January 2010

January 08, 2010

Hayman Island〜Vol.3〜@オーストラリア

この日の夜は、レストランのシェフズテーブルでのディナーを頂きました。

・



















Iberico ham,compressed watermelon,charentais melon pickle,sheep curd,green tomato

スイカの上には、イベリコ豚の生ハムと羊のチーズ、シャラント種の赤肉メロンとアガーで固めたグリーントマトのゼリーのにゅるにゅる。
Chandonのスパークリングワインと共に。

・



















Ras el hanout wagyu beef salad,pickled vegetable and onion icecream

オーストラリアで育てている和牛のカルパッチョに蕪や人参、葱などのピクルスと玉葱のアイスクリーム。
ワインは、Plozner Pinot grigio 2008。イタリアフリウリのピノグリージョ。

・



















Roast wild-harvest scallops,crispy confit chicken wing,sweet corn puree

天然帆立のローストと鶏手羽先のコンフィ。トウモロコシのピュレと揚げたワイルドライスを添えて。
ワインは、Chablis 2008 Domaine Dennis Pommier。

・



















Liquid cep gnocchi ,Tanmanian summer truffles,mushrooms,tarragon emulsion

セップのニョッキ。セップのスープをぶよっとしたコシのない食感で練り出したニョッキ。タスマニアのサマートリュフとマッシュルームにセップの泡。タラゴンのエマルジョンを添えて。
ワインは、Mt.Difficulty Roaring meg 2008。ニュージーランドのピノノワール。

・



















Poached loin and rillette of lamb with caramelized sweetbread and Pedro Ximenez reduction

ラムの腰肉低温料理とリエットにはキャラメリゼしたリードヴォーをのせて、ペドロヒメネスのソース。
ワインは、Tatachilla Clarendon 2001 Mc Vale。南アフリカのメルロー。

・



















Venison fillet in spiced mulled wine ,apple polenta,crisp muesli,balsamic and grue cacao reduction

鹿肉はスパイスを入れたワイン、ヴァンショーいわゆるホットワインで煮込んで、ミューズリー(干した果物)をのせて。りんごのポレンタにキャベツ。カカオのソース。
ワインは、Peter Lehman The Mentor 2005 Barossa valley。南オーストラリアのカベルネソーヴィニオン。

・



















French martini igloo

ここでさらに照明が落とされて真っ暗な中に氷で作った器の中にキャンドルが。

・



















かまくらのような氷の器の中には、フレンチマティーニのアイスクリーム。
幻想的な演出が素敵です♪皆歓声が上がっていました。

・



















食べ終わった後も、キャンドルの炎で、次第に氷が解けていく様が切ない感じ。

・



















Coconut parfait ,sable,pineapple gelee,lime and coconut sorbet

ココナッツのパルフェとサブレにパイナップルのジュレ。ライムとココナッツのソルベ。
デザートワインは、Bimbadgen Bortrytis semillon 2006。

・



















Valrhona manjari biscot souffle

ヴァローナマンジャリのビスケットスフレ。

・



















食後はキッチン見学。

・



















グラデーションに並んだ銅鍋が素晴らしい。

・



















パンのオーブン。

・



















食材庫。

・



















ちょっとぶれたけど、白鳥の飴細工が素敵。

・



















・



















楽しいディナーはワインもたくさん飲んでお腹いっぱいになりました。

・




















「Hayman」

Hayman Inland Great Barrier Reef ,4801

+61 2 9308 0500




ranmarun at 19:30|PermalinkComments(0) オーストラリア | Hotel

Hayman Isrand〜Vol.4〜@オーストラリア

ヘイマン島でのアクティブは、ヘリコプターでホワイトヘブンビーチという無人島に行くツアーとか、ポンツーンという仮設した浮き島からシュノーケリングするツアーとかいろいろあります。せっかく来たので、海に潜ってサンゴ礁やお魚を見てみたいと思っていました。
ところが、連日午後になると雨が降り、なかなか悪天候で行けなかったのです。この日は曇り空でしたが、ツアーデスクで直前までOKを待って、やっと参加することができました。

ツアーの概要は、ヘリでハートリーフやホワイトヘブンビーチを遊覧飛行したあと、浮島からシュノーケリングを楽しむ半日ツアーです。
ヘリコプターに乗るのは初めてで色々説明を受けた後、ジョーズの顔をしたヘリコプターに乗り込み、そこからブ〜ンと飛び立ちます。

・



















みるみる上昇していき、ホテルから離れていきます。

・



















そして、グレートバリアリーフのサンゴ礁が見えてきました。

・



















碧く透き通る海とサンゴ礁がどこまでも広がっています。

・



















しばらくすると、ポンツーン(浮島)が見えてきました。ここに降りて、シュノーケリングをした後、ランチを楽しむ予定です。

・



















ダイビングスーツに着替えて、フィンを装着して潜ります。

水中カメラも装備して、いざ潜ると、広がる海中の世界は、美しいサンゴ礁といろいろな魚達。イソギンチャクの間に潜む魚、2m近くある大きなあこや貝,様々な魚達が泳いでいる海の楽園が美しく素晴らしく感動しました。
おもに動画中心で撮ったので、ここにはその美しい画像が見せられないのが残念ですが、夢中で泳ぎまわった楽しいひと時でした。

・















イメージはこんな感じです。




シュノーケリングの後は、スパークリングワインやサンドイッチ、チーズなどの入ったランチボックスで、軽くランチ。そして、再びヘリに乗り、周遊します。

・



















しばらくすると、ハートリーフが見えてきました。縦13m横12mの小さなサンゴ礁です。
動画も見て頂きたいですが、後で添付できるかなあ。

・



















少し降下しながら旋回して、近くまで寄ります。

・



















ちょうどハート型に見えるスポットでは、海面が反射してしまい、写真ではくっきりと撮ることができませんでしたが、肉眼では綺麗に見えましたよ。ちょっと感動❤

・



















肉眼ではこんな感じで見えました(写真抜粋)

・















これを見ると必ず幸せが訪れるという伝説のハートリーフ。
色々仕事や人間関係で苦労した私にも幸せが訪れますように・・・

・



















ハートリーフを後に、次の目的地へと向かいます。

・



















無人島にあるホワイトヘブンビーチ。
白い砂浜が見えてきました。

・



















この島に降りて、ランチピクニックするツアーもあるそうです。

・



















・



















それにしても真っ白な砂の浜辺に打ち寄せる波と青い海は、まさにホワイトヘブン(白い天使)。美しいです。

・



















幻想的な海と砂浜を後に、ヘイマン島に戻ります。
シャワーを浴びて着替えた後に、ビーチを散歩。

・



















そして、余ったスパークリングワインとチーズを頂きながら、お部屋のテラスから夕焼け。
楽しかったなあ♪

・




















・




















「Hayman」

Hayman Inland Great Barrier Reef ,4801

+61 2 9308 0500




ranmarun at 17:00|PermalinkComments(0) オーストラリア 

January 07, 2010

Hayman Island〜Vol.2〜@オーストラリア

次の日、ちょっと曇り空でしたが、プールサイドにきました。

・



















途中雨も降りだしてきてしまいました。

・



















雨の中でも皆さん泳いでいます。

・



















お昼にお腹が空いたので、プールサイドでランチ。

Shrimp

蒸した海老が新鮮で美味しい♪ライムやレモンを絞って、ケチャップやマヨネーズでディップして。

・



















Oyster

オーストラリアの牡蠣は、コロンと丸く膨らんだ粒で、さっぱりしたミルキーさで美味しいです。牡蠣はソウルでひどいアレルギーを起こしてからだいぶご無沙汰していましたが、おそるおそるここで解禁。ところが食べても全く大丈夫でした。

・



















Fish & chips

白身魚のフライとフライドポテトにディルのタルタルソースディップ。トマトとグリーンオリーブをそえて。

・



















マンゴーダイキリのカクテルと共に頂きました。

・



















美味しい匂いがしてくると鳥が寄ってきます。

・



















・



















食後は、ちょこっとビーチを散歩しました。白い砂のビーチ。お天気がもうちょっと良かったらなあ・・・

・



















再びラウンジ内に戻り散歩します。

・



















海と山の自然が織り成す世界。

・



















椰子の木には、実がたくさん生っています。

・



















池には、昨晩見た白鳥が。

・



















羽繕いをしています。

・



















もう少し奥まった森林に近い池には蓮池がありました。

・



















モネの池を連想させるような美しい池です。

・



















よくこれだけ蓮を植え巡らせたものです。

・



















・




















・



















紫睡蓮が開化する瞬間。

・



















時間帯で、紫睡蓮の花が開く瞬間は、魅惑のひと時。甘露をまとった花弁とその美しさに感動します。

・



















その中に黒い鳥を発見。これは何鳥かしら。

・



















岸部には、白鳥もいました。。(もちろん花や鳥の至近距離は望遠レンズを使っていますが)

・



















南国の中で住まわされているのかもしれないけれど、自然環境を大事にしたこのリゾートの中でこんなに近くで美しい白鳥を見れるのは貴重な体験です。

・




















・



















・



















「Hayman」

Hayman Inland Great Barrier Reef ,4801

+61 2 9308 0500



ranmarun at 09:30|PermalinkComments(0) オーストラリア | Hotel

January 06, 2010

アシアナビジネスクラスの食事3

久しぶりのアシアナ航空は、安価だしサービスも良かった。
いつもビビンパやお粥食べ飽きていたので、ソウルまでの便は和食。
まあ、普通ですがシャンパンいかがでしゅか〜となみなみ注いでくれるので、
日本酒やワインを頼む暇がなかったw

和食















乗り換えで、サンパブ。
これ大好きなんです。韓国野菜が数十種類もあって、野菜にご飯とお肉とコチュジャンをのせて食べるのですが、しゃきしゃき美味♪

サンパブ















日本でも韓国でも見たことない葉物が隠れていたりして、はまります。
キムチもうま。唐辛子もフレッシュです。

サンパブ
















しばらく長旅〜。目が覚めると辛ラーメンの匂いが立ち込めてきて、こちらもオーダーしちゃいました。




ranmarun at 19:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 焼肉・韓国料理 | 韓国

Hayman Island〜Vol.1〜@オーストラリア

年明けはオーストラリアの島に向かいます。
成田からアシアナ航空で仁川経由でシドニーまで10時間。シドニーからハミルトン島まではJetstarで。

・



















渡航の途中、綺麗な海と島々が見えました。

・



















ハミルトン島から専用の船で、1時間くらいのヘイマン島に向かいます。ヘイマン島は、オーストラリアのグレートバリアリーフのウイットサンデー諸島に浮かぶ、ホテルしかない美しきプライベートなリゾートアイランド。その豪華な設備と自然が溢れる島でのアクティブな体験は、夢のような楽園の生活です。

・
















ヘイマン島に着きました。

・



















エントランスから、スタッフのお出迎えが嬉しいです。

・



















椰子の木が南国リゾートの雰囲気。

・



















・



















お部屋に案内されましたが、うわっ広い!かなりゴージャスなスイートルームです。

・



















リビングの奥にはベッドルーム。

・



















ベッドルームは、ヨーロッパのホテルに来た雰囲気です。

・



















リビング。部屋の大きさのわりには、意外と小さいTVです。といっても、TVは見ないけど。

・



















ダイニングテーブルもありました。

・



















キッチンもありますが、料理作るようなコンロはないので飾りです。

・



















バスルームもかなり広くてゴージャス。

・



















・



















別のシャワーブースもありました。

・



















別の洗面台も。

・



















そして、ベランダからは、海が見えます。曇り空だったのが残念。

・



















そこで、ひょこっとオウムが出てきました。

・



















こんなに近くでみたのは初めて。

・



















人間が近寄っても怖がらないのね。オウムもお出迎えしてくれたのが嬉しかったです。

・



















ウェルカムフルーツとウェルカムスイーツのチョコレートとワインで、ちょっと旅の疲れを癒します。

・



















「Hayman」

Hayman Inland Great Barrier Reef ,4801

+61 2 9308 0500
2014年からは、One&Only Hayman Island

続きを読む

ranmarun at 10:30|PermalinkComments(0) オーストラリア | Hotel

January 05, 2010

キッチンカトレア@青山2

表参道から1本入った裏通りに、オムライスの看板が・・・
「キッチン カトレヤ」
アでなくヤなんですね^^;

ママがひとりでやっているお店で、カウンターに座ると一概にキレイとは言えないお店なんですが、何やらオムライスが名物そうで・・・

オムライス
















オムライス ハンバーグのせ
半熟とろとろ卵とデミグラスソースも濃厚でした。
でも、ハンバーグはいまいちで、ちょっと脂っぽいかな〜。
+150円なのでしょうがないか。
スープやサラダも付きますが、ディープな洋食店の味です(笑)

オムライス
















「キッチン カトレヤ」
東京都渋谷区渋谷2-7-13
03-3409-5418





ranmarun at 16:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 洋食