April 04, 2009

PALMS CAFE@自由が丘3

たまに、無性に食べたくなるもの。カレー、ラーメン、ハンバーガー。
この日はハンバーガーが無性に食べたくなりました。

自由が丘にある「PARMS CAFE」
わんこもOKのCAFEで、ハンバーガー以外にもホットドッグやパスタなどもあります。
オーダーしたのは、オールドファッションバーガーにタルタルトッピング。
オールドファッションバーガー
















こんがり焼きあげられた楕円形のバンズは、天然酵母ベーカリー用賀倶楽部のもの。粉から塩まで厳選こだわりパン屋なので、旨い。
パテは粗挽きでガーリックパウダーや塩コショウでしっかり味付けして香ばしく焼かれ、トマトとオニオンが入っています。これにタルタルソースの卵、ピクルス、マヨネーズの旨味が加わって申し分ない味。
コーンサラダとフレンチフライもついてます。
.
















はまる味。バンズは普通丸いですが、具が四方八方から飛び出してきて食べにくいですが、楕円形だと、なぜか出てこないので食べやすいです。
直径20センチのビッグバーガーなんてのもあったけれど、これは一人では無理だなあ・・・^^;

関係ないけど、帰りにこんなの発見しました。
LAWSON STORE 100
100YenLowson












ローソンと100円ショップが合体したお店。
中は、お野菜や果物、お酒、調味料、家庭雑貨も品揃え豊富で、なんと100円。もちろんお弁当やレトルト食品も置いてあります。24時間空いているし便利ねえ。

人気ブログランキングへ


「PARMS CAFE」

目黒区自由が丘1−29−17 持田ビル2F

03−5731−3903

ranmarun at 20:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 洋食 

April 03, 2009

ラビュット・ボワゼ@奥沢4

奥沢にある「ラビュット・ボワゼ」のお花見ランチに行ってきました。
住宅街にある一軒家のレストランです。 
三寒四温で桜の開花もどうなのかなと思っていましたが、この日は温かくなり、五分咲きくらいまで開きました

ラビュットボワゼ位置皿












パンにつけるコンフィチュールは4種。パンは左から桜のバターロール、ハーブ、クレソン、青海苔を使い、特に桜のバターロールが人気でした。
コンフィパン












前菜は「赤座エビと熊本産の筍とフランス産ホワイトアスパラガスのセルクル仕立て春の息吹」
右側は、筍でホワイトアスパラガスを挟み、トリュフのソースとスライスが添えてあります。左側は、春の野草をいろいろソテー。
トリュフの香りとクリーミーなソースが絶品でした。

赤座エビと熊本産筍と仏産ホワイトアスパラガスのセルクル仕立て
















お魚は「メバルのポアレ 春野菜とイタリアのドライトマトのソース」
ふわっと柔らかくポアレされたメバルにベビーリーフや土筆やいろんなお野菜がのっています。ドライトマトを使ってプロヴァンス風に仕上げられたソースが、お野菜の優しい味わいがしみていて、とっても美味でした。

メバルのポアレ 春野菜とイタリアのドライトマトのソース
















向かいの方が頂いていた「桜鯛のサボイキャベツ包み ビーツのソース」も美味しそうでした。ビーツの赤が色鮮やかです。

桜鯛のサボイキャベツ包み ビーツのソース
















お口直しの「蓑毛古谷養蜂場のアカシアの蜂蜜とレモングラスの香りのハーブティーのグラニテ」
グラニテ












さっぱりとハーブの香りです。

お肉は
「ドンブ産仔鳩のロティのプードルの装い ヤビツ峠の熊笹包み焼きベリーを使った熊笹風味のソース」
 

ドンブ産仔鳩のロティのプードルの装いヤビツ峠の熊笹包み
















しっかりとした仔鳩の肉質に甘酸っぱいミックスベリーのソースが溶け込んで、赤ワインがすすみました。コルシカ島のワインで合わせました。

成長するおしぼり・・・
水を加えるとにょきにょきと伸びていきます。
エペルネのレストランでもこれが出てきました。面白いサプライズですね。


おしぼりおしぼり












「お花見のデセール2009奥沢」
お花見のデセール















ピンクのチョコレートの球体。桜の花びらの形にくり抜かれた小窓からは、ミックスベリーとパッションフルーツのムースが入っているのが見えます。桜のジュレがホース上に巻いて可愛いピンクのデセールでした。添えられたシェーブルの濃厚なアイスクリームがインパクトありました。これ好き。

中は・・・















プティフールとハーブティーを頂きながらの食後。
プティフールハーブティー












午後さらに温かくなると花弁が開いて色づいてきました


sakura

















人気ブログランキングへ

「ラビュットボワゼ」

世田谷区奥沢6−19−6

03−3703−3355



ranmarun at 17:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

April 01, 2009

焼肉くにもと@浜松町4


久しぶりに「焼肉くにもと」に行きました。
本店(兄)と新店(弟)がやっています。
今回は新店の方に行きました。
ここは、淡路牛を使っていて、おまかせのコースを予約します。お客様予算に合わせて、その日の仕入れで好みの部位や味付けで出してくださいます。

焼肉くにもと焼肉くにもと












3600、5000、8000、10000円とありますが、5000円のコースで赤身のお肉だけでお願いしました。霜降り肉ももちろん美味しいですが、上質なお肉ならば赤身の方が、その肉のうまみが存分に感じられます。

まずは、赤身刺し
柔かな赤身を山葵醤油で頂きます。

赤身刺し
















続いて、レバ刺し
角切りで歯ごたえがあります。生姜と葱と胡麻油であっさり。

レバ刺し















キムチとサラダ。
キムチは甘めの味付けです。サラダはにんにくを軽くきかせて胡麻油と和えてあります。

キムチサラダ












本番のお肉がやってきました。
赤身中心で脂がないところを厚切りでと、お願いしたので、ハラミ、千本(塩)、トンビ、ヒレ、ウデ、モモ(たれ漬け)の部位が運ばれてきました。
ちなみに千本は外モモの部分で1匹でも15枚くらいしか取れないそうです。
トンビは内モモの部分。

赤身盛り合わせ

















ハラミは、遠火でじっくり焼きました。うま!
千本は焼くと、筋がセルライトのように浮かび上がってきます。牛ってそんなに運動しないものね(笑)弾力があるお肉です。
トンビは、柔らかいです。
ヒレ美味かった〜♪厚切りなのにしっかり焼いても口の中で溶けてしまうくらい。
これが今回のHITです
ウデも柔らかくてうま!
モモは繊維質がありますが、焼くと肉汁が溢れて牛肉本来の味が感じられます。

追加でカイノミとランプを頼みましたが、ランプは売り切れとのこと。
カイノミの塩です。さくさくっとした歯ごたえとジューシーな旨味がたまりません。
脂も甘くアミノ酸のうまみに変化していて、絶妙な味でした。

カイノミ















〆は冷麺で。
しこしこの麺に、半熟玉子、牛タタキ、キムチ、ワカメなど。
スープの出汁が美味しかった。飲み干しました^^;

冷麺















人気ブログランキングへ

「焼肉 くにもと 新店」

港区浜松町2−8−2 カノウビル1F

30−3435−7605





ranmarun at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 焼肉・韓国料理 

March 31, 2009

Osteria 吉田PASTA BAR@渋谷3


渋谷の路地裏歩いていてふと見つけた赤い看板。
なんだか気になって入ってみました。
「Osteria 吉田PASTA BAR Tokyo」というお店です。

吉田PASTA BAR















小さな店内ですが、満席で賑わっていてなんだか美味しい匂いが充満しています。2月にOPENしたばかりだそうですが、大きな黒板メニューにイタリアやスペイン料理をアレンジしたメニューがぎっしり書いてあり迷ってしまいます。

まず、アミューズでジャガイモとアンチョビのサラダ
うん美味しい。白ワインで始めました。

お通し















アンティパストミストを頂こうかと思ったのですが、
おすすめと言われた「国産牛モツとヤゲンのアーリオオーリオ」を頂きました。

ヤゲンは、若鶏の軟骨です。ぷりぷりの牛モツとオリーブをガーリックオイルで
煮込んであります。国産牛モツとヤゲンのアーリオオーリオこれは、ジューシーで美味しいです。















一押しメニューだけはあります。牛モツの柔らかい食感と軟骨のコリコリ歯ごたえにオリーブの酸味が加わって、スープまで絶品でした。バケットが欲しかった・・・


「スペイン風目玉焼き」いやフラメンコ風だったかな。
白味はカリカリ、黄味は半熟の目玉焼きにトマトソースと黒オリーブ、ソーセージと青唐辛子がのっています。ローズマリーの香り。

スペイン風目玉焼き















卵料理は、カプリ風とかオムレツのアメリケーヌソースとかいろいろありました。

パスタは「〇吉ミートソースWith温玉&チップス」

もちもちの麺に、牛筋で煮込んだデミグラスソース。温泉卵とポテトチップスがのっています。麺の茹で加減がいい感じ。かなり弾力があるざらざら麺です。
でもチップスはいらない気がしました。

 
















パスタは手打ちらしく、他にもいろんな種類のパスタがありました。
パスタと素材と味付けを選んでオーダーすることもできます。

お肉やデセールも頼もうと思っていましたが、閉店ぎりぎりにかけこんだ為、時間きれ。
お値段もお手軽でボリューム満点なので、次回は大勢でいろいろ食べたいな。

人気ブログランキングへ

「Osteria 吉田PASTA BAR」

渋谷区渋谷2−8−7

03−6805−0940


ranmarun at 23:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0) イタリアン 

March 27, 2009

チョコ@西麻布3

3月18日に西麻布にOPENした「チョコ」に行ってきました。「TXOKO」はスペイン・バスク地方に伝わる「美食の会」を意味する言葉。
現地には幾つものチョコが存在し、伝統の料理を仲間と共に楽しんでいるとか。

そんな郷土料理を日本でどんな風に再現するのか、興味深々でした。
シェフはまだ27歳です。

TXOKO















まずはスペインビール。ガリシア地方のビールです。
お料理は4500円のコースで。
サバのエスカベチェから前菜がいろいろ運ばれてきます。

スペインビールサバのエスカベツェ












イベリコベジョータの生ハムとチョリソ  トルティーリャ
生ハムとチョリソ美味しいです。スペインのハムはねっとり系で旨味が凝縮しています。トルティーリャは、ジャガイモのオムレツ。ジャガイモたっぷりでふんわりしています。

イベリコベジョータの生ハムとチョリソトルティーヤ












ピンチョスは2種。パプリカのピペラーダ、ラタトゥイユのような感じです。と蟹のマヨネーズ。蟹マヨにエビのボイルが固めのパンにのっています。

ピンチョス塩たらのコロッケ












塩タラのクロケッタスは、タラの身とジャガイモを合わせて。揚げたてはふわふわです。

アホのスープ ニンニクのスープです。
ニンニクとバケットを柔らかく煮込んであり、ハムとパセリとガーリックマヨネーズ添え。
ガーリックの香りは抑えめで、まろやかな味です。
にんにくのスープ












サワラのコスケラ
アサリとアスパラ・インゲン・グリーンピースとパセリのグリーンソース。半熟玉子添え。
素材はいいのですが、なんとなく、塩加減が足りないというかインパクトに欠けます。お塩をお願いして、加えたら、味に深みが出ました。
日本人好みの味に仕上げているせいでしょうか。

アイナメのコスケラ















シードラ頂きました。『Astiazaran Sidra Seco
(アスティアサラン シードラ セコ)

サン セバスチャンの小規模なシドレリアで造られています。

有機栽培の林檎100%使用。
林檎は皮のまま砕いて搾汁、
樽の中で、林檎のもつ糖分で自然発酵します。熟成した辛口で私好み。

シードル












トリッパ・豚トロ・ガルバンゾの煮込み
トマトベースで臭みも丁寧に処理してあります。
やはりお塩を足した方が味が引き締まりました。
塩加減は好みなのですが、素材を引き立てる壁は難しいところですね。
私は個人的には2つまみくらい加えたほうが、お肉のうまみと豆の甘みがバランスよくなると思いました。

トリッパ・豚トロ・ガルバンゾの煮込み















クァハーダ風蜂蜜とナッツ
クリーミーなヨーグルトに蜂蜜とナッツ。
トリハとバニラアイス
トリハの起源は修道院。
余ったパンを、砂糖・シナモンを入れた牛乳に浸し、
卵を付けて揚げたことから始まったそう。
セマナ・サンタ(聖週間)の時期によく食べられるそうです。


クァハーダ風蜂蜜のナッツ添えトリハとアイスクリーム












国旗もかかげられていたり・・・
国旗












まだまだこれからメニューが増えていくようで期待しています。
西麻布で4500円のコスパは素晴らしいですけれど、なんとなくインパクトが欠ける。バスクのチョコを再現するお料理に今後期待します。
って本場のバスク行かなくきゃ!
人気ブログランキングへ

TXOKO(チョコ)

港区西麻布1-11-13ひろしまビル1F
03−5410−1752

 

 



ranmarun at 01:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スパニッシュ 

March 23, 2009

龍圓@浅草4

友人達と浅草へ。
体に優しい中華をガッツリ食べたいというリクエストで「龍圓」へ行きました。

龍園












お料理は事前におまかせして、6000円のコースです。
まず雲丹と春雨エスプーマのピータン豆腐
上湯で茹でられた春雨にたっぷり生雲丹。
クリーム状の豆腐にピータン。これが中華なの?と友人は驚いていました。

生雲丹と春雨エスプーマのピータン豆腐












ホタルイカの老酒漬けサラダ
これは絶品です。以前の方がレアだった記憶が。
あっさりドレッシングで和え、味付けがさっぱりになった気がします。

ホタルイカの老酒漬けサラダ















蒸し鶏とメンマ

柔らかく蒸してある鶏を浅葱と。 メンマはさっぱりしていて柔らかく煮込んであります。お酒のつまみにいいです。
蒸し鶏メンマ












グリーンアスパラ炒め  
しゃきしゃき新鮮なアスパラをニンニクと塩で炒めてあります。
シンプルなだけに野菜の甘さが感じられます。
グリーンアスパラ炒め















車海老と筍炒め
海老はぷりぷり。筍も柔らかく、金針菜がたっぷり。
海老も金針菜も大好きなので嬉しい一品。

車海老と筍炒め















甘玉キャベツの春巻
お塩とからすみパウダーがかかっています。
さくさくの皮の中はキャベツだけで仕上げた餡が。甘くてとろとろのキャベツ。
そろそろ旬は終わりだそうです。これは絶品♪

甘玉キャベツの春巻き












紅大根のフカヒレスープ
綺麗な桜色のスープ。この大根は皮まで使っているそうですが、
甘くてまろやかな優しい味です。

紅大根のふかひれスープ















麻婆豆腐
スパイシーなものが食べたいなと話していたら運ばれてきました。
中華の定番ですが、花山椒や豆鼓が利いていて、食欲をそそります。
白ご飯追加しました^^;
麻婆豆腐















ここまでが、コース料理。炒飯とデザートが残っておりますが、
そのあと、追加過発注です(笑)

白トリュフの蟹玉
ほっくりした卵の中には蟹肉がたっぷり入っています。
卵の黄身が濃いので染み出た卵黄がジューシー。
白トリュフ塩の香りがなんともたまらない・・・
白トリュフ塩の蟹玉















黒酢の酢豚
蒸して脂を落としたばら肉をお肉は揚げずに、油かけして炒めているそうで、
かりっとした衣とぷるんとしたお肉の食感に舌がほころびました。
黒酢のソースも美味しいです。黒胡椒がアクセントになっています。
お肉だけの酢豚って好きなのよね。
黒酢酢豚















塩ラーメンと坦々麺

塩ラーメンはスープにメンマに焼き豚とシンプルですが、スープが美味しい。
坦々麺も挽肉ウマ!辛さは控えめであっさりとした白胡麻スープがあとをひきます。国産小麦で作る自家製麺も美味。次回は焼きそば食べたいです。
塩ラーメン坦々麺












〆は山ウドの炒飯
えぐみがある山ウドをジャスミンライスでパラリと炒め、春の香りを感じました。
田セリなんかで作っても美味しそうだな。

山うどの炒飯















デザートで杏仁豆腐
杏仁の香りが漂うシンプルな一品。
杏仁豆腐












山菜系は、来月入荷するとのことでした。中華の技法を問わず、日々進化するシェフのお料理も楽しみです。


人気ブログランキングへ

「龍圓」

東京都台東区西浅草3-1-9

 
03-3844-2581



ranmarun at 02:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) チャイニーズ 

March 22, 2009

白トリュフ塩4

以前焼肉屋で頂いたトリュフ塩が気になって、ネットで検索。
購入してしまいました。

白トリュフをフリーズドライしたものに、フランスの岩塩を混ぜたもの。
ビニール袋に包まれていましたが、その香りは漂っています。
袋を開けて、箱を開けたら、なんとも素晴らしい香り・・・

トリュフ塩















100グラムで2500円もする高価なお塩です。
蓋を開けると素晴らしい白トリュフの香りに卒倒しそう・・・

トリュフ塩















里芋のムース

ねっとり里芋と玉葱を煮込んでムースにしました。
里芋の甘みと、とろろのような食感が美味しいです。
ミッシェルブラスで購入した粉末オリーブと、白トリュフ塩で、旨みが引き立ちます。
里芋のムース












そして、白トリュフオムレツ
白トリュフオイルと塩で。
なにげないプレーンオムレツですが、中は半熟とろとろでトリュフの香りが・・・
絶品です♪ほんと万能調味料だわ。

白トリュフオイルオムレツ












ニンニクと玉葱だけで炒めたパスタにふりかけても美味し。
お豆腐にも合いました。この後もいろいろ作ったけれど、画像なしです。
キッチンドリンカーなので忘れちゃった。

麻薬のような香りに、和洋中で愛用しています。
ちなみに黒トリュフ塩も購入しましたが、まだ未開封。

白トリュフ塩












白も黒もビニール袋に入れてスーハーしたい気分です(笑)
そのくらい白い粉の魅力の香りにやられます。


ranmarun at 02:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

March 20, 2009

亜細亜@五反田3

家庭的な広東料理のお店「亜細亜」
昭和22年創業で、こじんまりながらも、駅前にあるので地元民やサラリーマンが通っています。私もここは何十回も通っているお店。

ここはシュウマイが絶品なんです。
豚肉と玉葱で練られた餡に極薄皮。熱々蒸したては、くずれるように口の中で溶けて肉汁が溢れます。いつもこればっかり食べてます。

シュウマイ















一品料理は、黒板メニューのその日のお魚の蒸し煮や、定番酢豚、鶏肉の旨煮が美味しいけれど、値段がちょい高めだし、量がかなり多いので、一人ではなかなか食べきれません。あと鶏スープも野菜たっぷりで美味い。

あばら肉飯を頼んだつもりが、肉うま煮飯が来てしまった。
豚肉のあばら肉を煮込んだのもうまいのです。

久々に訪れると塩味が強い感じがしたけれど、お野菜の炒め感がいいです。

肉うまに飯















五目焼きそばも美味しいのですが、すごいポーションで出てくるので、ここは大勢でいかないと堪能できないの。

久々に行ったけれど、変わらぬ味。広東麺やビーフンも美味しいんです。
あ、別に亜細亜のまわしもんではないですが、五反田に来るとつい寄ってしまいます。今日は後が控えていたので、これで終了。


「亜細亜」

東京都品川区東五反田1-13-9
03-3441-7824

ranmarun at 20:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) チャイニーズ 

March 19, 2009

リストランテ・バリック@江戸川橋3

ディナーで再訪しました。
相変わらず、場所がわかりにくいですが、2回目はちゃんと行けました。
和風建築の引き戸を開けるとスタッフがお迎えしてくださいます。

リストランテ・バリックエントランス












スプマンテのカバレッリ・フランチャコルタを頂きながら、アミューズのミニパン。
前回と変わっていなかったけど、鮎のフリットと空豆のピュレ

アミューズ鮎のフリット













冷菜は、さよりと野生のサラダ仕立てアンチョビソース
さよりが肉厚で美味しい。合わせた西洋野菜は野生のタンポポの苦味とチッコリの甘みが加わり、素晴らしいバランスでした。

さよりと野野菜のサラダ仕立て蒸し鮑とアワビ茸のアンチョビソース











蒸しアワビとアワビ茸、空豆の鮑肝とバルサミコソース
こちらも肝ソースが濃厚で。筍や空豆などの春野菜も入っています。蓮根やポテトのフリットもアクセントですが、さよりの方が私的に好み。

飲んだことないワインが・・・
特に右手はビオディナミらしいですが、濁り系。

ワイン












温菜は、ひげ鱈のクロケットキャビア添え
マッシュポテトに包まれたまろやかな鱈。キャビアの塩味が引き立てました。


ひげタラのクロケットキャビア添えトリッパの煮込みミント添え












トリッパ煮込み ミント風味
溶けたモッツァレラチーズとトマトソースにからんだトリッパは王道です。

ワインはマニアック。
ワイン












パスタは、蛍イカのタヤリン 

ホタルイカの濃厚なワタが利いてます。濃厚なだけに、60年台のバローロを合わせてきました。香りが素晴らしいです。
ホタルイカのタヤリン手打ちパスタ トマトソースとラルド











 自家製パスタのトマトソースラルド包み
うどんみたいな麺に、こちらは酸味が利いたあっさりトマトソース。

ワイン












ワインとのマリアージュは素晴らしい。61年のバローロを開けてくださいました。しかし、このワインを褒めた後で、メインもこのワインまでいきますか。と言われ、他のにしてねと言ってしまいました。
イタリアワインのビンテージは香りと味の格差が激しすぎるの。

お魚は真鯛のポアレ サフラン風味のソースと。

真鯛のポアレ















お肉は子鳩のロースト秋田産仔鳩のローストサルミソース
















1匹丸ごとロースト。モモ肉の足はしゃぶりつくことながら、ササミ、砂肝。ボンジリまで。ジビエではないのに、濃厚な赤身肉と旨み。新鮮な頭肉と脳みそまでしゃぶりつきました。

この鳩がめちゃ好みで赤ワイン頼みます。
ワイン












堪能したあとは、ドルチェ。
苺のスープを頼んだのですが、実はいけないケが・・・

急いで違うのを用意して頂きました。
ピスタチオのプリン 
青りんごのソルべとバニラアイスに砂糖かけしたピスタチオがのっています。
ショコラのソルべ 濃厚なショコラにオレンジソース。
ピスタチオのプリンショコラのソルべ












ドルチェに合わせて、2種類頂きました。
このマリアージュも素晴らしいです。
デザートワイン















最後はプティフールと紅茶を頂きました。
プティフール















グラスワインの品揃えの多さにはびっくりです。
しかも前回とかぶっていない。

季節ごとに来てみたいレストランです。

人気ブログランキングへ

「リストランテ バリック」

東京都 文京区水道2-12-2
03-3943-4928

ranmarun at 03:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イタリアン 

March 16, 2009

お家ご飯

スーパーでこんなのが売ってました。
生きてる白魚。袋の中でうようよ泳いでいるので、水槽で飼ってみたいけど、
塩水の中でないと生きれないのかな。

白魚
















とにかくうようよ元気いい。
狭い角が好きみたいで、袋の角に集まってきます。
踊り食い、卵とじ、天ぷら・・・

ポン酢や、卵や油の中で踊ってしまった白魚ちゃん、ごめんね。

360















白魚ちゃんたちの踊り苦しむ姿は、画像は可哀想で撮れなかった。


和牛のステーキ トリュフと赤ワインソースとクレソンサラダ
インカの目覚めのポテトサラダを添えて。

和牛のトリュフソースクレソンサラダ












簡易ですが美味かった。
白魚とせりの釜飯も作ったけど、釜茹での刑はやっぱりかわいそうでした。



ranmarun at 21:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他