April 2007

April 15, 2007

SHIZUO TOKYO@銀座4

昼は帝国ホテルのなだ万でビジネスランチ。
鰻が食べたくなって、鰻御膳を頂く。
付き出し、サラダとお吸い物が付いて、4500円。肉厚で適度な焼き加減。
打ち合わせによく利用するが、何を食べても美味しいです。
うなうなるなだ鰻(ワラ)








夜は、銀座の並木通りにある「SHIZUO TOKYO」で、素材にこだわる優しい味わいのシンプルフレンチを頂きました。
シェフは元赤坂の迎賓館の総料理長として、その腕を世界各国の大統領や国賓などのVIPに絶賛された。1990年には天皇陛下即位の礼の料理を担当、1993年にはフランス料理最高峰の証、アカデミー賞を受賞という経歴も持ち、現在、日本のフレンチ業界の著名人が集う日本エスコフィエ協会副会長。

まずはロゼのシャンパンとアミューズブッシュ(鯵のなめろう風タルトと豚肉のパテで乾杯♪
アミューズプッシュ







天然帆立と小海老のデュオ フルーツのドレッシングとマリネした鰹のグリエ、山芋とうるい添え、梅のビネグレットソース
甘い帆立と蟹をスライスしてサワークリームで和えた海老や蓮、胡瓜やフルーツなどをミルフィーユ風に仕立てて。
新鮮な初鰹はたたき風にして黒胡麻をつけてマリネ。山芋やうるいと合わせて、梅のほのかな酸味が春の優しい味わいです。
和の素材を大事にして、お箸もセッティングしてあります
前菜前菜2








グリーンピースとベーコンのポタージュとイサキのグリエ春野菜添え
熟成したバルサミコ酢の甘みとバジルのソースがとってもフレッシュでした。ビーツやブロッコリーのお野菜も美味しいです。
グリーンピースのスープいさき







前面ガラス張りの店内で銀座の喧騒を見下ろしながら、奥の個室でワインをゆっくりと嗜む・・・ボトルでもいけますが、お料理に合わせていろんなグラスで楽しみました。
・Toulaine Sauvinion 2005(お水のようにきりっとさっぱり青リンゴの香)
・Haho estates chardonney 2005(樽感とフルーティーな香がしっかり)
・Gevrey chambertin ler Cru les champeaux 2000(開き加減が満開でとってもいろんなお花が束ねられたようなブーケのようです)
・Ch.Cambon la Pelouse 2004(渋みと酸味と甘みが見事にMiXされていました。お肉の旨みを引き出します)

お肉は、子鳩のローストと2週間熟成ロースのグリエ 彩り豊かな温野菜を添えて そのままお塩でも柔らかくて充分美味しいのですが、ブイヨンソースとペッパーソースをかけて、また深みがでます。
熟成牛肉と小鳩のローストソースをかけて接写






デセールは、パイナップルのコンポートとバニラアイス
デセールに合わせた食後酒、ディケムの甘さに洋梨の酸味が加わったような珍しいお酒(名前忘れました)がGood♪子菓子もどれも美味しいの。ガトーショコラが濃厚でした。
ここのギリシャの器が綺麗なの。ラビュット・ボワゼでも使われていますね。デセールの紫と黒のお皿は私の好きな色です。
デセール子菓子









旬の素材を生かし、あっさりと食べれるお料理と盛り付けの美しさに感動しました。
グラスワインで一皿ずつマリアージュが楽しめるのも素敵です。
サービスも非常に丁寧で心地よい時間でした。

「SHIZUO TOKYO」

中央区銀座5−4−6ロイヤルクリスタルビル8F
03−3569−3399
http://www.shizuo-tokyo.com



ranmarun at 06:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

April 13, 2007

ボダニカ@六本木2

3月30日にOPENした六本木の東京ミッドタウンに偵察がてら行ってみました。
「トシ・ヨロイズカ」は大行列。しかも生菓子はほとんど売り切れです。諦めて「サダハル・アオキ」でマカロンとケーキやキッシュを購入。ここでも30分かかりました。

そして、アジア初のコンランレストラン「ボタニカ」にも行ってみました。テレス・コンラン卿とひらまつ氏のコラボはどんなものなのかと話題になっているだけあって、100近くある席は満席。

予約の時間に来たものの、ウェイティングスペースで30分以上くらい待たされましたw。ビールを飲みながら待っていると、柿の種を出してくれました(笑)

お料理はローストビーフコースを選択。インターナショナルというカテゴリーらしく、定番料理が並ぶ感じです。
ワインに迷っていたら、もう一つワインリストがありますのでというので待っていたら全然来ない。。。先に前菜が運ばれてきてしまったのでちょっとテンポが狂いましたけど・・・

まずは5種のオードブルプレート(スコットランド産スモークサーモン、パルマ産プロシュートとメロン、アボガドと鰹のトマトガスパチョ風仕立て、グリーンピースの冷製スープ、フォアグラのテリーヌブリオッシュ添え)
5種の前菜








季節の野菜とスペイン産チョリソー入りのミネストローネスープ フォアグラのリゾット トリュフソース いろんなお豆や野菜とコンソメ仕立てのあっさりした味。チョリソーの塩加減とタイムの香りを効かせています。パンは全粒粉でオリーブオイルは付いてくるのですが、バターは追加料金エシレ50gで+700円も。頼まなかったけれど、これも微妙なラインです。 パルメザンの香りとクリーミーなリゾットにトリュフとソテーしたフォアグラ。お米の弾力感は丁度いい感じです


スープフォアグラリゾット







ボタニカ特製のローストビーフ マッシュポテト添え

特製と聞いて期待していました。オーストラリア産ビーフ。パン粉をつけて焼き、旨みを閉じ込めていますとのことでしたが、肉の旨みはさほど感じられずちょっと残念;;赤身肉の柔らかさだけは評価。オージービーフより仔羊にすれば良かったな。ボソ・・・

ローストビーフマッシュポテト







デセールはカラメル風味のムース ショコラと子菓子
濃厚なバニラアイスとショコラムースはGoodでした。

私的に言うと、コンランテイストのインテリアがあまり感じられず、テーブル感覚も狭い。メニューもオーソドックスな感じでコスパを考えると期待したほどではないかもしれません。「Japan〜禅」をコンセプトにしているので、和食を融合させたメニューが欲しいところ。

OPEN当初ってそんなものですね。1年後にどう改善されるのか。ホスピタリティ精神はとっても感じられます。
ガラス張りの明るいガーデンテラスがいい雰囲気なので、ランチのハンバーガーや、休日のブッフェランチの方がむしろ満足度があるかもしれません。

ショコラムース子菓子









寄り道で「Salon Bar YOL」に行って見ました。
アンティークな扉を開けると、独特な空間が広がります。
なんせ、ここは、昼11時から翌朝9時までやっているらしいです。1杯飲んで軽くつまんで帰るのがよさそ。

Bar YOLカツサンド








カツサンドが人気で美味しいですよ!うちのシェフのあだ名はカツサンドなんです!というので頼んでしまいました。パスタなどフードメニューも充実していました。

どこのお店もとにかく人だかり。
しばらく話題に欠けないスポットのようです。


東京ミッドタウン内
「Bodanica」
03-5413-3282

「Salon Bar YOL」
03-5413-7746





ranmarun at 05:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

April 11, 2007

アルベルゴ・バンブー@箱根3


温泉に行った次の日は、お宿をチェックアウトした後、お昼までお散歩しました。
5分くらい歩くと、すすきで有名な野原があります。
数日前に野焼きしたらしく真っ黒な山が。この真っ黒な景色を撮影するために来る写真家も沢山いるらしいです。

さらに15分くらい歩いて、湿生花園を見ることにしました。湿原をはじめとして川や湖沼などの水湿地に生息している植物を中心にした植物園です。
 園内には、低地から高山まで日本の各地に点在している湿地帯の植物200種のほか、草原や林、高山植物1100種が集められ、その他、珍しい外国の山草も含め、約1700種の植物が四季折々に花を咲かせています。

とのことでしたが、20日に開園したばかりで、草木の名前の札だけで、何も咲いていません(笑)時期が早すぎました・・・┗( ̄□ ̄||)┛
でも、お散歩していると、小さいながらも座禅草 を発見しました。僧侶が座禅をしている姿に見たてて座禅草という名前が付いています。この花が異臭を放つということで、アメリカではスカンクキャベツと呼ばれているそうです。
水芭蕉の池もまだ小さなつぼみばかりでしたが、いくつか咲いていました♪

お花で癒された後は、更に30分くらい下り歩いて「アルベルゴ・バンブー」というイタリアンレストランでランチしました。
(またまたバンブー繫がりですが)
大理石でできた一軒家の白い洋館。中も天井が高くて光が差し込むいい雰囲気です。
位置皿から最後まで全部ジノリのお皿です。前菜いろいろ。

白い洋館位置皿自家製パン






サルシッチャというソーセージのスープと渡り蟹と菜の花のスパゲティー、伊勢海老のリゾット スープといっても汁が少なすぎじゃ!?パスタは蟹肉たっぷりで美味しいです。リゾットはちょっと芯がありすぎて、もう少し煮込んで欲しかったな・・・

スープパスタリゾット







アイナメと蛤のポワレと牛テールのトマト煮込み
アイナメがぷりっと脂ものっていて美味しかった。牛テールはラタトュユ風のお野菜と柔らかく煮込んであって、これが一番美味しいかったです。
ドルチェはショコラケーキとキウイ。
お魚牛のトマト煮込みドルチェ







午後は、美術館巡りをして、夕方「暁庵」というお蕎麦屋さんで、鴨せいろセット。グルメサイトでかなり高評価の手打ちそば。 鴨が柔らか・・・つまみも来たので、日本酒飲んで、帰路の車中は爆睡でした。。。

おつまみ?鴨せいろ







箱根もいいな〜♪

ranmarun at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イタリアン 

金の竹@箱根

箱根仙石原にある「金の竹」に行ってきました。10室しかないので、予約がとれない宿の一つですが、たまたまキャンセルが出て、LUCKY!お部屋には全て露天風呂がついています。

世の殿方を魅了したかぐや姫。もとめられればもとめられるほどせつなくなる。月からのお迎えが来る間、ほんのわずかな時間だから許して欲しい。一生分の私のわがままを。金の竹でならかなうはず。。。

そんなコンセプトが気にいった訳です。
金の竹エントランス雲の間









コンセプトは大袈裟ですが、竹と木のみで作られたナチュラルなお宿。
「雲」という100平米あまりのお部屋。ひろ〜い!
廊下も畳も床暖房完備なので、寒い季節でも大丈夫。
のんびり温泉に浸かって、とてもいい気分♪

驚いたのはエレベーター!畳張りに壁が全面金箔張りのエレベーターの中は豊臣秀吉になったようなゴージャスな気分。

夕食は京懐懐石風のお料理。
先付け碗物刺し身







散らし寿司鮑の踊り焼き八寸







卵とじ揚げ物雲丹豆腐








量は少なめと聞いていたのですが、どれも美味しいです。鮑の踊り食いも食べちゃった!
他にも沢山でてきて、食べ切れません(´;ェ;`)ウゥ・・
お腹いっぱいになって、少し仮眠zzz・・

起きてから、SPAでバリニーズマッサージを受け、隣のBarで一杯。
Bar竹取物語








このバーテンダーは都内の某レストランでギャルソンをしていた方です。
オリジナルの「竹取物語」というカクテルを頼みました。。ブルーキュラソーにオレンジで。オレンジの輪切りを月に見立てて。ここのバーテンTalk面白くてL/O
ぎりぎりまでいました。ほんとうにいいお宿です。

人気ブログランキングへ

ranmarun at 22:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 和食 

April 02, 2007

萬来園再訪@大手町4

またまたメニューのない中華店「萬来園」行ってしまいました。
お財布には危険ですが、ここに行くと何でも作ってくれるし、どれも美味しいのではまっています。
前回の日記はこちら


まずは前菜を食べながら、今日の入荷の食材と調理法を店主と相談します。
前半は前回のメニューとかぶるのが多いのですが、
「絹さやの芽の塩炒め」「モロッコインゲン干し魚とザー菜炒め」「水蓮菜と豚肉炒め 」 お野菜はどれも新鮮でしゃきしゃき。たっぷり食べれちゃうんです。水蓮菜って初めて食べました。
絹さやの芽の炒めモロッコインゲン豚肉と水蓮菜の炒め








「平貝とまこも炒め」「活き車海老の蒸し 」「自家製焼き豚」
厚切りの大きな平貝はいつ食べても美味しい♪海老も甘くてぷりぷりです。焼き豚は、期待したわりに意外と普通でした。
まこも茸活き車海老蒸し自家製焼き豚







「やりイカとアスパラ炒め」「A5和牛の黒胡椒炒め 」「宍道湖のしじみと大葉炒め 」
やりいかは柔らかくて甘いです。しじみは島根産宍道湖と青森産十和田湖と両方が選べますが、宍道湖の方が粒が大きかったので、そちらを選択。滋養強壮にもよさそう・・・
やりいか牛肉の黒胡椒炒めしじみ炒め







〆は何にしましょうか〜と聞かれて、麻婆豆腐好きの友人と行ったので、お願いしてみたら、なんと息子さんが特別に作ってくださいました。
なにやら家の冷蔵庫から調味料を出して下ごしらえがあるようで、その前に「鶏ささみと絹さや炒め」 を食べながら待つことに・・・

そして「特製麻婆豆腐」!!
白ご飯と共に、旨みと辛味が複雑にマッチしていて、今まで食べた麻婆豆腐の中で一番美味しかったです。
四川麻婆豆腐







そして、名物の「あおさそば」でさっぱりと・・・
あおさそば



 

何度来ても、満足感が味わえるお店。でも、この日はお客が私達だけだったので、お会計は・・・一人3万也。。。(゚ε゚) 確かに甕出し紹興酒を3本も飲んじゃったしな〜(汗・汗)


「萬来園」
東京都品川区東大井5−6−8
03-3450-5667 





ranmarun at 10:38|PermalinkComments(0)TrackBack(1) チャイニーズ