March 10, 2007

白碗竹快樓@赤坂3

赤坂の路地裏にある「白碗竹快樓」に行ってきました。
六本木ヒルズ店は行ったことがあったのですが、ここは初めて。
租界風のノスタルジックな雰囲気の建物。以前旅館だったところを改装したそうです。
メニューは沢山ありますが、一皿の量がかなり多いので、今回はコースで。
しかも、キャンペーンで通常10000円のコースが6000円でした。

前菜5種ふかひれの姿煮、北京ダック
ここの北京ダックは北京式と広東式があって、北京式は皮と脂だけを、広東式はお肉もついてきます。個人的には肉付きの方が食べ応えとジューシーさがあって好きですが・・・

前菜ふかひれ北京ダック







海鮮蟹味噌あんかけ、ラム肉水餃子
蟹味噌あんかけといえども蟹味噌の味がしない・・・海老も冷凍っぽいし、物足りない味です。ラム肉も苦手ですが、豆板醤の効いたラー油で臭み消ししてありました。
普通の餃子の方が好きかな・・・
海老と蟹味噌あんかけ水餃子







牛肉の甜メン醤炒め、鱈と白子の天ぷら
いいお肉なのにちと塩辛いのがもったいない感じ。白子もこの時期はもう臭みが出てだめかな・・・っとがっかりしっぱなし。
牛肉の甜めん醤炒鱈と白子の揚げ物








なんだかコース料理では物足りなくアラカルトで、追加してみました。
すっぽん一匹土鍋煮込み
店長さんから「いや〜かなり量が多いので食べれますか?」と聞かれたのですが、ここの名物の土鍋煮込みはやっぱり食べたいので、無理言ってお願いしました。
すっぽん一匹土鍋煮込み







これは絶品美味しいです土鍋の大きさとボリュームにびっくり(・◇・)
一匹分のすっぽんに椎茸、筍、ナツメや八角などを入れてぐつぐつと・・・
コラーゲンたっぷりです。あんはご飯にかけたい気分♪
やっぱり品数少なくてもカルトで頼めば良かったな〜

〆はコースの続きでなまこと香菜の汁そば、鴨肉と鮑のあんかけご飯
なまこと香菜の汁ソバ鮑かけご飯







高級食材なんですけど、組み合わせが微妙でこれも味が中途半端でした。
やはりここは、大勢できてカルトで注文したほうが、外れがないでしょう。

「白碗竹快楼」

〒107-0052 東京都港区赤坂4-2-8 金春ビル別館
03-3585-4657


ranmarun at 03:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) チャイニーズ 

March 09, 2007

ゲウチャイ@目黒4

パクチーとか、香草が苦手な私は、タイ料理っていつも敬遠していたんですが、ここは美味しい!
目黒駅に極近い「ゲウチャイ」チェーン店は屋台料理でいろんなところにあります。
が、ここは宮廷料理スタイルで、ベンジャロンの食器と個性的なインテリアで楽しめます。

「ソムタム・タレー」青いパパイヤやお野菜とシーフードをかなり辛いドレッシングで。うは〜一皿目から、辛いけどシンハーBeerがすすみます
「ポーピアンクン」海老春巻きもぷりぷりです。
ソムタムタレーポーピアンクン豚肉の角煮とお野菜







なんていう料理か忘れてしまったのですが、予約する時にこれはおすすめです。といわれた一品。豚肉の角煮や干し海老、唐辛子などいろんなスパイスが混じったソースに野菜をつけて食べます。揚げたナスがGoodでした

魚の浮き袋と蟹のスープ、プーパッポンカリー、鶏炒飯
スープはあんかけ風でとろみがあるのですがいまいち。プーパッポン(渡り蟹のカレー)はまろやかくり〜み〜でこれは◎!カオパッドガイ(鶏炒飯)も頼んだけど、2人ではお腹いっぱいです。べふ〜
魚の浮き袋と蟹スーププーパッポンカレーカオパッドガイ






一皿の量が多いので、大勢で来た方がいろんなお味を楽しめそうです。
ちょっとタイ料理に火が点きました
ランチはバイキングらしくこれも惹かれます〜♪
にしても、各皿を彩る野菜で作る、お花カービングの技術は素晴らしかったです!!



「タイ王国宮廷料理 ゲウチャイ 」
東京都品川区上大崎2-14-9 目黒コーワビルB1
TEL:03-5420-7727



ranmarun at 05:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) エスニック・アジアン 

March 08, 2007

左近太郎3

京都の町屋風の雰囲気をリーズナブルに楽しめるお店。「左近太郎」。
東京にも銀座に2店舗あり、なかなか予約が取れません。
今回は新橋演舞場の脇にある「分左近太郎」に行ってきました。
入り口壷庭床の間













周りには、数々の有名料亭が立ち並んでいます。全席個室なので、少人数だとなかなか予約が取りずらいのだとか。

先付けは、せりのお浸し、鰤の南蛮付け、イカ飯
赤米を使って微発砲にした日本酒「微紅」はロゼのシャンパンみたいで、美味しいです
お造りは、中トロ、鯛、環八、横輪、ウニ。とくに鮪の稚魚の「横輪」とウニが絶品でした
先付けロゼの発泡日本酒お造り







揚げ物は新鮮な生のししゃもを天麩羅で。凌ぎの豆乳のホワイトスープは冷製豆乳苦手なので微妙。。タピオカも入っているんですがw。焼き物はあいなめの梅幽庵焼きはタラの芽の天麩羅も添えてあります。
ししゃもの天麩羅豆乳のホワイトスープあいなめの梅幽庵焼き






焚物は湯葉かぶら蒸しと京野菜の炊き合わせそして、追加で頼んだ地鶏の唐揚げと明太子と九条葱のオムレツ
まあ、可もなく不可もなくといった感じです。オムレツはととろとろ半熟卵焼きにおだしの餡がかかっていて美味しかったです。
湯葉のかぶら蒸し地鶏のから揚げ明太子と九条葱のオムレツ






強肴は手長海老をサーロインステーキ鯛と生うにの炊き込みご飯と赤だしとっても大きな手長海老には驚きました。甘くてとろとろです。でもステーキは、せっかくいい赤身肉なのに、その味を消すようなレトルトっぽいデミグラスソースでちょっと残念です。炊き込みご飯も一人鍋用の鉄鍋で固形燃料で炊くので、火力が弱いせいか、せっかくのお米がべちゃべちゃでこれまたがっかり・・・しかも、ウニはひとかけらしかないし・・・
手長海老とサーロインステーキ鯛と生雲丹の炊き込みご飯デザート







まあ、周りは○万円もする敷居が高い料亭が立ち並ぶ花町の中、お茶屋風の雰囲気のお座敷個室で5〜8千円でこれだけのお料理が食べれるので贅沢は言えませんね。食器もあまりこだわりがないのは家賃やお料理の値段に反映するのかな・・・
雰囲気やサービスはとてもよかったです。

「分左近太郎」
東京都中央区銀座7−15−5 共同ビル一階

03−5565−5055

http://www.sakontaro.co.jp/


ranmarun at 21:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 和食 

March 05, 2007

オハラス4

五反田から大崎方面にちょい歩き、町工場周辺のマンション地下に、隠れたフレンチ「オハラス」がありました。
こんなところにこんな素敵なレストランが・・・
ドイツ人マダムが優しく迎えてくれます。こじんまりとしながらも洗練された雰囲気。

アミューズに鰯のマリネトーストとフォアグラとトリュフと根セロリのサンド大理石風
ほとんど生です。臭みが一切無くて、鰯と言ってたけど、これはきびなごみたいにぷりぷりしています。
アプリコットのジャムにはさんだトリュフとフォアグラ。根セロリって大根みたいな味がしました。パンジーのお花も食べれちゃいます。

看板片口鰯のマリネフォアグラ








ブータン好きには必須!?ブータンのキッシュです。香草嫌いの私は、ちょっと余計な感じするけれど、さくさくキッシュの中のブータンは濃厚でたっぷり入っていてこの血合いがたまりません♪これでハーフポーション。
ブータンのキッシュ







ここからは、お友達と別メニューをチョイスしました。
スープは京極町人参のポタージュスープと蛤チャウダースープ
京人参の甘みがあふれるクリーミーな冷製スープ。とってもまろやかな優しい味です。蛤のだしが強くでているスープも滋味があって美味しいです。塩加減が強い気が。

京人参のスープ蛤のスープ








メインはお魚をとばして、比婆牛のいちぼステーキべアルネーズソースと鴨のサルミソース
いちぼやわらか。鴨は半羽ポーションでびっくり!これまた濃厚なソースです。今回は食べきれませんでした。付け合せのお野菜のバターソテーがガルグイユ風でGoodでした。北海道のお野菜は美味しいです。ソースでパンが何個もいける♪

いちぼのステーキ鴨のサルミソース








デセールは苺のショートケーキとフォンダンショコラ
苺ショートケーキフォンダンショコラ








お料理はこれがスペシャリテという特徴的なものはないですが、どれも美味しいですし、一皿のボリュームがかなりあるので、今回選んだ7800円のコースは、コスパとサービスを考えたらとってもお得なお店だと思います。
シェフは、フランスで10年、札幌で「メゾン・ドゥ・サヴォア」という店を23年開いていた実力派。ここも正統派レストランの一つになりますね。 そして隠れ家的な・・・


「レストラン オハラス」

東京都品川区大崎5-4-18 朝日プラスチックビルB1F
03-5436-3255

人気ブログランキングへ

ranmarun at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

March 04, 2007

焼肉チャンピョン3

恵比寿にある「焼肉チャンピオン」へ行きました。
A5和牛一頭買いのお店で豚や鳥などはなく牛一点です。連日満員御礼。
少し時間をずらして行きました。

まずは、お勧めの煮込みと塩ユッケを食べました。
そのあとステーキのような分厚い特選ロースを頂き、ハラミが売り切れだったので、サガリ 。煮込みは少し辛味が聞いた味噌仕立て。サガリはハラミの横のスジの歯ごたえが美味しいです。
煮込みサガリ








「クリ」と「ザブトン」
栗の形をしている赤身の柔らかい部位。初めて聞いた名前でしたが、これはまります!店長さんはこれが一番旨いよと言ってました。ザブトンはトロケマス・・・有無言わず白ご飯が食べたくなるお肉。白ご飯オーダー。

クリザブトン









中落ちカルビとホルモン盛り合わせ。
胡麻油と葱で漬けた内臓さん。どれも美味しいけれど、ホルモン好きにはここのリードヴォーが絶品でした。トロケマス・・・

その後も肉尽くしで特選厚切りロースやイチボ、ミスジ、トウガラシなど食べ比べして、最後は三角でとろとろお肉を味わいました。


中落ちカルビホルモンクリ









牛肉って部位によってこんなに肉質の差があるんですね。
お酒は始終おつかれ酸を飲みました。焼酎のクエン酸割りで飲むと栄養とドリンクのように目が覚めます。
オツカレサン・・・
━━( ´∀`)・ω・) ゜Д゜)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)`Д´)-_-)冫、 )ノД`)=゜ω゜)━━!!!


「焼肉チャンピオン」

住所: 東京都渋谷区恵比寿南1-2-8 雨宮ビル1F
TEL: 03-5768-6922

http://www.ebisu-champion.com/

ranmarun at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 焼肉・韓国料理 

March 03, 2007

カザーロエモ2

五反田にある「カサーロエモ」に行きました。ここは年間30頭前後しかとれないという幻の大田原牛のお店で、夜行くと、ステーキ200g3万円〜15万という恐ろしい価格帯。あら川より上なの(驚)ランチはお手頃だと聞き・・・12時開店直後に満席でした。

まずは、吟選牛刺し 5枚で5000円という恐ろしいしろもの
極選ハンバーグ450g(1ポンド)8000円というこれも恐ろしい塊
牛刺しハンバーグハンバーグ2








1枚食べた後で写真をパチリ♪これ1枚英世1枚です。サシがたっぷり入って旨いです。牛は生後27ヵ月を過ぎるころから不飽和脂肪酸が形成されてゆきます。これは太らないどころか、脂肪を分解する脂だそうですが・・・
つなぎが全くない大田原牛100%の巨大ハンバーグ!味付けもソースはなく塩コショウだけです。肉質そのものを味わうのは贅沢なハンバーグです。でも、私のような庶民派には、玉葱や合い挽きを加えた方が好みです。 ハンバーグをぐちゃぐちゃにしてライスと混ぜて食べると美味しいよと店員さんが教えてくれました。ふ〜む・・・
見た目が高そうじゃないから、余計違和感を覚えてしまうのか・・・

ハンバーグの付け合せにベーコンエッグ
これで1000円とは・・・価値の想像がつきません
日本一高いベーコンエッグだわ〜
ベーコンエッグ








そしてビーフカレー
カレー







野菜の旨みと香辛料の利いたスパイシーなソースに大きな角切り肉。食べた途端、レアなお肉だったので、聞いてみたら、今日は特別に入った別格撰吟撰のお肉があったので、それで特別に作りましたとのこと。これ参りました・・・レアな肩バラ肉ですが、溶けます♪夜のステーキはきっとこれにも勝り美味しいのでしょう。
ランチで諭吉を何枚も使う羽目になりました。なむまいだ〜♪


★★☆☆☆☆

「カザーロエモ」
東京都品川区東五反田3-17-14春日ビル1F
TEL : 03-3446-8808
http://www.casarowemo.com/index.html


ranmarun at 01:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 洋食 

March 02, 2007

萬来園@5

大井町にある中華「萬来園」に行ってきました。商店街の中にある一見、街の中華屋さんの外観で、中はカウンター10席あまりで親子3人で切り盛りしているアットホームな雰囲気。 しかし、このお店にはメニューが一切ありません。その日仕入れたおすすめの新鮮な食材をもとに、食べてが調理法を指定し、気の向くままにいろんなお料理を出してくださいます。時価というのがこわいところですが・・・

まずは前菜をつまみながらビールを飲み、どんな食材と調理法を相談します。
生くらげ、豚ガツ、湯葉、ミミガー、白菜甘酢、ハチノス、山くらげの盛り合わせ、とこぶしの葱醤油蒸し
看板前菜








がいらん菜の炒め、モロッコインゲンの炒め、たいら貝とまこも茸炒め
新鮮なお野菜をさっと素揚げして、しゃきしゃき感とお野菜の甘みがたまりません。がいらん菜にはオイスターソース。インゲンはピーナッツの粒が和えてありました。シンプルなお野菜の味。
1cm以上はある肉厚の平貝がたっぷりで、まこも茸の新鮮な歯ごたえが美味しいです。この大きな平貝は寿司屋で食べたら高い〜
がい蘭菜モロッコインゲンまこも茸







やりいかとアスパラ炒め、巨大なまこと手羽先炒め、巨大車えびの山椒香り揚げ
やりいかは柔らかくて肝も一緒に炒めてさらに食欲増進されました。新鮮な魚介の味をひきたてあっさり醤油味です。30センチ近くある巨大な肉厚なまこと柔らかい手羽先はコラーゲンたっぷり♪普通少し臭みがあるのですが、ここのは本当に丁寧に処理されています。

「あれ食べる?これ食べる?」と言われると、はいお願いしますと二つ返事・・

なまこと手羽先やりいか車えび







山椒揚げかチリソースが酢でさっぱりかと聞かれ(エビチリも惹かれましたが)悩んだあげくシンプルに山椒で。普通このサイズだと大正海老でしょ!ってくらい極太な活車海老を素揚げした後、花山椒と唐辛子でスパイシーに。殻まで丸ごと食べれます。海老ミソも新鮮で美味しい♪紹興酒がすすみました。

牛肉とまこも茸の黒豆ソース、牡蠣の香味揚げ、豆苗の炒め
特選ロース肉の中には、まこも茸が入っています。中華にするにはもったいないくらいの上質なA5肉でとろけました。牡蠣は少しカレー風味で、香草の入った甘酢をかけて。牡蠣アレルギーだけど美味しすぎて食べちゃった。

牛肉とまこも茸牡蠣トウミョウ







豆苗ってかいわれ大根みたいなのしか食べたことなかったですが、地場で育てるとこうなるんですね。空芯菜より美味しいかも。

「このあと、何食べますか?お魚やお肉も沢山あるよ」と聞かれて、この時点で10皿は食べているのに、まだ次の皿が待ち遠しいと誘惑にかられるのは、まさに店主の壷です(笑)
調理法に少し悩み、太刀魚の黒酢あんかけをオーダー。
肉厚で脂がのった太刀魚はお刺身で食べたいほど新鮮でした。
黒酢あんがまろやかで美味しい〜の連発!!普通の中華店では味わえない最高級の素材ばかりです。

ここらでそろそろ〆の麺を頼んでいる間、「これ食べててよ」とばい貝と木耳の炒めが出てきました。お客様を待たせずに、ささっと作ってしまう炎の料理人に脱帽です。

太刀魚ばい貝








おすすめのあおさそばと定番の五目そば デザート
塩味のスープに器を盛りつくす磯の香りがたっぷりのあおさそばに驚き(@@)胃に優しく満腹でもするするいっちゃいました。甘いあんかけの五目そばも具沢山で満足。 デザートは少しだけ頂きました。
あおさそば五目そばデザート









普通に考えたらすごい量ですが、お野菜がたっぷりなのと、最高級の新鮮素材を使い、これをこう調理してください!ってわがままが利くのもいいところ。
あっさりした味付けだし、誰かがもう食べれませ〜んという限り、いくらでもオーダーしてしまいそうな雰囲気。肉料理は今回あまり食べませんでしたが、海鮮物が美味しいし、とにかく感動♪まさに中華のディズニーシーや!!(彦麻呂風)

いろいろお話を聞いたら政財界の有名陣やスポーツ界の有名人、企業家など多数黒塗りの車を横付けして接待などで来店されるみたいで、圧巻です。

さて、気になるお会計は・・・3人で64,000円でした。ご馳走様・・・

「うちはきたない店だから、接待とかで最初来ると皆びっくりするよ。でも、料理食べたらもっとびっくりするよ」 はい、お会計もびっくりしました。知る人ゾ知る名店なんですね。恐るべしお店。
ふらっと、一見で入ってレバニラ定食くださいなんて言ったら、追い出されちゃうのかな・・・ラーメンだけ食べて帰るわけにもいかなそうだし・・・

ランチはやってないんですか?と聞いたら30分くらい気まぐれでやってるよと1000円以下で。え!?今度はそれ狙いで^^;

★★★★★☆

人気ブログランキングへ


「萬来園」
東京都品川区東大井5−6−8
03-3450-5667 


ranmarun at 05:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) チャイニーズ 

こなから@湯島4

こなから付き出し







湯島にあるなかなか予約の取れないおでん屋。
たまたま当日電話したら、2席キャンセルが出たので2時間だけ空きました、とのこと。早速行きました。赤提灯のぶら下がる旧家屋。
店内はぎゅうぎゅう隣り合わせで座るカウンターで、お通しに鮪ユッケ、蒟蒻サラダと茶碗蒸し。ひょうたんの形がお店のイメージマークで銅製のお鍋もひょうたんの形をしています。ここは、おでんがどの具も全部300円均一です。
まずは、ひょうたん大根・卵・はんぺん、ちくわぶなど定番を頼む。大根がくくり抜かれていてひょうたんの形。かわいい〜(・∀・)
煮付けた色は濃いようですが、関西風の味付けでさっぱりとしただし汁です。
名物牡蠣おでんも頼みました。美味しい〜( ´∀`)これは1000円です。

大根牡蠣おでんいろいろ







じゃがいも、鶏スパイスつみれ、水菜など。そして、オリジナルの練り物系も沢山種類があります。かぼ丸さんとかさつ丸さんとかじゃが丸さんとか面白いネーミング。
大粒の納豆も美味しかったです。
いろいろ2練り物納豆







一つ一つはそんなに大きくないので、なんだかんだ20種類以上食べちゃいました。
でも、練り物はちょっと腹にこたえました
〆の胡麻だれ汁うどんも名物だったのですが、おでん食べすぎちゃったので、ちょっと入りませんでした。
練り物系は個性があっていいんですが、食べ過ぎるとちょっと飽きますね。次回は調整しないと・・・

★★★☆☆☆

「こなから」
東京都文京区湯島1−9−6
03-3816-0997
http://www.konakara.com/top.html


ranmarun at 04:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 和食 

February 28, 2007

アタゴールでトナカイ♪@恵比寿4

恵比寿にあるビストロ「アタゴール」に行ってきました。
10席ほどの小さなお店です。ベルギーの日本大使館、イースタン・アンド・オリエンタルエクスプレス、ラッフルズホテル・・・・と非常にユニークな経験を持つオーナーシェフ曽村氏が作るお料理は、お肉や野菜をふんだんに使い、「地(陸)の素材」を多種のハーブや香辛料と融合し、旨くイメージしております。

まずはベルギーBeerと共に自家製ピクルスと猪のリエット。
ここの胡瓜とオリーブが美味しいです。猪のリエットは少し辛味がきいてます。ピクルスが美味しかったのでおかわりしました。
ピクルス








松葉蟹のビスクスープとマリア カラス”フォアグラ、トリュフ、コンソメのアンサンブル
魚介エキスたっぷりのビスクスープは濃厚で、本当に美味しいです。!
マリアカラスは、しっかりとったコンソメスープにソテーしたフォアグラが沈没しているのですが、更に厚めのトリュフをスライス、スライス・・・いやぁ〜これもたまりません。スライスしすぎてコンソメスープの香りが消えてしまうほど。。。
松葉蟹のピスクスープマリアカラス






蝦夷ボラ貝のエスカルゴ風オリエント急行より
サザエのような食感の貝です。ニンニク&バターでパンがすすみますがレモングラスが効きすぎていてちょっと苦手でした。オリエンタルなんですね〜
オリエント急行









自家製アンデュエットがこれまた美味しい! なぜかここから拡大表示に!?
極太でナイフを入れるとと肉汁溢れるジューシーさに感動!
これは某トラノモンより、美味しかったです。鎌倉産の根っこがついたままの野生のお野菜もシーザー風のドレッシングで。野生なのでちょっと苦いけど、まるごとかぶりつけます。
アンデュエット





























鴨のコンフィも頼んだのですが、ちょっと塩加減がきつくてwww
鴨コンフィ





























メインは、東京ではここでしか食べれないというトナカイのロースト アピシウス風 鹿より大きいし、臭みもあるのかな?と思いきや全然Nothing。
赤ワインと茸と粒マスタードのソースに、葡萄と葉のフリットを散りばめて・・・お肉は鹿よりも柔らかく癖がなくて、上質の馬肉のような感じです。付け合せのフキのトウもGood。エスキモーの国では唯一の肉らしいけど、初めて食べたトナカイ・・・美味しかったです。1月からのメニューらしく、クリスマスを過ぎたら用無し!?のお肉ちゃんでした^^;
トナカイ





























デセールは大粒”あまおう”苺丸ごとスープ仕立てヨーグルトソルベを浮べて
とマーブルフォンダンショコラグラタン仕立てとピスタチオのアイス
甘いあまおうにバニラの香り。茎が添えてあります。フォンダンショコラはとっても濃厚で、ピスタチオも濃厚クリーミーでした。
あまおうフォンダンショコラ










帰りがけに軒先に青首鴨さんが吊るされていました。

もうジビエの時期は終焉に近いですが、山シギや雉、猪などのジビエ料理もお勧めのようです。
お料理全般塩加減が少し強く感じましたが、ワインも安価で酒飲みビストロって感じですね。そしてコスパも抜群。 コースで5900円。
春は新鮮なムール貝が入るようだし、また再訪したいです。

★★★★☆☆

「アタゴール」
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-23-15 第6大浦ビル1F
03-3449-8757

ranmarun at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

February 27, 2007

チャイニーズレストラン直城@高輪3

高輪近くの住宅街の中にあるお店。

できた当初は予約いっぱいで新しい四川料理と騒がれたものですが、今は賛否両論の評価に分かれるようです。シェフ直城氏は本場成都で修行し、マダムを連れて帰ってきたそう^^父の町田にある「隋息居」にてさらに活躍し、数年前にお店をかまえる。

 前菜はピータン、甘海老の醤油漬け、ミミガーとセロリ辛味和え ピータンがとろける美味しさでした。ピータン嫌いの友人もお替りくれと言ったほどです。 前菜








寒ブリの葱醤油蒸し
鶏肉と筍蒸しあんかけ 中華料理にブリは珍しいです。この時期、脂がのった鰤はとっても美味しい。四川料理といえども、あっさりさっぱりの味付けです。 鰤の葱油蒸し鶏肉と筍








 牛肉の北京ダック風海老のマヨネーズと春雨煮込みスープ これといった主張はないように感じます。 牛肉の北京ダック風海老マヨと春雨 〆は青菜炒めが出てきた後、








麻婆豆腐と葱そば
でした。期待していた麻婆豆腐はそんなに辛さがなくインパクトが薄かったかな。辛ければいいという訳ではないのですが、山椒の旨みと香りのある四川風ではなかったです。 麻婆豆腐と青菜炒め葱そば









 途中でトマトのスープも出てきました。これは、麻婆豆腐を食べた後に頂くと、トマトの甘みが引き立ちます。デザートは杏仁豆腐。これでおまかせ5000円なので、コスパはいいのかもしれませんが、胃袋満足度はちょっと物足りない感じ・・・ その後、中華のダブルヘッダーをとお店検索していたのですが、なんと焼肉に行っちゃいました・・・(唖然)

★★☆☆☆☆ 「チャイニーズレストラン直城」東京都港区高輪台3−3−8 アブニール高輪1F 03-5798-3225

ranmarun at 23:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0) チャイニーズ