July 2011

July 04, 2011

Nuda @神戸元町 Vol.25

Nudaの続きです。

サマートリュフのポレンタ

じっくりモツ煮とポレンタにサマートリュフをたっぷり削って。
見た目お好み焼きみたいですが、
サマートリュフはスライスより、鰹節みたいにざくざく削るほうが香りが引き立つのです♪

モツ煮、ポレンタ、サマートリュフ



赤ワインはブルネロ ディ モンタルチーノ2005


赤ワイン


ソイの炭火焼き

最初のさごしと比べて、こちらは全体に火がしっかり通っていて、皮もパリパリ。
ぷりっと歯ごたえのある肉質です。

ソイ


店主の後ろ姿・・・
I ♡ BEEFって勝負Tシャツだそうです(笑)

I ♡べこ

















そして、ど〜んとでてきたドライエイジングビーフ肉塊。
熟成している香り。少し触らせて頂くとぷにっと弾力のある柔らかいお肉。
どう焼かれてでてくるのかが楽しみです。

肉塊

















メインのチュレタ

出てきました!このドライエイジングビーフ、
お肉としてはFクラスとAクラスより下だそうですが、
熟成した旨みと焼き加減はFirst Classです

エイジング チュレタ 

















外側はこんがり、中は肉汁したたる赤身肉。
500gは軽く食べれてしまいそう。バスクの牛肉は赤身でももっと繊維質があり、しっかりとした歯ごたえと肉の味が強いのですが、こちらはとってもしっとりとまろやかで、日本人も食べやすいと思います。

チュレタ 惚れた


















このピンクのお肉余分な脂は溶けて、口に入れると熟成した独特の香りと
アミノ酸の味わいが広がります。最高に美味しかった〜(*゚▽゚*)
チュレタに惚れタ

サブロッソ♪

















付け合わせに茄子と胡瓜と紫玉葱の浅漬け
即興で出してくださるのも嬉しいです。

付け合わせのお野菜浅漬け


















食後はさっぱりと青梅を使ったグラニテ


青梅のグラニテ

















そのグラニテに自家製梅のグラッパをかけると、濃厚大人のデザートです♪

自家製梅のグラッパ

















桃、スモモ、ブルーベリーにクリームチーズのジェラート

さっぱりポストレです。

桃、スモモ、プルーベリー、クリームチーズ

















モスカート パッシート パンテレッリア

酒好きには食後酒嬉しい^^
これをフルーツにかけてもまた大人の味

モスカート パッシート

















牛乳のソルベ

さらっとした甘さとなめらかな口あたりの牛乳ソルベは、
またサプライズの薪の香り。
しかし、バターといいどうやって作るんだろうな。。。
とにかく終始クンクンしていました(*´ェ`*)

牛乳アイス

















最後はほうじ茶で〆

ほうじ茶

















店内にはボトルの空きビンと、お絵かきやメッセージの紙が飾られています。
その一つ一つを見ると、来店したお客様の思い出と笑顔が溢れてきそう。
私たちも、ボトルにお絵かきさせて頂きました^^

瓶が並ぶ


















食後は、2階へ冒険。階段の脇にも薪が並べられています。

2階への階段

















2階は薪置き場。2年間乾燥させた楢の木2トンあまりが積まれています。
コイツが炭になり、いろんな素材の持ち味を十二分に引き出して、
素晴らしいお料理に変化するのですね。

薪置き場

















こちらは化粧室に飾られている書。

一期一会




















一期一会、毎日毎回、出会うお客様と食材、料理もサービスも変化しながら、進化していく。。。居心地よくアットホームなサービス好きだなあ〜。

また行きたいレストランが増えました。次の予約もぽちっと。

心から満足できた優雅な昼下がりを堪能しました。


「Nuda」

神戸市中央区元町通3丁目14−5

078−335−1077


ranmarun at 15:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スパニッシュ 

July 03, 2011

Nuda @神戸元町 Vol.15

以前スペインバスクを訪れた時に感動したレストランがありました。
その支店ともいえる「Nuda」
神戸の元町に進出した新進気鋭のレストラン。
「Nuda」とはスペイン語で裸の意。
その素のままの姿を見たくて、訪れました。

Nuda

















薪焼きレストランごとく、店内には薪の焼いている香りがたちこめます。

バスクの「エチャベリ」は山の中のログハウスでしたが、ここは商店街の裏路地を入った所。
ここで、あの感動が・・・と思うと期待はせり。

床にもヌーダ。

床


















店内はこじんまりとしています。

店内


















暑くて喉乾いていたので、まずは、シャンパンで。

シャンパン

















極細フルートグラスとなんちゃってロブマイヤーのグラス^^;
で味と香りを比べてくださいと・・・確かに全然違います。
私は後者のちょっと時間経った感じが好きだな。


グラスを変えて


















パン皿はテラコッタにコーラルブルーの色合いが美しい。

パン皿

















トマトのエキスとじゅん菜

トマトの上澄みを濾したジュースだろうか。軽やかな酸味とじゅん菜の食感にオリーブオイル。
爽やかな湯剥きトマト。最初はこのトマト抜きで出していたそうですが、
彩りとさらなる旨みでスタートします。

トマトのエキスとじゅん菜

















チストーラ

バスク豚のチョリソーですが、こちらは皮なしの状態で、サマーシュのパンの上で焼きあげてあります。
ピカンテのほのかな辛味がしみ込んで、柔らかな食感と共にピリッと舌を刺激する感覚。
肉の旨みがじわりと広がる、生チョリソーでし。


チストーラにサマーシュのパン


自家製バターとお野菜

まずバターを4/1だけ食べてくださいと。そのあとは、お野菜と一緒に。
人参、ビーツ、ウイキョウ、レンズ豆、オクラ科の花弁、赤玉葱。カンボジアの胡椒が一粒。
お野菜は三田JJファームですが、バターがウィナ~^^


自家製薫バターとお野菜

バターだけ含むと、それは薪の香りが口の中に充満。
え、何故?どうやって?魅惑の香りはどうやって作るのと疑惑の香り。


くんくん・・・


尾鷲産オイスター

皮紐は取り除いて、白いミルクの部分だけをスモーク。
牡蠣のエキスは泡泡。Loveジュースがジュワっと溢れる瞬間は素晴らしく、
これあと5個くらい食べたいんですが・・・と悶絶



尾鷲産オイスター


天然酵母の香りのパン。先程のスモークバターで。

パンと薫バター


さごしと万願寺唐辛子

さごしとは、サワラの子供です。
皮の上に焼いた万願寺唐辛子がのっています。
素晴らしい火入れでねっとりとした身がたまりません。シンプルで和食のようですが、振り塩加減もよいね。



さごしと万願寺唐辛子

















ワインは、サンセールとアルザスリースリングでまあ、横道。
スペインワインで合わせないんですか?と聞いたところ、料理の素材で合わせたいんですと。


白ワイン

















コーンスープ

焼きモロコシの香りと絶妙な塩加減で甘さを引き出しています。


コーンスープ


















大貝

おお〜ナイス貝です。
神戸近郊である小さなほら貝のような巻き貝らしいですが、
アニスのピリッとした苦辛味がアクセント。貝の旨みがたっぷりです。


大貝 アニス


















きりりとしながら、甘みと樽感も感じられます。


白ワイン

















ジロール茸とサマーポルチーニ

中には茄子やカラシ菜、しおで、いんげん。ソテーしてます。
硫黄の風味がするのは黒い塩かしら。薪塩?

ジロール茸とポルチーニと野菜



















メインまでまだまだ・・・

続きます・・・




ranmarun at 13:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スパニッシュ 

July 02, 2011

OGINO@池尻大橋4

池尻大橋の「OGINO」に行きました。
数か月ごとに訪問しているレストランです。


まずは定番のピクルス。
大好きな夏野菜のヤングコーンは早々食べられちゃった^^;

ピクルス


















春の貝のガスパッチョ

ミル貝、帆立などの貝と水茄子のカルパッチョ。
ベースはガーリックとビネガーがかなり効いていて、スパイシーなガスパチョです。

春の貝のガスパチョ


















泡泡・・・

泡泡・・・


















イワシとジャガイモのクレープ ベーコンのカプチーノ トリュフ風味

季節ごとに鯵や秋刀魚と替わりますが、今回は鰯。大好きなメニューです♪
肉厚のイワシとじゃがいもをクレープでふんわり包んでクリームのソースとトリュフオイルの香りが充満します。
ハーフポーションでしたが、やはりこれはフルで頂きたい一皿^^


イワシとトリュフのクレープ包み


















フォアグラと黒イチジクのテリーヌ ブリオッシュ添え

濃厚でクリーミーな口あたりです。さくさくブリオッシュと合わせて。


フォアグラとイチジクのテリーヌ ブリオッシュ添え

















サラダコンポゼ

野菜がたっぷり取れるので、カルトの時は必ず頼みます。
毎回内容が違うのが嬉しい。
この日は、ウニ、カニ、マッシュルームと具沢山でした。
雲丹たっぷりで嬉しいけど、サラダ仕立てにするとどうしても生臭さを感じてしまう。
バルサミコかハーブを使った方がしまる気がする(と独り言)

サラダコンポゼ

















牛頬肉の赤ワイン煮込み フォアグラのソテー ロッシーニ風

とろとろに煮込まれた頬肉に大きなフォアグラ。
ソースもかなり濃厚です。


牛頬肉赤ワイン煮込み フォアグラソテー ロッシーニ風

















第2のメインはベッシー包み。
パンパンに膨れた豚の膀胱にぷちっと針刺したい欲望が・・・^^;
これからさらに調理されるのが楽しみです。


ベッシー包み


















そして、調理されてきました。

ひな鶏のベッシー包み ジロール茸のソテー

通常はフォアグラを使ったソースですが、第1メインでフォアグラを使ったので、
ジロール茸と椎茸のソテーとソースで。ひな鶏ですから、皮も肉質も軟らかくぷりっとして美味しいです。


ひな鶏のベッシー包み ジロール茸

















デセールは

クレープ ジュビレ バニラアイス添え

たっぷりチェリーのコンポートにクレープ。


クレープジュビレ バニラアイス添え

















いつ来ても美味し楽し♪
ますます予約の取れないレストランです。


「OGINO」


世田谷区池尻2−20−9

03−5481−1333



ranmarun at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ