗らなくても、もしくは待ち時間があってもお弁当を食べられるスペースがある「駅弁カフェたけし」が近くにあります。


「駅弁 舞寿し」

静岡県伊豆市柏久保631−7

0558−72−2416



ranmarun at 15:00|PermalinkComments(0) 寿司 

March 05, 2019

也万波@伊豆修善寺

伊豆の修善寺に来ました。
前日は「修善寺マリオットホテル」に泊まり、次の日のお昼は、この時期採れる花山葵丼がどこかで食べれないかとぐぐると、駅近くに「也万波(やまんば)」という料理屋があるみたい。さっそく前日夜に翌日昼の予約を入れました。


54256304_2193793960666453_753607206707920896_n


















「也万波」
は修善寺駅から徒歩2、3分の所にありました。

53850229_2193793980666451_8059565453032292352_n


















店横には店主が書いたメッセージと鮪魂と書かれた黄色い張り紙は何かしら。

53694069_2193793993999783_132445302371123200_n


















中に入るとカウンター席と小上がりのテーブルが2卓。ご主人と女将さんが二人で切り盛りしています。
メニューの花わさびどんぶりと猪肉のオリーブオイル焼きご飯を頼みました。
ずがにうどんも気になったり。値段は昼と夜で千円ぐらい異なりますが、どの料理も副菜色々と味噌汁がついてくるセットのようです。


53916346_2193794033999779_5333805668837097472_n


















お酒は、お勧めの蔵玉しぼりたて原酒を頼みました。宮城蔵王の日本酒だそうです。

54401863_2193794103999772_4824051226133921792_n


















まずは日本酒と共に、釜揚げしらす山椒
きりっとした甘みが美味しい日本酒とちりめん山椒です。


P3050237


















うずら卵のカレー煮

なにげないアテが美味しいです。

P3050238


















花山葵の白和え

花山葵と白胡麻の香るねっとりとした白和え。

P3050239


















椎茸焼き

さっと焼いた柔らかな生椎茸は、伊豆白岩の原木椎茸。黒トリュフ塩と日本平で作っているオリーブオイルをかけて。椎茸とオリーブオイルの香りがとても良く、日本平でオリーブ園があるのも初めて知りました。

P3050241 (2)


















炊き合わせ

がんも、豆腐、こんにゃくの炊き合わせにインゲンを添えて。お皿にはお出汁がないのですが、がんもを一口食べるとその中のお出汁がかなりたっぷりじゅわっと溢れてきます。甘辛の味がしみた豆腐やこんにゃくも優しい味付け。

P3050242


















猪肉オリーブオイル焼き

陶板でオリーブオイルと焼いた猪肉は、伊豆産の2歳半の雌のロース肉で、散弾銃ではなく罠で獲ったものだそう。秋はどんぐりを食べ、冬はゆり根や山葵の芽や自然薯、春は筍を掘り出して食べるそうで、高級な食材をたっぷり食べて育った猪は脂(白身)の甘みが格別で全くくさみなどありません。

P3050243


















脂が二層になった頃が食べ頃だそうで、その段々にぷっくりとした脂を山葵と食べるのが最高です。
添えてあるクレソンのシャキッとした苦みとすりおろしたばかりのフレッシュな山葵の香りと辛味とと共に、猪の白身の甘み、赤身の旨味を堪能しました。これは丹波の猪の生産者も脱帽したそうです。
実におかわりしたいくらい美味しい猪肉でした。

P3050246


















花わさびどんぶり

P3050248


















花わさびどんぶりには、花山葵のお浸しと海苔、削り鰹、生山葵のすりおろしがのっています。

P3050247


















どんぶりの具は季節によって異なるようですが、この日は蛸でした。
ご主人が締めたという釜揚げ蛸はぷりっぷり。私は蛸好きなので、このまま山葵醤油で食べながら、日本酒を飲んだり。

P3050249


















どんぶりにのせながら食べても美味しいです。花山葵は、一年中食べられるように漬け込んで置くそうで、季節ながらもあのぴりっと爽やかな香りを期待していたのですが、辛味がなかったのが残念でした。でも生山葵が足りなかったら言ってくださいというのが嬉しいです。

P3050250


















味噌汁

わかめと油揚げの味噌汁です。

P3050251


















おこげ

最後に猪肉焼きで残った脂に、ご飯とにんにくを入れておこげを作ってくださいました。上にはわさび菜の葉を刻んだものとミックススパイス塩がかかっています。お米も地元で知人が作っているものだそうです。

P3050252


















片面をかりっと熱々に焼いたおこげは、ニンニクの香りや猪脂の甘みを吸って、香ばしく美味しい。

P3050253


















デザートは蜜柑。

P3050254


















伊豆界隈で獲れる食材を使い、アイデア溢れるメニューが色々ありました。
次回は、お魚料理や猪鍋なども食べてみたいです。


「也万波」

静岡県伊豆市柏久保544−27

0558−72−0711


ranmarun at 11:30|PermalinkComments(0) 和食 

March 03, 2019

鮨 㐂邑@二子玉川

「鮨 㐂邑」に行きました。
いつもは昼に行っていたので、夜は初訪問です。

53886069_2191226794256503_3826806085390434304_n


















まずはCoedoビールで喉を潤します。

P3030201


















子持ちやりいか

とろとろに火入れした卵が入った子持ちやりいか。

P3030203


















これは日本酒も欲しくなり、長珍 純米吟醸を燗酒で。

P3030202


















牡蠣蕎麦

三陸の大きな牡蠣は米油でコンフィにしたものがのっています。蕎麦は信州の乾麺だそうですが、乾麺の方がシコシコとした食感があり、温かいつゆが美味しい。寒い日だったので暖が嬉しい。

P3030204


















鱈の白子のリゾット

クリーミーな鱈の白子のスープで炊いたリゾットには、カンボジアの赤胡椒を。

P3030206


















渡り蟹の塩辛

大分の渡り蟹を生のままケジャン風にお酒と七味唐辛子で漬けこんだもの。いろんな魚の内臓なども酒盗のようにつけてありますが、この時期は渡り蟹の卵もたっぷり。濃厚ながらも漬けてあるお酒が、今までのブランデーではないハーブの香りでさっぱりとしています。

P3030207


















何のお酒に漬けたの?と聞くと、ええと何だっけな・・・と言って奥からこの瓶を見せてくれました。
なんとロマノ・レヴィじゃないですか!しかもハーブが入ったボトル。
ニガヨモギやミントが入っていると思うのですが、これを渡り蟹に漬けるお酒として使ってしまうなんて何という贅沢。そのまま飲ませてほしいくらいです。それを惜しみなく使う所が木村さんの太っ腹
そして、これを使った渡り蟹は今までの中でも最高に美味しかった。

P3030209


















ふぐと白子

とらふぐは、骨や身、髄などを11時間沸騰させないように煮てとったスープに、さらにふぐ皮を入れて1時間半煮込んで、焼き白子を添えて。味付けは薄口醤油1滴だけだそうです。コラーゲンたっぷり。

P3030211


















握りに入る前に、この日のシャリを海苔にはさんで。米と酢は10年ぶりに変えたそうです。
酢は以前から使っている富士酢の赤酢と岩手遠野のどぶ酢のブレンド。お米はそのどぶ酢のために作っている4号米を使っているそうです。
米はぱらっとしていて割と固め。ただぱらぱらし過ぎて、握り難いそうですが、さすがちゃんと握ってくれます。

P3030212


















いか

舞鶴の剣先いかは1週間寝かせたものを、薄く削いでたたいで。
とろっと甘みのあるいかとシャリのほぐれ具合がとてもいいです。

P3030214


















さより

富津のさよりは塩して1週間。

P3030215


















桜鱒

青森の桜鱒は2週間寝かせて。余分な水分が抜け、しっとり柔らかな旨味。

P3030216


















かわはぎ

竹岡のかわはぎは、6日目。中には肝と葱をはさんで。

P3030217


















あじ

和歌山の鯵は1週間寝かせて酢締めしたもの。皮付きでその香りもいいです。

P3030218


















かんぱち

30垓のかんぱちは数週間寝かせて。脂がまわって水分が適度に抜け、旨味をより感じます。

P3030220


















しま海老

しま海老は4日寝かせて。とろんとした甘さです。

P3030221


















いわし

銚子の鰯は塩締めして10日ほど寝かせて。直前で酢で締めることにより、酸味が立って、脂の旨味を引き締めてくれます。

P3030223


















かじき

名物のまかじきは、2か月くらい熟成させています。塩乾燥させてから1か月目くらいに数秒漬けにしたもの。以前よりもコーヒーのような熟成香がマイルドになり、コーヒーというよりミルクティという感じでした。

P3030224


















手こね寿司

和歌山のケンケン鰹、ミョウガ、三つ葉、葱、白胡麻などを合わせた手こね寿司。薬味の香りが爽やかで、さっぱりと。

P3030225


















玉子

プリンのような卵焼き。

P3030226


















追加ネタです。

金目鯛

P3030227


















いかガリ巻

P3030228


















熟成鮨とはいえ、毎回洗練されています。
昨年からロンドンやパリなど海外でのイベントなども行っていますが、今年も引き続きアメリカなどで海外イベントを行っていくそうです。体無理しないくらいに頑張ってくださいね。


「鮨 㐂邑」

東京都世田谷区玉川3−21−8

03−3707−6355




ranmarun at 18:00|PermalinkComments(0) 寿司 

March 02, 2019

日の出の蛤鍋

三重県桑名市にある有名な蛤料理のお店「日の出」
桑名産の本蛤をしゃぶしゃぶや焼きなどで出す創業90年以上の老舗料亭で、旬の蛤を食すため全国から食通が訪れ、グルメ漫画の美味しんぼの97巻にも紹介されています。
いつかは行きたいと思いながらも、なかなか予約が困難なのでまだ訪問したことはありません。

ただ、こちらのお店ではお取り寄せもすることができるので、自宅で蛤鍋を楽しむことができます。
蛤は1圈2人前)〜3圈6人前)まで、1圓ら上は500g単位で選ぶことができ、お値段は8640円〜23220円となっています。量が多いほどお値段もお得になりますが、今回は、12人前のセットをお取り寄せして頂きました。

桑名産の蛤1圓郎夙瓦した状態でネットに入っていて、特製の出汁と葛切り、酢橘がついています。

53489200_2191226787589837_7511007303659683840_n













蛤鍋に使う蛤は4年物の大きさを使うそうで、焼きは8年物とさらに大きなものを使うそうです。
まあ鍋だとこのくらいがちょうどいいサイズです。

P3020171


















用意したのは、三つ葉。酢橘。

P3020174


















長葱のスライス、三ノ助の木綿豆腐、ついていた葛切り。

P3020173


















まずは、ペットボトルに入っていたお出汁を土鍋に注ぎます。

P3020177


















そして、お出汁が少しぐつぐつと沸騰したところで蛤を入れます。
説明書きには、30秒くらいで開いた頃が食べ頃ですと書かれていましたが、30秒ではまだ開きませんでした。お出汁の温度が低かったのか1分半くらい経つとぱかっと開いてきました。

P3020181


















1個目は、殻に対して身はちょっと小振りですが、まだ蛤の旬よりも早い時期ですし、個体差もあるようです。でも、味はとても美味しい♪何もつけずにそのまま頂いても滋味深い味わいです。

P3020184


















2個目はぷっくりふくらんだ瞬間に上げ、レアな食感を楽しみます。

P3020186


















お酒は、Sergio Barale Sullelanghe  2011
リストランテ・バリックから頂いたというスプマンテ。ピノネッロとシャルドネの辛口ですっきりとした味わいとミネラル感が蛤との相性もいいです。

P3020179


















続いて白葱と三つ葉を投入。

P3020187


















そして蛤も。

P3020188


















これは当たりでした。殻に対して、かなり膨らんでいます。お店では蛤だけ食べさせて、三つ葉や葱、豆腐は後から食べる流れですが、家だと一緒に食べることができるので、またいい合いの手になります。

P3020189


















豆腐は柚子酢をかけました。

P3020190


















「御料理はやし」さんから頂いた柚子酢がまたいい塩梅で美味しいの。

P3020175


















そんな感じで、蛤、三つ葉、葱、豆腐を共に、酢橘を絞ったり、柚子酢で頂いたりを繰り返して・・・
蛤でこんなにお腹いっぱいになったのは初めてです^^;

P3020191


















だんだん蛤の旨味が濃くなっていくお出汁に入れた葛切りも美味しいです。
お店では茹でた熱々の葛切りだけに、黒胡椒をかけて出すようです。

P3020193


















スプマンテは飲み切ってしまったので、小田原レモン クラフトチューハイ。
このシリーズは色々あるのですが、柑橘の香りがしっかりとあり美味しいチューハイです。

P3020196


















残ったお出汁にご飯を入れて卵雑炊に。

P3020197


















卵は1個でいいのに、2個入れてしまったものだからちょっと卵多めの雑炊。

P3020199


















おかわりは海苔をのせて。

P3020200


















実家の両親には昨年送ったのですが、実際に食べるのは初めてだったので、蛤鍋美味しい♪と再確認。
今年も実家に送ろうかなと思っています。


日の出の蛤鍋のお取り寄せはこちらへ





ranmarun at 19:00|PermalinkComments(2) 料理 

March 01, 2019

滋養軒@函館

「滋養軒」に行きました。

一昨年行こうと思っていて、意外に早閉まいだったので、行けなかった有名店。
今回は、17時半に行きました。

54206264_2189923191053530_7622723513312346112_n


















メニューを見ると塩ラーメン500円から始まって、どれもリーズナブル。ビーフンのメニューが多いのも気になりますが、焼き餃子と塩ラーメンを頼みました。

53545928_2189923214386861_7018497476772495360_n


















焼き餃子 

まずは、焼き餃子。鉄のフライパンで蒸し焼きにしてからこんがり焦げ目をつけた焼き餃子。
小振りの餃子は柔らかな皮と焼き色がついた皮の部分が香ばしく、野菜とお肉の餡が丁度いいバランスで美味しいです。タレは自分で作るのではなく、特製の餃子タレで。
タレも酢と醤油の塩梅がよく、卓上には辣油もあるけれど、それはいらないかなっというくらいにいい塩梅でした。

P3010167


















塩ラーメン

麺は自家製麺だそうで、中細のストレート麺。
チャーシュー、メンマ、葱がのっていて、透明なスープです。塩味はわりと強いですが、ストレートでもちっとした麺との相性がいいです。


P3010165


















ご夫婦二人で切り盛りしているお店なので出てくるのは遅めですが、カウンター席に座ったので丁寧に作っているお姿を見ることができました。炒飯を作る鍋さばきが見事でした。常連の方が頼んでいた炒飯やビーフンも美味しそうだったので、次回に頼んでみようかな。

「滋養軒」

北海道函館市松風町7−12

0138−22−2433

11:30〜14:00  17:00〜19:00



ranmarun at 17:30|PermalinkComments(0) ラーメン 

February 28, 2019

元祖インドカレー 小いけ@函館

次の日は函館駅前から、路面電車に乗って出かけることにしました。

54233725_2187237391322110_7481702063194243072_n


















函館はコンパクトな町で、市内の観光名所はこの市電でほとんど巡ることができます。

53530361_2187237497988766_8841190608312729600_n


















函館駅前から4つ目の宝来町で下車。
そこから徒歩1,2分のカレー屋「インドカレー 小いけ」に向かいます。
函館ではとても有名なカレー屋ですが、道を挟んだ両脇に「元祖インドカレー 小いけ」と「印度カレー小いけ本店」が並んでいます。

53545888_2187237454655437_2547897397397159936_n


















「元祖インドカレー 小いけ」に行きました。
黄色い看板が目印です。もともとは明治生まれの東京生まれの創業者小池義次郎氏が、横浜や浅草のレストランで修業し、昭和23年に函館にはまだなかったカレー屋「印度カレー小いけ」を開きました。炭火でバターと小麦粉を焦がさないように長時間炒めた「空こがし」という製法で印度カレーを函館の人に広めていきました。創業者が亡くなった後は、創業時代の従業員が引き継いで、当時の伝統的な味を今でも守り続けているようです。

53399818_2187237467988769_8928588403897794560_n


















一方、「印度カレー 小いけ本店」は、現在創業者の孫が引き継いで、伝統を守りながらも新しい時代との調和融合を目指して、創業当時の味に手を加えてオリジナリティのある味に仕上げているようで、カレー以外にもオムライスやナポリタン、ピラフなどもある洋食屋的な感じ。

53375542_2187237567988759_2953423798554066944_n


















どちらも行ってみたいですが、まずは元祖の味を堪能することにしました。
メニューには、カレー、カツカレーの他にカツ丼や親子丼などもありました。
カツカレーを頼みます。

53196734_2187237514655431_7376338677108047872_n


















カツカレー 980円

10分くらいして、カツカレーが出てきました。チキンステーキカレーやハンバーグカレーなどもありますが、お客様の大多数がカツカレーを頼んでいます。
運ばれてきた瞬間にスパイスの香りと香ばしく揚げたカツの香りがふんわりと鼻をくすぐります。

P3010159


















カツは豚肉の薄切りに細かめのパン粉をまぶしてカリッとサクサクに揚げてあります。
ルーはさらっとしながらも、結構辛さがあり、その中に野菜やチャツネの甘み、豚骨スープの旨味などが合わさり、絶妙な複雑味があります。

P3010162


















ご飯は、道産米を固めに炊いてあり、玉葱の甘みと数週類のスパイスの香りと辛味が効いたルーと共に食べ進んでいくと、どんどんくせになる美味しさ。インドカレーといっても本場のインドは長時間煮込んだりはしないので、日式のインドカレーですが、函館市民には昔から親しまれているのもわかる、はまる味です。

P3010163


















薬味は福神漬けと紅生姜。かなり真っ赤ですが、これらを加えるとまたマイルドな味わいになりました。

P3010164


















次回は、小いけ本店に行って食べ比べしてみたいと思います。
どちらも甲乙つけるわけでなく、美味しいと思いますよ。

「元祖インドカレー 小いけ」

北海道函館市宝来町22−4

0138−23−2034 

11:00〜15:30

続きを読む

ranmarun at 12:30|PermalinkComments(0) エスニック・アジアン 

February 27, 2019

鳳蘭@函館

2月で切れる寸前のJALマイルで、函館に来ました。
本当は星龍軒に行きたかったのですが、なんと昨年4月末で閉店していました。
一昨年末に食べた美味しい塩ラーメンは、もう一度食べたかったなあ・・・

で、「鳳蘭」へ。
1950年創業の函館の老舗ラーメン店です。

53352630_2187237317988784_6075385317848776704_n


















前回は塩ラーメンを食べて美味しかったのですが、今回は気になっていた焼きそばを頼むことにしました。メニューは、カレーとシューマイ、ライスと飲み物以外は50円〜100円くらい値上がりしていました。あと、ザリジという豚のから揚げもメニューに追加されていました。鶏のから揚げはザンギといいますが、豚のから揚げはザリジというんですね。

53698431_2187237334655449_1834504849949982720_n


















焼きそばは、やわらかとパリパリの麺があります。やわらかで頼みました。

53769913_2187237364655446_4389087677475979264_n


















あと、前回食べられなかったシューマイ。この仕込まれた山を見たら食べたくなっちゃいます。

P2280150


















シューマイ 

まずはシューマイが出てきました。注文を受けてから蒸した焼売は、練り上げた肉餡と皮が柔らかで、グリーンピースがのっているのが懐かしい感じです。何もつけなくても美味しいけれど、結構ボリュームがあるので、途中で酢醤油と辛子をつけながら食べました。

P2280152


















そして、ビールが飲みたくなったので、サッポロクラシックビール。
やはり、焼売にはビールが合います。

P2280157


















焼きそば やわらか

揚げたパリパリ麺もあるけれど、やわらかでオーダーした焼きそばは、茹でた麺に玉ねぎや筍、キクラゲ、豚肉や海老、帆立を炒めて煮込んだとろみのないスープがかかっています。この日は大将が作ってくれました。

P2280156


















野菜たっぷりのとろみのないスープがひたひたとしています。やわらかな茹で麺と味覇も使っているよねというくらい旨味あるスープを吸いながら、くせになる味わい。あんかけ焼きそばとはまた異なる味と食感です。これが函館の焼きそばなんですね。
後半は、焼売に添えてあった辛子を溶き混ぜながら、頂きました。

P2280158


















ふわふわ卵たっぷりのスープにも癒されました。

P2280155



















「鳳蘭」

北海道函館市松風町5−13 

0138−22−8086

11:00〜21:30


ranmarun at 20:30|PermalinkComments(0) ラーメン 

February 25, 2019

松川@赤坂

「松川」に行きました。

260578ca-s


















Guy Michel 1990


ギー・ミッシェルの90年。パリフォリの古酒が好きでよく買っていたけれど、こちらも素晴らしいです。ピノムニエ主体のコクと甘みに熟成香。

P2250124


















たいらぎと花山葵

帆立貝の器で、たいらぎ、車海老、花山葵を炭火でさっとしゃぶしゃぶ仕立てに。花山葵のピリッと辛味に貝や車海老の旨味がよく合います。

P2250125


















そら豆とばちこの飯蒸し

焼きそら豆と焼きばちこの飯蒸し。

P2250126


















おこぜのお造り

おこぜをお造りにしてくださるお店は、松川さん以外なかなかないですが、透明感あるおこぜの身には、噛みしめるほどに品のいい旨味がじんわりと出てきます。

P2250127


















赤貝

閖上の赤貝は、ひもや肝も添えて。

P2250130


















白魚の天ぷらと帆立真薯の椀

帆立真薯に白魚と蕗の薹の天ぷらをのせて。白魚の天ぷら大好きなので嬉しいです。帆立の甘みにさっくりと揚がった蕗の薹の苦みと香り、ほっこり白魚を極上のお出汁で。

P2250131


















蟹しゃぶ

前回も頂いて、美味しかった一品。レアな食感が残るくらいにしゃぶしゃぶ仕立てにした蟹の身に蟹味噌をお出汁と酢で引き伸ばしたたれの塩梅が素晴らしくて。こしあぶらの苦みがアクセント。

P2250132


















みる貝

炭火で焼いたみる貝。みる貝は焼くと旨味が凝縮します。ベルーガキャビアも添えて、旨味に旨味を重ねる贅沢な美味しさ。

P2250135


















仔鴨焼き

串に刺して焼いた仔鴨も絶品です。

P2250138


















ぐじとうすい豆

もううすい豆が出ているんですね。ほっこりとした甘みに焼いたぐじを合わせて。

P2250139


















すっぽん焼き

すっぽんの香味焼き。定番ですが、柔らかなゼラチン質とぷりっとした身がたまりません。

P2250140


















鮑のしゃぶしゃぶ

京都の鮑と淡路の若芽。

P2250141


















これをせりが入ったお出汁でしゃぶしゃぶにします。

P2250143


















せりのしゃきしゃきした苦みと鮑の旨味。

P2250144


















山芋そば

たたいた山芋にうずらの卵黄をのせた冷たいお蕎麦です。

P2250145


















鮑雑炊

鮑のしゃぶしゃぶで残ったお出汁を雑炊に。

P2250146


















甘味

蕎麦粉を焼いた生地と小豆餡。

P2250147


















薄茶

P2250148


















苺と柑橘のゼリー寄せ

P2250149


















いろんな春の食材を堪能しました。

「松川」

東京都港区赤坂1−11−6 赤坂テラスハウス1階

03−6277−7371


ranmarun at 20:30|PermalinkComments(0) 和食