September 2011

September 29, 2011

秋刀魚飯4

秋刀魚〜な時期は自家飯。
なにげないけど・・・

秋刀魚定食


















秋刀魚の鞍馬煮

大阪の花昆布と山椒の実で。
脂がのっている銀秋刀魚は圧力鍋で炊くので骨まで食べれます。

秋刀魚の鞍馬煮

















きのこ汁

茸大好きなので、椎茸、舞茸、しめじ、大なめこ、平茸などけんちん風。


きのこ汁


















焼きナスの蟹あんかけ、赤みずの実のおひたし、だだちゃ豆のからすみ和え

素朴な副菜ですが、赤みずの実はなかなか手に入らないレアなもの。
軽く茹でるとおくらのようなぬめりとぷちっとする不思議な食感がくせになります。

、


















秋刀魚の炊き込みご飯

内臓とって、一夜干しした秋刀魚を焼いて筍と炊き込みご飯。
青紫蘇と白髪ねぎを添えて。

秋刀魚飯


















翌日はだし汁かけて櫃まぶし風茶漬けにしました。

ranmarun at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 料理 

September 23, 2011

旬房@六本木4

グランドハイアット内の「旬房」に行きました。
松茸尽くしのメニュー。
松茸ご飯に惹かれて・・・

泡はボランジェ。2本も飲んでしまった・・・

ボランジェ

















つまみにこのわた
日本酒が飲みたくなってしまうんですが・・・

このわた

















松茸と鱧の茶碗蒸し

ふわふわの茶碗蒸しの中に、松茸と鱧。幸せなコンビネーションです。

松茸と鱧の茶碗蒸し

















松茸の土瓶蒸し

やはり土瓶蒸し〜。
画像は暗いけれど、中には鱧も入っています。
出し汁を注ぎながら、美味い滋味を感じます。

松茸の土瓶蒸し

















北海道産ししゃも焼き

ししゃも食べたくて^^
卵もたっぷりつまっています。

ししゃも

















松茸と飛騨牛のすき煮

ここのすき煮は名物で、鉄鍋に上質な飛騨牛と松茸がごろごろ入っています。
あとはお豆腐や葱、韮などです。甘辛醤油がしみてとっても美味しいです。

松茸と飛騨牛のすき煮

















これで一鍋13000円もしてしまうのが驚き!
松茸はどこ産だったんだろうな〜


.

















で、〆は松茸ご飯のはずだったんですが、
なぜかオーダーが通っていなくて、既にラストオーダー。
松茸ご飯を楽しみにしていただけに残念でした

でもいっぱい松茸食べた

そのあとはMaduroでクリスタルとキャビアを頂きました

キャビアとキラキラ


















「旬房」

港区六本木6−10−13

03−4333−8786

ranmarun at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 和食 

September 19, 2011

Nuda@神戸元町4

神戸元町のNudaに行きました。
7月に初訪問して、惚れたので再訪問。

Nuda

















台風が来ているみたいですが、晴れ女は快晴です。
きっと東京に帰る頃に降るんだろうな・・・

暑い昼下がりだったので、まずはみんなが集まるまでチャコリを頂き喉を潤しました。楽しい宴の始まりはじまり〜
薪焼きの裏etc・・・を聞きながら・・・^^;

チャコリ

















熟成牛のカルパッチョ

紫玉葱のスライスやナスタチウム、生胡椒が添えられていますがちとよけて、
肉の甘みが感じられるそのままが美味しいです。

熟成牛のカルパッチョ

















泡はドラピエ
すっきりとした喉ごしの中に、芳醇な香りが開いてきます。


シャンパン

















ムール貝

小ぶりなので独特のアクも強くなく、
ササゲのソースと小人参が添えてあります。


ムール貝


















ワインはオルバッロ アルバリーノ。
リアルバイシャスの芳醇な香りでしっかりしていますが、魚介に合います。
前回はサンセールとか合わせていたけれど、薪焼きがこなれてくると、
やはりスペイン産が良いな♪


ワイン


















サマーシュのパンは、ここで再度焼くと薪の香りと小麦の香りが引き立ち
旨いんだわ。


サマーシュのパン

















薪の薫るバターとお野菜

砕いた丹波の栗がホクホク美味しい♪ ほおずきかと思ったのはグリーン色なんですが、ストロベリートマトとか。そういやカセントにも同じようなお野菜が出てきました。あとは、ビーツやモロヘイヤとか。

お野菜とバター


















チシャトーラ 

チシャトーラとはいわゆるチョリソーですが、腸詰めにしていないものです。
下にポレンタが添えてあります。
前回は軽く表面焼いてサルシッチャッ風にバケットにのっていましたが今回は半生でタルタルステーキのような食感です。


チシャトーラ ポレンタと

















さば〜♪

皮はパリッと身はレアで脂ののった鯖の旨み。うま〜

サバ

















ほんと、素材の旨みを十二分に引き出す火入れが素晴らしいです。

サバ

















サバとアルザスは不思議なマリアージュですがいいざんす♪


アルザスざんす

















ガルバンゾと茸の煮込み

ひよこ豆と椎茸、舞茸などいろいろ茸とブイヨンで。
優しいバスク家庭料理の味でほっとします。

ガルバンゾと茸の煮込み

















ここは赤ワインが欲しいところじゃないですか、とすかさず頂きました。
こういうタイミングが嬉しい^^


ワイン


















大粒浅蜊

最初のムール貝とはまた違ったアサリそのもののエキスがじゅわっと溢れます。お魚も入っていたけどアサリの旨みがすごい!

大粒浅蜊

















平目

皮むき茄子と万願寺唐辛子のピクルス。ピリピリソースで。
またまたチャコリをついで頂いてニッコリ〜(^^)


平目と茄子と万願寺唐辛子ピクルス

















地鶏の薪焼き

これは事前予約でお勧めして頂いた一品です。
丁寧に育てた○○の地鶏で比較的白い身は柔らかく皮はパリパリ。
これがしなやかで優しい味なんだな。


地鶏の薪焼き

















内臓部分は生粒マスタードとソテーしてあります。
砂肝うま!上品な味わいの鶏はいくらでもかぶりつける・・・
薪焼きのポルチーニも頂きました♪♪

内臓ソテーのと粒マスタードのソース


















これに合わせて白持ってこ〜いとか、赤持ってこ〜いとか
飲んべい達は炸裂していました^^;

そんなこんなで可愛いコルクの焼き印


カワイイ♡

















幾つハートが見つけられますか?

実は5個あるそうです。ハートマークのワインも注がれて、愛と肉に飢えている身体にちゅるちゅると充電・・・(笑)

❤

















チュレタとダブルでお願いしてよかった〜
やはりこれは頂きたいのです。
今回は増量をお願いし、Tボーンで焼いて頂きました。
やはり前回と同じくFランクの交雑種でホルスタインとのかけあわせだそうです。
Fというとでは最高ですが、牛ではAランクより全然下です。でもこんなに美味しいのは熟成技と焼き加減の素晴らしさ。

Tボーンチュレタ

















ど〜んと出てきました。でも、薪焼きではこの塊が限界だそうです。
なるへそ、4人前がジャストミートなんですね♪
前回よりも脂が強い感じでしたが、黒胡椒をかけると味が締まります。
骨の周りとか熟成部分は、チーズのような熟成臭でそげ落としながら味わうこと。

やっぱりこれ!

















サラダです。


サラダ

















アルザスざんす。


ワイン

















マグナムボトルは長ーい。

ボトル

















ポストレは、サプライズのイチジクパフェ
生と焼いたイチジクにクリームチーズのジェラート。
イチジクの葉をアンフュージョンしたグラニテ。薪焼きイチジクスバラシイ♪

イチジクのパルフェ

















リキュールを少し

.

















薪の香る牛乳アイスで〆。
よく食べ飲んだ4時間。

薪の香る牛乳アイス

















ボトルも落書きして、背伸びで追加しちゃったよう^−^

並びました

















次は、ジビエでまた再訪します。


「Nuda」

神戸市中央区元町通3-14-5

078-335-1077

ranmarun at 16:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スパニッシュ 

September 18, 2011

Ca Sento@神戸4

「カ・セント」に行きました。
神戸のモダンスパニッシュでは定評のあるお店。
初訪問でわくわく・・・(☆゚∀゚)


カ・セント

















まずはアミューズで、

明石産穴子と黒イチジクのミルフィーユ仕立て

アーモンドのパンケーキの上に炭火焼きの穴子。黒イチジクとトマトゼリー、モロヘイヤをのせて寿司のように面白い組み合わせです。

穴子と・・・

















小玉葱のフラン 海老のコンソメスープ


とろり柔らかなフランに優しい味の海老コンソメ。牡丹海老と花オクラと菊芋の花を添えて。
このスープ美味しいです。


海老の

















そして、タパスがいろいろ運ばれてきました。わくわくゾーン
このタパス達が楽しみなんでした〜

tapas

















鮑のモホソース

鮑に、パセリとコリアンダーとアーモンドのソース。空豆のピュレ。
少し酸味が利いています。


鮑と

















フォアグラのテリーヌとカカオのチュイレ

サクサクのチュイレに挟まれたフォアグラのテリーヌとカカオも甘い香りと味わい。どんどん溶けていくので早く食べてくださいと。
下のポップコーンサクサク食べちゃいます♪

Pop


















コルネ〜

但馬牛のタルタルをコルネの中に入れて、コカ風の薄いピザ生地の上にパプリカなどを使った赤いモホソースとカンボジアの生胡椒。
凝るね〜


フォアグラの

















明石蛸と胡瓜のグラニテ

白玉みたいなモッツァレラチーズが可愛い
胡瓜のグラニテって新鮮な味。

きゅうり


















コーヒーゼリーとパルメザン

デセールみたいですが、甘くないコーヒーゼリーにウズラの温泉卵をしのばせて、パルメザンチーズがかけられています。ティラミスみたいですが、これは食べてみないと表現できない味わい。カンボジアの生胡椒がのっています。


コーヒーの

















アンチョビトースト

スペインカンタブリアのアンチョビとアボカド、甘玉葱のスライスにガーリックチップをのせて。アンチョビ美味し〜
バルではこんな繊細なの食べれないもん。

あんちょび

















ブータンコロッケ

と評していいのかわからないけれど、ブータンのような血肉ソーセージを生ハムミンチと六甲チーズのフロマージュフレを合わせて砕いたパートフィロで。カリッとした中に濃厚な旨みが広がります。

ぶーたん

















個性的なタパスで面白かった〜♪


パンはサマーシュの。
ここのパンは美味しいので食べすぎてしまいます。何度もおかわりしました^^;


パン

















ヤリイカのアーモンドのガスパッチョ

いい感じに刃入れしてあるねっとりしたイカと、スペイン産生アーモンドとガーリックチップ。シブレットを添えてr。

剣先イカ

















本日の有機お野菜

フレッシュなお野菜には、焦がしバターとホエイミルクのスープをかけます。
前菜から荏胡麻の葉の存在がありましたが、韓国の荏胡麻の葉より苦みがない感じ。中には、ジャガイモや小玉葱などソテーした温野菜も沢山隠れています。

ホエイミルクスープをかけて

















のどぐろのソテー 

荏胡麻のピューレと黒にんにく、伏見唐辛子、鷹の爪のソース。
白胡麻と荏胡麻の葉。下にはキクラゲが隠れています。

.

















パン

pan

















仏ルーアル産鴨のロースト


弾力ある肉質。きくらげが付け合わせなのが面白い。
レッドムーンとたまご茸のピュレのナッツの泡。


ルーアン産鴨のロースト

















ワイン


ワイン


















ポットが運ばれてきました。


.


















ヴァレンシア風おじや

兎肉のおじやです。
トマトベースで野菜の旨みとブイヨンがつまっています。
いっぱいおかわりしました。

ヴァレンシア風おじや

















メロンのアイスクリームと六甲牧場のミルクアイス
シェリービネガー風味とカカオ風味の焼き菓子

確かにサクサク薄生地から、ほのかな酸味が感じられます。


ポストレ


















スペイン産チョコレートとヨーグルトとチョコレートのムース


ポストレ

















濃厚なショコラのムース。ヨーグルトのかすかにクリーミーな酸味。


横から見ると

















シェリーを頂きました。


.



















実はこの後にさらに葡萄のポストレがあったのですが・・・記述だけ。

巨峰の表面をカラメリゼして、マシュマロの中にも葡萄が。
アーモンドのムースとカルヴァドスとピスタチオのソースだった。

珈琲の器はA氏がデザインしたそう。
でも、これなら誰でも描けそう^^;


.



















ともあれ酔いよい宴でした〜


「Ca Sento」

神戸市中央区中山手通り4−16−14


078−272−6882







ranmarun at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スパニッシュ 

September 09, 2011

カルネ・ジーオ@恵比寿4

肉?塩?
なんやらこんな看板に惹かれまして・・・

「ビストロ カルネージオ」

カルネージオ

















スプマンテがなみなみ注がれます。
飲んだくれ~としては、こういうの嬉しい^^

なみなみ

















お通しは
茹で豚タンとパルミジャーノ

お通し

















レバーのカルパッチョ

表面は軽く炙り裏と中はレア。胡麻油とニンニクおろしで。
10月になっても食べれるかしら・・・この時期貴重なレバーちゃん。

レバーのカルパッチョ


















牛君が食べてくださいとおっしゃっております。



gyu

















MIXホルモン

モツいろいろ炒めて頂きました。
シビレ、ミノサンド、ギアラなど、塩胡麻でプリプリ。


アバ炒め


















豚タン炭火焼き

タコ足みたいだけれど、実はこれが一番ウマかった。
これは2分の1の量ですが1本焼いてもらえばよかったというくらいの絶品♪


トンタン

















お目当ての牛タルタルやハラミ、イチボが売り切れだったのが残念です。
(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

赤ワイン、シチリアのネロダヴィーロだけど、なみなみ注いで頂きました。

なみなみ


















ランプ肉の炭火焼き

イチボやハラミが売り切れだったけれど、ランプのレアな赤身部分は美味しかった。熟成肉食べていると風味に物足りない感じはするのですけどね^^;


ランプ肉炭火焼き


















牛ハツのラグーパスタ

フォンドヴォーの旨みとハツの食感。太めの生パスタに絡めて・・・
ハツミートは初meet。ハツもラグーにするとこんな旨みが出るんですね。
濃厚でした。


牛ハツのラグー

















こんなオブジェもありました。
肉好きには気軽なお店で、がっつり食べれます

オブジェ


















「ビストロ カルネジーオ」

渋谷区恵比寿1−1−3 第一ビルB1F

03−6416−9772



ranmarun at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イタリアン 

September 08, 2011

TSU・SHI・MI@駒場 Vol.24

TSUSHIMIの後半メインディッシュです。
やっとパンが運ばれてきました。

ひめのもちのパン
バターをオリーブオイルにつけてありますが、
個人的にはバターだけの方が好みです。

パン


3種の人参のグラッセと白海老のソテー

丸人参のグラッセ。黄人参、紫人参。サラダとソースも人参。
甘い人参と白海老の香ばしい香ばしさにトリュフオイルの風味。

3種の人参のグラッセと白海老のソテー


メインは 仔豚とじゃがいものソテー

豚肉は骨付き腿肉の自家製ハムにしたものをソテーしてあります。
淡白な豚肉ですが、ハムをさらにソテーしてあるので旨み倍増。
じゃがいもはシャドークイーン、レッドムーンなど4種。ハナシベツはコンフィに。
インゲンのソテー、玉葱の皮をローストした中に脂身をカリカリに。

仔豚とジャガイモのロースト

赤ワインは、メルシャンの長野産メルロー
甘くフルーティーな香りとコクがお肉に合います。

赤ワイン

















グラッパに漬けたレーズンとライ麦と赤米の酒粕を練りこんだグリッシーニのようなパン。


.

フロマージュ

日向牧場のチーズ3種です。ブルーチーズ、フォルツァ、ムチュリ。
新潟の藻塩が添えてあります。

フロマージュ

デセールは
白九十九里かぼちゃのエスプーマと黒糖のキャラメルアイス

下には大学芋のようにキャラメルコーティングしたかぼちゃ。
キャラメルソースをかけて、ショコラのスプーンはすくいながら食べれます。

白九十九里かぼちゃのエスプーマと黒糖アイス


















梨のクラフティ

幸水をキャラメリゼして、紹興酒のグラニテ添え。
さっぱりとした口当たりに紹興酒の香りが独特な風味です。

梨のクラフティ 紹興酒のソルベ


















ナイアガラ100%のデザートワインは、梨のクラフティとよく合います。


ナイアガラ



















フルーツパフェ

ミニサイズの可愛いフルーツパフェです。
下にはガトーショコラを砕いたもの。ホイップクリームに苺、キウイ、イチジク、巨峰などにブルーベリージャムを添えて、すいほというマスカット飴がけしたものがのっています。


パルフェ

















すいほって初めて頂きました。

パフェ

















TUSHIMIブレンドのお茶。

ツシミブレンド

















プティフール

炭のマカロン、蓮根オーブン焼き、大根のパートフリュイ、グラパラリーフのホワイトチョコかけ。


子菓子


















お野菜の魅力と共に、美味しいワインと魅惑の時間。
この日初めて会った方のBirthdayサプライズもありました

また行きたいな♪

「THU・SHI・MI」

目黒区駒場1−16−9 片桐ビル1F




ranmarun at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

September 07, 2011

TSU・SHI・MI@駒場 Vol.14

「TSU・SHI・MI」に行きました。
ミラヴェル時代には通ったけれど、ツシミになってからは初訪問です。
黒と白を基調としたスタイリッシュな店内。
以前のクラシカルなお料理から、野菜中心にどう変わったのかが楽しみです。


TUSHIMI

















まず運ばれてきたのは自家製の野菜ウェルカムティー

30〜40種類の野菜の葉や茎、実を焙煎させたお茶は、コンソメスープのような味わい。胃に活力を与えてくれます。


自家製野菜茶

















ワインリストの絵柄が素敵です。
泡のページ。ミラヴェル時代のシェフの絵は、季節の素材とか特に肉系が可愛くてフランス的要素が描かれたものでしたが、とてもシンプルに抽象的になりました。


ワインリスト


















ワインのページはとってもカラフルです。
お野菜尽くし。これからどんなお料理が出てくるのか楽しみです。

ワインリスト


















クロッキーな・・・

ワインリスト

















今宵のお酒は国産Onlyで。

大分の「安心院」というスパークリングワイン。
「あじむ」と読みます。安心院町の葡萄酒工房から。シャルドネ100%で瓶内二時発酵によるきめ細やかな泡立ちと爽やかな果実味。
安価なのに、時間が経つと酵母由来の独特なトースト香とフルーティーな味わい。


国産スパークリング

















ノンアルコールの葡萄ジュースもフジッコワイナリー他から種類ごとに
沢山あるの。
アルコールダメな方も驚くほど楽しめるラインナップです。

.


















シェフのスペシャリテ
40種の茹で野菜の冷製コンポゼ

お皿にのった可愛い野菜達の饗宴です
真ん中は花韮と大蒜の冷製スープ。

30種類のお野菜達の饗宴

















素晴らしいガルグイユ

カリフラワー・キタアカリ・ツクナカボチャ・ごぼう・枝豆・サツマイモ・シャドークィーン・人参・きくらげ・赤パプリカ・フヌイユ・ズッキーニ・冬瓜・大根・おかワカメ・
谷中生姜・ねずの実・オレンジパプリカ・グリーンパプリカ・青唐辛子・バターナッツ・蓮根・ハナシベツ・長葱・おか玉葱・紫人参・きゅうり・アスパラ・かぼちゃ・茗荷・落花生・ゴーヤ・黄パプリカ・赤キャベツ・ブロッコリー・にんにく・四角豆・アピオス・etc・・・


花韮と大蒜のスープ

















こんなたくさんの種類のお野菜を食べることは、日常ではまず無理。
一つ一つのディテールも素晴らしい。
改めてお野菜の美味しさを感じます。


.


















真鯛のカルパッチョ 4種のトマトとトマトソースのムース

広島産真鯛に絡めてあるのは、鰹風味のトマト水のジュレ。トマトや胡瓜などをダイスにして鰹の風味がしっかり効いている和風アレンジ。

トマトのムースには胡瓜の皮のオーブン焼き。胡瓜の皮はおしゃぶり昆布みたいな旨みが摩訶不思議。4種トマトのスライスは、チャップリンとか、バイオレットトスカーナとかピッコラカナリアとか、そんなトマトの名付けに感心・・・


真鯛のカルパッチョ 鰹風味のトマト水のジュレ


















バナナピーマンのロースト

バナナピーマンてのも初めてです。その中にフォアグラとこしひかりのリゾットが詰めてあります。乾燥葉唐辛子のリーフとそのソース。
ピリ辛なソースがアクセントです。

バナナピーマンのロースト フォアグラリゾット

















牛蒡とどぜうのシェリービネガー風味

驚きの一皿!どじょうって下町の酒場でしか食べたことなかったのですが、実は北海道が産地だったんですね。牛蒡のささがきと下仁田葱のフリットがのっています。


牛蒡とどぜう

















そしてどぜうは鯛の出汁で炊き、シェリービネガーで。
うずら卵の目玉焼きが隠れています。内臓も全く気にすることなく、
ぷりっとした食感がたまりません。


どぜう


















つぶ貝の串焼きとマイクロ野菜のサラダ オクラソース

肝もしっかりいてあります。日本酒が飲みたくなる・・・
サラダの中身は小さなキウイみたなのはサルナシ。
レッドコマツナ、クレソン、コリアンダー、エディーフラワー、レッドオゼイユ。デトロイトとかレッドロシアンとか見た目は可愛いのに攻撃的なネーミングのお野菜達。

つぶ貝の串焼きとマイクロ野菜のサラダ

















白ワイン「Kosyu」はこの時限定2本にしかありませんと言われて、頂きました。


甲州

















まだまだ後半戦が続きます。

「TSU・SHI・MI」

目黒区駒場1−16−9 片桐ビル1F

03−6407−8024


ranmarun at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

September 06, 2011

土山人@目黒4

十割蕎麦が食べたくて「土山人」に行きました。
中に入るとカフェスタイルで蕎麦屋とは思えないオサレな空間。

どさんじん

















まずは、COEDOビールで。

koedo

















お通しは枝豆豆腐でした。
味噌漬チーズとカマンベール焼き。
日本酒進む薫なチーズ。


枝豆豆腐チーズ







出汁巻き卵は関東風と関西風で選べます。
関西風でオーダーしました。
出汁がしみわたる厚焼き卵美味しい^^


出汁巻き卵


















牛タンサラダ

味は普通だけど器がいろいろ楽しめるのが素敵。

牛タンサラダ

















穴子の開き

穴子の開きって初めてですが、これがまたオツな味でして。
穴子の旨みを閉じ込めた一品。焼きより天麩羅より素晴らしい


干し穴子の開き

















地鶏とまこも茸の炒め

甘味噌と葱、まこも茸は細い所でアスパラのような食感です。


。

















天麩羅盛り合わせ

海老、エリンギ、茄子、カボチャ、茗荷、舞茸、いろいろありました。


天麩羅

















お蕎麦は、せいろ。2種選べて、

生粉打ちせいろ
こちらは、白葱が薬味です。
細切り麺とつるっとした食感。

ソバ

















粗引きせいろ


こちらは青葱が薬味です。蕎麦粉の香る粗美きが好き♪
蕎麦も蕎麦露も美味いのです。


ソバ

















中庭のオブジェ

蕎麦はしばらくここに通いそうです。


中庭


















「土山人」

目黒区青葉台3−19−8

03−6427−7759

ranmarun at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 05, 2011

アンティカ オステリア カルネヤ@神楽坂4

美味しい肉三昧したいな〜と思い「カルネヤ」に行きました。
前回は、パスタやいろいろ頂きましたが、今回は肉Only。

前回の日記
http://cms.blog.livedoor.com/cms/article/edit?blog_id=2226104&id=65645160


まずは、メインは1キロの骨付き熟成牛をビステッカして頂く予定で、
こちらを焼きますと運ばれてきたお肉ちゃん。
この熟成色楽しみだわ〜♪

スプマンテ・フェラーリで、ガソリン補給します。


Tbo--n

















お肉を食べる前にはお野菜を頂きます。

ルッコラとトマトのサラダ

お野菜を摂取することによって、お肉のたんぱく質の消化を促します。
焼き肉の時も必ずサラダどんぷり食べるし・・・


ルコラサラダ


















カルネ・クルーダ

熟成牛を粗く砕いて、ケッパーとガーリックの利いたオリーブオイルで和えて、
表面を軽く加熱してあります。パルミジャーノを添えて。
中は赤身のお肉がたまらん。また食べにくる〜だ



カルネクルーダ


















そして、焼きあがった1圓僚論牛ビステッカ

外側は黒く、中は赤身レアな、ブラック&ブルーの焼き色は、
ピータールーガーを連想させるようなNY仕込み。
その絶妙な焼き加減が素晴らしいです。前回訪問の時と焼き方が変わったな。


熟成牛ビステッカ


















熟成肉といってもそんなにミルキー感はなく、
赤身肉本来の歯ごたえとさっぱりとした旨み。
いくらでも食べれてしまうのが不思議な魅惑肉。


赤ワインはビオのこちらを頂きました。


ワイン

















そそり立つTボーンちゃん。完食しました。


.

















さらに、この日入荷したばかりの北十勝ファームの短角牛処女牛

独特の濃厚な旨みと肉汁滴る弾力ある歯ごたえで、めちゃくちゃ美味かった
((美^〜^味))モグモグ♪
もっと塊で焼いて欲しかったのですが、希少な入荷につき限定グラム。
こんな旨みの強いお肉はなかなかないので、また巡り逢えたら食べたい

北方ファーム短角牛処女牛

















そして、こちらの肉にはと、しっかりマリアージュして頂いたワインも
ばっちりでした♪


ワイン

















ドルチェは、ピーチのクラフティだったかな。
お肉に興奮して忘れてしまった。


ドルチェ


















食後酒に珍しい瓶に惹かれて、ストラディバリウスのグラッパ。
白・黄モスカートから作られていて香り豊かだけどさっぱりキレのある味。


.

















ベルタのエリージは芳醇な香りと甘く優美な香りが良かったです。

閉店までぎりぎりありがとうございました。
また肉欲を満たしに行きます♪



「アンティカ オステリア カルネヤ」

新宿区南山伏町3−6 市ヶ谷NHビル1F

03−5228−3611




ranmarun at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イタリアン 

September 03, 2011

OGINO@池尻大橋4

「OGINO」に行ってきました。
定例というわけではないですが、今回はドライエイジングビーフをメインに食べましょうというテーマで、あとはカルトで好きなのをオーダーしました。

やはり肉好きとしてはメニューにあると頼んでしまう
「和牛タルタルステーキ サラダ添え」

意外と脂身の多い肉質をたたいて、ピクルスに玉葱、パセリのみじん切り、ビネガーで和えてあります。結構ビネガーの酸味が強く、個人的にはせっかくのお肉の味が消えてしまうのが残念なような。トマトやレタス、ルッコラなどのサラダがのせてあります。


和牛タルタルステーキ


















「イワシとジャガイモのクレープ ベーコンのカプチーノ トリュフ風味」

大好きな定番メニューです。秋に鰯から秋刀魚になったら再訪したいです。

鰯とジャガイモのクレープ包み


















泡の中はしっとりした鰯とジャガイモをクレープで包み、トリュフの香りが充満します。いつ頂いても美味しいです♪

断面図トリュフオイルの香りいっぱい



















他の方がまだ前菜やスープを頂いている頃に、私はメインメニューの中の
「牛ハチノスのトマト煮込み ピぺラード風味」を頂きました^^

トリップととトマトやピぺラードをじっくり煮込んで甘さを引き出したスープに、
カブと半熟玉子とクルトン。チキンコンソメも入っているだろうか。
唇がぺとっとなるくらいコラーゲンもたっぷり♪
これ美味しくて〜

牛ハチノスのトマト煮込み ペルーノ風味


















そして、メインは

「120日間熟成牛のロースト アルマニャックのソース」

40日から80日くらいの熟成牛は食べたことがあるのですが、
120日4か月物は初めて食べました。
かなりの熟成具合でミルキーを超えた、独特の香りと味わい。


熟成牛


















添えたアルマニャックのソースはサルミソースのように濃厚に手をかけてあるのですが、私的にはジビエに対応するようなソースはいらなく、
肉に塩分はしっかりあるし、そのまま黒胡椒だけかけて頂くのが好みでした。
黒胡椒が、肉の甘みを引き出して熟成した脂身も赤身の旨みも引き出し、締めてくれるのです。

120日間熟成牛のロースト アルマニャックのソース


















見た目よりも熟成度高くて驚きました。
エイジング好きとしては、ここのは凄かったな〜。
シェフのスタイルではないけれど、ソースなしで食べてみたいかも。



そして、おだやかにデセールです。

「焼きたてファーブルトンとバニラアイス」

香ばしいファーブルトンにバニラアイスのせ。バニラアイスが足りなくなったとかで、仕込みたてのアイスはクリーミー。

焼きたてファーブルトンとバニラアイス

















「ピーチメルバ バニラアイス添え」

マールをかけて大人味になりました。


ピーチメルバ



















「OGINO」

世田谷区池尻2−20−9

03−5481−1333



ranmarun at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ