August 2008

August 12, 2008

おうちご飯3

数日前に行った江南飯店のへちま焼きそばが美味しかったので、お家でも作れないかと・・・
スーパーに行ったら、へちまが売っていました。無農薬なので嬉しいです。


胡瓜の黒酢漬け
胡瓜の黒酢漬け

生姜・大蒜と唐辛子で黒砂糖と黒酢を入れて漬け込みます。
しゃきしゃきよりしなしな感がいい感じ。







へちまって食べれるんだ!と知りました。
皮をむいて、スライスした後、塩水につけてアクをとり、海老・トマト・オクラ・枝豆を加えて炒めます。金華ハムベースのあっさり塩味。

「へちま焼きそば」

へちまへちま焼きそば











生麺を茹でた後、冷水でぬめりをとり、フライパンで表面カリカリに仕上げた後、餡をかけてできあがり。へちまは生だと茄子のよう、加熱すると甘みがましてとろとろになります。
ニンニクのみじん切り入りの黒酢をかけるとさっぱりとまた旨みが増します。
見た目はいまいちですが、味は絶品でした♪


で、黒胡麻坦々麺も作ってみました。
黒胡麻ペーストでスープを作り、スパイシーさが欲しかったので、ひき肉と茄子を炒めて麻婆茄子かけ黒胡麻坦々麺です。

黒胡麻坦々麺茄子も入れて











空心菜に、青葱・白葱のみじん切りと、炒った黒胡麻をかけてできあがり。
自家製の麻辛辣油も加えるとさらに美味しいです。

黒胡麻パワーで、夏バテに効きそうなお家ご飯でした。。。

人気ブログランキングへ

ranmarun at 22:05|PermalinkComments(6)TrackBack(0) チャイニーズ | 料理

August 11, 2008

サラマンジェ@虎ノ門3

久しぶりに行った親父フレンチの店「サラマンジェ」
オープン当初はよく行ったけれど、2年ぶりくらいの訪問になるかも。
ワインリストやお魚料理も増えていました。
相変わらずシェフの顔写真の入り口ですが、ロゴの周りにツタが生えて雰囲気でてきましたね。

サラマンジェ黒オリーブ














まず、黒オリーブが出てきました。煮込んであって黒豆みたいです。
お野菜が食べたかったので「サラダリヨネーズ」

サラダリヨネーズ














鶏レバー、自家製ベーコン、ニシンのマリネとジャガイモ、人参、玉葱、レタスなどお野菜たっぷりのサラダです。
ニシンのマリネが脂がのっていて美味しかったです。



「パテ・ド・アンクルート」
パテ・ド・アンクルート

もっちり濃厚です。豚と仔牛の旨みが凝縮され、塩加減が絶妙。コンソメジュレとパイ生地とのバランスもいいです。








「ウナギのマトロート」
鰻の赤ワイン煮込み














ウナギの赤ワイン煮込みです。
骨ごとぶつ切りにした鰻は脂がのっていて、とっても美味しい♪
ベーコンやマッシュポテト、小玉葱、と隠元が添えてあります。骨や皮付きのまま食べると旨みが閉じ込められて、最高です(*´ェ`*)


「バヴェットのエシャロットソース」
いわゆるハラミ(横隔膜)の部分ですが、これはオープン当初から大好きで食べてました。でも、肉質が変わって細かく柔らかな繊維質ダルワヨの部分を取り入れたのでしょうか。以前より美味しくなってました。これは、サガリの部分かな。
バヴェットのエシャロットソースバヴェットのエシャロットソース












フロマージュブランが入った入れ物は、リルのフォアドアの入れ物です。
ここに健在していたのですね(=゚ω゚)ウォッシュ系が好きなので何種か選択。

フロマージュブランフロマージュ












しかし、フロマージュ・フォールはやばいくらい熟成していて、豆腐庸にスパイシーさを加えたような、酒かすがかなり発酵したような。。。ちょこっとなのですが、こいつの存在感は凄いです!!これは、チーズ好きでもなかなか食べれないです。

やばいチーズ












デセールまで行けなかったので、次回楽しみにしたいわ。
ピーチメルバや、メロンのスープがありました。
シェフ激やせしてたけど大丈夫かしら・・・



人気ブログランキングへ

「サラマンジェ」

東京都港区虎ノ門1-11-5
森谷ビルB1

03-6903‐6730




ranmarun at 02:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

August 10, 2008

江南飯店@衣笠4

またまたランチで行ってきました。
いつもは、コースのオリジナルメニューですが、今回は通常メニューの中からチョイスして・・・

まずは、おつまみにザー菜とピータンの甘酢漬け

ザー菜ピータンの甘酢漬け












叉焼饅頭酸辣湯
叉焼饅頭はふわふわ熱々の生地の中に、甘めに煮込んだ焼豚が入っています。これもう1個食べたいわ。酸辣湯は海老・イカ・魚皮などの魚介とじゅん菜、トマトなどが入っています。黒酢と胡椒がぴりりと利いて夏バテにもききそうです。

焼豚まんじゅう酸辣湯











蘇州風黒香醋すぶた海鮮と季節野菜のXO醤炒め
にんにくをきかせて香味揚げにした豚肉を黒酢の餡で香りよくスパイシーに仕上げてあります。私はパイナップルとかキュウリが入ったケチャップ酢豚は好みでなく、黒酢を使った酢豚が好きなので嬉しいです。ビールがすすむ1品。そして自家製XOジャンを使った炒めも美味。海老・イカ・帆立などの海鮮とブロッコリー・紫玉葱・金針菜・セロリ・パプリカ・白舞茸などお野菜もたっぷりです。
蘇州風黒香醋すぶた海鮮と季節野菜のXO醤炒め












へちま焼きそば
夏野菜のへちまとトマトと海老などを炒めた餡がパリッと焦げ目をつけた太麺にかけてあります。へちまって初めて食べたけれど、瓜よりも甘くて柔らかくて、あくを抜いた茄子のような食感。これとっても美味しいです♪

へちま焼きそば














黒胡麻坦々麺
黒胡麻のなめらかなスープに、細麺。炒った胡麻とラー油の香りがたまりません。
坦々麺といっても辛さを抑えてマイルドなので、スープも全部飲み干せてしまいます。これにトンポーローがのったバージョンもあるので今度食べてみたいです。
四川風の赤いのも気になりました。

黒胡麻坦々麺
















デザートは、雪耳杏仁豆腐花黄金桃プリン
木耳を煮詰めてとろとろに糸引くような上に、杏仁のソース。
ちょっとエロチックな食感と(謎)控えめな甘さでさっぱりねっとり感がたまりません。これは、燕の巣のデザートに勝るかも。
白木耳のデザート黄金桃のプリン












黄金桃プリンは、黄金桃を送られたお客様からのリクエストで、たまたま頂く事ができました。本当はもっとサーモンピンクの淡い色をしているのですが、写真が修正できず・・・中にもコンポートした桃が入っています。マンゴーのように甘みがあってふくよかな味です。
気がつけば夕方5時になりそう。。。ここに来るといつも時間の経過が早いです。



人気ブログランキングへ

「江南飯店」

神奈川県横須賀市衣笠栄町1-22-16

046-852-9595


ranmarun at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) チャイニーズ 

August 09, 2008

栃の実@経堂3

自然食のお店。
中はテーブルや椅子、壁も木の造りで、ナチュラルで緑溢れるアットホームな雰囲気。物販もあり、よく利用します。


栃の実ささやかな緑


















日替わりのランチ定食は900円。
小鉢3品に小鍋と焼き物、雑穀ご飯と梅干が付きます。
家庭料理ですが、お野菜をたっぷり補給したいときには嬉しいです。

ランチ定食













この日は、隠元と高野豆腐・ゴーヤの胡麻ソース・サーモンと焼きトマト・かぼちゃのキッシュ・トウモロコシ・野菜鍋でした。
サーモンとかぼちゃのキッシュ野菜汁














小さなお店で、なにげないお料理ですが、お野菜の元気をもらいたいときには癒されます。


「栃の実」

東京都世田谷区宮坂3-5-4

人気ブログランキングへ

ranmarun at 14:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 自然食 

August 08, 2008

旬@広尾3

以前「泥武士」だったお店です。
旬というのは10日間のことです。野菜がもっともおいしく、いい香りを放ち、栄養分が満ちている期間が旬。そんなコンセプトでお野菜はもちろん、調味料なども安全なものにこだわっているそう。野菜・魚・肉は季節ごとに産地や作物にこだわり、契約農家から仕入れているそうです。まずはアスパラのフライ 軽くパン粉をつけてアスパラの甘さを感じます。

お野菜アスパラフライ













野菜春巻は韮やキノコなど中身は野菜だけですが、味付けに少し魚醤で味付けしているのかアジアンテイスト。山椒塩で頂きます。 栃尾豆腐納豆は栃尾厚揚げの中に納豆と葱がたっぷり入っていて、おろし大根ポン酢と生姜で頂きます。かなりボリュームありました。
野菜春巻栃尾豆腐納豆












いろいろ野菜アンチョビOILソース
炭火で網焼きした夏野菜を特製アンチョビオイルソースで。茄子・ズッキーニ・人参・ジャガイモ・オクラ・パプリカ・赤カブなど、ソースにつけても美味しいですがそのまま食べるのがお野菜の旨みが感じられるので一番です。
愛媛産釣り鯵のフライ こちらも身がしっかり厚くて贅沢なフライでした。釣り鯵なら刺身で食べたいところです。
いろいろ野菜のアンチョビoil愛媛産釣り鯵フライ












〆は玄米と黒米のご飯とお野菜たっぷりの味噌汁。デザートは、ココナッツミルクぜんざい、ベイクドチーズケーキ、昔プリン、マンゴーのソルべの盛り合わせを頂いたあとに、追加して。 きなこアイス オーガニックのバニラアイスに黒大豆のきなこをまぶし、黒蜜をかけたもの。

玄米と黒米きなこ黒蜜アイス












お酒は、ビオワイン、お茶はほうじ茶と和ハーブを頂きました。かぼちゃと紅茶のフローズンカクテルや、スイカのソルティードックなんかもあってちょっと気になりました。
どのメニューもシンプルな調理法ですが、お野菜自体が元気で美味しいので・・・


「旬」

東京都渋谷区広尾5-7-35 広尾コンプレックス2F

03-5792-4143

人気ブログランキングへ

ranmarun at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 和食 

August 03, 2008

アピシウス@有楽町3

25周年記念の限定ディナー夏バージョンです。
前回はノスタルジーかネオクラシックの2つのコースでしたが、今回はノスタルジーかオーセンクラシックの2種。

どちらも魅力的なのですが、今回はノスタルジーコースを堪能。
エントランスから店内へ続く道に向日葵のアレンジメント
最終日なのですでに枯れていましたが、ゴッホ・モネ・ゴーギャンという名づけがされているらしい。

アピシウス向日葵



















アミューズは、ホワイトアスパラガスの冷製スープと桜鱒のブランダード
ルイ・ロデールはすっきり冷えていていました。
アミューズ











最初のオードブルから濃厚なお皿が・・・

「巻き海老巻き海老・干し葡萄・隠元豆入り フォアグラのテリーヌ:1983」

巻き海老・干し葡萄・隠元豆入り フォアグラのテリーヌソーテルヌのジュレ 巻き海老 隠元のサラダ仕立て











どど〜んと厚切りで出てきました。なんとも濃厚です。そして、海老とフォアグラの組み合わせは初めて食べましたが、相性も良く。ソーテルヌのジュレと巻き海老とインゲンとシャルロットのサラダ仕立て。巻き海老もフォアグラに負けることなくしっかりとした味わい。フォアグラに合わせた芳醇なソーテルヌ:コトー・デュ・レイヨン・グランノーブル2001を頂きながら、ブリオッシュにものせたりして頂きました。
これも素晴らしいマリアージュ。


ブリオッシュソーテルヌ













前菜二皿目は「夏の貝類とグリーンアスパラ入り 芋セロリのヴルーテ:1990」

夏の貝類とグリーンアスパラ入り 芋セロリのヴルーテ















軽く火入れしたホッキ貝、帆立、青柳、鮑などの貝類とアスパラガス。特に鮑の旨みが凝縮されていました。芋セロリは生クリームと合わせて濃厚かつクリーミーな味わい。これにピュリニー・モンラッシュ・レシャルモー2002を合わせました。


そして、スープは「野菜・リードヴォー・フォアグラ入りコンソメスープ:1983」注がれる前はインゲン、人参、リードヴォー、フォアグラの角切りが並んでいます。そこに熱々のビーフコンソメスープがたっぷり注がれて・・・
クリアなスープですが、そこにまた旨みが凝縮されています。少し胡椒を振りかけると、さらに味に深みが出ました。
注がれる前野菜・リードヴォー・フォアグラ入りコンソメスープ











お魚は「うなぎのパイ包み焼き 牛蒡のムニエル添え ポルト酒風味:1989」
中には鰻と帆立のすり身が入っています。これはもうちょっと食べたかった。
鰻好きの私はもうちょっと鰻感が味わいたかったです。でもポルト酒ソースと牛蒡のアクセントも利いていて、このソースを黒胡椒のパンでぬぐうとまた2倍楽しめます。

うなぎのパイ包み焼き 牛蒡のムニエル添え ポルト酒風味うなぎとほたて












お肉は「仔羊のノワゼット夏野菜の編脂包み焼き 粒マスタードクリームソース:1984」
赤身の仔羊に網脂を巻き、その脂の甘い旨みをお肉に移し閉じ込めています。
キノコの付け合せとこれまた濃厚なマスタードクリームソース。
赤ワインは、ヴァン・ド・ペイ・ド・ブシュー・ド・ローヌ1997
プロヴァンスのAOCで認められていないカベルネとシラーのブレンド。そうするとテーブルワインに格が下がってしまうのですが、その味わいはとっても濃厚です。

仔羊のノワゼット夏野菜の編脂包み焼き 粒マスタードクリームソース赤ワイン





















そして、フロマージュワゴンから、シェーブル系2種とウォシュ系3種を頂きました。
ここのフロマージュはとっても状態がいいので好き♪ついつい頼みすぎてしまいます。
それに合わせてくださった、ボーヌ・クロ・ド・ラ・フュギーヌ2001
フルーティな甘さがチーズにとっても合います。
フロマージュ赤ワイン




















デセールと合わせて、青リンゴのリキュールが出てきました。
この香りと甘みが「パッションフルーツのシブースト パイナップルソース添え:1988」にも合いました。
表面をキャラメリゼしたシブーストの中にはマンゴーが。バッションフルーツの酸味とマンゴーの甘み、パイナップルの爽やかなソースは軽い仕上がりでした。

青リンゴのリキュールパッションフルーツのシブースト パイナップルソース添え























さらに、もうちょっと食べたいなというお願いに、オーセンテッィクコースにあった「桃のコンポートとジュレ スプマンテのソルベ」のミニバージョンが出てきました。素晴らしい♪ベルべーヌとスプマンテで香り漬けした桃のコンポートとジュレ。ソルべも結構お酒が利いていました。

桃のコンポートとジュレ スプマンテのソルベプティフール












最後はプティフールワゴンです。いろいろあったけれど、もうお腹いっぱい。
クレームブリュレとブルーべリーのパートフリュイ(これ美味しかった)カヌレ、フルーツタルト、ショコラトリュフ、ピスタチオのフィナンシェ、紅茶のマカロンとカフェクレームを頂きました。

オリーブのオブジェ











こちらは、個室にあったオリーブのオブジェ。
なんか地味な感じです。ライムやリンゴのオブジェは可愛いんだけど。。。
でもシックな個室には合っているかもしれません。
ここはやっぱり大好きなレストラン、通常メニューも魅力的だったので、また頂かなきゃ・・・

人気ブログランキングへ


「アピシウス」

東京都千代田区有楽町1−9−4

03−3214-1361

ranmarun at 13:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

August 01, 2008

リストランテ・ダ・ニーノ@乃木坂3

シチリア料理の「リストランテ・ダ・ニーノ」に行ってきました。
こじんまりしたお店は満席。シチリアの画家デシモーネさんが描いたお皿は明るい色使いと個性的な絵柄。現在は娘さんが引き継いで描いているとか・・・店内にも絵皿が沢山かかっています。

リストランテ・ダ・ニーノお皿












ショーケースには、新鮮な魚介が。
今宵は肉でなくお魚かな〜と期待を膨らませます。
パンは3種出てきました。茄子のフォカッチャが美味しかった。
ショーケースパーネ











アンティパストは、シェフのおすすめ盛り合わせ
真ん中ボタン海老のマリネから、時計回りに鮪のピスタチオパン粉・サフランライスコロッケラグー入り・鰯のベッカフィーコ・フリッタータ・カポナータ・たらば蟹のパンコ焼き。特に鰯のベッカフィーコが美味しかった。脂がのっている肉厚鰯の中に詰め物を入れて軽くパルメザン風味。

アンティパストミストサルデ・アッラベッカフィーコ












プリモピアットその1は生ウニのリングイネ
ちょっと硬めに茹でたリングイネと溶ろけるウニのソース。お家でも生ウニのパスタはたまに作りますが、旨みが足りないので少しだけトマトソースと生クリームを足します。でも、こんなに甘くて新鮮なウニだとやっぱり違いますね。

リングイーネ リッチ ディ マーレ生ウニのリングイネ











その2は、「鮪のカラスミのリングイネ」シチリアといったらボッタルガ!?カラスミですが、こちらは鮪のカラスミを使い、モシャーメという干しまぐろも添えてあります。この干し鮪が絶品でして、塩加減はきいていますが、シチリアトマトと合わせてバランスよい仕上がりでした。干し鮪の旨みがとっても好み。これだけスライスして頂いたらワインがいくらでもすすみそうです

リングイーネ ボッタルガ ディ トンノ















セコンドは「金目鯛のグリル」
セミドライのプティトマトと黒オリーブ、ジャガイモ、アーティチョークのフリットと共にオーブン焼きに。これも美味です。
ぺーシェ アッラ グリーリア















ドルチェはカンノーリ
カカオ風味の焼き生地にリコッタチーズのムースとドライフルーツ。
ドルチェはちょっと弱いかな。
カンノーリ













オープンキッチンの店内。シェフはとっても気さくで、お皿が運ばれてから口にする度に、味を確認するようにカウンターからにこっと笑い話しかけてきます。
笑顔で挨拶すると嬉しそうでした・・・ランチはイタリア人が多いみたいです。


「Ristrante da Nino」

東京都港区南青山1-15-19

03-3401-9466

人気ブログランキングへ

ranmarun at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イタリアン