December 02, 2008

エルミタージュ美術館 前編 @サンクトぺテルブルグ4


サンクトぺテルブルグに来たら、やはり訪れてみたい美術館。
ルーブルやメトロポリタン美術館、大英博物館に並ぶ素晴らしい作品が保存されている「エルミタージュ美術館」に週末行きました。去年秋にも山口智子のドキュメンタリーがあって、ますます行きたい気分が高まっていたところ。

運河10体の像












5棟からなる宮殿。新エルミタージュ柱廊玄関にある10体のアトランタ像の一つの親指を触りながら願いを唱えるとかなうという伝えがあります。さっそく旅の安全を祈願しました。

旧海軍省エリミタージュ改装中












宮殿広場から見える旧海軍省本部。
肝心の宮殿の外装は、修復中でした。 ネットが張られているので、美しい外観の全景は見れません。
観光シーズンならば、2時間待ちだそうですが、事前に1時間前にチケットを頼んでおいたのですんなり入れました。

まずは、大使の階段

大使の階段大使の階段












レッドカーペットと豪華な金細工と吹き抜け。花嫁さんがよくここで写真撮影するそうです。この日もいました。
この中央階段を上がり、タペストリーの間を抜け、パビリオンの間に来ました。美しく大きなシャンデリア

大使の階段パヴィリオンの間












パヴィリオンの間にある「孔雀時計」時計が鳴ると同時に黄金の孔雀が尾羽を広げ、観客に向かってお辞儀をします。その隣のフクロウが籠の中で頭を回しながら瞬きをし、雄鳥が時を知らせる声をあげます。
孔雀の時計茸












で、肝心の時間は、樫の木の根元の茸から見えるのでした。仕掛けは凝っているけれど、わかりにくい^^;

モザイクの床
モザイクの床












マルティーニの「受胎告知」
受胎告知.












レオナルド・ダ・ヴィンチの「ブノワの聖母」レオナルド・ダ・ヴィンチの「ブノワの聖母」















「リッタの聖母」
「リッタの聖母」
















「ラファエロの開廊」
ファエロは今夏にヴァチカンに行った時にみたので、どういう風に模倣され、アレンジされているか興味深かったです。 よくこれだけ模倣したものです。
右と左が対照的な遊び絵になっていて、エカテリーナ2世は子供達と間違い探しをしたそう。
ラファエロの回廊


























「コネスタビレ聖母子像」

コネスタビレ聖母子像















イタリアの間では、動的な彫刻も。「天使とイルカ」

イタリア天使とイルカ












ミケランジェロの「うずくまる少年」は筋肉美が素晴らしい。
他少年と猪。360度いろんな角度から眺める美体。うずくまる少年少年と猪























「リュート弾き」と「洗礼者ヨハネの誕生」

リュート弾き洗礼者ヨハネの誕生












テッツィアーノ「改悛のマグダラのマリア」
改悛のマグダラのマリア
















後半へ・・・

人気ブログランキングへ

ranmarun at 20:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 旅行 | ロシア

December 01, 2008

パブロフスク宮殿@ぺテル郊外3

ツァールスコエセローから南東に4キロほど移動し、パヴロフスク宮殿へ。
パヴロフスク宮殿エジプトの玄関












エジプトの玄関は12体の銅像と、12宮のシンボルから飾られます。
12星座のレリーフドーム












そして、ドームのホール、イタリアの間、ギリシャの間と続きます。
イタリアの間神殿












ギリシャの間は円柱が見事です。

ギリシャの間暖炉












そして、パーヴェル1世の戦争の間から、マリアの平和の間へ。
.戦争の間豪華な廊下と寄木












シャンデリアやタペストリーも素晴らしいです。
シャンデリアタペストリー












ドームに食器のコレクション。
ドーム食器












ただの白い壁ですが、壁画は、奥行きを出すために遠近法で描かれています。
こういう技法にも圧巻。寝室も天蓋ベッドが素晴らしい。

壁画
寝室














食卓も豪華絢爛

食卓食卓












青空がなかなか見えない国だけに、空を描いたドームも見事です。
冬はほとんど曇り空ですし、昼が5時間ほどしかありません。
空のドーム















宮殿内の教会。ロシア正教の雰囲気が伺われます。
教会















美術と芸術の国・・・
写真は、毎日200枚ほど取ったので、UPできないのがほとんどですが、
イタリア、ドイツ、フランス、ギリシャ、中国など各国から、よくこれだけの美術品をよく集め、さらに復元したものです。

ロシアの歴史をもっと深く勉強してみたいと思いました。

人気ブログランキングへ



ranmarun at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 旅行 | ロシア

November 29, 2008

ポドヴォリエ@ぺテル郊外2

お昼は近くの「ポドヴォリエ」というレストラン。
ログハウスのような造りで床もテーブルもシャンデリアも木で作られていてナチュラルスタイル。プーチン大統領誕生記念のメニューもあります。高いけど。
ポドヴォリエ店内












まずは、モルスという黒すぐりやチェリーをつぶしたジュースがビタミンたっぷりで美味しいです。 果物が少ないロシアでは、こういうフレッシュジュースが貴重です。
モリスパン












ボルシチとロールキャベツを頂きました。どちらも伝統料理です。
葡萄の葉にお肉を包んだものをあって、どれも田舎風で美味しかったです。
スメタナというサワークリームが美味。

ボルシチスメタナ












ロールキャベツ。お野菜いっぱいです。
熊の剥製もウォッカでお出迎えとお見送り。

ロールキャベツ熊ころ











体も温まりました。

人気ブログランキングへ


ranmarun at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 旅行 | ロシア

November 28, 2008

ツァールスコエ・セロー〜皇帝の村を訪ねる〜3

サンクトぺテルブルグの郊外へ。
皇帝の村と言われる「ツァールスコエ・セロー」へ行きました。ロマノフ朝歴代皇帝達の面影が残る華麗な宮殿王冠

エカテリーナ宮殿があります。元来スウェーデンの居留地だったこの地をロシアの手に渡ってから、エカテリーナ1世の遺言で、娘のエリザヴェータが豪奢な宮殿に作り変えたのだそう。この日は雪が沢山降っていました。階段の彫刻も素晴らしいです。
エカテリーナ宮殿階段












階段を上がると目覚める天使と眠れるの天使が対極に並んでいます。 朝日と夕日をこの窓から眺めることができます。

目覚める天使眠れる天使











玉座の間は豪華絢爛、昔はここで舞踏会が開かれていたのですね。
バロック調で造られています。天井画やペチカも素晴らしいです。
有田焼の影響を受けているようです。
大広間大広間のペチカ











皇帝の食卓と女帝の食卓
食器も素晴らしいです。どんなお料理を召し上がっていたのかしら?


食堂食堂












チェスも好きだったようで、血赤珊瑚と象牙でできた駒は、高いだろうなあ〜机の書籍に見えるのは実は引き戸の隠し扉になっています。
チェス家具












絵画の間1は、30枚の絵画で壁を覆い尽くしてあります。
絵画の間ペチカ












緑の食堂。ウェッジウッドのジャスパーウェアのようです。

緑の食卓緑の食卓












写真撮影代払ったのに、ここだけは禁止されていた「琥珀の間」
入り口からちょこっとパシャリカメラ

琥珀の間















世界の不思議といわれている琥珀の間は素晴らしい琥珀と金細工です。琥珀って茶色の半透明なものだけかと思っていましたが乳白色やオレンジ色もあって、そのグラデーションで再現したお部屋はためいきがでるほど圧巻でしたぴかぴか(新しい)
モザイク風にした装飾技術も素晴らしいです。そして、その琥珀が持つパワーを感じました。
第二次世界大戦中に、ドイツ軍にすっかり剥ぎ取られてしまったのですが、2003年にようやく復元され、本当に見る価値がある間ですぴかぴか(新しい)写真が撮れないのが残念でした。

他にもラピスラズリの家具や、孔雀石の家具など。
青の間ラピスラズリの青の間












美しい寄木とレリーフの数々。

.美しい寄木












古マイセンの食器。マイセン好きにはたまりません。コーヒー飲むだけで手が震えそうです。
古マイセン書斎












これは子供のおもちゃです。大砲や拳銃を玩具にするとは・・・あと、男の子も女装させたらしいです。昔の歴史背景が伺えます。
おもちゃ雪景色












雪の降る中、奥に見えるのは皇帝のお風呂だそうです。宮殿の外にあるので、寒い冬は湯冷めしてしまいそう・・・

お風呂雪景色












夏は他の小離宮や庭園も楽しめるのですが、冬の間は閉館です。
次回は夏の緑の時期に再訪してみたいです。

エカテリーナ宮殿















人気ブログランキングへ


ranmarun at 23:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 旅行 | ロシア

November 27, 2008

パールキン@サンクトペテルブルグ3

ネフスキー通りにある「パールキン」という老舗高級レストランへ行きました。

店内は、絵画と生ピアノ演奏で高級ホテルのレストランのような雰囲気です。
しかも、サービスの方が全員イケメンですハート達(複数ハート)

グラスシャンパーニュはルイロデでした。
 
パールキンバター












バターは3種。パンも美味しいです。特にロシアは黒パンが美味。

アミューズでトリュフのムース。
トリュフのムースサーモンのムースとスキャロップのミルフィーユ仕立て











前菜は、「サーモンのムースとスキャロップのミルフィーユ仕立て」
サーモンの柔らかなムースと帆立が交互に挟んであります。上にはイクラ。
ビーツとハーブを使ったソースがまた合います。

「キングクラブとトマトとアボガド」  そして「黒トリュフのスープ」

キングクラブのサラダとトマト・アボガド黒トリュフのスープ












蟹も美味しいし、フィンランドの塩加減が辛かったので、心配でしたが、ロシアは、日本人にも合う塩加減です。

スープが濃厚でめちゃ美味しかったです。ベースはポルチーニとトリュフだと思うのですが、そこに黒トリュフのオイルソースを注ぐと・・・芳醇な香りで卒倒しそうでした。ロシアは茸の種類も豊富です。

お口直しの「こけもものソルベ」
お肉は「キジのロースト、自家製ソーセージ」

グラニテキジのローストと自家製ソーセージ












キジ肉はが柔らかく美味しい・・・ソーセージも美味です。ソースをかけるとまた絶品♪ロシア料理というより、フレンチですけど、レベルは高いと思います。
ここまで来てもフレンチ食べたくなる私って・・・

デセールは、メニュー豊富だったので、盛り合わせて頂きました。
いろいろあったので、内容はなんだったか忘れてしまいました。

デセール盛り合わせ












たしかショコラ・ベリー・ピスタチオ・大好きなもの尽くしでした。

サービスもしっかりしていて至福の時でした

人気ブログランキングへ

ranmarun at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ | ロシア

November 26, 2008

ロシアより3

ヘルシンキからサンクトぺテルブルグまで40分のフライト飛行機で着きました。簡素な空港です。

サンクトペテルブルグ空港モスクワ駅












ロシアは、VISAを取るのに一苦労。観光ツアーなら旅行会社が代理してくれますが、個人だと現地からの招聘がないと取れません。
3ヶ月前から手続き交渉していて、ようやく取れました。

市内観光は一人でもできますが、郊外へは、まず無理。
次の日、現地でガイドを頼んで、ピョートルとエカテリーナの豪華絢爛な夏の離宮「ペトロドヴァレツ」を訪ねてみました。

ペテルブルグ市内から車で1時間ほどです。
大宮殿宮殿












ヴェルサイユ宮殿をモデルにした庭園。夏ならば、緑と噴水が美しいのですが、さすがにこの時期は、運河も凍り、噴水はなし。黄金の像も箱に入ったままでした。宮殿内は写真撮影禁止だったので、画像はありません。

(夏のイメージ:抜粋)
夏のイメージ夏のイメージ











夏はこんな豊かな景色が見れるのですが冬は閑散としています。
その分、観光客が少ないので、宮殿内はゆっくりみられます。

(冬の庭園)
噴水ネプチューンの噴水











う〜ん閑散としています。園内には150の噴水と4つの滝があるそうですが、やはり夏の時期に来ないとこの素晴らしさは味わえないようです。
この日、厚い雲の中から、久しぶりに青空が見えたとのことで、美しい夕焼けも見えました。まだ14時ですが・・・16時には日が暮れて暗くなってしまうのです。

上の庭園













市内に戻り、お腹が空いたので「文学カフェ」へ。文豪達やプーシキンも運命の決闘前に立ち寄ったと言われる、観光名所なレストランです。
観光シーズンは満席になるらしいです。

文学カフェ店内












ロシア民謡が流れる店内で、「シチ」というスープを頂きました。ビールはバルティカが旨いです。0から9番まであって、0はノンアルコール。9番は8%。7番くらいがちょうどいいです。
パイポットシチ












パイ包みのポットの中に、お野菜やお肉がいろいろ入っています。
これにビーツが入るとボルシチになるのだそう。キャベツの酢漬けと香草が入った少し酸味のきいたスープですが、パイがさっくり美味しいし、あっさり味に、体が温まります。

早くできる料理はないかと聞いて「ビーフストロガノフ」

シチビーフストロガノフ












有名なストロガノフ邸も近くにありますが、お店によってスタイルは異なるようです。ここのは、クリームが少なめのあっさり塩胡椒味でした。

蝋人形













蝋人形がありまして、パチリカメラ
寒い国で日照時間も短いですが、なんだかわくわく・・・♪

人気ブログランキングへ



ranmarun at 22:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 旅行 | ロシア

November 25, 2008

雪の降る街を3

出張のトランジットでフィンランドのヘルシンキに着きました。
アイスランドに続いて世界最北の国。ムーミンワールドやクリスマス村があるのも有名です。
フィンランドの監督アキカウリスマキの作品が好きで、一度は訪れてみたかった街。マッチ工場の少女とか浮雲、レニングラードカウボーイなど好きな作品。日本ではかもめ食堂という映画もありましたね。

フランクフルト経由で夜中に着きました。ヘルシンキは、雪が降っていました。
ヘルシンキヘルシンキ












泊まったホテルは「カンプ」街中にあるラグジュアリーコレクションのホテルです。
カンプホテルお部屋












お部屋はクラシックな内装で、バスルームはシャワーブースとバスタブ付き。緑色のあひるちゃんと遊びましたいい気分(温泉)
ベッドルーム緑のあひるちゃん












お腹が空いたけれど、レストランは閉まっていたので、ルームサービス。
ウェルカムワインと共にスープドポワソンとハンバーガーを頂きました。
ウェルカムワインスープドポワソン












オマール海老に、濃厚なスープを注ぎます。
寒い国のせいか塩加減がきついです。 ハンバーガーはパンは固いのですが、牛肉のパテにマヨネーズとピクルスたっぷりが美味しかったです。

ハンバーガー












翌日は、夕方のフライトなので、少し市内を歩いてみました。

雪が散らついて寒かったですが、空気が澄んでいるので街並みは綺麗です。マリメッコやアーリッカなど雑貨屋さんが沢山並んでいます。イッタラで雑貨を購入。
街イッタラ












おもちゃ屋さんを見つけて入ってみました。ムーミンの故郷なので雑貨もいっぱいです。

おもちゃ屋港












ランチは、「スンドマンズ」というレストラン。バルト海に面した港の近くにあります。☆付きで、紹介して頂いたのですが・・・

スンドマンズ店内












雰囲気はとてもいいです。旧家を改装したとか。
まずは、シャンパンでバー黒パンが美味しいんです。
シャンパーニュ黒パン





















ランチメニューで週代わりのシェフのお勧めコースを頂きました。
「タラのマリネ サーモンムースとイクラ」内装は素敵なんですが、フィンランド風フレンチなので想像していたより味はいまいちです。
前菜サラダ












牛肉のステーキフォアグラのせも硬くて。デザートのショコラムースと黒スグリのシャーベットが唯一美味しかったくらい。
メインデザート











アミューズもないし、ヘルシンキはヨーロッパで最も食事が高い町の一つ。こんなランチでも€59でした。高いなあ・・・


散歩がてらウスペンスキー寺院とヘルシンキ大聖堂。時間がなくて中には入りませんでした。外観からの眺めだけ。
ウスペンスキー寺院ヘルシンキ大聖堂












港からフェリーが出ていて、スオンメリナ島まで行きたかったのですが、悪天候のためあきらめました。夏が景色が綺麗でいいかもしれません。
港から高速艇












この時期は昼が短いですから13時でもこんなに暗い曇り空です。
ヘルシンキ中央駅。チャールズ.R.イームズの師匠、サーリネンが設計したもの。そして、3人の鍛冶屋像。この近くにレニングラードカウボーイで有名なサッケ・ヤルヴァンパーが内装したレストランを探していたけど見つからず・・・

3人の鍛冶屋像ヘルシンキ中央駅












町でウィンドーショッピング。クリスマスモード満載でしたぴかぴか(新しい)
セールも始まっていてブーツを購入。本格的なクリスマスマーケットは12月8日頃から始まるそうです。
ショーウィンドークリスマス気分











こんな感じのシルバニアファミリーのようなディスプレイがとっても可愛いですハート達(複数ハート)全部動いているんです。デザイン家具などいろんなお店を回りたかったのですが、時間切れ時計

それから、サンクトぺテルブルグまで移動飛行機です。

人気ブログランキングへ

ranmarun at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 旅行 

November 23, 2008

アピシウス@有楽町3

創業25周年の「ノスタルジーとイヴェルナージュの晩餐」

アピシウスりんご












最終回です。バカラの花瓶にりんごがいっぱい。
今年の25周年フェアで3回行きましたが、今宵はどんなお料理が出てくるのか楽しみです。

長年変わらない位置皿に変わらないサービス。
クラシックレストラン好きとしては、ずっと続いてほしいです。
ノスタルジーコースを選択しました。

位置皿メニュー












オリーブはグリーンが好きです。ここのは、ついつい食べ過ぎてしまいます。
パンは海草入りとそば粉、シャンピニオン。

オリーブパン












アミューズは、マグロのたたき風黄にらとトリュフが和えたものとキッシュ。
生クリームがたっぷり入った上品なキッシュに添えてあるトマトソースが美味。

アミューズ白ワイン












白ワインは茸に合わせて芳醇な樽感のあるものでした。
「野生の茸と帆立貝のムーステリーヌ 胡瓜のクリーム添え1983」
トランペット茸、花びら茸、ジロール茸、平茸、しめじのマリネを添えて。
テリーヌは2枚もあるボリュームにびっくり。でも軽い味わいです。

野生の茸と帆立貝のテリーヌ水山産牡蠣のフラン エシャロットソース











「気仙沼産唐桑半島 水山産牡蠣のフラン エシャロットソース1986」
牡蠣をしっかり裏ごしした濃厚ムースと軽めのフランが2層仕立てになっています。その旨みはしっかりと。ワインのシャブリが合いました♪

「ムール貝のクリームスープ サフラン風味1989」

濃厚なスープです。
玉葱や人参、ぺーコンを程よく炒め、ニンニクを利かせて、中は具沢山。ムール貝の旨みが詰まったクリーミーなスープです。


ムール貝のクリームスープ サフラン風味















「ノルウェー産鮭のヴァプール ディル風味ソース1987」

シンプルに蒸し焼きした鮭。脂ものっていてやわらかです。添えた蕪も美味しい。そして、ソースが酸味とディルの香りが利いています。

ノルウェー産鮭のヴァプール ディル風味ソース
















「蝦夷鹿のポワレ 芋セロリと栗のビューレ ポワブラードソース」

柔らかな赤みの鹿肉。焼き加減もいいです。お料理全般塩加減控えめでしたが、胡椒をかけるとさらに赤身肉の旨みが増加して、ジューシーな味わいになります。

蝦夷鹿のポワレ ボワブラードソース

















フロマージュはウォッシュ系を中心に頂きました。

フロマージュ












「西洋梨のクープ バニラアイスクリームとチョコレートガナッシュ添え」

西洋梨のクープ ポートワイン












クリーミーなカスタードソースの中に、さくさくの洋梨とガナッシュが入っています。クランチのガナッシュとピスタチオがまた美味しいの。
ポートワインと共に。

ここで、カメラに興味を持たれたサービスのA氏に貸したら、
いろんな名画を撮ってきてくださいました(笑)

絵画















そう、ここはユトリロやシャガールなど、いろんな名画が勢ぞろいしているんです。

絵画















他にも沢山の作品があるのですが・・・
美術館ではなかなか見れない原画も多数。

個室















こちらは、個室。

今回飲んだワイン達のラインナップです。
お料理一皿に1種類ずつ頂きました。そのマリアージュも素晴らしかったです。

ワイン達















そして、プティフールのワゴンも圧巻でした。
エスプレッソとハーブティーでいろいろ頂きました。
塩サブレが美味しかったです。

プティフールプティフール












連日満席。昔の料理が頂けるこういう催しはまたとないので、訪問できたことに感謝です。

人気ブログランキングへ


「アピシウス」

東京都 千代田区有楽町1-9-4 蚕糸会館B1 [地図]

 03-3214-1361






ranmarun at 22:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

November 22, 2008

麺・麺2

経堂のパチンコ換金所の横にできたうどん屋。
以前は焼きたてメロンパンのお店だったけど・・・
関西のかすうどんの店。

かすうどん
かすうどん












650円のかすうどん。しかし、うどんは冷凍なのかという歯ごたえ。汁はMSG系です。これは関西のかすうどんとはちと違う。
豚すいっていう、かす汁と生卵とご飯のセットもあったけど、微妙。
テーブルは小学校の机だし、給食のメニュー食べさせてくれたほうがはやるんじゃないかと思いました。


神泉のラーメン屋。「うさぎ」
うさぎ特製らーめん












無化調のスープを使った和風味。
鰹や昆布など魚介系のスープと豚骨を合わせたあっさり味です。
麺もかんすいを使わず、お水にもこだわっているようで、わんたん、厚切りの焼豚、煮たまごがのった特製らーめんは美味しかったです。
後に胃もたれしない、優しい味です。


ブログランキングへ

ranmarun at 01:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ラーメン 

November 21, 2008

皆生温泉@米子2

米子の皆生温泉「東光園」に泊まりました。
一時バブルの時期は、賑わったみたいですが、今は値段も半額以下に下がって、落ち着いています。
その中でも、昔昭和天皇が泊まるために造られたお部屋に宿泊。離れの中でも一番広いお部屋で、12.5畳、10畳、6畳、4.5畳、侍従のお部屋まである広さ。
テラスからは庭園が見れます。

宝生の間











内風呂からも落ち着いた眺め。24時間入れるのですが、内湯は塩源泉なのでデトックス効果で、汗がたんまりでます。

内湯











露天風呂はアルカリ源泉。お肌が潤ってなめらかになります。

露天風呂











で、食事。松葉ガニのコースで頂きました。
食前酒の梨のワイン。
前菜5点盛りは、塩蒸しりんご・エリンギ春菊味噌和え・卯の花松風・合鴨ロースオレンジ酢味噌和え・人参豆腐

前菜












蒸した松葉蟹を頂きました。まだ小さかったかな〜。でも蟹味噌たっぷりだし
食べ応えありました。

蒸し蟹蟹味噌












お造りは普通。
焼きがに。ふっくらほっこらなのに、食べごろを過ぎちゃって、焼きすぎちゃった。
甘い蟹肉です。

お造り焼き蟹












揚げ物も茶碗蒸しも普通です。旅館なので、仕方ないですね。
蟹すき鍋は、おだしが美味しかった。

茶碗蒸しと揚げ物蟹すき鍋












で、これを雑炊に。
蟹肉をほぐした身を入れました。

蟹雑炊デザート












う〜んでも、やっぱり旅館の味だ・・・
何かが足りない・・・松葉蟹はまだ未熟であと2回くらい脱皮しないと成熟しないそう。足が半透明だったので、地元民に言わせると水蟹なんですって。
本物の松葉蟹が味わえなかったのが残念。(観光客はこれが本物と思っちゃうらしけど)間人蟹も食べなきゃ・・・


人気ブログランキングへ



ranmarun at 21:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 旅行