May 2007

May 29, 2007

ゴードン・ラムゼイ@汐留4

コンラッド東京にあるレストラン「ゴードン・ラムゼイ」に行ってきました。OPEN当初予約1ヶ月待ちで行った以来、久しぶりの訪問です。
当時とはスタッフもメニューも価格構成も変わり、とっても満足のディナー

当日新メニューになったばかりのプレステージメニュー24000円を選択。まずは、たらこクリームと白トリュフのクリームチーズのカナッペを頂きながら、シャンパーニュで乾杯。白トリュフオイルがフレッシュな香りで食欲をそそります。そっかこういう使い方もあったのね〜。

 店看板たらこクリームと白トリュフオイルのクリームチーズ アミューズは、水菜と新玉葱のポタージュ 水菜と新玉葱のスープ








水菜の青い香りと新玉葱の甘いポタージュにドライトマトの酸味。付け合せに黒オリーブと鰯のマリネがのったトースト。この五感を刺激するような一皿から、お料理の奥深さを感じました。

 ロブスターと季節野菜のサラダ仕立てアボカドピューレ ロブスターと季節野菜のサラダ仕立て  美しくカットして盛り付けられた前菜。ほどよく火入れしたロブスターはカレー粉風味でアボガドやビスクソースにビネガーを利かせ、軽めに仕上げてあります。





 ランド産フォアグラ きのこと鴨肉のラグー エルサレムアーティーチョークヴルーテと共に ランド産フォアグラ きのこと鴨肉のラグートロケマス・・・ これやばいくらい美味しいです








シェフのフォアグラは大好きなのですがこんなのは初めて食べました。回りは焦げ目は付いているのになかはプリンみたいにフルンフルン・・・どうやって火入れしているのでしょう??鴨肉の旨味を利かせカプチーノ仕立てのソース。トロケル生グラ・・・あと3杯くれ〜というくらい、甘くてレアで気絶しそうなフォアグラでした。今回のHITです.。゚+.(・∀・)゚+.゚

白身魚のトルテリーニ カリフラワーピューレ 魚介のリダクション パルメザン添え
白身魚のトルテリーニ カリフラワーピューレシェフは手打パスタもお得意なようで、弾力がある生地の中に、ミンチした白身魚を閉じこめ、あっさりグリーンソースで。







 ニュージーランド産仔羊のロースト ガーリックコンフィー 白いんげん豆サンドライトマトクリーム煮タイムジュ

ニュージーランド産仔羊のロースト ガーリックコンフィ白いんげん豆サンドライトマトクリーム煮タイムジュ 羊はシェフのスペシャリテ。肉質の細かい仔羊をミディアムレアでローストして、後から特製のソースをかけます。普段より多めにかけてもらいました。味付けは薄味にしてあるので、好みで胡椒をかけて、付け合せのお豆と合わせると、更にお肉の旨味が増します

そして、フロマージュ。 24ヶ月熟成のコンテや大好きなウォッシュ系を盛り合わせて頂きました。 いろいろフロマージュ サマーベリーのサバイヨン ハイビスカスソルベ添え サマーベリーのサバイヨン ハイビスカスソルベ添えベリーと甘酸っぱいハイビスカスの香りが、なんだか初夏を感じます。





 ティラミスも出てきました。 ティラミスほろ苦いコーヒーのグラニテとラムの利いたマスカルポーネ。








大人の味です。 プティーフールとカプチーノを飲みながら、終焉。。。胃袋がはちきれそうなほど満腹になりました。ここのカプチーノはマグカップサイズで来るから好きなのです(笑) プティフールたっぷりカプチーノ どのお皿もパワーUPしていて、充実度★★★・・・そして、この日は特別にお料理とワインが半額で頂けちゃったのです(小声デネ・・・)むふふな夜でした





「ゴードン・ラムゼイ」
コンラッド東京 〒105-7337 東京都港区東新橋1丁目9番1号 電話:03-6388-8000(代表)

ranmarun at 06:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

May 28, 2007

クロドミャン@銀座4

大阪北新地にあるワインとお食事ががっつり楽しめるお店。「クロドミャン」
銀座にも支店がありました。2週間ごとにスタッフが入れ替わっているらしいですが、
連日満員御礼。メニューは、その日の仕入れで黒板から選びます。

カウンターにはパンや新鮮なお野菜が並びます。まずは水茄子のオリーブオイルかけ
クロドミャン@銀座
新鮮なお野菜達水茄子のオリーブオイルかけ







「自家製パテとピクルス」「馬刺しのカルパッチョ」
鶏レバーや豚肉などで作ったパテ。塩加減もちょうどよくて、パンがすすみます。
ピクルスもいろんな種類のお野菜がありました。馬刺しも弾力があるお肉で美味しいです。
自家製パテとピクルス馬刺しのカルパッチョ









「無農薬野菜のソテー」
十数種類の新鮮な旬のお野菜をオリーブオイルで中華鍋で炒めて、スライスしたパルメザンチーズがのせてあります。中は、筍、アスパラ、ヤングコーン、インゲン、ズッキーニ、茄子、パプリカ・・・など沢山!こんなに種類が食べれるのは嬉しいですね。胡椒を利かすとお野菜の甘みがさらに感じられます。
無農薬野菜のソテー10数種のお野菜









「仏産プーサン(ひなどり)のロースト」
ローズマリーを詰めてあらかじめ低温調理したお肉をオーブンで焼いて、シメジのソテーと共に。この肉質が細かくて、やわらかくて、旨味を抜群にあって美味しいこんなにおいしい鶏肉があったなんて・・・感動♪
プーサンのロースト 







〆にパスタかデザートを食べようかと思いましたが、かなり満腹。CPはかなりいいですし、ワインも充実しています。
この後は、近くのBarに美味しいフルーツカクテルを飲みに行きました。
ここでも満足〜♪


「クロドミャン」

〒104-0061
東京都中央区銀座7-3-13 ニューギンザビル1・2F
03-5568-4777



ranmarun at 01:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

May 27, 2007

サロン・ド・ヒットタマグッド@白金3

白金台高級住宅街の中にあるお店。
「SALON・DE・HIT TAMA GOOD サロン・ド・ヒットタマグッド」看板も目印も何にもありません。普通の1軒家で玄関のチャイムを押し、スリッパに履き替えて2階に上がると、そこでお食事ができるのです。

サロンと聞くとなんか美容院のようなネーミング。
HITタマ!?  玉GOOD !?
名前に惹かれ、たまたま紹介で行ってきました^^住所は非公開です。

一軒家お部屋ソファーがある個室







住居用のお家を間借りしているので、キッチンも家庭用です。
個室のソファーの席に入ると、ほんとお友達のホームパーティーに、初めて招かれたような気分でした。

まずは、お野菜いろいろ。オクラやグリーンアスパラ、ヤングコーン、人参などをお塩と八丁味噌で頂きます。お野菜は全部無農薬だとか。食材の産地にもこだわりがあるようです。
お野菜の本来の旨みが味わえる一品







続いて、宮崎産岩牡蠣と関イサキとカンパチのお造り
この時期旬の岩牡蠣は、大きくてとってもミルキーで大好きです。 カキグッド
関アジ関サバは有名ですけれど、関イサキは初でした。
岩牡蠣関いさきとかんぱちのお造り







ジャガイモ饅頭
裏ごししたじゃがいも(インカの目覚めかな)の中には挽肉が。黄色くて甘みたっぷりのじゃが芋です。
じゃがいも饅頭







そして、ここは月替わりのお鍋がメインのお店なんです。
今月は、つぶ貝と春キャベツ鍋
つぶ貝の鍋って初めて食べました。とても大きくて柔らかいです。昆布だしでシンプルにとった出汁に春キャベツ、大根や筍などを加えて、素材がそのまま味わえます。ぐつぐつ煮込むとキャベツの甘みが出てどんどん美味しいスープになります。
好みで岩海苔をかけると更に磯の香りが。。。
つぶ貝と春野菜鍋岩海苔をかけると美味







〆はシンプルにお茶漬け。摘みたての生の新茶を注いで、鯖のへしこ茶漬けです。 宮崎の生新茶お茶漬け








鯖のへしこと京漬物へしこ茶漬け








オーナーが九州出身らしく、九州の食材を使ったお料理が多いようです。ちなみにお店の名前の由来は、びっくりした〜を鹿児島弁で「ひったまげった〜」というそうで、そこからつけたそうです。

アットホームな雰囲気でくつろぎながら、ヘルシーなお食事することができました。月変わりの鍋の来月は北海道の大浅利だそうで、また行ってみたいです。



ranmarun at 10:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 和食 

May 25, 2007

チャヤ・マクロビオティックレストラン@新宿3

最近連日でフレンチが続いたので、久しぶりにベジタブルオンリーな食事をと思い、
新宿伊勢丹にある「チャヤ・マクロビオティックレストラン」へ行きました。
自然食のお店は数多くあるけれど、味付けと素材をきっちりこだわり、見た目も美しいのでここが一番お気に入りで、よく足を運びます。

お魚のメニューもありますが、一切動物性抜きのメニューにしてもらいました。
でもアルコールは飲んじゃいます。オーガニックビールにビオワイン

アミューズで「スペルト小麦のサラダ」と前菜で「テンペのテリーヌ 細ねぎとインゲンのサラダ添え」
スペルト小麦好きなんです。テンペと根野菜を合わせてのテリーヌも美味しいです。
スペルト小麦のライスサラダ根野菜のテリーヌ







「新玉葱と新ジャガイモのクリームスープ」「新ごぼうと人参のソテー」
なめらかに裏ごしして、とっても甘い玉葱。胃に優しいスープです。ごぼうと人参は皮付きのまま焼いてあります。シンプルですが、火を通すことによって根野菜の旨味を十分に引き出しております。
新玉葱のポタージュ牛蒡と人参のソテー








「ベジタブルメンチカツ」
セイタンとお野菜だけで作ったメンチカツなのに、とってもジューシーでお野菜と大豆たんぱくだけとは思えない食感と味。デミグラスソースもバターなど一切使っていないのに濃厚で美味しいです。
セイタンのメンチカツ中もジューシーです








セイタンのから揚げもいつも頼むのですが、今回はなかったので「セイタンのコロッケ」を追加しました。
これまた美味しい。タルタルソースも卵抜きなのにどうやって作っているんだろうと
いうくらいはまります。玄米の炊き加減も、もっちりしていて、ここが1番です。
胡麻塩をたっぷりかけて、お替わりしました^^;
セイタンのコロッケ美味しい玄米♪








デザートはソイ(豆乳)ラテと苺のシュークリーム
これもバターも卵もグラニュー糖も不使用。まあデザートは結構限界がありますが、見た目もとっても可愛いんです。
苺のシュークリーム







たまには、こういうお食事で陰性体質を改善しなければ・・・


「チャヤ・マクロビオティックレストラン」

東京都新宿区新宿3-14-1  新宿伊勢丹本館7階
レストラン街 「イートパラダイス」
03-3357-0014 




ranmarun at 23:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 自然食 

May 24, 2007

レカン@銀座3

1974年開店以来、歴史と名声を保つお店。「レカン」にランチで行ってきました。
だいぶ昔になりますが、十時シェフがいらしたときに通っていて、今回は2度シェフが変わって、全体的に軽めにあっさりした味付けになったようです。

赤い絨毯と椅子のゴージャスさは開店以来変わりません
レカン赤い薔薇が似合うお店位置皿






まずアミューズで茄子のリエット
アンチョビとハーブが利いた独特の風味です。
茄子のリエット







「うさぎとたんぽぽのサラダ」
柔らかく火入れしたうさぎの肉の甘みと野生のタンポポの葉の苦味がうまく合わさり、ポーチドエッグをかき混ぜると、また美味しいです。
半熟卵の黄身がとろりに弱い私・・・
うさぎとタンポポのサラダ仕立て半熟卵がとろけます





「お魚のブイヨンスープ」
甲殻類とお魚でとった濃厚なブイヨンはブイヤーベースそのもの。ルイユソースやパルメザンチーズにトーストを浮かばせて。このクラシックな味わいがたまりません。
海の幸のスープルイユソースとチーズ







「シャラン産仔鴨のロースト マデラソース」
弾力がある鴨に伝統的なソースと根セロリのムースを合わせて、シンプル極まりないここのお料理はずっと受け継がれているんですね。赤ワインがすすむ・・・
シャラン産仔鴨のロースト マデラソース







デセールはワゴンでチョイス。フルーツのスープがとっても美味しかったです。
サバランやクレームダンジュなど、デセールもクラシックで、しかもいろいろ選べるのが嬉しいです。
デセールワゴンフルーツのスープ







夜はお値段が張るので、気軽に行けるブラッセリーレカンもお勧めです。


「レカン」

〒104-0061 東京都中央区銀座4-5-5 ミキモトビルB1
03-3561-9706


ranmarun at 03:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

May 23, 2007

ラ・トゥール@銀座4

銀座の交旬ビルにある「ラ・トゥール」にランチで行きました。
以前千駄ヶ谷のブルトン時代はよく通ったものでした。
移転以来初めての訪問です。
ここのオマール海老と鴨はトゥールダルジャン仕立てのスペシャリテです。

このパンが美味しいんです。焼印はなくなっていました。
プリフィックススタイルなのですが、メニューが豊富なので決めるまでに45分もかかりました(汗)
まず、アミューズで、サーモンロール
人参みたいですが(笑)巻いたサーモンの中にはサーモンのムースが入っています。
位置皿美味しいパンはこれアミューズ









前菜1皿目は、「ブルターニュ産 甲イカと貝のマリネ 山菜のグレックサラダとのマリアージュ」
軽く火を通した甲イカが甘くて美味しいです。つぶ貝も今が旬です。こごみなどの山菜の苦味がまた・・・山菜もそろそろ終わりの時期です。
ブルターニュ産甲イカとつぶ貝のサラダ仕立て








前菜2皿目は「前沢牛のダブルコンソメスープと季節野菜のポトフー仕立て 」丁寧になめらかにとった濃厚なコンソメスープ。ジャガイモなどのお野菜が甘くていいバランスでした。
牛のダブルブイヨンスープと野菜のポトフ仕立て








メインの前にチキンコンソメのカプチーノ仕立てが出てきました。
これもビーフブイヨンとは違い、クリームを少し入れて甘さを出した濃厚スープ。
スープ好きとしては、2度楽しめました♪
チキンコンソメスープ







メインは、オマールや鴨は前からかなり食べてるので、メニューにはなかったけれど「仔羊のロースト」をオーダー。
少し脂が多い感じはしましたが、柔らかい仔羊です。結構ボリュームがありました。付け合せのソースやお野菜もGoodでした。
仔羊のロースト








続いて、デセールワゴンが運ばれてくるのですが、どれにしようかな〜と考えていたら「皆さん、オールですよね」とお店の方が当たり前のように聞いてきました。
食いしん坊なのが最初からばれていたようです(笑)
ひとつひとつ盛り付けるのって、とっても大変なのに嫌な顔ひとつせずサーブしてくださいました。
デセールソルベワゴン盛り合わせ







カシス、バナナ、ヨーグルト、マンゴーのソルベ、さらにケーキがずらりと・・・^^;豆乳を使ったムースもありました。どれもそんなに甘くないので、意外と食べれてしまいました。
そして、更に小菓子まで。。。

小菓子







しかし12時に始めて終わったのは16時半です。さすがに夜はもう入りません^^;

「ラ・トゥール」

〒104-0061 東京都中央区銀座6-8-7 交詢ビル5F

03-3569-2211



ranmarun at 04:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

May 21, 2007

デュヴァン・ハッシッシ@西麻布4

西麻布にある「デュヴァン・ハッシッシ」に行ってきました。20年間くらい横浜でオーナーシェフを務め、数年前に西麻布に移転。アラカルトは50種と食材の多さとメニューのアレンジに驚きますが、名前の通り、ワインリストも凄いです。
お手軽な物から、ヴィンテージものまでずらりと・・・
ここのコンセプトが面白くて気になっていたお店です

まずは、お勧めの薔薇のシャンパンカクテルを頂きました。 大きな花びらはサ姫というダマスク系の香り。これにローズリキュールが入っていてとってもよい香り花びらも食べれます^^
薔薇のシャンパンカクテル店内







前菜は「桜肉のタルタル メルバトースト添え」
この時期美味しい馬肉はカナダ産だそうです。オニオンのみじん切りをのせ、特製マヨネーズと卵黄を混ぜ混ぜして・・・バジルバターのトーストにのせると旨みが増します。タルタルはマグロや牛肉が主流ですが、もともと馬肉が元祖で、チンギス・ハーン時代のモンゴルで、生で食べられるお肉を調理したことから始まったそうです。
桜肉のタルタル メルバトースト添え








「アーティーショークと赤座海老のサフラン煮込み」
海外でしかとれないと思っていたアーティーショークは葉山産。えぐみが少ない分食べやすいです。フライも香ばしいです。ぷりっと甘みがある赤座海老と甲殻類のソースで。
アーティーショークと赤座海老のサフランソース煮込み







お魚は「鯛のソテー 槍イカの墨ソース」
とっても肉厚の鯛と濃厚なイカ墨ソース。上には焼きトマトとバジルなどハーブを加えてあります。色のコントラストも綺麗ですが、トマトとイカ墨のが混じり合うととっても美味しい口の周り真っ黒にして食べてしまいました^^
真鯛のソテー 槍イカ墨ソース







お肉は「仔牛(ミルクヴォー)のポワレ グリーンアスパラのクリームソース」低温調理でゆっくり火入れして柔らかいお肉にグリーンアスパラと生クリームの濃厚なソース。太いアスパラのソテーを添えてあり、これも絶品です。どのお料理もしっかりとした味付けでソースがたっぷり。でも塩加減はかなり控えめで素材の味を生かし、優しい味わいです。
仔牛のグリエ グリーンアスパラとクリームソース








ソースがとっても美味しかったので、パスタも追加しました。
「生ウニのぺペロンチーノ」と「鰻クリーム」
どちらも具沢山。特に鰻を燻製してクリームソースと和えたのは美味しかったです。
生ウニのぺペロンチーノ燻製鰻のクリームソース







デセール2種「焼き無花果とピスタチオアイス アマレット風味」
と「ショコラとキャラメルのロールム
ース」
焼き無花果とピスタチオアイスショコラとキャラメルのムース







デセールの種類も沢山あって迷います。どちらも美味しいです。食後酒にサービスで柚子のウォッカを出して頂きました柚子のウォッカ







季節の自家製酒もいろいろ作るそうで、通いたくなってしまいます。

ここのシェフは、お料理の腕はもちろん素晴らしい
そして芸術面でも優れていらして、写真、彫刻(主に裸体)や陶芸などの作品も店内に飾ってありました.
文才もウィットに優れています。

シェフが提唱するスパイシーな女性の条件とは・・・

1 求める愛でなく与える愛を知っている。
2 TPOに合わせたファッションができる、ブランドに振り回されない。
3 笑顔が素敵!
4 感情論でなく比較的な話ができる。
5 自分の色、香りを持っている。
6 行動が身軽である。
7 男女問わず、彼達との会話を楽しむ。
8 受身の本当の強さを知っている。
9 弱点を攻撃するのではなく、プロテクトできる。
10 相手の瞳(心)を見て話ができる。
11 料理は手際よく作れる。
12 素直な心を持っている。
13 ナイトライフも素敵。
14 楽しくリラックスさせる空間を与えられる。
15 優しさと可愛らしさを持っている。
16 美的センスをもっている。

私は何項目当てはまるんだろう。
・・・・・さて、貴方は?(男性バージョンもあるよん)

スパイシーな男性の条件
1 主張できる意見考えを持つ。
2 身だしなみ、服装に少しは気配りする。
3 職域を越えたいろいろな話題を持つ。
4 比較論的な話ができる。
5 自分の趣味たるものは一つは持っておく。
6 お酒も少しは飲めたほうがいい。
7 男女問わず、彼達との会話を楽しむ
8 会話に幅を持つ。
9 ジョークを解する。自らジョークを発す。
10 親切である。
11 あまり遠慮しない。
12 同じ事を何度も言わない。
13 聞く耳を持つ。
14 楽しくリラックスできる雰囲気を与えられる。
15 常識を超えた考え方ができる。

・・・・・さて、貴方は?




ranmarun at 02:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

May 20, 2007

ラ・ロシェル@南青山3

南青山にある「ラ・ロシェル」でランチしました。

ここはチャペルも併設しているので、たまたまやっていた披露宴で、素敵な純白姿も拝見いたしました。(憧れ)

まずは、シャンパンを頂きながら、前菜で
グリーンアスパラのムース・鴨のリエット・二十日大根のマリネ・イナダのゼリー寄せ
鴨のリエットは、ワンスプーンでなくて、塊で頂きたいくらい美味しかったです。二十日大根も今の時期甘くてマリネの酸味も林檎と合わせて、柔らかい風味に、シャンパーニュにとっても合います。

まずは泡・・・アミューズ








ホワイトアスパラと燻製サーモン・帆立とホワイトアスパラのムース・フォアグラのライスペーパー包み・グリーンハーブとバルサミコソース
スモークサーモンとホワイトアスパラのコンビが絶妙です。ライスペーパーは、揚げてカリッと付け合せにしたのと、茹でてフォアグラも巻いたのと・・・ホワイトアスパラのスープポタージュも帆立のマリネとフォアグラが入っています
前菜ホワイトアスパラのスープ







ひな鶏ののロースト 胸肉のベーコン巻き・レバーとハーブ包み・ポレンタ・原生アスパラなど 手の込んだ調理法で、脂の少ない胸肉はベーコンを巻いて。腿はハーブや内臓の詰め物でロースト。ここは厳選されたお野菜も美味しいのです。

そして、フロマージュ。赤ワイン残しておいてよかった〜♪
羊系ですが、オリーブオイルやハーブ(フェンネル)が添えてあって、マイルドに。
メインフロマージュ泡と紅白ワイン








お口直しは、メロンのスープ 蜂蜜アイスとヨーグルトのムース デセールは、苺尽くし。メロンの濃厚なスープと蜂蜜アイスとヨーグルトのムース。
フレッシストロベリーとゼリーやクレープ状のベリー尽くしもさることながら、タワー上の中にはピスタチオ・バナナ・ベリー。この信号みたいなムース美味しかったです^^

メロンのスープデセールこんなに可愛い







「ラ・ロシェル南青山」

〒107-0062 東京都港区南青
山3-17-14 中山ビル4F
Tel 03-5413-3520


ranmarun at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

May 19, 2007

けせらせら@銀座2

銀座金春通りに去年OPENしたお店。「けせらせら」に行きました。
ビルの3Fに位置するのですが、ここ以外は全部クラブなどの飲み屋なので、それ用の御用達なのかしら。

建築デザインは面白かったけれど、お酒類(特にシャンパンやワイン)はかなり高め
の値段設定でした。
けせらせら






先付け:淡雪豆腐・なごり天然山菜ジュレかけ組肴:倍貝旨煮・南京くず寄せ・新蓮根と赤軸ホウレン草胡桃掛け
蕗、筍、蕨、こごみなどにジュレが。もう山菜の季節も終わりなので、なごり惜しく頂きました。赤ホウレン草は京野菜なのかしら。少しえぐみがきいた感じで美味しいです。
先付け組肴







お造りはマグロと鱒というシンプルというか物足りない感じ。できれば旬の白身魚が出てきて欲しかったです。
椀物:相奈目沢煮椀煮物:大根船橋煮
椎茸、牛蒡、人参、三つ葉などと揚げたあいなめをお吸い物風にあっさり味です。
煮物が美味しかった。柔らかく昆布だしを利かせ煮た大根に大浅利と青菜のみじん切り。初夏の香りがいたしました。
椀物煮物









口替わり:茄子と穴子の煮浸し焼き物:米沢牛網焼き
どれもポーションがかわいい感じ。お肉の質はとってもよかったけれど感動するほどではなかったです。
口替わり焼き物







ご飯物はゆば丼 山葵べっこう庵 デザートは、アプリコットのムース
ご飯ものデザート






お水をくださいと言ったら、ここの自家製けせらせらウォーターが出てきました。
富士山麓の湧き水を加工して作っているらしいですが、ペットボトル1本500円!
びっくり値段です。
けせらせらウォーター






確かにお水は軟水で美味しかったです。
ここは接待向きなのかしら・・・HPはすごく凝っていて惹かれてしまったわけですが・・・


「けせらせら」
東京都中央区8−7−11 3F
03−3573−5188
http://www.kesera.jp/

ranmarun at 02:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 和食 

May 17, 2007

ヌーヴェルエール@丸の内3

新丸ビル5Fの「ヌーヴェルエール」にランチに行きました。
オーグドジュール系列のお店です。
この日はアルコールが飲めなかったので、微発泡のぶどうジュースを。
暑い日だったので、きりりと冷やされて二日酔いの胃にしみわたりました(笑)
ヌーヴェル・エール発泡ブドウジュース







アミューズでシュークリームで包んだ豚肉のパテ
ここは豚肉料理が美味しいのです。もっと食べたい・・・
アミューズ






前菜は軽い燻製にしたサーモン胡麻風味と野菜のマリネ
かなり大きく肉厚なサーモンは脂がのっていて白胡麻がアクセントに。大根のつまのように細くスライスしたキュウリをカッペリーニ風に仕立てて、トマトとドレッシングで合えてある付け合せも初夏の香りがして美味しかったです。
サーモン






メインは鶏胸肉の低温ロースト
皮はかりっと美味しいのですが、お肉はちょっとぱさつき感がありました。
付け合せの西洋はくさいのようなお野菜は生でざくりと。少し火入れがしてあると甘みが出て、食べやすいのに・・と個人的な感想。
鶏胸肉のロースト







デザートは、苺のロールケーキと牛乳のソルベ
このスポンジの絹のような、きめ細かさとしっとり感に驚きです。
私の肌もこんなになれたら・・・なんて(爆)
苺のロールケーキ







最後に追加で冷たいフォンダンショコラも頼んでしまいました。
夜のメニューなので2個しかないと言われたのですが・・・こちらも濃厚なショコラーのムースに牛乳のシャーベット、黒蜜をかけて頂くというスタイル。

コーヒーの後に、最後に緑茶が出てくるのも嬉しいです。
全体的に味は、本店のオーグーを、もっとあっさりした感じでしょうか。


「オーグードジュール ヌーヴェルエール」
〒100-6590 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸ビル内5F
03-5224-8070


ranmarun at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ