March 2011

March 14, 2011

Chez L'Ami Jean@Paris3

ランチで「シェ・ラミジャン」へ。

ラミジャン
















ここも予約困難なビストロです。通りは殺風景なのに、中は激混みなんです。
表にあるメニューはこんな感じ。隣のテーブルを見るたび、肉塊が運ばれていく。
大勢で行かないと肉の塊は食べれないなあ〜

メニュー
















カトラリーとナプキン。アルザスリネンざんす。

ラミジャン
















パンにつけるフロマージュ。
いろんなホップが混ざっています。

.
















パンは、何もつけずそのまま頂く方が好きかも。

パン















とにかく混んでいるのでやっと運ばれてきたシャンパン、ジャクソン。


シャンパン
















こんな壁絵だってば。
ぶよ〜んバッドマン。

店内

















日替わりランチも魅力的でしたが、夜の42ユーロのコースから。

蛸のブイヨン煮込み
蛸と聞いて反応したのですが、意外に火の通りが悪く、固い。
もうちょっと煮込んで欲しい、下ごしらえがあればなんですが、忙しそうな厨房でカルトかよみたいな注文にはあまり応じられないのか。
タイムの香りがします。ラヴィオリの中には、蟹味噌みたいな白レバーみたいな濃厚なソースが詰まっています。ポテトも旨い。


蛸ブイヨン煮込み


















ラパン 子兎のコンフィ

しっかりがっつり。

ラパンコンフィ
















中もがっつりです。、隣の丸焼きロースト肉ににも惹かれましたが、
これはこれで満足。


ラパンコンフィ
















でも、デセールの方がビックリしたかも。
まず、どんぶりライスミルク。
ココナッツとミルク煮。こんなに食べれません。


どんぶり















スーパーマンもメタボ^^;この壁絵ユニークです^^

店内

















小鉢でいろいろ運ばれてきます。

ピニャコラーダアイスとピスタチオののクレーム、ショコラムース

メレンゲがのっています。

デセール















どんぶりミルクライスはミューズリと。
お腹いっぱいなのに頂くほどに止まらない。
バッドガールもメタボになってしまふ・・・

ミューズリーと
















ミントとストロベリー
胃をすっきりするミントのムース。でもカロリーは高そうだ^^;

デセール
















お会計はカンカンに入っています。

缶















腹ごなしに歩いて帰ることにするが、近くのショコラティエに寄りました。
「Michel Chaudun」
銀座松屋にもあるけど、本場はセレクト多いし、つまみ食いもできるし、かなり並びました。

ショコラ
















いろいろお土産買いました。

ショコラ
















エッフェル塔を眺めて・・・

エッフェル塔















セーヌ河を見下ろし・・・

セーヌ河















セーヌ河
















「Che L'Ami Jean」

27 rue Malar 75007

01 47 05 8689


ranmarun at 15:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ | フランス

March 13, 2011

Passage53@Paris4

 パリに来ました。
震災があり、いろいろ大変だったけれど、落ち込んではいられない。
予定はキャンセルも可だったけれど、決行することにしました。
今回はレストランを10軒回らなくてはいけません。
タクシーの運転手さんやホテルのコンシェルジェからも日本の様子をいろいろ聞かれ、特に原発に関しては談義しました。

ラファイエットでシャンパンと食材を買い込んで、東京で品切れだった電池も買った。しばし落ち着いた後、夕食へ。
こんな通りにはビストロもいっぱい立ち並んでいて、誘惑に駆られるが今夜はその先のお店へ向かいます。

passage

パリの「Passage 53」に行きました。
以前から気になっていたのですが、今年ミシュラン2つ星獲得の日本人シェフ。
住所が店の名前になっています。小さいお店なので満席。予約必須です。


passage53

位置皿はシャガールで全部絵柄が違うのです。
シャガール好きなのでこれだけでトリップしそうです。

コースはデギュスタシオン1コース。シャンパンやワインはお皿に合わせて
グラスでお任せしました。

シャガール

まず運ばれてきたのは、ブロッコリのムース
なめらかなムースの上にブロッコリの芽を細かく砕いてあります。
シャンパンはビルカルサルモンロゼで始めました。

ブロッコリ

バターはボルディエと、カカオ風味のバター。

バター


パンは天然酵母を感じられる。

パン

帆立のマリネ
とろろ昆布のような大根はクレソンで色づけ。
中には帆立のマリネとアボカド。ライムの香りがかすかにします。
和食のように繊細な味わい。

帆立マリネ

牡蠣のマリネ干し鱈のムース
ニシンの燻製やキャビアをのせて、青リンゴの香り。
クリーミーな干し鱈のムースはデザートのよう。

牡蠣のマリネ 干したらのムース

テーマは白

カリフラワーのスライスとムース。イカを丁寧に和えてあります。
シンプルなのですが衝撃的な一皿でした。

カリフラワー



手長海老と赤ピーマンのムース
オレンジのカプチーノ仕立の泡が海老の香りとミックスして。
下の赤ピーマンのムースと合わさると絶妙です。
ワインはサンジョセフの白で。

手長海老

舌平目

舌平目はしっとり柔らか。
サブレパンと青海苔の海草のソースが香ばしさと磯の香りをミックスして絶妙。

舌平目

オニオンのロースト

タルタネグラという生ハムと玉葱の甘さをキャラメリゼした香ばしさが生きています。ここからワインはジュブレイシャンベルタン赤。

オニオンんロースト

黒豚のロースト
赤身肉の柔らかい旨みが閉じ込められています。グリーンアスパラガスのソテーに柑橘類とジンジャーのソース。非常に高級な生姜焼きの味がします。
ボキャブラリー乏しい表現ですが、和食の生姜焼き感覚なのです。

仔豚


仔羊のロースト

仔羊は、皮はカリカリに、脂身をまったく感じないしっかりとした味わい。
手前はほうれん草とパセリのソース、奥はバターとアンチョビのソースで二つの味を楽しめます。もちろんそのままでも素晴らしい。


仔羊

デセールに突入しました。

豆腐とレモンを圧縮したような?不思議な食感の上にコンフィしたゼリーのような・・・レモンのソルベ添え

レモンソルベ

タルトファン
南のデザートだそうですが、タルトタタンの非常に濃厚な味。
でも甘さは控えめです。

ショコラ
















左からショコラのムース、マスカルポーネのアイス、パッションフルーツとホワイトチョコのムース、


.















旅の疲れもあって、最後の方は内容が曖昧ですが、ご勘弁を。

日本人のサービスの方もいらっしゃって、てきぱきとしていました。
お料理全般、柑橘系をアクセントに、塩分も少なめで、非常に繊細なお皿ばかり。
とても大満足です。Toiletに向かう螺旋階段は急なので、酔っていたらご注意を(笑)今後も日本人シェフはどんどん進化していくでしょう。

また行きたいお店です。

「Passage 53」

53 passage Panoramas 75002

01 42 33 0435





ranmarun at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ | フランス

March 07, 2011

ビストラン エレネスク@麻布十番4

「ビストラン エレネスク」に行きました。
ビストロとレストランをかけた店名。22時からはワインBarになります。

エネレスク
















まずはキール・ロワイヤルで。
シャンパンリストも豊富で安価。

キールロワイヤル















アミューズは左から、白レバーのムース、グリュイエルチーズのグジェル、
ブータンノアールとリンゴジャムのサンド、黒胡椒と玉葱の揚げラヴィオリみたいな。

アミューズ
















これは絶品♪シェフのスぺシャリテです。
海の香りとろける牡蠣と雲丹、帆立をチキンコンソメジュレと人参のソルベで合わせ
生姜風味の柔らかな茄子が舌にとろける。1個頼んだのですが、リピートでもう2個追加しちゃいました^^いくら食べても飽きないし、シャンパンに合うのです。


牡蠣と雲丹とホタテと長茄子と生姜と・・・

















パン
お隣のポワンタージュがいつものパンだそうですが、この日は休業につき、
普通のバケット。


パン















いわて短角牛と牡蠣のタルタル

赤身肉で粗挽きのタルタルに牡蠣が。
パルメザンチーズを焼いたものと合わせてざくざく混ぜ合わせるとうまひ〜

いわて短角牛と牡蠣のタルタル 
















塩と胡椒を少しプラスしてさらに旨みが引き立ちます。

いわて短角牛と牡蠣のタルタル 

















白子のムニエル
ジャガイモとトマトとクルトンで軽くビネガー風味のソース。
白子の甘さを惹きたてます。

白子

















鶉の中にアサリの旨みたっぷりのパエリアが詰まっています。

うずら
















リンゴのパイ包み焼き

焼きたてさくさくのパイ生地の中にしっとり、煮詰めたリンゴ。


タルトタタン















お土産に大きなマカロンを頂きました。
シトロン風味。

マカロン
















気軽に通いたいビストラン。


「ビストラン・エレネスク」

港区麻布十番3-3-9 COMS AZABUJYUBAN 2F

03-6459-4629


ranmarun at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

March 03, 2011

エキュレ@西麻布3

来栖けい氏の「エキュレ」にOpen以来の2年ぶりの再訪。
この3月で、シェフが代替わりするそうです。


エキュレ















アミューズ。

.















テーマは春風。

.















パン
もちもち米粉使用。


pan















美白
かわはぎと肝のソース、マッシュルーム

かわはぎ美白
















シャンパン

シャンパン















アスパラパン

帆立パンも大好きなメニューですが、今回はホワイトアスパラにあのパンを巻いてうにとホタルイカと・・・これ美味しい♪

アスパラパン















カトラリー

カトラリー















シュークリーム
フォアグラとキャベツの甘み。

フォアグラ















息吹

真鯛は低温調理でしっとり。筍と柚子の風味です。


.
















カトラリー

.
















バスクの風

バスク豚とお野菜。彩り綺麗です。

バスクの風















桜のアイス

.















赤ワイン

ワイン
















この苺のミルフィーユが絶妙!
さくさくパイ生地とカスタードと。パフェ旗立てたい

ミルフィーユ















ミニャルディーズは、ラヴェンダーのクレームブリュレ!これ美味し♪
タルトタタン、フロマージュのギモーブ、桜のマカロンなど。

P1060831_edited-1
















次回はどういう体制とメニューになっているのかな。

スペイン料理の某方かと期待・・・



ranmarun at 22:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ