October 2010

October 30, 2010

OGINO@池尻大橋4


池尻大橋にあるなかなか予約がとれないレストラン「OGINO」
常連の友人の企画で連れて行って頂きました。

大食い大飲み五人衆なので、頼む量もはんぱないです。
まずはシャンパンを頂きながら、メニューと格闘。前菜までにすでに2本空いてます(笑)

シャンパーニュ
















ピクルスはいつも美味しい♪

ピクルス



















友人が頼んだ秋刀魚とジャガイモのクレープ ベーコンのカプチーノ トリュフ風味

これはめちゃくちゃ美味しい。秋刀魚に燻製ベーコンとトリュフの香り。
食感と香りがたちこめます。

秋刀魚
















生牡蠣とマグロのタルタル 青リンゴのサラダ

牡蠣と鮪を合わせて、ビネガーの酸味と青リンゴの優しい甘みが香ります。

鮪と牡蠣とタルタル
















メリメロサラダ

いろんなお野菜いっぱい。

メリメロサラダ















野生キノコのフリカッセ 栗のブルーテ

濃厚な栗のポタージュとセップ茸他。


栗のブルーテ















スープ

フュメドポワソンです。甲殻類やお魚のだしが、すっごい濃厚・・・

スープ
















オマール海老

エシャロットやハーブとビネガーで酸味が利いています。


オマール















アルザスワイン


アルザスワイン
















季節野菜と仔羊のモロッコ風クスクス メルゲーズ添え

自家製ソーセージが美味しいです。お野菜のと仔羊の旨みがたっぷりしみています。

仔羊のモロッコ風
















クスクスを添えて

クスクスをそえて
















サン・ジョセフ

サン・ジョセフ
















友人が頼んだ仔羊背肉のナッツ付け焼き アルガンオイルソース

アルガンオイルは独特の香りで、オリーブオイルよりも体にいいんです。
モロッコ産。モロッコに行かれたというシェフは、影響を受けたそうです。
前のお皿もそのよう・・・

仔羊のローストアルガンオイル















蝦夷鹿のロースト

こちらも赤身のお肉で柔らかい。

エゾシカ















そして 山鳩のローストサルミソース

濃厚なサルミソースが野生の香りです。

山鳩のローストサルミソース
















カオールのワインが合います。

カオール















デセールは2種頼みました。

ローズのソルベとヌガ

ローズのソルベとヌガ















そして、りんごのクレープ包み

これ好きなんです♪

リンゴのクレープ包み
















食後酒で〆

アルマニャック
















あ、カプチーノは可愛い♡

カプチーノ



















ranmarun at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

October 28, 2010

タコのコンソメ煮3


先日、イティネレールでいただいたタコをイメージしてつくりました。
シンプルだけれど、コンソメを作るのに時間がかかります。


tako















昆布と干し椎茸を一晩漬けて、翌日鮪ぶしで出汁をとる。

セロリ、玉葱、トマト、ローリエ等香草と鶏ガラでチキンコンソメを作って、合わせたスープで蛸をオリーブオイルで膜を作って煮込むこと5時間。

蛸と煮込むと臭みが移ってしまうので、別Panで半分残したコンソメスープと出汁で好みのお野菜を煮込みます。私は、赤カブ、大根、人参、ジャガイモ等。

この日は明石蛸が半額安かったので使いましたが、柔らかく味がしみるのはモーリシャス産。

イタリアンパセリを添えて出来上がり。
うまかった・・・^^;



ranmarun at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 料理 

October 27, 2010

Adding Blue@青山3

帰国早々訪よく行くお店です「Adding Blue」

グラスシャンパンは、ブーブクリコ。
サラダが食べたかったので、ハムと茸と香草のサラダ

sarad















白子のムニエル

ぷっりとした白子の食感がたまらん。トマトベースで。

白子のムニエル
















ワインはローヌのこちらのを。

ワイン
















真鴨のロースト

その火入れは素晴らしく、柔らかい。
ぺロリとたいらげてしまいました。

真鴨のロースト
















さらに追加オーダーの自家製ソーセージと仔羊の煮込み

ナヴァラン風で、スープをかけると美味。
しかし、クスクスが多すぎる(笑)

仔羊の煮込み















でも、このスープが絶品なのです。
カレーライスのようですが、盛りつぎながらおかわり。。。


クスクスと















食後酒もいろいろ頂きました。


食後酒



















ranmarun at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

October 26, 2010

ANA ビジネスクラス 新機材3

ロンドンからエコノミ券でしたが、インボラでビジネスクラスにUP!
新機材は、どの席でも通路に面するように設定されています。
一人旅だと隣に誰もいないのが、気をつかわなくてらくちんなんです。
フルフラットだし、タッチパネルの大画面。


モニター















窓際は物を置けるスペースもあります。

座席

















テーブルも広くなりました。前から引き出すタイプなので、食事中にtoiletに行くときも楽です。いっぱい飲むので、シャンパングラスでなくて、コップです(笑)

アナ















薫のお塩や醤油、オイルがおすすめみたいです。
サラダとオマール。

オマールサラダ
















これがなかなか旨し。

オマールタルタル















そして、薫とんかつを頂きました。
機内でとんかつって初めて食べました。


薫とんかつ















オーブン調理なのだと思いますが、衣はさくさくだった。
ご飯も釜で別に炊くようになってから、美味しくなりました。
以前は料理の匂いが移ってしまうので、
別におにぎり頼んでたくらいですから^^;

夜食の海鮮丼

海鮮丼
















寝具もファイテンの布団と枕。
アメニュティーのファイテンパッチを貼っておやすみですzzz

よく寝れたおかげで朝ごはん食べ損ねました(笑)

でもおつまみとシャンパンとおにぎりくださいとお願いしました(爆)
どこまで貧乏性なんだか^^;

ナッツ















あ、ラーメンも頼んでたのか。寝ぼけてあまり覚えていない健忘症。。。

おにぎり















パリ線にもこの機材投入してほしいと思うこのごろ・・・。
Fの個室使用も気になるこのごろ・・・。
いつかは乗ってみたいと画築中・・・。


ranmarun at 18:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

October 25, 2010

Itineraires@Paris4

訪問するごとに洗練さを増す「I tineraires イティネレール」

ランチで行きました。

アミューズでクロケット。

クロケット















胡瓜となんだったけな。
欧州の胡瓜はへちまのように太くて長いです^^;

胡瓜と・・・
















雉のブルーテ

クリーミーなスープには、雉の香りが閉じ込められています。
ホイップクリームが溶け出すと、さらに深い味わい。

雉のブルーテ
















大好きな蛸♪
お野菜の旨みとブイヨンがしみた柔らかなタコ。
スープキラーにはたまらない味。紅心大根とフェンネルの香り。
彩りも綺麗です。

蛸さん
















お魚は、甲殻類のソースがとても濃厚でした。
身もぷるぷるです。

平目さん
















牛頬肉のワイン煮

こちらは、サプライズで頂いた一皿。長時間煮込んだとろけるお肉と生のカリフラワーの食感がいいです。シェフありがとうございます。

surprise
















小菓子とカフェのひと時。

小菓子















ここは、訪れるたびに通いたいお店です。




ranmarun at 16:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

October 23, 2010

Cristal de Sel@Paris3

若手シェフのガストロノミーのなかでも、気になるお店「Cristal de Sel」
前回満席で行けなかったので、今回はリベンジです。

Crustal de sel
















ピンクの岩塩キャンドルとシャンパン。

sel candle















Crispy shrimp

香草と一緒に揚げた海老は、香ばしくルイユみたいなガーリックソースにつけると美味。パンにもつけちゃいました。

Crispy shrimp
















メインはジビエの青首鴨を。
肉質がしっかりと、そしてサルミソースは濃厚で素晴らしいです。
半身ですが、この満足度!

鴨〜ん
















デセールは、めぼしい物がなかったので、タルトタタンかクレープシューゼットが食べたい!とちょっとお願いして作って頂きました。
クレープの中には、リンゴのカルヴァドス煮。ココナッツを添えて、ソースはグランマニエを使って、わがままオーダー(恐縮)これがめちゃ美味しかった♪

クレープポンム















また行きたいお店。次回は、スペシャリテの手長海老のラヴィオリとポトフを頂かなければ。

「Cristal de Sel」

13 rue Mademoiselle

01 02 50 35 29





ranmarun at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

Hotel Fouquet's Barriere@Paris4


シャンゼリゼとジョルジュサンクの角にあるホテル。
1階は、有名なCafe Fouquet’sですが、その横にあるホテルも憧れの泊まってみたい所でした。

front















フロントは広々ライトUPされた近代的な雰囲気。
その横には、宿泊された有名人のPhotoと、金色のソファ。

sofa















お部屋はシャンゼリゼ通りに面していて、シンプルな造り。

room















デスク上の鏡の一部がTVになっています。
へえ〜すごいな。

room















バスルームのアメニティはフーケッツオリジナル。
エルメスのトワレもついていました。

room















地下にはPool&Spaもあります。
パリのド真ん中にこういう施設があるのは珍しい。
10mほどの小さなプールですが、昼間は誰もいないのでリラックスできます。

pool















ジャグジーとサウナも。

spa















誰もいないので、のんびりできました。

spa
















お部屋に戻るとベランダから凱旋門が見える夕焼け。
都会の喧騒の中で、上から見下ろす。。。
こういう気分に浸れたのはとっても幸せです。

シャンゼリゼの夕日















日暮れとともに・・・シャンパン飲みたくなってきました。

シャンゼリゼの夕日















さ、レストランに行くぞ。



ranmarun at 16:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Hotel 

October 22, 2010

Ribouldingue@Paris3

内臓料理が食べたくて、以前から気になっていたお店「リブルダング」へ行きました。

リブルダング
ちょっとしょんべん臭い路地を入るとお店があります(笑)


店内は白壁のこじんまりとした感じ。大柄の優しいマダムが出てきてくださいました。


ランチのラストオーダーぎりぎりに行ったので、メニューを熟知できないまま、急いでオーダー。

ユニークな壁の絵です^^;








メニューにもこのイラストが(笑)

.















前菜は、豚の鼻のポテ

ぷりっと弾力のある豚の鼻を、表面かりっとパン粉をつけて、白いんげん豆や胡瓜のマリネしたものを添えて。豚の鼻って初めて食べました。

豚華















セップ茸のソテー

セップ茸をガーリックとイタリアンパセリでソテー。
この時期旬のセップは、その歯ごたえと香りが素晴らしいです。

セップ茸















赤ワイン

ワイン















名物のトリップ煮込み

牛胃袋のいろんな部位を白ワインとトマト、じゃがいもなどとじっくり煮込んであります。臭みも少なく、でもほのかに香る野生の香りがたまりません。

モツ煮















仔羊の脳みそ

白子のような柔らかい食感。昼からワインがすすんでしまいます。

脳と〜るだむ
















デセールにババ。
ラムがたっぷりしみていてうまひ。

ババ
















内臓料理以外もいろいろあり、牛頬肉の赤ワイン煮込みがおすすめだそうで。
ランチもディナーも3品29ユーロのコースも魅力的。ここはまた行かなきゃ♪

「Ribouldingue」

10 rue saint julien la Pauvre

01 46 33 98 80

ranmarun at 15:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

October 21, 2010

La table de Joel Robuchon@Paris3

16区「La Table de Joel Robuchon」に行きました。

位置皿















紫のカラー。紫は大好きな色です。

Violet color















アミューズは、カプチーノ仕立のスープ。
ベーコンと香りとフォアグラの風味。

アミューズ















赤いパウダーは何だったのだろう。スプーンをすくうごとに旨みが広がります。

ベーコンとフォアグラの香り
















蟹肉

大根のマリネと蟹肉を和えたものがはさんであります。

大根と蟹肉
















セップ

松茸のように香り高いセップ茸。ホウレン草のブルーテの優しい味わい。


セップ茸
















ウフ
ポーチド・エッグにキャビア。
きれいなドレサージュ。卵より僕を食べっていってるキャビアがにくいでし。

キャビア















お魚はなんだったか失念。。。

鯛















カイユ

鶉とフォアグラ。このメニューは東京のロブションでも食べたことあるけれど、はるかに旨い。(あたりまえか)トリュフのポテトムースがさらにお肉の美味しさをひきたてます。

鶉
















「La Table de Joel Robuchon」

16 avenue Bugeand 

0156281616

ranmarun at 13:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

October 14, 2010

Adding Blue @青山3

青山の「Adding Blue」に行きました。
遅い時間にフレンチ食べたいなと思うときは、いつもここ。

雲丹のムースとコンソメジュレ

これ好きなんです。濃厚なジュレの下には雲丹がたっぷり。

雲丹のムースとコンソメジュレ















ポルチーニのフリカッセ

ガーリックとイタリアンパセリで炒めたポルチーニはこの時期ならではの食感と風味。

ポルチーニ















ズワイ蟹のブータン仕立

ズワイ蟹の蟹肉と蟹味噌と帆立、白身魚をクネルのように。
牛蒡の風味がいいです。これも大好きな一品。


ずわい蟹のクネル 牛蒡
















栗のブルーテ

濃厚でクリーミーなブルーテ。ほのかな栗の甘みが感じられます。

栗のブルーテ















仔羊のロースト

脂身は残したけれど、赤身の部分は旨みたっぷり。

仔羊のロースト















鶏も食べちゃった。カリッっと焼いた皮が美味。

鶏肉うまし
















「Adding Blue」

港区南青山6−3−16

03−5485−2266

ranmarun at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ