January 2008

January 13, 2008

またぎ@六本木4

葉山にあったまたぎ料理のお店が、去年六本木にやってきました。
その名の通り「またぎ」

一昨年葉山にあった頃に行って感動したお店でした。大将が討ってきたつぐみや鴨やキジや鹿などが新鮮なまま食べれるのです。そしてしし鍋が絶品♪
東京進出後は、どうなったのかずっと気になっていました。


六本木通りからちょっと入った所にお店はありました。
長い囲炉裏は健在。でも前よりシンプルな造りになって、メニューも少し減っていました。満席でした。お客様は皆ワイン通?ワインを飲んでいる人がほとんどです。
名前忘れましたが、ボルドー赤のおすすめを合わせました。
またぎ鹿刺し







この日は、シケでお魚があまり入らなかったということで、まずは「鹿の刺身」をオーダー。赤身の厚切りのお肉をにんにく醤油でいただきます。
とっても柔らかくて臭みは全くありません。鹿肉というとジビエの中では定番になってきましたが、鯨とか馬刺しを食べているような感じでした。

それから炭火を入れて「鹿肉の焼き物」
鹿焼きどんこ椎茸とともに







大きなどんこ椎茸と一緒に焼きます。
さっと片面だけあぶって頂くのですが、本当に新鮮。上質な赤身の牛肉を食べているようでした。これって本当に鹿なの?と錯覚をしそうなくらいあっさりとした食感と風味。肉厚のどんこ椎茸は焼くのに結構時間がかかりますが、こちらもフレッシュで柔らかいのです。

このあとはジビエ焼き肉が続きます。
「キジ肉・猪肉」きじ猪焼き







きじ肉はささみの部分は生でそのまま食べれます。驚くほど柔らかくて、口の中でとろけてしまう・・・腿や手羽の部分は皮をカリカリにして歯ごたえある旨み、胸の部分はさっぱりとしています。猪肉も良質な豚肉を食べているようにその肉の旨みに舌鼓です♪

そして、内緒で出して頂いたメニューにはない「ヒグマ肉」
ヒグマ!脂が美味しいのベーコンのようにかりかりにして







白い脂が他のお肉より厚いです。ヒグマってこんな形で食べるのは、初めてです!
普通はなかなかないですからね。
熊の肉質は硬いですからお肉も厚いのでじっくり弱火で焼きます。脂身がかりかりとベーコン状態になったら食べごろ。この脂がうまい!噛めば噛むほど味が出るするめのようです。大将曰くこの脂だけを鯨ベーコンみたいに燻製にして食べるのが美味しいんだとか。。。


そして、待ちに待った「しし鍋」
この店の名物料理です。焼いたお肉も美味しいけれど、お野菜と煮込んだ出汁たっぷりの特製味噌仕立て。
しし鍋具沢山だけどスープが最高









にんにくでつけた猪のばら肉と大根・牛蒡・豆腐・せりなどがたっぷり入っています。とっても体の温まる滋養鍋。特製のお味噌て仕立てたスープが、こってり濃厚で顎が落ちそうなくらい美味しい・・・

このスープをすいとんか雑炊にしたいのですが、全部飲みきってしまいました。
ご飯が欲しいんです。とお願いしましたら、出てきた「じねんじょ飯」
じねんじょ飯







粘りの強いじねんじょ芋のとろろかけご飯です。味付けはあっさりしていますが、その糸挽くようなとろりとした甘みが白ご飯にねっとりからんでこれまた絶妙な味でした。


堪能いたしました。葉山時代に比べると、お値段は上がっていましたが、そこまで行く交通費と時間を考えたら、東京在住者にとっては、こちらの方が嬉しいところ。

温暖化によって狩猟もなかなか思うようにいかないようで、今年から期間が延びましたそうですね。フランス料理のように熟成させていくジビエの旨みとソースの融合も好きですが、新鮮獲り立てなジビエのストレートな味も大好きです。
「またぎ」には常に最高の獲物が用意されているわけではありません。
それは“山の神のみぞ知る”。
その時によって肉質も変わるし・料理法などジビエ通には物足りなささえ感じるでしょうが、頂いた恵みと糧に感謝し、喰って精進。自然のエネルギーを頂く。それがまた通いたくなる原動力です。

人気ブログランキングへ

「またぎ」

港区西麻布3−1−15 RFビル 1階

TEL 03-3796-3388


ranmarun at 22:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 和食 

January 09, 2008

ジョエル・ロブション@恵比寿4

今年の初フレンチは、「ジョエル・ロブション」のランチでした。去年は三ツ星とってから、かなり予約困難でしたが・・・意外に空いていました。
コースはお正月の期間限定メニューということでした。

テーブルの上もシックな雰囲気です。
位置皿テーブルのオブジェ







アミューズは「北海道産白インゲン豆の冷たいブルーテ スペイン産イベリコチョリソーオイルと共に」
白隠元豆のブルーテ イベリコチョリソーとフォアグラ

下にはフォアグラのムースも入っていて、とっても濃厚です。イベリコチョリソーのオイルもアクセントでした。お豆の飾りが可愛いです。











前菜は「天使の海老 甘酸っぱい聖護院蕪のラヴィオル仕立てにし、ナツメグとローズマリーの香り」
天使の海老 聖護院蕪のラヴィオル仕立て

紅白の蕪は生酢風に甘酢っぱく、その下にボイルされた海老がはさんであります。見た目はとっても綺麗ですが、味は意外と普通・・・甘海老とかあるいは軽くスモークした帆立の方が相性が合うのではと思いました。








自家製パン自家製パンは、相変わらず美味しくてついつい食べ過ぎてしまいます
アンチョビのクロワッサン、バジル、栗、ミルクのデニッシュなど・・・









「シャラン産鴨 ローストにし、五穀米と旬のハーブのリゾットにのせて」
シャラン産鴨のローストと五穀米のリゾット

リゾットは五穀米と春の七草を使い、七草粥をイメージした感じでした。鴨のコンソメのスープが利いています。しっかりした味付けなのになんとなくほっとする味です。












お魚は、「宇和島産真鯛 ”長崎高野屋”特選からすみと共にしっとりと焼き上げ 純米酒のサバイヨンソースと菜の花を添えて」
宇和島産真鯛 からすみと純米酒のサバイヨンソース

厚切りのしっかりした真鯛です。この上にからすみとチェダーチーズのパウダーをのせて香ばしく焼いてあります。純米酒のサバイヨンソースは米麹の香りが利いたまろやかな風味。和洋折衷のアレンジが面白いですね。










お肉は、「岩手産ハーブ豚 ゆっくりとグリエし、旬の茸とにんにくのピュレを添え セップ茸のオイルと共に」
岩手産ハーブ豚のグリエ 茸とニンニクのピュレ


この豚肉最高〜♪肩ロース辺りの脂ののった部位をニンニクを効かせて、こんがり焼いてあります。茸の風味もお肉の旨みを引き出してスパイシーなし上がりに。












「特選和牛ホホ肉 冬野菜と共にポトフ仕立てにし、しょうがと八角の香りで」
特選和牛ホホ肉 冬野菜のポトフ仕立て

やかんの形をしたル・クルーゼで注がれるコンソメスープが絶品でした♪とろとろ柔らかく煮込んだホホ肉もとっても美味しいです。そして、お野菜たっぷり。一口頂くことに幸せを感じる一品でした。








アバンデセールは「晩白柚とパッションフルーツ フロマージュブランのハーモニー」フレッシュ晩白柚とパッションフルーツ フロマージュブラン

晩白柚って結構大きいんです。八朔のようなグレープフルーツのような・・・果肉は酸味が少なくあっさりしています。パッションフルーツの酸味、フロマージュブランの甘みがミックスされて調和がとれた味。









「温かいガトーショコラ ブリュレに洋梨のクーリを合わせカフェのグラスと共に」温かいガトーショコラ ブリュレに洋梨のクーリ





バナナのムースの上に板チョコ、そして、温かいガトーショコラにコーヒー風味のアイスクリーム。洋梨のクーリにショコラソース。。。一つづつ食べても美味しいですが、ちょこっとづついろんな食感と味を楽しむとその何層にも広がる味わいは素晴らしいです。


「カフェとマンゴームース」そして「メルシー飴」

カフェのマンゴームースめるしー
















とっても美味しい午後でした。夜の18皿も素晴らしいけれど、リーズナブルでボリュームたっぷりのデジュネもいいですね。

帰りには、パンのお土産を頂きました。レーズンと胡桃が入った熟成パン。
味・雰囲気・サービス。どれをとっても満足できます。

人気ブログランキングへ

「ジョエル・ロブション」

〒153-0062
東京都目黒区三田1-13-1
恵比寿ガーデンプレイス内

03-5424-1347





ranmarun at 14:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

January 07, 2008

ハル ヤマシタ@六本木3

今年は和食が開運らしい・・・
和食といってもジャンルがさまざまですが、ワインも飲みたひ〜♪というお友達の要望で創作和食の店「ハル ヤマシタ」に行きました。

はて、ここ和食の店かいな??カウンターキッチンと壁にはワイングラスがぎっしり。
12月に予約した時には、残り一席ですと言われ・・・ミッドタウンもまだまだ勢いありますね。

コース料理のみなので、一番小さい梅コース6800円を選択。ここは皿数が多いので、胃に優しいコースにしたつもりでしたが、後でみたら、素材で値段が3倍に跳ね上がるんですね。胃や〜梅で十分です^^;


まずは、とちおとめ苺の果肉が入ったスパークリングで。

とちおとめのスパークリング








前菜3種「真蛸の酢味噌和え・鰯のパテ・あん肝ポン酢」
蛸の酢味噌和え鰯のパテあん肝








前菜からシンプルなのに酒が進みます。味付けはワインにも合うように洋風です。
付け合せのパンは自家製らしいです。冷凍パンを焼いているっぽい味だったけれど、
これにつけるソースというのが。絶品♪

自家製ブレッドサウザンドレッシングのようなんですが、七味とゆず胡椒とケチャップとマヨネーズ?バターよりも旨い特製ソースなんです。
他のお料理につけても楽しめました。








「はまちのカルパッチョ 自家製農園のサラダ仕立て」
はまちのカルパッチョ厚切りの脂がのったはまち。生姜醤油のドレッシングが美味しいです。別ボールでお野菜いっぱいのサラダも出てきました。






「タスマニアオーシャントラウトのコンフィ」
タスマニアオーシャントラウトのコンフィこれまた厚切りのサーモントラウトを軽く火入れして、ひじきやイクラがのせてありました。お醤油使いがいいですね。






「金目鯛と茸の天麩羅」「豚の炭火焼き」
金目鯛と茸のフリカッセ六金豚の炭火焼







金目鯛は脂がのってぷりぷりでした。パン用のソースにつけた方が美味しかったけど。六○豚という厳選のらしいですが、炭火焼で身がしまっているのはいいんだけど、旨みはそんなに感じられなかったです。友人は一口もお口に入れず。
肉って焼くだけだと、魚よりも味が正直なんだよな〜。


で、〆は「特製カレー」

特製カレービーフシチューのように柔らかく煮込んだ角煮牛肉と濃厚な欧風ソース。このカレーはランチでも食べれるけどとっても美味しいの♪大盛りにしてもらいました
前々カレーより上です。





デザートは、お正月ということで「花びら餅」風の蒸しパンに、牛蒡と餡をのせたものが。う〜ん、普通に求肥で作って欲しかったです。
花びら餅風・・・







そのあと、ショコラ&ショウガのムースも出てきました。
デザートは微妙ですね。

カレーに1票
あとは、サービスもオペレーションもままならず。開店して1年経つのに、知識が乏しいのが残念。
だって、お皿出すときに、「あ、はまちです」
「あ、サラダです」「サーモンです」って単純な説明しかしないし。

HPで書いているけれど、『そこでのレストランオペレーション・お客様のお名前と御顔、総てを網羅して、そこでのオペレーションを作り始めて 試行錯誤の上、素晴らしい「レストランノイズ」が自然に生まれると思っております。料理を聞いても名前すら判らないスタッフ・料理がなかなか出てこない等々オープン時に起こりうる事件は数多くございます。
残念ながら、今までの私どもの経験上、自らの力は熟知のつもりでございます。
店舗でいくらトレーニングを積みあげたとしても、まだまだ満足の行く結果は出せないと思います。』以上抜粋。

予約が取れないお店だけど、サービスが追いついていかないの。
今年は期待しています。

人気ブログランキングへ

「ハル ヤマシタ」

東京都港区赤坂9丁目7-4 D-0119 (東京ミッドタウン) 

TEL 03-5413-0086      



ranmarun at 19:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 和食 

January 06, 2008

銀座の黒フクロウ@銀座3

お正月あけ、おせち料理に食べ飽きると、なんだかカレーとかラーメンが無性に食べたくなるのは、なぜだろうか。
お醤油や砂糖の味でなく、スパイシーなものを求めてしまう・・・

看板に「カレー&Bar」と描かれた「銀座の黒フクロウ」というお店。
地下に入っていくと、怪しい雰囲気のイラストが・・・

飲んだ後のBarのカレーは結構好きだけど、ここは「赤いカレーと黒いカレー」の2種類がありました。両方食べたかったので、ハーフ&ハーフで頼むことに。

銀座黒フクロウ赤いカレーと黒いカレー







赤いカレーはトマトベースにいろいろな香辛料と唐辛子で結構辛いです。山椒も入っているのか舌がしびれるような刺激もあります。
黒いカレーは、それより幾分マイルドで黒胡麻が入っていて、胡麻の風味がありました。どちらも濃い目の味付けなのですが、どろんとしていろんな具材が凝縮されたルーは、甘いカクテルに合います。

ここのバーテンダーさん。以前赤坂の「Kisara」にいらっしゃった方で、フルーツカクテルがとっても美味しいです。メニューにはないけれど、季節のフルーツで好みの味を作ってくれるのだ・・・


今回は苺とブルーベリーをモヒート風に。
ミントとシャンパンで割って作って頂きました。
フルーツカクテル








穴場なお店ですが、まったりと2軒目に寄り道するのにいい感じ。
Kコーポレーション、こんな小さなお店だけど、しっかりやっているのね。
お店に飾ってあるアートも独特な雰囲気です。
シャンパーニュも結構充実しています。また、フルーツカクテル飲みに行きたいです

人気ブログランキングへ

「銀座の黒フクロウ」

〒 東京都中央区銀座6-6-19銀座花菱ビルB1F

TEL 03-5537-7165


ranmarun at 01:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Bar