January 2010

January 26, 2010

ANTIVINO@渋谷4

渋谷にある「ANTIVINO」に行きました。
1階のガラス張りのショーウィンドーには、可愛い食材のディスプレイ。
写真撮っておけばよかったと思いました。
中もとてもお洒落な雰囲気です。

.
















メニューも沢山あって迷います。まずは、シャンパンと牡蠣を頂きながら、メニューと格闘(笑)

牡蠣















いろんな種類食べたかったので、前菜もパスタも数種類少しづつ頼むことにしました。そういった盛り合わせのメニューがあるのも嬉しいです。

アンティパストミストは、手前から、牛肉のカルパッチョ、ホワイトアスパラガスのエッグのせ、魚介とトマトのマリネ。意外と塩加減が強いしっかりとした味です。

アンティパストミスト
















パスタ3種
雲丹のカルボナーラと浅蜊のぺぺロンチーノ

pasta















そして、ゴルゴンゾーラのリゾット
どれも美味しいのでもう少し食べたかった〜
いろんな素材のパスタがあるので、あれもこれもと迷ってしまいます。

パスタ















ワイン
濃厚かつフルーティーな味わい

ワイン















お肉は、仔羊のソテー香草ソース
火入れが素晴らしい!イタリアンだとお肉はあまり期待しないのですが、
赤み肉の柔らかさといい驚きました。


仔羊















ドルチェもいろいろ

ドルチェミスト















旬の素材をアレンジして、お店の名前の通り、ワインといろんなお料理を頂けるお店です。サービスも細やかで居心地がいいです。
2月からランチも始めるとのことで、また行きたいお店です。


「ANTIVINO」

渋谷区東1−14−13 サンフローラハイツ1F

03−5466−1028

ranmarun at 23:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イタリアン 

January 25, 2010

傳@神保町3

神保町にある「傳」に行きました。
一軒家を改装し、ちょっと隠れ家的なお店。

傳
















中は、カウンターと個室に分かれています。
まずは、湯葉豆腐。
黒ゴマとビーツのお豆腐も隠れています。柚子風味でさっぱりと。

つき出し















まずは、田酒を。これ、あれば必ず頼みます。
他にも日本酒の種類は沢山あります。

田酒















湯葉巻きつみれとほうれん草。
ほうれん草の味が濃いです。

つみれ















お造りは、かつおとまぐろ。

お造り















まだ1月なのに焼き筍が出ました。
香りも歯ごたえも繊細な感じ。

タケノコ















伊賀の三重錦、初めてみたラベルの日本酒。
仕込みのデータが綴られています。

.















数値は自分ではよくわかりませんが、こうやって毎日きちんと品質管理されて
いるお酒は、味も繊細。なめらかで美味しいです。

.















お野菜のサラダ
野菜が定評であるだけに、いろんな葉物が。
お花もちりばめて彩どりが綺麗です。

サラダ
















野菜の炊き合わせ
人参や蕪の甘みがでて、優しい味わい。

焚き合わせ















〆は鯛茶漬けかお蕎麦。
鯛はヅケになっているのかと思ったら、ねっとりとしたペースト状に。
胡麻と山葵がアクセントでさっぱりと頂けます。

鯛茶づけ















お蕎麦は太めの固ゆで。
こちらもあっさり。

蕎麦















お野菜豊富でヘルシーでした。

「傳」

千代田区神田神保町2-2-32

03−3222−3978



ranmarun at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 和食 

January 15, 2010

ポッサムとタコシャブ@ソウル3

お昼は何食べようかなと、ウォーカーヒルから散歩にでかけました。
ポッサムの店を見つけたので入ってみることに。
定食でナムルやキムチや卵焼き、五穀ご飯にチゲまでついてW6000くらい。
安〜。やはり明洞と違って、田舎は物価が安いです。

.















10数枚の茹で豚とキムチがどっさり。お肉はとても柔らかいです。
たれにつけてもいいし、こくがあるキムチで巻いて食べるとなお美味し。

.















それから、近くのスーパーに寄って胡麻の葉とせり、胡麻油、干したらを購入。
日本ではフレッシュな胡麻の葉がなかなか売っていないのでまとめ買いしました。胡麻油も韓国製は香りがいいのです。
干したらはスープにするとお肌にもいいし、二日酔いにきくの。

さらにてくてく歩いていると、何やら混んでいるお店を発見しました。
赤ちゃんたこのしゃぶしゃぶ専門店です。
いいだこの赤ちゃんと魚介類。1人前W14000。

赤ちゃんタコ















野菜もたっぷりです。

野菜















お鍋のスープが温まるまで、キムチをつまみます。

キムチナムル















ぐつぐつと煮たっています。
柔らかいたこはポン酢か特製のにんにくダレで頂きます。
さっぱりしてヘルシーですが、ニンニクでスタミナがつきそう・・・

鍋















最後残ったスープに自家製手打ち麺を入れます。
この麺が、コシがあって、うどんのようなもちもちした食感。
生麺から入れるので、スープをぐんぐん吸っていきます。
あ〜お腹いっぱい(べふ〜)

麺















空港ラウンジで、ビビンパフに水キムチ。
よく食べました。帰りの機内でもビビンパが出るというのに(笑)

ビビンパフ















帰りの飛行機からは、幻想的な夕焼けが見えました

夕日



ranmarun at 22:01|PermalinkComments(0) 焼肉・韓国料理 | 韓国

January 14, 2010

W hotelの朝ごはん3


Wホテルソウルの朝ごはん。
7時くらいかな。朝日が昇ったばかり。川は凍っています。

朝日















こんなオブジェもありました。
.















野菜が豊富です。

.















まずは味噌汁です。青海苔とえのきたっぷりいれました^^

misosoopバター.






いろいろキムチ。
オイキムチがオイシカッタ♪

.
















オムレツは普通。

オムレツ















つぶ貝のお粥美味しかったです。
キムチもいろいろあって満足な朝食でした。

つぶ貝のお粥



















ranmarun at 07:15|PermalinkComments(0) 焼肉・韓国料理 | 韓国

January 13, 2010

W hotel@ソウル4

仁川空港からからバスでどんぶら2時間。
川を渡り山を登り遠い〜。Wホテルに着きました。
ロビーはパープルのライティングでオサレ♪

Whotel















Barもこんな感じ。
男性スタッフがみんな黒ぶち眼鏡でした。(ハヤッテルノカ笑)

bar















お部屋は広かったけど、赤丸ベッド^^;。

room















デスクもあり。

desk















バスルームは真っ赤^^金魚のコップが可愛いかったです。

room















スリッパも赤。
最近こういうデザイナーズ系は赤基調が多いですね。

スリッパ















お腹が空いたので、深夜カムジャタンが食べれるお店へ。ほんとはフグが食べたかったんですが、ナムまで行かないとだめだって。
しかし、韓国語しか通じません。メニューもハングルのみ。

キムチ















美味しかった。この日、マイナス10度を超えていたので、温まりました。
しかもチャミスル飲んでも合わせて700円くらい。(ヤス〜)

カムジャタン















ホテルのエレベーターは、ライティングしたつり革みたいなのが、いっぱいぶらさがっています。


つり革?
つり革?









ranmarun at 23:27|PermalinkComments(0) Hotel 

January 12, 2010

ワールドライフ シドニー水族館@オーストラリア

シドニー動物園を回ってから、横に併設している「シドニー水族館」に行きました。

館内は、14のテーマ別に分かれて15000種類もの魚をみることができます。

まずはカエル。

・



















・



















タツノオトシゴ

・



















サンゴやイソギンチャクと熱帯魚たち。

・



















大きなタコです。足を広げると2mほどにもなります。

・



















ウニも。

・




















・



















リトルペンギンは動きが可愛いです。

・



















カモノハシかな。

・



















大きなウツボ。ちょっと顔が不気味です。

・



















・



















巨大な水槽には、サメや熱帯魚を初め、シドニー近郊の海に生息している魚が沢山泳いでいます。

・



















顔はマンタで体はサメの形しているのは何ていう魚だろう。

・



















後で調べるとシノノメサカタザメというらしいです。

・



















・



















カラフルなタツノオトシゴ

・



















・



















サメはかなり大きいです。

・



















トンネル型の水層の下から見たサメ。

・



















これも珍しいサメの一種。

・



















海亀もいました。

・



















熱帯魚たち。

・



















・



















・



















このあと、珍しいジュゴンを見ました。世界で5頭いるうちのオスとメスとペアで展示しているのは世界でここだけだそうです。ただカメラはこの後に残念ながら電池切れしてしまい、写真に収められなかったのが残念。
でも水族館も見どころ満載でした。


「シーライフ・シドニー水族館」

1-5 Wheat Road,Darling Harbour,Sydney 2000

180-0-199-657

9:00~19:00




ranmarun at 16:00|PermalinkComments(0) オーストラリア | 旅行

ワイルドライフ シドニー動物園@オーストラリア

ダーリングハーバーにある「シドニー動物園」に行きました。
規模は小さいですが、オーストラリアに生息する珍しい動物たちを見ることができます。
シドニー動物園の横にはシドニー水族館も併設しています。チケット売り場は大行列でかなり並びましたが、両方を見ることができるセットチケットを購入しました。

・



















シドニー動物園の横にはシドニー水族館も併設しています。チケット売り場は大行列でかなり並びましたが、両方を見ることができるセットチケットを購入しました。

・



















動物園の中は、オーストラリア全土の気候を再現した9つのエリアに分かれています。それぞれ特有の動物の生活環境に応じた生態系の様子を再現していて、小さいながらもかなり見どころはあります。

まずは、蝶の部屋を見ました。ぼわっと生暖かい空気の中で色鮮やかな天板にとまる蝶達。

・



















種類はわからないけれど、こういう色の対比には反応するみたいです。

・



















大きな蜘蛛の巣。都会では見なくなったけれど、小さい頃田舎ではよく木や側溝辺りに蜘蛛の巣が張り巡らされていたものでした。子供ながらに崩しても翌日にはちゃんと再生されていたのに驚いたものです。

・



















虫もいっぱいいます。鮮やかな緑色のカブトムシのような・・・

・



















この枝の中にも虫がいるんですよ。珍しい昆虫。

・



















コオロギかしら。

・



















そして、木の幹の間にニシキヘビを発見。

・



















こんなところにも潜んでいます。

・



















・



















何ヘビかわからないけど、大きな蛇です。

・



















水中にはワニもいました。

・



















小さなワニですが、ワニをじかに見たのは初めてです。

・



















・



















エリマキトカゲ

そういえば、エリマキトカゲって小さい頃に何かのブームで流行った気がします。だいたいが森林の木の上で生活しているのがほとんどです。

・



















・



















なのに、地表に降りたエリマキトカゲは、希少かも。
威嚇すると襟上の皮膚を広げるのですが、さすがに襟は開いていませんが、首を上げた姿はなんとも凛々しい感じ。日本では、エリを広げながら直立歩行して歩く姿が話題になりましたね。

・



















これは何の卵だろう。かなり孵化してるけど。

・



















イグアナもいました。

・



















そして、オーストラリアというと、コアラ。
コアラを見たいがために、このコーナーにも行列をなしていました。
ただコアラはユーカリの木の枝で一日のうち19時間以上は寝ているというかなり怠惰な動物なんです。

・



















こんなに高い枝の間でも器用に眠っています。

・



















抱っこできる時間になんとか起こそうとしますが、気持ちよさそうにやはり寝ています。

・



















コアラのお目覚めは期待できなかったので、別のスペースへ。赤土が敷いてあります。

・



















カンガルーです。カンガルーも見たのは初めて。

・



















赤い砂の上で気持ちよさそうに寝てるなあ。

・



















と、思ったら起きました。カンガルーのキャン玉袋は、お土産屋に売っていますが、コインを入れて持ち歩くとお金が貯まるんですって。いやいやお前のキャン玉はまだ大丈夫だよ(笑)

・



















穴倉のようなスペースも好きみたい。いつもぴょんぴょん跳ねまわっているイメージでしたが、実際には結構くつろんでいます。

・



















鳥もいろいろいました。

・



















別のスペースに行くと、カワセミが。なんとも凛々しい顔とくちばし。

・



















ここは、コアラも上から見えて、ようやく目を覚ました感じ。

・



















僕を見てっていうくらいにカメラ目線でちゃんと振り向いてくれました。

・



















ユーカリの葉にも蝶が停まっていました。

・



















次は併設している水族館へ。

「ワイルドライフ シドニー動物園」

1−5 Weat Rd,Daring harbour 2000

+611 80 0206-6158

9:00~17:00



ranmarun at 13:30|PermalinkComments(0) オーストラリア | 旅行

January 11, 2010

シドニー観光@オーストラリア

シドニーでの翌朝は、シドニータワーを目指して散歩します。
泊まっているウェスティンホテルからもすぐに見えました。

・



















とりあえず辺りを散歩することにします。

・



















ハイドパークという広い公園に来ました。約2万平方メートルの敷地内には、アンザック戦争記念碑、アーチボルド噴水などがあります。

・



















アーチボルド噴水は、公園の象徴的な存在です。

・



















公園内には、大きなチェスのオブジェがありました。実際にこの駒を動かしてチェスの勝負をしていました。重い駒を動かすのも大変だと思いますが、臨場感あって面白いですね。

・



















セントメリーズ大聖堂。オーストラリアのカトリック教徒の聖地です。

・



















ゴシック様式な建築でステンドグラスは見事。

・



















そして、全高309mのシドニータワーへ。

・



















エレベーターで展望台に上ります。

・



















360度パノラマビューの展望台です。曇り空でしたが、シドニー市内から遥か80劼里なたまでが一望できます。

・



















・



















・



















大きな公園も上から見るとこうなっているんですね

・



















ちょっと真下を見ると足がすくみますが、これはまだ250m。
もっと上を歩くスカイウォークも人気だそうでです。

・



















さっき見たハイドパークの噴水と教会が見えました。

・



















下界に戻ると、ちょっとお腹が空いてきたので、マクドナルドへ。普段日本でマクドナルドはほとんど食べないのですが、海外に来るとオリジナルなメニューがあるので、食べたりします。グランドアンガスの写真に惹かれました^^

・



















長方形のふわっとした白いバンズに、アンガス牛の肉厚のパテ、トマトやチェダーチーズ、レタス、レッドオニオンがはさんであり、マヨネーズのソース。パテも肉肉しさを感じるジューシーさで、変に味付けをしていないシンプルさが美味しいです。今まで食べたマックのハンバーガーの中では一番美味しかったかも。

・



















というわけで、お腹を満たした後は、さらにシドニー観光します。




ranmarun at 02:00|PermalinkComments(0) オーストラリア | 旅行

January 10, 2010

Golden Century Seafood Restaurant@オーストラリア

午後にシドニーに着きました。先日までのリゾートが名残り惜しいですが、都会にやってきた感じ。

・



















ホテルはウェスティン。夕方のラウンジでワインと少しつまみを。

・



















そして、海沿いをお散歩します。

・



















ハーバーブリッジ。全長1勸幣紊猟垢気あるシングルアーチの橋です。

・



















夜になるとライトアップされてロマンチックな風景になりますね。

・



















そして、オペラハウス。シドニーに来たら一度は見たいと思っていた近代建築のコンサートホール。

・



















1年間で、約3000ものイベントが行われ、世界文化遺産に登録されています。

・



















だいぶ暗くなってきて、そろそろお腹も空いてきました。

・



















チャイナタウンにやってきました。
「Golden Century Seafood Restaurant」に行きました。
シドニーは、世界で2番目に大きいフィッシュマーケットがあり、中華系のシーフードレストランではおすすめです。

・



















ここはオーストラリアで獲れる新鮮な魚介類が生簀に並んでいて、ロブスターや鮑、蟹、海老などを自分で選んで調理してもらいます。

・



















大きな蟹。

・



















オーストラリアの鮑は、アカアワビやビクトリアアワビと呼ばれ、大きく肉厚ながらも柔らかいのが特徴です。

・



















今回はその中でもかなり大きなものを選びました。手のひらよりも大きなサイズ。殻は顔くらいの大きさがありましたよ。オーストラリアのアワビは少し緑がかっていて、のっぺりとしています。これを薄くスライスしてしゃぶしゃぶで食べるのが美味しいんです。

・



















赤ハタも蒸して調理してもらいます。あとは海老も選びました。

・



















Steamed Live Prawns

活海老は小さめのものを選んで、葱醤油蒸しに。海老は大きいのもありますが、小さい方が柔らかくて美味しいです。殻を剥いてちゅるっとすすりだすと、甘い海老の身に醤油の風味がたまりません。

・



















Sliced Live Abalone in Steam-boat

極薄切りにした鮑を鍋のお出汁でしゃぶしゃぶにします。添えてある野菜はブロッコリとレタス。

・



















葱と生姜、唐辛子を合わせた醤油たれで頂きます。

・



















さっとスープにくぐらせると、ぷるっと弾力がでてきます。たれにつけて。食感は柔らかいので、いくらでも食べれる感じです。

・



















鮑の肝やひもなどもさっと火入れして食べましたが、肝はちょっとくせがあるかな。

・



















Steamed Coral Trout  with Ginger & Shallots

活ハタを葱生姜と醤油で蒸し煮して。これも美味しかったなあ。白ご飯が欲しくなる感じ。

・



















〆はアワビしゃぶしゃぶのスープに米と玉子で雑炊にしてもらいました。

・



















昼から深夜4時まで年中無休のお店です。

「Golden Century Seafood Restaurant」

393−399,Sussex Strea Sydney,NSW 2000 Auutralia

+612 9212 3901

www.goldencentury.com.au




ranmarun at 18:00|PermalinkComments(0) オーストラリア | チャイニーズ

January 09, 2010

Hayman Island〜Vol.5〜@オーストラリア

夕陽の後の静寂と思いきや、いろんな野鳥の声が聞こえてくるので、ダイナミックに自然を感じます。
朝も鳥の声で目覚めたもの。造られたリゾートですが、そういう自然を大事にしているのは素晴らしいと思います。

・



















夜は「La Fontaine」で、ディナー。先日はシェフズテーブルで大勢で頂きましたが、今回は違うデギュスタシオンメニューで。

Cold pressed heirloom tomato water,tartare of kingfish

グラスの中には、エアルーム品種のトマトをコールドプレスしたジュース。

・


























その上のクリスピー生地には、キングフィッシュのタルタルに、トマトの皮をフリーズドライしたものなどがのっています。キングフィッシュは日本でいうと、ヒラマサのような味でした。

・



















パンはクミンをのせたパーネカラザウや黒パンなど。

・



















Tomato cannelloni,sheep curd,green tomato gazpacho,black olibe,baby basil

トマトのゼリーの中には、羊のチーズを詰めてカネロニ風に。セミドライトマトや液体窒素でパウダー状にしたグリーントマト、マイクロバジルをのせ、ガスパチョ風のソース。

・



















Crayfish,celery,candied walnuts,witlof,plumped green raisins, champagne avruga yoghurt

かなり身厚なザリガニは、身がぷりっとしています。その味噌と和えたものやチコリーとセロリ、胡桃。シャンパンとヨーグルトにアブルーガを合わせたソースで。オーストラリアのザリガニ美味しいです。

・



















Wild harvest scallops,garic emulusion,parseley gelee,xeres reduction

天然帆立のローストにガーリック風味のクリームソースやオリーブオイル。パセリのジュレや松の実などを添えて。

・



















French toast,foie gras butter,green apple puree,iberico

焦げ目をつけて重ねたフレンチトーストにイベリコ豚の生ハムをのせ、フォアグラバターと青りんごのピュレ。横には少しスパイスを添えて。

/



















Roasted saddle of lamb,braised sholder,filled piquilos pepper ,artichokes,sause Barigoule

ローストしたラムの鞍下肉と蒸し煮した肩肉はフライにして。赤ピーマンの中には、アーティチョークの角切りとコンフィした肉を詰めて。バリグール風に仕立てて。煮こんだアーティチョークやガーリックを添えて。

・



















デセールは、また氷のかまくら風の器が登場。

・



















中に入っているフレンチマティーニのアイスクリームも美味しい。

・



















Strawberries, micro basil,white chocolate,mascarpone,frangipane sable

苺とマイクロバジルとホワイトチョコレートとマスカルポーネのアイスクリーム。氷の器のふちにはマスカルポーネとバジルのクリームかしら。下には、フランジパーヌふうののサクサクしたサブレ生地が。

・



















Hot Mango Crape ,frozen roasted pineapple,chibouste, coconut sabayon

こんがり焼き目をつけた温かいマンゴーと焼いてから凍らせたパイナップルの間にクリームをはさみ、ココナッツのサバイヨンソース。シブーストの南国版といった感じ。ここのパテシェのデザートは甘いもの苦手でも美味しいし、クラシックの再構築が面白い。

・




















「Hayman」

Hayman Inland Great Barrier Reef ,4801

+61 2 9308 0500


続きを読む

ranmarun at 19:00|PermalinkComments(0) オーストラリア