January 2011

January 29, 2011

ANAの機内食2

パリから日本に戻ります。

CクラスにUPされましたが、セキュリティチェックまでの間に財布を失くしたorすられた?ので、
ちょっとブルー。酒も飲まずに和食。

機内食



魚も肉も頼んだけれど食べきれずごめんなさい。

味噌汁と漬物に癒されました。

機内食

眠れなかったので、赤ワインとチーズを少し。

チーズ

栗原はるみ丼を野菜だけ少し頂く。

サイドメニュー


結局財布は見つからず、自分の不注意だから仕方ない。

また頑張って稼ごう。



ranmarun at 18:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

January 28, 2011

美食軒@London3

昼過ぎのフライトまで時間があったので、「美食軒」に行きました。
よく行く中華店です。

豚タンとイカの醤油和え

豚タンとイカ
















定番の豆苗炒め
たっぷりの豆苗はにんにくが利いていて美味しい。
近隣の中華食材屋で豆苗買っていこうと思ったのに、売ってないのはなぜだろう。

豆苗炒め















鶏もみじと野菜煮込み
ぷるんとした鶏の足先と野菜たっぷり。生姜とにんにくで元気が出ます。

もみじと野菜煮込み
















いつも頼むロブスター焼きそば
これで£15は安いなあと思う。爪肉が旨いの。
からんだ餡と麺の焼き加減もGood。

ロブスター焼きそば
















これからまたパリへ向かいます。。。



ranmarun at 12:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) チャイニーズ | イギリス

January 27, 2011

Apslay @London4

レーンズボローホテルのダイニング「アプスレイ」に行きました。

ローマ・ヒルトン・キャヴァエリのシェフが引き抜かれたとかで。
店内は、かなり暗くて落ち着いた雰囲気です。
ガラス張りのドーム型の天井は、ランチだと光が差し込み明るいのでしょう。

アプスレイ















かなり暗いので高感度上げても、ぎりぎりの画像です。

アミューズ

左からトマトのクレームブリュレ、ツナのミニハンバーガー。

amuse
















アラカルトで「Fish ”Crugo”」

小皿で沢山の魚介達が運ばれてくる魅力的なmenu・・
ここから十種類のお皿がテーブルに並びます。

まずは、マグロとグレープフルーツ。カラスミパウダーがほんのりかかっています。

.
















生牡蠣はオレンジと柚子のソルベ。
この牡蠣旨い♪柑橘系の香りが牡蠣の甘みを引き立てます。

oystar















カジキマグロとザボン。
トンブリみたいなキャビア、キャビアみたいなトンブリ。
シャンパンはドンペリでした。2本は飲んだような。

カジキマグロ















帆立とクランベリーのソース

帆立
















こちらも貝かなと思ったら白身魚だそうだ。
クレソンのソースと抹茶塩。

.
















ランゴスティーヌ。軽くスモークしてあり、とろける甘み。

.
















スペルト小麦の上に可愛いクロケット。
マンゴーとバルサミコのソース。

.















蕎麦粉のパスタに枝豆とカクテルソース

そばパスタと枝豆















中身はなんだったか失念。

.















これらの小皿の饗宴は非常に面白い。£30だし。
それぞれの素材にひと手間かけ、フルーツと組み合わせてあります。
どんどん運ばれてくるので、食べるのに必死で素材を忘れてしまいました^^;


パスタは、スペシャリテのカルボナーラ
ファゴテッリという小さな水餃子風の中に詰め物が入っています。
口に入れるとふわっととろけるソースの食感。ベーコンのパウダーがかかっていて、確かにカルボナーラの味がします。

カルボナーラ
















メインもお魚。
鱈にパルマハムのパウダーがかかっています。
赤ワインはティニャネッロを飲みました。

タラ パルマハムのパウダー















ドルチェ
アーモンドのムースにレモンのジェラート。

a-mond lemon
















20分待って、リコッタチーズのスフレ。青リンゴのジュースとジェラート。
熱々焼きたてスフレは香ばしい香りととろける食感。

ricotta スフレ















プティフール
もうお腹いっぱいです。

プティフール















THE LANESBOROUGH
Hyde Park Corner
London, SW1X 7TA
United Kingdom
Telephone: +44 (0)20 7259 5599



ranmarun at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イタリアン | イギリス

Mile stone hotel@London3

ロンドンへ移動しました。お宿はマイルストーンホテル。

マイルストーンホテル















ロビーもこじんまりとしていて、いかにもロンドンらしい内装です。

ロビー
















お部屋のソファー。
小窓からは公園が見えます。

sofa















デスクとは別に大きなミラーと手鏡とメイクスペースもしっかりあるのが嬉しいです。

.
















バスルームのアメニティはペンハリガン。横にシャワーブースもあります。
バスタブがジャグジーになってるのもいいね♪

バスルーム















Bedroomは壁紙もと同じカバー。
寝心地いいので、寝すぎたかも^^;

bedroom















こんなつぼ押しグッズもありました。
肩こりもちの私には嬉しいアイテムです。

つぼ押し
















ランチは、SOHO近くのインド料理へ。
セットで£11とお安い。チキンマサラとビール。
フレンチ続きだとアジアンスパイスは元気が出る。

チキン















カレーはいろいろ選べますが、シュリンプカレーをオーダーしました。

薬味がいっぱいあって、ナンもライスも追加できます。
辛くないけれど海老のエキスがしみている。ルーも無くなったら、おかわりできました^^;

shrimpカレー















店主といろいろ話してたら、デザートもサービスしてくれました♪

疲れた時には、スパイシーなアジアンスパイスが食べたくなるんです。

元気になりました(・∀・)つ



ranmarun at 16:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Hotel | イギリス

January 26, 2011

Le Bristol @Paris5

「ブリストル」に行きました。
サン・トノレに居を構えるミシュラン3つ星★★★、
パラス・ホテル《ル・ブリストル》 内の高級レストラン。

ホテルと同じ名前を持つここのダイニング、シェフは現在パリに多くある、
若手オーナーシェフのレストランの走りだった「エリック・フレション氏」。
本来が、高級ホテルの一流レストラン出身、
「自分がやりたい料理は、あくまでも高級フランス料理だ」と語る。

ホテルのロビーは大きなタペストリー。

ブリストル















位置皿
ゴールドに輝いています
位置皿















アミューズ。
手前からフォアグラムース薫製したベーコンの香り。
ビーツボンボン。黒トリュフのビスコット。
オイスターのジュレ。

アミューズブッシュ
















パンはエピ風。

パン
















2つ目のアミューズはポトフ
饅頭のような不思議な形をしています。
グリーンのムースは、セルフィーユ。ホースラディッシュを山葵風に。
スープは燻製した香りやビーツなど野菜の甘みがとけています。

アミューズ















キャビア

見事な黒い宝石のキャビアは缶の器にこれでもかと入っています。
下はバターたっぷりのポテト。これ一皿で€120もしますから贅沢な一品です。
ウォッカと共に頂きます。
一口食べるごとに幸せを感じる瞬間がたまりません

キャビア















雲丹のムース

雲丹の殻を形どった器に、紫雲丹の濃厚なムース。
トーストとキャンディー状になった海草バターが別添えで、
その海草バターも旨い♪舌がとろけました。

雲丹















メインはスペシャリテのベッシー包み

パンパンに膨れた膀胱の中に期待を膨らませます。

ベッシー包み















出てきました!ブレス鶏!

ベッシー包み















目の前で切り分けてくださるサービスも素晴らしい。

.















黒トリュフの香りとしっとり柔らかな肉質。
こんなに上品なベッシー包みは初めて食べました。

トリュフとともに















続いて残ったスープを煮込んでトリュフのスライス。
とろりと濃厚な香りと旨みが舌下神経から脳幹まで行き届き、
悶絶状態^^;コラーゲンたっぷりです。

.















きめ細やかなサービスとクラシカルな店内の雰囲気に酔いしれる・・・

.















煌びやかなシャンデリアの光が漂う空間。

ブリストル
















デセールは、ソルベとベルベーヌ風味のジュレだったか?
満足すぎて失念。でも、胃がすっきりとします。

デセール















紅茶風味のゼリー。
レモンティーのような味。

.















どのお皿も素晴らしく感動・・・
ぐっすりすやすや眠りにつきましたZzz

flower


















「Le Bristol」

112 Faubourg Saint-Honore 75008 Paris

01 5343 4340



ranmarun at 02:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ | フランス

January 25, 2011

Le Comptoir@Paris3

日曜日のレストランはなかなか開いているところが少ないが、こちらは連日営業。

「Le Comptoir」夜は予約困難だが、昼は開店前に並ぶと入れます。
12時開店の30分前でもこの行列。

ル。コントワール















本日のおすすめメニューが書かれています。

.















まずは、シャンパンで。豚のマークが目印です。

ル・コントワール
















オマールのビスク

どんぶりいっぱいに濃厚なオマールビスク。


オマールビスクスープ
















ワインはバンドール

ワイン
















カレ・ド・アニョー

仔羊のローストです。
表面かりっと焼いてあり、中のお肉は素晴らしいほど柔らかい火入れ。
ナイフを切り入れ、噛むごとに旨みが溢れだす。
久々に美味しい仔羊を堪能しました。


仔羊のロースト
















ババ

ラムたっぷりです。

baba















食後は、サンジェルマンからぶらぶら散歩しました。
セーヌ河の眺め。

セーヌ河















カルーゼル橋を渡り、ルーブル宮へ。

.















ルーブルのガラスのピラミッド。
ホテルに戻り、しばしお昼寝ですzzz

ルーブル
















「Le Comptnoir」

9 Carrefour de l’Odeon

01 44 27 07 97




ranmarun at 13:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ | フランス

January 24, 2011

Westin hotel @Paris3

ヴァンドーム近くのウエスティンホテルに宿泊。

パリに来るとよく泊まるホテルです。
テラススイートのお部屋はテラスが3つもあって、
窓からいろんな景色を眺めることができます。

Park















最上階で屋根裏風なので、天井は低いのですが、落ち着いたリビング。

Westin















ベッドルームはデスクとテレビがあります。
いつものクラシックルームとは、また違う雰囲気でアパルトマン的なお部屋。

bedroom















バスルーム横にはサイクリングマシン。
朝、窓から景色を眺めながらエクササイズ^^;

.















アメニティ
小石のように可愛いのです。

アメニティ















テラスからコンコルド広場とエッフェル塔が眺められます。

快晴の空。ランチへGO♪

From terrase



ranmarun at 08:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Hotel | フランス

January 23, 2011

Pharamond@Paris3

パリに着いた日はダウンしていたが、翌日午前中はゆっくりして、午後仕事したおかげで、ようやく復活。
夕ご飯は「Pharamond」というトリップ料理のお店へ。

まずはオイスター

滋味あふれる味で、シャンパンと共に胃にしみわたる・・・

オイスター















アンドゥイェット

直径5センチ長さ30センチはある極太。
皮はぱりっと、中はしっとり。ポテトフライがたんまり^^;
シャンパンはビルカルサルモンロゼで。

アンドゥイェット















その切り口はいろんな部位が年輪のように薄いミルフィーユ状に重なり合い、
驚くほど上品な野生の香りで食欲を引き起こす。
こんな繊細なアンドュイェットは初めて食べたかも。

アンドゥイエット















トリップ煮込み

臓モツたっぷり入って、コラーゲンもたっぷり。
なんて繊細なセンマイなんだろう・・・スープも唇がくっつきそうなくらいに
とろりと煮込んである。
鍋いっぱいのこの料理は、どこのテーブルも皆頼むほどの名物料理。
いくら食べても減らないけど、いくら食べてもくどくないのよ。


トリップ煮込み















たぶん3杯くらいおかわりしたと思う。
明日はお肌つるつるの予感。

食後は、カルヴァドス。
かなりの年代物で、その香り高きまろやかなこと。
いや、これ1杯で料理の値段が・・・

カルバドス















赤いクラシックな内装で2階・3階は個室があります。
来ている客もなぜか高年齢層^^;

「Pharamond」

24 rue de la Grande Truanderie

01 40 28 45 18



ranmarun at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ | フランス

January 22, 2011

Meridian Etoile@Paris3

パリに着いてメリディアンエトワールへ。
スイートにUPされました。といっても、普通の部屋がビジネス使用なので、こちらは、コネクションルームでつなげた感じ。


メリディアンエトワール















とはいえ、広いスペースは嬉しい限り。ネットもさくさく繋がるし。

.















Bedroom

TVもトイレもバスルームも2つあります。

bedroom















枕元にはメリディアンのお箸がありました。
こういうサービスも嬉しいですね。

Chopstick
















翌日庭を眺めながら朝食。
朝7時なのに、超行列でした。
朝ごはんに並ぶのは久しぶりだ(笑)

中庭
















ビュッフェスタイルですが、クロワッサンとハムが美味しいの。
バケットにハムとチーズと卵(茹で卵をスライス)はさんで、元気になります。
味噌汁やライスもあるけれど、しょっぱいのよね^^;

朝ご飯
















改装してから、フロアには、こんなスペースも。

。















Cafeマシンもあります。飲んだことないけれど(笑)

Cafe




























満腹エネルギー補給したあとは仕事〜



ranmarun at 08:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ | フランス

January 21, 2011

ANA機内食3

パリまで渡航。
大幅寝坊して、タクシーで成田空港まで行く羽目になったのですが、
車内でWebチェックインしたら、エコノミーの格安チケットが、ビジネスクラスにインボラUPされてました。タクシー代かかってもこれならOK(汗)^^;

ぎりぎり到着でラウンジも寄れなかったけれど、和食とシャンパンで落ち着いた・・・ANAはエコ食はレベル落ちたけれど、ビジネスクラスは手間かけ美味しくなった気がする。前菜だけでも刺身やお浸しなど種類があります。

機内食
















お魚の煮つけはめばるだったか。一匹まるまるきちんと調理してあって、
別添えのご飯やちりめん山椒、牛蒡などの香の物も嬉しい。
(以前は、おかずと一緒に温めたご飯で料理の臭みが移ってどうしようも食べれなかったから)

魚煮つけ
















薫ハンバーグ
かなりでかくてマッシュポテトもたっぷり。これにサラダもついてきます。
薫ドレッシングや薫オリーブオイル、薫胡麻など調味料が充実しているんですよね。いろいろ楽しめます。

薫ハンバーグ
















目覚めてから、サイドメニューで海鮮高菜あんかけ丼
つくねがでかいです。
味はまあまあまあ・・・

海鮮あんかけ丼


















ranmarun at 14:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 旅行