December 2010

December 27, 2010

レスプリミタニ@六本木3


グランドハイアットに宿泊。

東京タワーを背にライトアップが美しいです

roppongi
















そして、「レスプリミタニ」に行きました。恵比寿から移転して、お店の雰囲気もだいぶ変わり、マダムがにこやかに迎えてくれました。

レスプリ ミタニ
















ポインセチアとシャンパン

.
















黒板は美味しいそうなメニューが並んでいて迷います。

メニュ















リエット
まずは、定番のこれです。

リエット
















蟹肉とトマトのコンソメジュレ

たっぷりの蟹肉にコクのあるコンソメジュレ。

トマトと蟹のジュレ















白レバーのムース

濃厚でシャンパンがすすみます。

白レバームース
















茸のソテー
いろんな茸をガーリックソテーしてあります。


茸















魚のスープ

濃厚なフュメドポワソン。チーズの風味がさらに旨みを増します。

フュメドポワソン















鶉のロースト

カリッとまるまる焼きあげてこれからさらに調理して頂きます。

ロースト















野菜や茸などとソテーし、食べ応えがあります。

.















デセールは

苺のコンポート

苺
















そして、胡桃のタルト

タルト















お腹いっぱい満足の夜更け・・・
お部屋でさらにワイン飲みました^^;

六本木ヒルズ
















「レスプリ ミタニ」

港区六本木6−12−2 けやき坂通りB棟

03−5771−3008

ranmarun at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

December 25, 2010

Merry X'mas3

クリスマスの朝に送られてきたお花。

毎年誕生日とクリスマスに頂くお花は、いつもイメージとメッセージがいっぱい詰まっています。。。

X'mas















いつもありがとう。

X'mas
















貴方の愛に支えられています。



ranmarun at 09:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

December 24, 2010

サイアミーズ フィン@銀座3

銀座三越の「サイアミーズ フィン」に行きました。

シンガポールで愛されて26年?タイ王宮風ふかひれ土鍋煮込みの店。
ランチで2600円くらいだった。タイで食べると倍する^^;屋台で食べると半額だが・・・

前菜いろいろ

前菜
















生春巻きはお野菜がたっぷり詰まっています。

生春巻き















これは、ふかひれ土鍋に加える薬味。

トマトとマリネ、黒酢、オリーブオイル、香菜、水菜、ヤングコーン、葱、もやし。

薬味















とろとろに煮込まれたふかひれです。上記の薬味をいろいろ入れて、
味の変化が楽しめます。ご飯や薬味はおかわり自由でした。

ふかひれ















可もなく不可もなく、個人的には筑紫楼の方が好きです。

「サイアミーズ フィン」

中央区銀座4−6−16

03−3561−7102



ranmarun at 12:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) エスニック・アジアン 

December 23, 2010

老四川 飄香 @銀座3

ランチで銀座三越の「老四川 飄香」へ行きました。
本店は代々木上原です。


前菜は、わかさぎの南蛮漬け

前菜
















そして茸のマリネとくらげ。

前菜















海鮮とまこも茸炒め

しゃきしゃきまこも茸は塩味であっさり、黄ニラがアクセント。

魚介とまこも茸炒め















麻婆豆腐

辛さは普通にしてもらいました。花山椒の香りが利いていますが、旨みはそんなになくちとあぶらっぽいかな。デパート店だけに、やはり本店で食べた方が良さそう。

麻婆豆腐















デザートの杏仁豆腐

杏仁豆腐



















「老四川 飄香 銀座店」

中央区銀座4−6−16 銀座三越12F

03−3561−7024



ranmarun at 11:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) チャイニーズ 

December 22, 2010

ビストロ Uokin@新橋3

はしご酒で、「ビストロUokin」へ。

満席なので、立ち飲み。よく大崎のお店に行くけれど、料理はほとんどが千円以下でボリューム満点だし、ワインも2000〜3000円台がほとんど。
安〜うま〜がモットーです。

魚金















牛肉のタルタル

ハンバーグの具のように玉葱や卵を加えてミンチされたタルタル。
もっちりした食感です。軽く表面焼いてもうまいかも。


タルタル
















オニオングラタンスープ

飴色にぐつぐつ煮込まれて、甘い玉葱とブイヨンの濃厚な味。
カオールのワインで頂きました。

オニオングラタンスープ















ブイヤーベース

なぜかスープ系を二つも頼んでしまった。
海老やタラや帆立やら具沢山のスープです。

ブイヤーベース
















大勢で行こうとするとなかなか予約が取れないのですが、ぶらり立ち飲みなら
いいかもね。



「びすとろ Uokin 新橋店」

港区新橋4−6−4

03−3438−1477






ranmarun at 01:02|PermalinkComments(0)TrackBack(1) フレンチ 

December 21, 2010

炭火串焼き 三政@新橋3

新橋にある「炭火串焼き 三政」へ行きました。

満席満員御礼のところ、タイミングよく席が空きました。

グラスビールで乾杯ハートランドです

ビール 















レバ刺し

新鮮で甘くトロケマス。

レバ刺し
















コブクロ刺し

薄ピンクのコブクロは生姜と青シソたっぷり。
コリッ、プルッとした食感がくせになります。

.
















ハラミやタンやつくねは既に売り切れでした。

ハツ、シロ、砂肝の盛り合わせ

盛り合わせ















ピーマン肉詰め

ぎっしりお肉が詰まっています。おいち♪

ピーマン肉詰め















お新香

胡瓜とダイコンの浅漬けです。
串焼きの合間にさっぱりと。

おしんこ















まっすぐ帰れるわけがない

ということで、さらにはしご酒行きました(笑)

お疲れ様
















「炭火串焼 三政」

港区新橋3−19−6

03−3434−7007

ranmarun at 21:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 和食 | 焼き鳥・ホルモン焼き

December 17, 2010

やぶ久@日本橋3

八重洲界隈で、ぶらぶらと歩きお蕎麦さんに辿りつきました。

「やぶ久」創業明治35年の老舗です。
蕎麦屋は閉まりが早いですが、23時までやっていて、つまみも豊富です。
団体コースだと、蕎麦会席などもあるそうです。

にしん棒煮

にしん
















葱焼き

白葱のとろりとした甘さがたまらん。

葱焼き
















出汁巻き卵

甘めの味付けで好み。

卵焼き
















鴨つくね

歯ごたえのある鴨つくね。日本酒すすむ・・・


つくね
















天丼とたぬき蕎麦

炭水化物好きなので、ダブルでいっちゃいました。
甘辛のたれが美味しい。

丼そば















あとでぐぐったら、カレー蕎麦が名物だそうで、次回チャレンジしてみます。

こんな文句に惹かれました。

せまくても こんでいても

いましばし まったかいあり

このそばかな



「やぶ久」

中央区日本橋2−1−19

03−3271−0829








ranmarun at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 和食 | 蕎麦

December 15, 2010

ビストロ Q@赤坂3

赤坂の裏路地にある深夜までやっている大人食堂。
「ビストロ Q」へ。

シェフの山下九さんのトークが面白くて、カウンター席で。

シャンパンを飲みながら、プチクロワッサン。

プチクロ
















たっぷり野菜のサラダ

野菜が食べたかったので、まずはこれ。

サラダ
















パン

パン
















じゃがいもとベーコンのテリーヌ

ミルフィーユのように層になったジャガイモのスライスをベーコンで巻いてあります。かすかにアンチョビの香り。ビーツのソースかな?

ジャガイモとベーコン















牛肉のロースト

ハラミのような赤身肉の歯ごたえで旨い。
今度は塊で焼いてほしいなあ^^;

牛ロースト
















何でも作りますよ!というシェフに甘えて、この後、パスタとリゾットを作って頂きました。画像はないけれど、ラグーのフォトチーネとチーズのリゾットだったかな・・・

ラストオーダー24時を回っても、作って頂いた九さんに感謝です。

「ビストロ Q」

港区赤坂2-20-15 HAGAビル1F

03−6459−1909



ranmarun at 01:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

December 14, 2010

ARONIA DE TAKAZAWA アロニア デ タカザワ@赤坂4


数年振りの訪問「アロニア・デ・タカザワ」です。aronnia de takazawa

















一日2組限定のそのステージは変わることなく繰り広げられていました。
独創的な彼の料理は、フレンチというより、モダンスパニッシュですが、楽しみ♪

stone















彼の宴が始まるまでドキドキです。なにげないStoneのパワーを感じます。

.















そして、開幕。

ステージ















まずは、シャンパンで。

シャンパン















アミューズは、マテ貝からスタート。コトー好きなので、これはもっと食べたい^^

マテ貝















自家製からすみ大根

オレンジの天然石の上には、しっとりとしたからすみと、螺旋にカットされた大根。

からすみ大根















そしてラタトゥイユ 
彼の定番ですが、いろんなお野菜をテリーヌ風に詰めて。
左に岩塩と黒豆納豆?がのっています。

ラタトゥイユ















パンと瓶詰めのアグー豚のリエット
このリエットまろやかで美味しいの。栗と松の実のパン。

パンとリエット















ブリ大根〜ブリ大根の新しい形〜

ネーミングからは想像つかないスタイル。ブリと紅心大根をカルパッチョ風に仕立ててあり、液体窒素で作った柚子風味の粉末ドレッシングがかけてあります。

ブリ大根
















ホロホロ鶏と白レバー〜雪の降る木立で〜

醤油マリネしたホロホロ鶏と白レバーはなめらか舌さわり。
胡麻をつけた銀杏とビーツ。

雪の降る木立で















シャンパンがすすみます。

シャンパン
















蝦夷鹿タルタル〜海の幸と山の幸〜

タルタル好きなのですが、これは絶品!
赤身の蝦夷鹿肉と雲丹、そして刻んだトリュフが混ぜ合わさると素晴らしい

蝦夷鹿タルタル















パルメザンチーズのガレットと合わせて、とろけました

雲丹とのコラボ
















ここでティータイム 〜プチフールのように〜

こちらもサプライズで、カプチーノは実は香茸のスープ。
焼き茄子のアイスに、白トリュフのガレットです。
素晴らしい香りに悶絶しそう・・・

ティータイム















竹炭パウダーとトリュフのパン

もちっとした食感に、竹炭とトリュフの香りです。

竹炭トリュフパン















白の味覚 〜鱈・百合根・新米・カリフラワー〜

全て白の素材でフュメドポワソンを利かせて素晴らしい。
シンプルな中にそれぞれの素材が生かされています。

白の味覚
















フェイクDUCK

赤ピーマンにスライスしたチーズをのせて。面白い。

フェイクDUCK















天然真鴨

新潟産の真鴨。火入れも抜群で、柔らかい。田セリが添えてあります。

天然マガモ















木村さんのりんご〜奇跡の味〜

入手が難しい木村さんのりんご。そのままスライスして出てくるとは思いませんでした。蜜がたっぷりでそのままの味わい。


木村さんのりんご















ハーブティーを選びます。
私はクレオパトラティーを選択^^

ハーブティー















キッチンステージでは、けむりがもくもく・・・
次は何だろう?

けむりがもくもく
















3種の溶岩〜−196度のチョコムース〜

こちらもびっくり!ムースを−196度の中で急却冷凍すると、こんなごつごつした姿に。ホワイトバニラ、ラズベリーミルク、ブラックトリュフの3種とコーヒーアイスクリームです。
口の中に入れるとエアーが混じって、ふわっと溶ける見た目からは想像できない不思議な食感。


3種類の溶岩
















お茶を楽しみながら、数々の素晴らしいお皿の余韻に浸りました。

te















そして、終演・・・

終演
















サプライズばかりの素晴らしい夜をありがとうございました。


「ARONIA DE TAKAZAWA」

港区赤坂3−5−2 赤坂サンヨービル2F

03−3505−5052

ranmarun at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スパニッシュ 

December 13, 2010

Unisson des Coeurs ユニッソン・デ・クール@大阪 4

またまた大阪へ@セントレジス泊

夕方シャンパンしていたら、いい時間になってしまった。
御堂筋のライトアップが綺麗です。

御堂筋ライトUP
















中之島のイルミネーションもとても綺麗でした

中之島ライトUP















そして、そこから徒歩数分の
ユニッソン・デ・クール」に行きました。

ユニッソンデクール
















アミューズは、セロリのゼリー、カリフラワーのムース、野うさぎのタルト。
シャンパンと共に頂きました。

アミューズ















オレンジの薔薇は元気のカラー。松ぼっくりも可愛い♪

バラと松ぼっくり















パン3種

パン
















美山のクレソンのブルーテ

中にはズワイ蟹とコンソメジュレが・・・
クレソンのとコンソメジュレに優しい味わい。蟹の旨みがじっくり。

美山クレソンのブルーテ
















フォアグラのミキュイ

低温調理されて、しっとり柔らかく、ゲベルツのジュレが添えてあります。

フォアグラソテー
















牡蠣と山レモンのジュレ
レモンのババロア、レモンオイルがアクセント。

牡蠣 















ワインは、モレ・サン・ドニの白を頂きました。

モレサン白
















そして、石箱の中に入った白トリュフ
その香りに惹かれ、別オーダーでリゾットをつくってくださいとお願いしました。

白トリュフ
















リゾットにもトリュフオイル。そして、沢山かけて頂いた白トリュフ。
鼻にぬける香り素晴らしい。薫くん鼻を鳴らしながら堪能しました


白トリュフのリゾット
















ブリのポワレ

フレンチで鰤は初めてです。青臭さを消して、しっかり旨みと弾力を残してあります。ひよこ豆とういきょうで。

ブリのポワレ















山鶉のグリエ

お野菜と山鶉のジュが重なり合って美味しい。


山ウズラ















フロマージュもちょこっと頂きました。


フロマージュ















ハーブのグラニテ


ハーブのグラニテ

















デセールはモンブラン

こちらのモンブランは、あっさり、クリームも控えています。

モンブラン
















小菓子を可愛い♪焼き菓子好きなので、カヌレとフィナンセェは追加オーダーしたいほどでした。もちろんマカロンもメレンゲも美味しいです。


小菓子
















どのお料理も素材を生かすあっさりとした味付け。
お酒が安いので、特にシャンパンは!
また関西に出張つくらないと^^;

「ユニッソン・デ・クール」

大阪市北区西天満1−7−4

06−6131−0005

ranmarun at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ