September 25, 2007

ピエール@香港3

香港マンダリンオリエンタルホテルにある「Pierre」へランチに行きました。 Parisのピエールガニエールの支店。東京はお気にですが、果たして香港は・・・

眺めがいいアーチ型のソファーの特等席です。夜来たら夜景が綺麗だろうな・・・
ランチコースがなかったので、カルトでいろいろ頼んだら、夜コース並みのボリュームになってしまいました。「これだけ頼まれると3時間以上になりますがお時間は大丈夫ですか?」と・・・はい、いいんです。

アミューズの前に、一口コロッケ(ソースはタマリンドみたいな)、バナナのウエハースの下にはバナナのピュレが隠れています。

マンダリンオリエンタルピエール位置皿








前菜1皿目は、冷菜で「クラブミート」
クラブミート少しカレー風味のソースと蟹の身。サイドにあるのは、鰻でした。
これが厚切りで脂がのっていて、ビネガーでしめてあり素晴らしい歯ごたえなのですが、友人が蟹が塩っぱかったので言ったら、後で作り直して持ってくるとのことでした。 添えてある鰻が美味しかったのです。




温菜は、お勧めされた「茄子のタルト」
茄子と海老のタルトたっぷりのった海老の下には、柔らかな茄子をフラン状にしてかりっとさくさくのタルト生地で焼き上げてありました。これ美味しい♪ 海老と茄子って相性が合うんですね。これはHIT!!





スープはマッシュルームが美味しいですと薦められたのですが、違うのを頼んだら、ちょっと意外な味でした。
「ランゴスティーヌと林檎と蜂蜜のブイヨン」手長海老と林檎と蜂蜜のブイヨン






手長海老と林檎とお野菜を角切りにした上に何やら茶色いスープ。濃厚なブイヨンを想像していたのですが、プーアール茶に蜂蜜と生姜を溶かしたような甘いシロップのようなスープでした。
これは微妙です・・・冒険しすぎなのでしょうか。ちょっと後悔しました。



お魚はハタのポワレにクリームソースとオリーブオイルをかけて。

お魚これは素晴らしい火入れで、ソースとの相性が最高でした♪
クリーミーですが、塩オファーを言ったせいか、あっさりまろやかで美味しいです。






サラダは「フォアグラのスピナッチサラダ」
ホウレンソウとフォアグラのサラダポテトチップス






フォアグラのムースと鴨の生ハムとビスコッティーとほうれん草を、見た目シーザーサラダなんですが、キャラメル風味のSoyソースで和えてあります。アジアンな感じ。

メインのお肉は、牛肉がお勧めだったんですけど、友人が牛肉食べれないので仔羊の骨付きローストにしました。


ラムボーン3種のソース








3種のソースが添えられています。(ラタトュユ・チャツネみたいなフルーツソース・マッシュルームソース)ソースはソースで美味しくて、いろんなフレーバーで楽しめるのは嬉しいですが、羊肉の主張が感じられなかったのが残念。なぜか単調で飽きてしまいます。付け合せのポテトチップス美味しかったなあ・・・

そして、しょっぱいと指摘した前菜。鰻をほめたので蟹より鰻が沢山きました(笑)
素晴らしい!シンプルだけどそういう素材は塩加減で決まるかも・・・
作り直し







デセールは「ショコラのタルトとクランベリーのアイスクリーム」
富士山形の器に並べられたショコラのボルケーノプレートが見た目も楽しい。
デセールはやはり弱いかな・・・
ショコラタルトデ・カフェ







昼からかなり散在しました1.5割くらいカード割引だったのですが、お酒が高かったので予算大幅に超えました。 でも満足度は高かったです。
香港のフレンチはまだまだこれからですが、友人に聞いたら易くて美味しいお店もあるので、今度行ってみようっと。


人気ブログランキングへ

ranmarun at 01:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

September 24, 2007

福臨門海鮮酒家@九龍4

かなり食べすぎで胃が疲れているので、だるい〜。
香港式の足裏と全身マッサージを2時間受けてみました。
大通りは高いので、路地裏の家族がやっているような所に行くと、2時間3000円くらいでやってくれました。

少し回復して、寄り道。
焼鵞鳥と焼鶏のお店。豚もいっぱい吊るしてありました。何を頼もうか悩んでいたが、夕方のセットメニューしかないらしい。温麺セットに鵞鳥か鶏が選ぶのだけれど、両方食べたいと言ったら半分づつ持ってきてくれました。
焼鵞鳥豚も焼鵞鳥と鶏と温麺







お肉は美味しいけれど脂っぽかった。やはり大衆店だからかな。温麺は麺が4種類選べるけれど、スープがいまいち。まあ、これで400円くらいだからね。



夜は、また福臨門。懲りない私。
今夜は高級健康美容促進ラインナップメニューです。お酒は毎回ほとんど飲まなかったけれど、梅酒が美味しかったです。

福臨門お酒献立







まずは、シンプルに蒸し海老
新鮮な海老。とっても甘く味噌も殻もいくらでも食べれてしまう・・・特製醤油がまた後を引くのですが・・・
蒸し海老






そして、紅焼フカヒレスープ
何度も頂いている極上のスープを更に煮詰め、金銅色の光り輝くスープです。
しかもフカヒレがいっぱい・・・ただ、前日に頼んだので戻しが甘かったのかな。十分蒸していなくて、余分な部分や臭みも結構残っていました。その分増量してあったのですが・・・赤酢をかけるとまろやかになりました。
紅焼鱶鰭スープ濃厚なスープフカヒレがどっさり






乾鮑と鵞鳥の水掻きの煮込み
日本産の柔らかな鮑です。鵞鳥のぷりっとした食感。中国レタスと共に戻し汁で柔らかく煮込んでありコラーゲン質たっぷり。昔は大きいの食べれたのに、今は赤ちゃんの拳くらいでもとっても高価。干し鮑って高いのね・・・ちなみに食べたのは19頭くらいですが最高は4頭!でも、4頭は70万くらいするそうです。ひぇ〜
乾鮑の煮込み中国レタスと鵞鳥の水掻きと共に











焼鳩も食べました。小ぶりなので1人半羽です。
頭には脳みそもあったりしてチューチューしちゃいました。鳩の肉の旨みが凝縮されていて、昼間の鶏よりも数倍美味しかったです。丸焼き苦手な人はだめかも。〆は鮑の戻し汁と帆立て炊いたリゾット風の鮑焼飯
鮑や帆立の旨みや苦味がミックスされています。
焼鳩鮑汁飯






デザートは燕の巣のココナッツスープ
少し生姜を利かせた温製のココナッツスープにこれでもかというほど、ごっそり燕の巣が入っています。日本ではこれ8500円くらいだったけど・・・
燕の巣のココナッツスープ信じられないほどごっそり入っています







とにかく、コラーゲンたっぷりの高級食材尽くしのスペシャルメニューでした。
お肌がつるつる、元気促進しそうです。



胡麻団子杏仁ゼリー







豪華贅沢に3福臨門させて戴きましたが、今度は普通に蒸し鶏とか、酢豚とか、私常菜も味わってみたいです。

人気ブログランキングへ

ranmarun at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) チャイニーズ 

福臨門海鮮酒家@九龍5

次の日ランチでまた福臨門へ。
満席でした。まずは、お茶を飲みながら、オーダー表で点心をいろいろ頼みました。
スープは大根と牛バラスープでした。このスープは、休日限定メニューだそうで、まずは胃を潤しました。大根に牛骨汁の旨みがしみ込んでいます。

オーダー表牛スジと大根スープ日曜限定メニュー







絶品焼き豚が出てきました。これは定番らしいですが、今まで食べた焼豚の中でNO1です 。柔らかくてジューシーなバラ肉とつけたれがくせになります。鶏のレバー煮も大きくて臭みがないです。
焼き豚鶏レバー煮







熱々の点心いろいろです。海老餃子・蟹焼売・小龍包・ニラ饅頭etc・・・冷菜の豚耳ゼリー寄せや鶏のもみじの蒸し物も。どれも美味しいですが、蜜焼き饅頭は特に
点心・・点心小龍包蜜肉まん







焼売バラ肉の豆鼓蒸し豚耳の冷菜・鶏のもみじなど







そして、極上湯のスープ鱶鰭餃子
澄んだ黄金色のスープに具沢山の餡が詰まった餃子が・・・
金華ハムの濃厚な旨みが凝縮された貴重な1杯!これだけで幸せな気分になります。今まで私が頂いた上湯スープの中で1番といっても過言ではありません。中の餡を崩すと、フカヒレ・蟹・その他の具で、さらに奥深さが増します。
やっぱりこれ鱶鰭餃子の上湯スープクリアなのに濃厚なスープに圧巻具沢山です







春巻もパリッとした食感がたまりません。
パートフィローのような薄い生地なのに、しっかりと香ばしさがあり、中はとろっとしていました。ここの点心の生地を作る職人さんはかなり高年齢のお爺さん一人だけだそう。焼売・春巻・焼包など生地の歯ごたえは素晴らしいです。後継者はいないのかな??
春巻きパリパリの食感






そして、金鶏の揚げ物
この皮の焼き方は先日の豚もそうですが、独特なもの。
北京ダックのように皮はぱりっとしているのに、中のお肉はほろりと崩れる柔らかな・・・レモン塩をつけるとさっぱり食べれます。
金鶏の揚げ物皮のつやつやパリパリのこと・・・







そして、またまた特別注文で例の黄金上湯スープで、日本から持ち込んだ稲庭うどんを温麺で頂きました。なんて贅沢なうどんでしょう!
でも湯で加減がちょっと・・・普通は沸騰してから5.6分なのだけれど、きっと火力が強い調理場では1.2分でよかったのかも。なにせ、30秒でお湯が沸騰してしまうくらいの強い火力らしいので・・・
上湯うどん稲庭うどんです






デザートも饅頭だと結構胃が重いです(汗)
蓮の実饅頭・カスタード饅頭・黒糖蒸しカステラ
おっぱい饅頭中は蓮の実とカスタード







蓮の実まんじゅうと黒塘蒸しカステラマンゴープリン







粉物でお腹いっぱい。マンゴープリンも美味しかったです。
食後は2.3時間歩くことにしました。




ranmarun at 21:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) チャイニーズ 

September 23, 2007

福臨門海鮮酒家@九龍5

次の日は早起きして海岸をぐるりとジョギング&ウォーキングしました。
白い砂浜が続いています。がとにかく暑い・・・

昼は、近くのショッピングモールまででかけて、牛肉角煮あんかけ飯を頂きました。ボリュームあって美味しかったです。しかもこれで500円くらい。
黄金海岸牛肉角煮飯







ホテルのプールで泳いで少し昼寝してから、30分くらいかけてシャトルバスで九龍まで行き、ぶらぶらお買い物。
夕食は、憧れの福臨門です!今回は8人集まりこのメニューを頂きました。
夜景福臨門本日の献立







まず運ばれてきたのは、仔豚の丸焼き串刺しにして丹念に焼いた絶品日本の某G店で食べると1頭18万するそうですほんと!?それを・・・北京ダックのように贅沢に皮だけぱりぱりと・・・のっけからノックアウト
仔豚のロースト皮はぱりぱり






残りのお肉を頂きました。皮のぱりぱり感が残りながらも、弾力と脂の旨みのある部分もめちゃ美味しいんです♪

残ったお肉旨みがあって美味しい







続いて八種類具冬瓜のスープ
蟹肉や野菜鶏肉などいろんな具沢山のスープが大きな冬瓜のポットで出されました。
胃に優しい滋味溢れるお味です。

蟹肉と冬瓜のスープ具沢山です







そして、焼き鵞鳥
ああ、この皮の照りと漬け込みダレをご飯にかけたら美味しいでしょう・・・贅沢過ぎます。どんだけ〜♪ こんなに美味しい鵞鳥が初めて食べました。

鵞鳥のロースト  この照り照り感がたまりません





お料理はどんどん出てきて、帆立と牛ミノのトウチ炒め・牡蠣揚げ
こちらもあっさりと強火で炒めた帆立の牛ミノの相性が抜群です。牡蠣も新鮮でふわっとクリーミーな味。
帆立と牛ミノの野菜炒め牡蠣の天麩羅






そして、大きな葉っぱに包まれてきた中身は・・
ハタと金華ハムと椎茸の蓮の葉蒸し
麒麟模様のハタだそうで、脂がのっていて柔らかい。金華ハムや椎茸、生姜のエキスを吸ってまろやかな味わいに。
蓮の葉包み中はハタと金華ハムと椎茸







お野菜は、蟹と蟹味噌あんかけの青菜炒め
何のお野菜かわかりませんが、炒めると少し粘り気がでるような柔らかな青菜にとろみのあんかけ。これもあっさりしていますが美味しいです。
蟹肉と蟹卵あんかけの青菜炒めなんていうお野菜かしら・・







〆はハムユイ炒飯と上湯スープ
ハムユイの香り高い炒飯だけでも、ここのスペシャルなのに、普通フカヒレスープなどに使う1番だしの黄金色の上湯スープが一緒に・・・
なんという贅沢なスープ炒飯でしょうこういうシンプルなお料理ほどその旨さが際立ちます・・・
ハムユイ炒飯上湯スープと共にスープ炒飯にするとなお美味♪







満腹満足した後は、デザートでカスタード風味の蒸しパンとお餅とか。

カスタードの蒸しカステラお餅







沢山食べたけれど、不思議ともたれないのは、化学調味料も使ってないし、素材が良いせいでしょうか。帰り湾岸を少し歩いて夜景を見ながらカロリー消費。
そして、まだまだ次の日も続きます。。。



人気ブログランキングへ

ranmarun at 03:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) チャイニーズ 

September 22, 2007

香港右往左往4

香港のチェクラップコク空港に着き、なぜか目にとまったバーガーキング。
機内食が美味しくなくてお腹が空いていたので、まずはここで腹こなし。
香港にはここしかないんですよね〜バーガーキングってサルサワッパーが美味しいの。
バーガーキング







行く先は、空港から30分ほど移動した、新界の黄金海岸「ゴールドコーストホテル」です。ゴールドコーストというとオーストラリアをイメージしていたのですが、香港にもあったんですね^^
ゴールドコーストゴールドコーストホテルホテルのお庭







白い砂浜の海岸線。椰子の木。ヨットハーバーもあり、なんだかリゾートに来たみたいな雰囲気です。水平線からは夕焼けも見れてなんだか香港の景色ではないなあ・・・^^;
お庭リゾートにきたみたいヨットハーバー







夕方から、香港に住むお友達と会い、バスにのってちょっとマニアックな部落へ。
客家の人たちが住む住宅地で、13世紀からの建物がいまだ残っています。
これぞオールド香港。
客家の集落入り口はひとつ奥には仏像が







ほんとに小さなところが、中の路地を入っていくと、昔の香港映画に出てくるようなタイムスリップしたような雰囲気。 中の建物は所々改装しているらしいですが、情緒があります。 建物を覆う古い城壁の入り口は、周りからの侵入者を防ぐために一つだけしかないそうです。休日には狭い路地に露店が並ぶのだそう。いまだ、その生活スタイルを守り続けている人たちの憩いの場所なんですね。


それから元朗という所まで来ると、かなり繁華街で駅前には食べ物屋ばかりが建ち並んでいました。ここは深夜まで開いている屋台や飲食店ゾーンです。香港の人は食べることが本当に好きなんですね。活気があり美味しそうなにおいがそこらじゅうから漂ってきます。

屋台が立ち並ぶ串焼きのお店お兄さんが焼いてくれます







オーダーすると炭で焼いてくれて特製のたれにつけてくれます。私は鶏手羽先とイカを焼いてもらいました。胡麻の利いた甘辛のたれがとっても美味しい。ビールが飲みたくなってしまいますが、我慢我慢・・・

それから牛丸(牛肉団子)の有名なお店に行ったのですが、閉まっていました。串焼きが火をつけてお腹が空いたので、バスで20分くらい海岸方面に戻り、魚市場まで・・・ここで選んだ魚介を近くのレストランで調理してくれます。
海鮮市場海鮮市場ごっそり買ってきました







巨大な伊勢海老・見たこともない蟹や貝類・珍しい魚・・いろんな種類や大きさがあって迷ってしまいます。大勢で来たらいろいろ頼めるのでしょうが・・・とりあえずスタンダードに買って調理してもらいました。

まずは、海老ゆで蒸し
ゆで海老特製醤油に漬けるといくらでも食べれてしまうんですよね。 甘くてぷりぷり♪ただ、1キロ以上はあるかと・・・たっぷりで食べきれません(笑)







そして、巨大なシャコ
シャコのガーリック揚げガーリック揚げしてあります。30cm近くはあったかな。こんなに大きなシャコは初めて食べました。






ミル貝と扇貝を大蒜生姜醤油で。名前の判らないお魚も葱醤油蒸しで頂きました。
ハマグリと扇貝のニンニク葱醤油蒸し鮮魚の葱醤油蒸し







このお醤油をご飯の上にかけて食べると、更に美味しいです。
ガイラン菜炒めも頂きました。
どれも特に凝った調理法ではなくシンプルですが、新鮮だからこそそれが一番なんですよね。しかも安い!

海鮮中華を堪能しました。

人気ブログランキングへ

ranmarun at 06:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) チャイニーズ 

September 21, 2007

メロウラウンジヒロオ@広尾3

広尾高校の近くににできたお店。
入り口は小さいけれど、中に入るとまず大きくてシンプルなアイランドキッチンが目にとまる・・・

キッチン







奥に進むと、バースペースや個室やいくつか分かれていました。
メニューは23時までは5000円おまかせコースのみ。それ以降はアラカルトが頼めます。
まずはえびせんでした。何が出てくるのだろう・・・
前菜が運ばれてきました。トマトに鯛の刺身、冬瓜煮。
エビセン前菜







そして、帆立のバター焼き、ガスパチョ。
しかし、このガスパチョがドレッシングソースなのではというくらいに酸っぱかった。ニンニクも利いていて、サラダやディップソースにすれば、とっても美味しいのに、これをスープとして飲むのは結構つらいです。
帆立のバター焼きガスパチョ







この後、サーモンマリネのサラダが出てきました。さっきのガスパチョ(ソース)これにかけて食べたら合うのに〜・・・

そして、ローストビーフ。なんかメニュー構成がまとまりがないな・・・と思いました。一皿が出てくる時間もかなりかかります。
ローストビーフ






〆はカレー。ご飯かカレーかチョイスできるはずなのですが、何も言わずにカレーが出てきました。揚げ野菜のライスにさらっとしたスープ状のカレー。
カレーさらさらスープ状です







デザートはくず餅。う〜ん、やっぱりコンセプトがわかりません。
くず餅







まあ、料理よりも雰囲気を楽しむお店でしょうか。ダーツもあったり、大人数用の部屋にはWiiもあったり・・・遊び心でわいわい楽しむ感じかしら・・・

人気ブログランキングへ

「メロウラウンジヒロオ」

渋谷区広尾3−13−10 1F

03−5848−6377




ranmarun at 01:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

September 20, 2007

minobi@三田3

オーグー系列で初の和食のお店だったのですが、いろいろシェフが変わったりして、ビストロになりました。

この日は貸切。
アミューズでキッシュ。
ミノビアミューズ:キッシュ






前菜は、「野菜のテリーヌアメリケーヌソース」「秋刀魚のミルフィーユ」お野菜のテリーヌ秋刀魚のミルフィーユ







野菜のテリーヌは、素材を丁寧につかい、優しい味わいです。秋刀魚は火をあまり通さずにマリネ感覚で頂けたらもっとよかったです。



コーンスープも豚肉ローストも絶品でして。。。付け合せのじゃがいもグラタンも美味しいです。お肉もっと食べたかったです。

とうもろこしのスープ豚のロースト








えっと、お友達のお祝いケーキです(謎)

プレーンなロ−ルケーキも木目細やかなスポンジとあっさりクリームで美味しい♪
お祝いケーキロールケーキ





この日は、貸切で総勢15名でのお食事。7時半スタートだったのになんだかんだおしゃべりしていたら、店を出たのは0時を回っていました。
ああ。楽しいひと時でした。

「minobi」
105-0014 東京都港区芝3-42-9 中野第一ビル1階

03-5484-7788



ranmarun at 02:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

September 18, 2007

くずし割烹かのふ@恵比寿3

今年の7月OPENでちょっと気になっていたお店。
くずし割烹ってどんな感じなのかしら??和食の敷居は高い私には、コースで8皿4800円、10皿6800円台はかなり魅力的です。


まず運ばれてきたのは、立体的な器。下には鴨の燻製が、上には湯葉豆腐と胡麻タレが・・・こういうプレゼンが面白いですね。
鴨肉の燻製と・・・







続いてお寿司
旬の秋刀魚を生で生姜醤油と、炙ったもの、穴子も美味しいのです。
お寿司この秋刀魚もっと食べたいなあ・・・というくらい美味でしたの







椀は枝豆と鱧のしんじょう松茸添えお造りは、本鮪の赤身と中トロ、やりイカです。器が綺麗で見ほれました。
椀お造り






牛角煮と天然鮎の塩焼きこれも美味しかったです。
牛角煮天然鮎






秋鮭のトリュフマヨネーズ
秋鮭とトリュフマヨネーズこのマヨネーズがトリュフの香りが満喫していて絶品でした。作り方も教えてもらいましたが、マヨネーズ作るのって油と卵を拡販させて結構大変なのですよ。






手打ちの十割そば
十割そば鰹を生姜と一味で漬けてあるのを薬味で。温そばをだしで頂くのですが、この薬味がアクセントになっています。毎日予約分だけ打っているお蕎麦。限定のソバ粉で、なんでも月の前半しかたべれないとか・・・






自家製八橋と最中アイス
自家製八橋最中アイスこのコスパにびっくり!!








これだけ食べて6800は安い!しかもお酒も日本酒が豊富で幻の○○とかも沢山あります。のん兵衛はお酒で財布が跳ね上がるでしょう(笑)
茶髪のイケメン料理人が作る繊細な京風料理。
メニューもどんどん入れ替わるので、また再訪したいお店です。

人気ブログランキングへ

「くずし割烹 かのふ」

渋谷区恵比寿南1−14−2タイムゾーンビル1F

03−3714−5670



ranmarun at 00:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 和食 

September 17, 2007

マノアール・ダスティン@銀座4

久々にランチで行った、銀座の「ル・マノアール・ダスティン」ここの五十嵐シェフのお料理は大好きです。

夜は何度か行くのですが、お昼は4800円で前菜2品とメインでお得なんです。

まずは、定番の「ブータンノアール」
ブータン







前菜1品は「鯨と甘海老をサーモンのタルタル」
鯨と甘海老とサーモンのタルタルキュウリのボートの上に、ねっとりとした甘海老の甘み、サーモンの旨み、鯨の肉質が見事にミックスされています。
この日は暑かったので、少しビネガーを利かせてあっさりとしていました。シャンパーニュに合う1品。







「江戸前穴子のフリットと魚介スープのパエリア風焼きリゾット」
江戸前穴子とパエリア風焼きリゾット穴子が新鮮で肉厚でジューシーです。リゾットとの組み合わせもとってもいい感じ。上にはチーズはとろけます。シェフは穴子や鰻使うのが好きなんですよね。





メインは「仔牛肉のクロケット 温野菜添え」
仔牛のクロケット非常にジューシーなメンチカツといっては失礼ですが・・・温野菜のバターソースと仔牛のポルトソースが美味♪






デセールはワゴンでいろいろありました。
ワゴンデセール
フロマージュブランのシャーペットや、チーズケーキ、柿など・・・
昼から飲んでしまったので、詳細を忘れました。


次回はここで、幻のシャンパーニュ会を企画します。

はあ・・・満足でした。


人気ブログランキングへ

ranmarun at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

ビストロ・マルカッサン@銀座3

銀座の裏通りにある、穴場的小さなビストロ。
通りすがりでは見逃してしまいそうな小さな入り口ですが、素材にこだわり、シンプルなお料理がいただけます。ワインも良心的なお値段です。
ビストロ・マルカッサン







まずは「根室産秋刀魚とフォアグラのムース」
秋秋刀魚のムースこれとっても美味しいです。脂がのっている秋刀魚の旨みとフォアグラのクリーミーなコンビがたまりません。パンにつけて食べるのがBest!






「雲丹とコンソメジュレ人参ムース」雲丹とコンソメゼリーこれはどこかのスペシャリテに似ています(笑)でもたっぷりの雲丹の甘みとコンソメジュレの深い味わいがいいですね。








「鱒の厚切りマリネオレンジソース」「矢部養鶏場の美味しい卵のオープンオムレツ生ハム添え」 
自家製鱒のスモークオムレツ







鱒は、マリネーゼであっさりしていました。オムレツはもうちょっと半熟だと私好みかも。

メインは「萩原畜産の豚ロースのグリエ ケッパー風味のジュー」
仔豚のロースト
柔らかいのかと思ったら意外と繊維質がありました。







「仔鴨のローストそのジューのソース」仔鴨のロースト丸焼き鴨肉。頭からかぶりつけます。ここ、ジビエの時期にはいい感じかも・・・






デセールもシンプルです。「濃厚なフランとネグりタラムとショコラのパフェ」
フランショコラパフェ






まだ今年OPENしたばかりなので、これからのシェフに期待。
小技とかはないけれど、たっぷりポーションで素材のそのものの美味しさが味わえます。

人気ブログランキングへ

「ビストロ・マルカッサン」中央区銀座1−22−11 1F

03−3564−0335




ranmarun at 04:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ