August 2007

August 01, 2007

宝泉堂@京都下賀茂4

秋山を出た後は、下賀茂の「宝泉堂」に行きました。
近くにおみやのお店もありますが、その先を行くと、暖簾がかかった一軒家。
お庭もとっても綺麗なんです。新緑の景色でした。
宝泉堂宝泉堂入り口お庭







お座敷にあがり、冷番茶を頂きながら、生菓子のサンプルを見せていただきました。
でも、おすすめのわらび餅をオーダー。
オーダーしてから作るので20分くらいかかります。
床の間生菓子







そして、出てきたわらび餅
わらび餅珠玉の黒く艶々のわらび餅はなんともいえない食感なのです。
歯ごたえがあるのに、あっさりひんやり、するりと喉を通ってしまう・・・
黒蜜をかけるとさらに美味しいです♪
こんなおいしいのは初めて食べました


ここは、お庭を眺めながらお茶するのにいいですね。
お土産に買ったしぼり黒豆もお勧めです。


「宝泉堂」

京都市左京区下鴨膳部町21

075−781−1051



ranmarun at 14:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スイーツ 

秋山@京都上賀茂4

京都上賀茂にある予約困難な和食のお店「秋山」に行ってきました。
ランチでしたが、特別に夜のコースを堪能。
緑生い茂る門をくぐると、暖簾の入り口が見えてきます。
上賀茂秋山暖簾







この日は、とっても蒸し暑い日。まず、囲炉裏があるお部屋で赤紫蘇ジュースを頂きました。ほどよい甘みと酸味が食欲をそそります。
赤紫蘇ジュース






カウンター席に移動して、お食事の始まり。。。
板前さんのお仕事をじっくりみながら、楽しみます。
まず、宝ヶ峰唐辛子の中に湯葉と雲丹をはさんだ先付け。夏の季節の唐辛子は大好きです。
扇厨房から見える小窓唐辛子・湯葉・ウニ





椀物は、珍しい銀碗のふたを開けると、鱧と黄ズッキーニと三つ葉のお吸い物でした。この組合わせいいです。
銀碗鱧と黄ズッキーニの吸い物







お造りは、鯛、すずき、ほおずきの中には、鱧の子とアンデス芋の煮こごりが入っています。とっても弾力のある白身。お塩で頂くと旨みが増します。
そして、焼いた鱧も頂きました。柔らかくて脂がのっています。日本酒がすすむ・・・
お造り焼き鱧天野酒






そして、またまた旬の鮎。炭火で焼くので煙がすごくて、店内は白い煙に包まれている中、黒米のおかゆが出てきました。とうもろこしと裏ごしした黒米の優しい甘みが胃を潤します。
鮎を焼いてます黒米のおかゆ







そして、焼きあがった鮎。たで酢も美味しい。頭からかぶりつきます。
帆立と海老とトマトのきゅうり餡もさっぱりとしています。おだしが美味しい。
鮎の塩焼きとたで酢帆立とトマト海老のきゅうり餡






丸鍋炊きたてのご飯と一緒に出てきたのは、地鶏と牛蒡とゴーヤの実山椒煮
山椒と牛蒡の香りがなんともいえない。すきやき風に卵につけて食べた後は、卵とじにして・・・
ご飯のおこげも塩をかけるだけで、とっても美味しい♪
おかわりして、卵かけご飯にもしました。
地鶏と牛蒡とゴーヤの実山椒煮炊きたて丸鍋ご飯おこげが美味しい






デザートはメロン。
食後は、囲炉裏のお部屋に移動して、お抹茶と共に黒胡麻団子のカボチャ餡を頂きました。
メロンお抹茶と共に黒胡麻白玉のカボチャ餡






これだけのボリュームで6000円とはとってもお値打ち。(あ、ランチは通常3000円なんです)予約が取れないのも納得しました。お酒も意外と安いです。自家製梅酒が美味しい♪
店主も気さくでいろいろお話してくれます。

交通費の方が数倍かかるけれど、また来たいなあ・・・絶対来たいなあ・・・

人気ブログランキングへ

「上賀茂秋山」

京都府京都市北区上賀茂岡本町58

075−711−5136



ranmarun at 12:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 和食