March 2008

March 29, 2008

ロオジェ@銀座4

銀座の「ロオジェ」に久しぶりに行きました。1年半ぶり。
さすが、満席です。 桜の花はまだ3分咲きでした。

ロオジェspring 697














その前に温泉に行きました@ユーラシア。源泉かけ流しで露天風呂もあり、エステも充実しています。 昼から露風呂に2時間。お友達とべらべら喋りながらだとあっという間に時間が過ぎてしまいます。ここは、海に近いせいか、お湯がしょっぱいです。源泉湯にもつかりましたが、濃度が濃いのかちょっとお肌がひりひりしました。
でも、かなり汗かきデトックスできました。
その後は、エステに2時間。まずアンチエイジング効果があるというグレープのボディーパックをしてからリンパマッサージ、ヘッドマッサージ。気持ちよくてうとうと居眠り・・・最後にマイナスイオンのお部屋に入ってリラックス。

rotenburo




















torukoburo



























心も体もリフレッシュした後は、ドレスUPして、テーブルに着きました。
まず、アミューズが運ばれてきました。

アミューズアミューズ



















トマトスープのゼリー寄せ、サーモンとクリームチーズロール、赤いコーンにはういきょうのムースが入っています。
ここで、メニューと格闘してました。
散々迷ったけれどカルトでオーダー。


spring 701鱈のブランダ-ド 赤ピーマンと蚕豆















パンはメゾンカイザー製ですが、塩クロワッサンとはちみつのパンといちじくと胡桃のが特に美味しかったです。

赤ピーマンと空豆のピュレとの下には何だったか忘れたけれど、フラン。カカオのスティックの香りが効いています。


そして、一番ぐぐっときたのは「うこっけいのコンソメ トリュフとフォアグラのラヴィオリ」
うこっけいのコンソメ トリュフとフォアグラのラビオリ

うこっけいの濃厚なフォンが注がれると、ラヴィオリの上にあるムースが溶け出します。スライスしたトリュフの香りが充満し、ラヴィオリの中には、フォアグラとトリュフがさらに入っています。これは見た目ではわからない食べてみないと・・・の絶品鳥骨鶏大好きなんですけど、これほど旨みのあるスープは初めてでした。胡椒を少しかけるとさらに旨み倍増します。







「仏産ホワイトアスパラガスのフィユテ クリスピーに焼いたリードヴォーとマスタードのアイス」
仏産ホワイトアスパラガスのフィユテ リードヴォー

こちらもぷりぷりのリードヴォーと甘いホワイトアスパラ。マスタードがアクセントになっています。











お魚は「仏産テュルボのヴァプール ソースヴァンジョーズのナッペ
ツブ貝と生雲丹添え ほうれん草のピューレと紫蘇の香り」 

仏産テュルボのヴァプール 

こちらも素晴らしいです。お勧めのブルターニュ産平目ってこんなに肉厚だったっけ!?美味しいとこどりしちゃいました。真空調理を使って、お魚の弾力が感じられます。
グリーンソースとカボチャのニョッキを添えたコントラストが綺麗です。









メインは「仏産鳩の包み焼きエピスとシトロンの香り 西洋牛蒡とシャンピ二オン ジンジャーのジュ」
仏産鳩の包み焼きエピスとシトロンの香り


アジアンテイストの香りがします。レアな小鳩の肉質も柔らかくてジューシーです。










お友達が頼んだ「千葉産乳飲み仔豚トリュフ風味のポレンタとシンプルなジュ ベルべーヌの香り」

千葉産乳飲み仔豚トリュフ風味のポレンタとシンプルなジュ 赤ワイン











カリカリに焼いた皮と肉厚な豚肉。中華風ですね。でも、これに付け合せのトリュフのポレンタが美味しすぎ・・・ブータンもよかったです。
これだけでワイン何杯もいけちゃいます。
シェフはハーブを組み合わせた香りと食感で五感を刺激するお料理ですが、トリュフ使いには脱帽・・・。次回はデギュスタシオンにトライしてみようかしら。
ワインはリースリング’90とヌフ・ド・パフュ’95
アバンデセールも盛りだくさんでした。親愛なるお友達さん。お誕生日おめでとう

「ラム風味のサバランとキルッシュのアイスクリーム パイナップルのポシェエピスの香り」

ラム風味のサバランとキルッシュのアイスクリーム 
ワゴンデセール













金箔がのっています。食後酒のラインナップも凄かったです。
惹かれたボトルは1杯諭吉と言われたので、ちょっと自粛。
せっかく並べて頂いたのに安価なものしか飲めなくてすみません。


アルマニャックが飲みたかったので’78のを一杯頂きました。

食後酒アルマニャック














ワゴンデセールコンポート















ワゴンは全品制覇したいくらいでしたが、お皿にのるだけ頂きました。
イチゴのコンポートにサフランのパウダーをつけたのが意外は味わい。
最後に頂いたフルーツポンチにメロンのアイスクリームおいちかった。


7時に入店して4時間半。電車で帰れたのが幸いでした。美味しい時間はあっという間に過ぎてしまいますね。

人気ブログランキングへ

「ロオジェ」
中央区銀座7-5-5

03-3571-6050











ranmarun at 23:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

March 24, 2008

三合庵@白金3

ちょっと胃が疲れた日。
やっぱり日本人は、蕎麦だよね〜という域。
普段は駅前蕎麦が多いですが、やはりここは美味しい「三合庵」
夜は蕎麦懐石のコースがメインですが、昼は単品でいただけます。

自家製豆腐

田酒のアテに(笑)青菜のおひたしも頂きました。とろりとした甘いお豆腐です。
さつま揚げもある!卵焼きもある!となびちゃいますが、飲みすぎはいけません。
田酒は2合でストップがかかりました。東京では貴重なお酒なんですね。







「天麩羅の盛り合わせ」
天麩羅

才巻海老は品切れで1尾しかないとのことで・・・帆立やアスパラ、隠元、かぼちゃ、さつまいも、椎茸などなど・・・
衣の揚げ具合が絶妙で冷めてもしんなりしないんです。天つゆは飲み干しました。
(お出汁が美味しいんです)









「刻み蕎麦」

刻みそば

青葱と白葱の千切り葱。たぬきの旨み。ああ、幸せと胃を潤すつゆ。ほんのり柚子風味。シンプルだけど、これが一番好きだったりします。青葱が少なくて残念でしたが、暖かいお蕎麦は太めの蕎麦粉たっぷり感が味わえます。かけ汁は飲み干してしまいました。












でも、もり蕎麦も頼んじゃった(*・ω・)ノ

もりそば

冷たいせいろとは蕎麦の太さが違います。かけより細くなり、もちろんそのコシも違うのでよくばりは両方食べたい。一盛りはそんなに量がないので食べれると思います。Wで頼む方も多いみたいですし・・・
残ったそばつゆで、酒もまたおつ。でも、田酒はストップだったので、違うお酒を。







自家製わらび餅も頂きました。
わらびもち


やはり、ここは蕎麦が一番。来る前に某所でお鮨食べてきたのは内緒です(笑








人気ブログランキングへ

「三合庵」


港区白金台5-10-10


03-3444‐3570

ranmarun at 16:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 蕎麦 

March 23, 2008

トレフ・ミヤモト@六本木3

銀座・西麻布と移転を重ねてきた宮本シェフです。やはりお料理は素晴らしい。
「トレフ・ミヤモト」六本木ヒルズの真向かいをちょっと入った路地にあるレストランです。

位置皿が孔雀で綺麗です。スポード製。
位置皿





以前よりこじんまりしたせいか、サービスの方は一人。なので、なかなか追いつかないの。オレンジのシャンパンカクテルと共に頂いたのは、





食前酒と「旬の10品のアミューズ」

前菜10品

豚肉のパテは美味しかったです。他にもニシンの燻製や飛び魚のマリネ、蛍烏賊など旬の食材がありました。これで泡楽しめちゃう勢いです。








前菜は3皿出てきます!!
「てんとう虫に仕上げたズワイ蟹と帆立貝のプランダード」
てんとう虫のサンバ

可愛い食べちゃうのがもったいないくらいです。
赤いトマトの中にはズワイ蟹と帆立をマヨネーズで和えた物が入っています。
赤ピーマンのソースもいいですね。黒い斑点は黒オリーブを刻んだのだとか・・・芸が細かい!










シェフのスペシャリテは「フォアグラとトリュフの一口コロッケ」
フォアグラコロッケ
















中はとろとろのスープ










四角いコロッケが運ばれてきました。なぜかフィンガーボールが運ばれて・・・
それは、手で食べてくださいとのこと。
でも角からかじってくださいね。確かに!
小龍包のようにうまくすすらないとスープがこぼれてしまいます。これは絶品
トリュフとフォアグラのスープがじゅわ〜と流れ出します。




「蕪のポタージュと天然酵母パン」
クリーミーでしたが、蕪の風味が感じられずちょっと残念。でもパンは美味しかったの。オニオン&ベーコン、ドライトマト&オリーブなど種類豊富なのは嬉しいです。
美味しいパンはバター入りませんね。

蕪のポタージュ
















天然酵母パン

















まだ前菜は続きます。
「帆立の炭火焼バルサミコソース」
帆立の炭火焼バルサミコソース

厚切りの帆立。はレアな食感です。わたの部分も添えてあります。
少しコリアンダーを効かせたエスニック風味。金針菜やアペオスなどが添えてあります。







「スズキのポワレ ハムとチコリーのソテー」
スズキのポアレ ハムとチコリーのソテー

皮をぱりっと仕上げたスズキに玉葱のソテーを合わせたポルトソース。ハムとチコリーのソテーの付け合せも美味しかったです。









「江戸前穴子・帆立・ワイルドライス・フォアグラの一皿」
江戸前穴子・帆立・ワイルドライス・フォアグラ

これは凄い!肉厚の穴子をまるまる1匹使っています。トグロ巻きしてある中にはワイルドライスが詰められています。さらに上にはフォアグラと帆立のソテー。
これらをミックスして頂くと、何ともいえない幸福感♪









「ドンブ産うずらとフォアグラのキャベツ包み蒸し エシャロットソース 」

うずらとフォアグラのキャベツ包みまいう〜











こちらも凄い。ロールキャベツ仕立てにしてありますが、中を開けるとうずらの切り身とフォアグラとトマトやズッキーニなどのお野菜が層になっています。
ソースもエシャロットとバターでキャベツの甘みを引き出した、絶妙でクラシックな味。パンもワインもすすんでしまいお腹いっぱい。




フロマージュも入りませんでした。
デセールは「ワイルドストロベリーのグラタン アプリコットのクーリ添え」

ワイルドストロベリーのグラタン

外側は焼いてあって香ばしいです。中は冷たいカスタードろワイルドストロベリーが。この温度差が楽しめるのがいいですね。
ワインは、カロンセギュール’02を頂きました。リストはないものが多かったのですが、結構良心的なお値段です。







人気ブログランキングへ
「トレフ・ミヤモト」

東京都港区六本木7-17-20明泉ビル 1F

Tel 03-5772-7755




ranmarun at 23:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

March 20, 2008

ナタラジ@銀座3

銀座の自然派インド料理のお店「ナタラジ」へ。

たまには、動物性のものを一切使わないお料理をと、マクロビオティック対応メニューコースにしました。これがあるのは銀座店だけなんです。


ノンコレステロールのグルテンミートや有機無農薬野菜、豆類などヘルシーな食材とアーユルヴェーダに基づくインドスパイスで作られたカレーはいろんな種類があるんです。ナンも国産小麦の天然酵母ナン。

まずスナックが出てきました。パパドという豆の粉で作ったインドのおせんべいです。
スナック


もちろんお酒もオーガニックです。インドのオーガニックビールやビオワインなど。










それから、「グルテンミートのスパイス炒め」
グルテンのカレー炒め

これは、大豆タンパクで作られていますが、鶏肉のような食感が味わえるんです。
グルテンミートは牛肉の2倍のたんぱく質、イソブラホンも含まれています。









「シャンティーサラダ」
シャンティーサラダ

発芽豆、きのこ、海草などのヘルシーサラダ。コリアンダーが苦手だったので、抜いてもらえばよかったな。でも、ビタミンミネラル豊富です。









カレーは2種。
「豆カレーと根菜豆腐カレー」
豆カレー

レンズ豆のスープですね。辛さはなく、クミンの香りを加えてまろやかで甘いです。
これは美味しい。胃に優しい味です。










根菜カレー

こちらも牛蒡、蓮根、筍、人参など、厚揚げ豆腐も入っています。
食物繊維たっぷりでヘルシーなカレー。無農薬玄米か全粒粉ロティ(インドのパン)が選べますが、玄米にしました。天然酵母炭火焼パンも追加しました。もちもち、天然酵母の香りがするナンも美味しいです。







ナンがあまっていたのと、もうちょっとスパイシーなカレーが食べたかったので、
「ナタラジパラク」というホウレン草カレーを追加しました。
ナタラジパラク

こちらは、少し塩加減が効いていて、ちょっと辛めです。もちろん大豆グルテン入り
で、コクがあってナンにはとっても合います。









デザートは「カボチャのムースとジンジャーチャイ」
デザート

牛乳も卵も白砂糖も使っていません。生姜とシナモンの香りのするジンジャーチャイでさらに体が温まる感じ。これで3600円。
胃にもたれないし、体が元気になる感じ。
ランチヴュッフェは1000円なので、こちらも行ってみようかな。





人気ブログランキングへ

「ナタラジ」

東京都中央区銀座6−9−4
銀座小坂ビル7.8.9F

03-5537-1515



ranmarun at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) エスニック・アジアン 

March 18, 2008

三田村@恵比寿3

夜景が見えるレストラン。
以前から気になってたけど、先日東急フードSHOWでメンチカツやコロッケを購入して美味しかったので行って見ました。

ガーデンプレイス横のビルの5Fですが、東京タワーが見えます。
コースが主流ですが、アラカルトで頼んでみました。

「青菜のお浸し」「三元豚の生ハム」
青菜のお浸し三元豚の生ハム










熟成感はないけれど、フレッシュな生ハムでした。お肉が甘いです。

「蛍烏賊の沖漬け」と「手造り豆腐」
蛍烏賊の沖漬け手作り豆腐













蛍烏賊は酒の肴にぴったり。お豆腐は、プレーンと桜の花の塩漬けを入れた2種。
濃厚なお豆腐です。クリーミーで大豆の香りがします。


「お造り 鮪・雲丹・鯛・平目」「地鶏胸肉炙りのサラダ シーザードレッシング」
お造り地鶏胸肉のサラダ











今年雲丹は高いそうです。これは甘くて美味しい。平目で巻いて食べちゃいました。
サラダはボリュームあります。





名物の「ミンチカツ」「ビーフストロガノフ三田村風」
メンチカツビーフストロガノフ三田村風












ミンチカツはさくさく揚げたてでお肉のがジューシーさが味わえます。
平田牧場の三元豚使用。肉汁が溢れます。ビーフストロガノフは、デミグラスソースかと思ったら、意外にクリームシチュー仕立て。まろやかなコクがありますね。
良質の牛肉を使っているので、網焼きステーキもおすすめです。




お魚のソテーも頂きました。
お魚のソテー

何のお魚だったか忘れちゃったけれど、ガーリック醤油味です。
和食でもなく洋食でもなく・・・単品は美味しいけれど、カルトで頼んだので、まとまりない構成になってしまいました。

でも隠れ家風こじんまりしているので、デートにはいいかもね。
サプライズでテーブルマジックやバイオリン演奏などもしてくれるとか・・・。


人気ブログランキングへ

「三田村」

東京都渋谷区恵比寿3-29-16 ABCアネックスビル5F

03-3449-2918


ranmarun at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 洋食 

March 15, 2008

スペインワイン会@池袋3

池袋のサンシャインシティ水族館を貸しきって、300人近くが集まったワインパーティー

スペインワイン会

水族館が大好きな私は、わくわく
まずは、入り口でカヴァのミニボトルを頂き、お魚を見ながら館内を進みます。サンシャイン水族館は、小学生の時以来訪れました。










アマゾンの魚ワイン
















参加者は全員大人&ワイン好き。今回は、スペインワイン特集ということで、カスティーリャ・イ・レオン州のワインが館内のいろんな場所に並びました。結構濃厚でスパイシーなものばかりです。

お料理は、ヴュッフェスタイル。お酒も好きなら、食べるもの好き♪皆お料理の周りで争奪戦でした^^;

ビュッフェ

















ハモンセラーノのカッティング世界チャンピオンも来日。

生ハムカットチャンピオン

この生ハム。目にも止まらぬ早業で切り分けていきます。
ハムの旨さは切り方にもあるんだなと実感しました。
シェリーととっても相性が良かったです♪もっと食べたいと思って、日本人の方が切っていたのは、全然味が違いました。サラミやレバーも美味しかった。










15リットルのマグナムボトルも現れました。これはチャリティーグラス。1杯100円からどうぞというので、100円しか払わなかった(ごめんなさい)
樽に入ったシェリーが激うまでした。注ぐパフォーマンスも見れて面白かったです。
マグナムボトル
シェリー










ワイングラス片手に周遊。いろんなお魚をみました。熱帯魚が綺麗でした
いろんな地方のお魚がいましたが、ずっと見てても全然飽きません。
なんだかとっても癒されます。。。

でも、水槽をずっと眺めていると酔いが回るのがなぜか早い・・・



熱帯魚熱帯魚












クラゲとかクリオネとかラッコも見ました。

クラゲクリオネ
















ヤドクカエルヤドクカエル
















あと、ヤドクガエル。カエル好きで飼おうかと思ったことあります(笑)

たった2時間の間に数百本のボトルが空きました。
沢山の来客の中には、顔見知りも多数・・・ほんと、よく飲むなあ・・・
最後は皆酔っ払いでした(汗)

お魚を見ながらワインを楽しむって、なんだか贅沢で現実離れの空間でした。企画&お誘いしてくださった方に感謝です。


ranmarun at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スパニッシュ 

March 11, 2008

龍園@浅草4

浅草にある中華料理のお店「龍園」
素材の味を大切にし、和食・イタリアン・フレンチなどいろんな技法をこらした洗練されたお料理でした。

スタンダードメニューも美味しいのですが、今回は春の素材を使った特別メニューをリクエスト。

龍園















まずは、スパークリングワインで乾杯してから「前菜の盛り合わせ」
ミミガーとメンマの葱和え、くらげの冷菜、黒大根の醤油漬け
食欲をそそる3品です。
前菜
















「富山湾内蛍烏賊の老酒漬けサラダ仕立て」
蛍烏賊の紹興酒漬けサラダ


メニューにはありませんがリクエストしたお料理です。今旬の蛍烏賊はぷりぷりしています。もう少し経つと、ワタが膨らんで美味しいそうですが、和えてあるドレッシングが絶妙な味で、何が入っているのか気になりました。くせになってしまいます。たっぷりポーションで3杯もおかわりしました。
これは泡に合います♪



そして「白きくらげ入り三浦甘玉キャベツのポタージュ 」
甘玉キャベツのスープ

糖度14度という果物並みに甘いキャベツを白キクラゲと一緒にじっくり煮込んだクリーミーなスープ。本当にまろやかで、お肌もぷりぷりになる白キクラゲもたっぷり入っています。キャベツだけでこんなに奥深い味わいになるとは・・・もはや中華料理の域を超えています。









そして、同じく「甘玉キャベツの春巻き」
甘玉キャベツの春巻

皮はさくさく、中はとろりとキャベツあんが。
少しお塩をつけて頂くと、さらに甘みが増します。キャベツってこんなに甘かったんだ!と驚きました。








「地鶏肉と季節野菜炒め」
鶏肉とブロッコリー炒め

鶏肉が柔らかいです。ちょっと変わったブロッコリーとアスパラ、人参、筍などの春野菜と共に・・・お野菜のしゃきしゃき感がいいですね。
前半の繊細な味付けから、パンチの効いた中華料理に変わりました。甕出紹興酒がとっても合います♪








「肉のテクスチャーをのこした肉団子と豆源郷の厚揚げ煮込み 」
肉団子

粗引き肉なのでしょうか。お肉の食感が感じられ、口に入れるとお肉の旨みがじゅわっとあります。厚揚げも美味しいんですね。ご飯が欲しくなります。お酢を少しかけるとまたマイルドになります。







こちらもリクエスト「坦々パスタ」
坦々パスタ

パスタを使ってクリーミーな汁なし坦々麺です。
胡麻の香りと唐辛子と挽き肉。味はまさに坦々麺ですが、麺をパスタにすると、食感が素晴らしい。ほんと、シェフのお料理には脱帽です。






このあと、お勧めの塩かに玉やスープ炒飯を頂く予定でしたが、時間切れ。
次回のお楽しみにしておきます。


デザートは杏仁豆腐。

杏仁豆腐
















シェフともお話させて頂き、次回の楽しみが増えました。
近くにあったら、毎日でも通いたくなるほど、ヘルシー&リーズナブル美味なお店です。
人気ブログランキングへ

「龍園」

東京都台東区西浅草3-1-9 

03-3844-2581

ranmarun at 23:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0) チャイニーズ 

March 03, 2008

秋山@京都上賀茂4

京都の朝はすがすがしい。
ウェスティン都ホテルを宿にした私は、朝6時に目が覚めてしまい、少しお散歩しました。30〜40分で周れる散策コースが敷地内にあるのです。
木漏れ日の日の出を拝むことができました。少しひんやりした空気と緑の中に、水のせせらぎを感じると、心が和みます。
日の出せせらぎ











お昼は「秋山」で懐石料理を頂きました。去年の夏以来です。
予約が取れない人気店だけに、3ヶ月前から楽しみにしていたのです。
秋山囲炉裏












まずは、囲炉裏があるお部屋で竹筒に入った濁り酒を頂きました。
この日は12人で伺ったので、12個並んでいますが、お酒が飲めない方の分も頂いちゃいました^^
12楽坊の濁り酒











それからカウンターへ移動。
お雛様が飾ってありました。まずは、自家製梅酒で乾杯。

雛自家製梅酒















「胡麻豆腐の雲丹・白子のせ」
胡麻豆腐と雲丹・白子

あったかい胡麻豆腐はもちもちしています。雲丹と白子と合わせるととろけます。
お野菜はハコベラ。春の香りが漂ってきますね。









椀物は「菜の花と蛤しんじょうの吸い物
椀物菜の花と蛤の吸い物 菱餅したて












柚子・京人参・大根が桃の節句にちなんで菱餅形になっています。
蛤しんじょうからにじみ出た旨みがなんともいえません。


そして運ばれてきた大きな竹筒の中には・・・
お造りがいろいろ入っていました。
竹筒の中は・・・お造り











のれそれポン酢、ちぬ、明石のぶり、舞鶴の鯖
ちぬには、岩海苔がはさんであります。どれも美味しくて日本酒がすすみます。
日本酒のアテが・・












「のどぐろのポン酢和え」
ノドグロポン酢

脂がのっていて、めちゃうまい。これあと5皿食べれるわ・・・
玉葱を使ったドレッシング風なのでしょうか。このたれがうまい。。。









途中で胃を労わる「黒米のすりながし」が出てきました。
山芋の角切りが中に入っています。胃を温め、消化を良くする優しい一品。
黒米のすり流し












「平貝の炭焼きと手長タコ煮」
平貝と蛸

イカかと思ったら小ぶりのタコだそうで・・・
柔らかいんです。もみじおろしでさっぱりと。










これ今回のお気に入り。「聖護院大根のふろふき 鴨ねぎスープ」聖護院大根のふろふきあんきも味噌鴨ねぎスープ

綺麗なグリーン色は鴨出汁をべースに葱を煮込んで、ポタージュ風に。これは葱の甘みと鴨の風味が素晴らしくて、さらに聖護院大根の上にはあん肝を溶いた味噌が・・・彩り良く、濃厚な味わいはくせになってしまいます。







おいしいお料理は、お酒のペースも早くなります・・・
ちゃんぽん
















「舌平目とみやま牛蒡の小鍋」
舌平目とみやま牛蒡の小鍋

お出汁と舞茸と春牛蒡の香り。肉厚な平目を煮込みます。一味をかけるとまたアクセントに。こういう一人小鍋って和食ならではの楽しみですよね♪










鍋がぐつぐつ煮えてきた頃に炊きたての土鍋ご飯です。
ここのご飯はとってもおいしいので、ついついお替りがすすんでしまいます。
まずはそのままで。お塩をかけても。そして、おこげはお味噌をつけて。
卵かけご飯でも堪能してしまいました。計5杯(笑)

炊きたてご飯卵かけご飯











水菓子はポンカンとイチゴ。
そして、囲炉裏のお部屋に戻って、秋山さんがたててくれたお抹茶で、ひしぎり餅です。
ポンカンとイチゴひしぎり餅










良く食べ良く飲んだけれど、これでも1万円いかないんです。
食事の後は、買出し・・・スイーツのお店やデパ地下などを巡りました。
オ・グルニエドールやミディ・アプレミアミディでどっさり買いました。

夕飯は和久博の桜寿司弁当。
桜鯛の木の芽の香りで、京都を後に・・・
お弁当















人気ブログランキングへ

「京上賀茂 御料理 秋山」

京都市北区上賀茂岡本町58

075-711-5136



ranmarun at 00:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 和食 

March 02, 2008

権太呂@京都3

うどんすきの美味しいお店です。
コース料理やお蕎麦もありますが、やはりうどんすきが美味しいと思います。

権太呂お出汁












かつおのだしがしっかり利いていて、色濃いつゆ。下に沈んでいるのは、ハマグリです。





付き出しは、そばの実豆腐。うどんすきの具も運ばれてきました。
そば豆腐ぐ










活き海老、麩、蒲鉾、椎茸、かしわ、筍、うずらの卵、白菜、水菜などなど・・・
添えてあるレモンをかけると、またおつな味。

うどんすき
















山菜ごはん










最後に残ったおだしに、茹でたてのうどんを入れて・・・
一味がアクセントになります。
残ったおつゆはさらに雑炊にもしてくれるみたいですが、お腹いっぱい。。。
でもおだしが胃に優しくて、飲みすぎの内蔵を労ってくれました。


出入り橋きんつば







「出入橋きんつば」こちらは大阪物ですが、甘さ控えめだし、お勧め!美味しかった〜♪


「権太呂」

京都市中京苦麩屋町通四条上ル

075-221-5810





ranmarun at 01:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 和食 | うどん

March 01, 2008

エルポニエンテ@大阪3

京阪旅行のランチは、10人くらいで北浜にあるスペイン料理のお店「エルポニエンテ」に行きました。
川沿いにあるので、大きな窓からの眺めもいいです。

エルポニエンテオリーブ











まずは、オリーブをつまみながら、メニュー選び。どれにしようか迷ってしまうほど食べたいものばかりでした。
お料理もお酒のチョイスも常連の方にお任せして、カヴァで乾杯。
人数が大勢だといろんな種類のお皿がシェアできるので嬉しいです。


前菜は「ハモンセラーノ」「カタロニア風トースト」
ハモン・セラーノカタロニア風トースト











定番のハモンセラーノははずせません。それをバケットにのせてトーストしたのがカタロニア風。アンチョビも美味しいです。


サラダは「アンティーブのサラダ ブルーチーズ風味」アンティーブのサラダ ブルーチーズ風味

しゃきしゃきアンティーブにくるみとブルーチーズの組み合わせ。
チーズもそんなに癖がなくてクリーミーなドレッシング仕立てです。









そして「マッシュルームのガーリック煮」

マッシュルームのガーリック煮

ガーリックオイルでぐつぐつ煮たマッシュルーム。オイルをパンにつけて食べるとまた食欲をそそります。この海老バージョンも好きなんです。











「タコのガリシア風」
タコのガリシア風

じゃがいもとパプリカで。タコが柔らかくてもっちりしています。
シンプルなんですが、タコが美味しいせいかクセになります。








「牛モツ煮込み マドリッド風」
牛モツの煮込みマドリッド風

モツ好きにはたまりません。昨日もトリッパ食べたけれど、こちらは、あっさりスープ仕立て。ひよこ豆の食感もいいです。









スープは、アホ(ニンニク)とマリスコス(魚介)の2種
卵が入ってスタミナ満点のスープ。
にんにくのスープ魚介のスープ サフラン風味












お魚は「帆立の天火焼きガルシア風」と「鯛のマジョルカ風」
帆立の天火焼き ガルシア風鯛のマジョルカ風












後半からどんどんお皿が運ばれてきました。



お肉は「ウズラの炭火焼 香草風味」
レモンを絞って頂くとあっさり。
鶉の炭火焼き 香草風味















そして、スペイン料理といえば、パエージャ!
3種類が大きな鍋で運ばれてきました。
「タコのお米料理」
タコのお米料理

意外にもっちりしていたので、本場のパエジャとは違いますが、冷めても美味しいタコ飯です。











レンズ豆と生ハムのお米料理

この組み合わせもいいですね。お豆のパエジャは初めて食べました。
レンズ豆の香りと生ハムの塩加減がマッチしています。










イカ墨入りパスタのパエジャ

これがHIT!まさか日本でこんなに美味しいパスタのパエジャが食べれると思わなかったです。イカ墨の濃厚なソースの中にもトマトの甘みやいろいろな隠し味が・・・
はまりました。







そして、3種を盛り合わせて混ぜながら食べるのもまた美味しい
3種

本格的な味です。ああ、スペインに行きたくなりました〜。













食後酒は、いろいろあったけれど、ちょこっと味見しました。

食後酒




デザートもいろいろ。
プリンやアイスなど・・・なんとかっていう乳脂肪で作ったプリンは美味しかったです。お酒をかけるとまた美味♪




プリン牛乳アイス









乳脂肪のプリンクレームブリュレ









こんなに飲みましたこんなに飲みました2








人気ブログランキングへ
「エル・ポニエンテ」
大阪市中央区北浜2丁目1番21号つねなりビル

TEL/FAX 06-6220-6868


ranmarun at 18:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スパニッシュ