June 2012

June 30, 2012

まるや@名古屋3

数年ぶりに乗った新幹線で名古屋へ。
無線LANが使えるのさえ知らなかったw

夜遅くに名古屋入りするが、行こうと思ったお店は当然L.Oに間に合わない。
まあ、鰻でもと、名駅の「まるや」に行きました。名鉄百貨店のレストラン街にあります。

まるや



























ここはひつまぶしの有名な店で、昼間は1時間以上は並びます。22時前なら大丈夫かと思いましたが、それでも30分以上は並んでしまいました。
並んでいる間に事前に注文をしていた上櫃まぶし
薬味は青紫蘇、山葵、葱、海苔。

まるや

















椀は肝吸いに変更して、出てきた上櫃まぶし
鰻はこんがりサクッと香ばしいのが特徴です。
最初は山椒をかけてそのまま頂くきます。

ひつまぶし

















その後は、混ぜて薬味を加えたり、お出汁をかけて・・・

出汁

















茶漬けも美味いです。

ひつまぶし

















本当は1.5人前の特上櫃まぶしにしようと思ったのに、女性では多いですよと断られる。でも、やっぱり足りなかった・・・


L.Oの時間だし、うな丼を追加するのも何なので、持ち帰りで鰻太巻きを作ってもらうことにしました。夜食にしよう♪


夜食の鰻胡瓜巻きです。
たれが浸みたご飯に、鰻と胡瓜と玉子焼き。
結構ボリュームありました^^;

鰻太巻き




















「まるや本店名駅店」


名古屋市中村区名駅1−2−1 
名鉄百貨店本館9F 

052−585−7108


ranmarun at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 和食 

June 27, 2012

タンシチュー3

牛タンを1キロ仕入れ・・・

和牛はなかなか手に入らないし、アメリカ産ですが、スライスして焼いてみたら、柔らかくいい感じ。
これは、タンシチューにしよう♪

牛タン






























タンは下茹でしてから低温ロースト。
はし切れとテールで、グラスド・ヴィアン仕込中。
ローリエも乾燥でなくフレッシュだと、香りが違います。


グラスドヴィアン仕込み中

















デミグラスソースの過程は、画像ないですが、1日目はさらりと赤ワインの香りが残る感じ。
3日3晩煮込んで仕込んだタンシチューは、柔らかく、タンの旨味と弾力は残し、
ソースは超濃厚ないい感じに仕上がりました。

タンシチュー


















自画自賛ですが美味い^^♪




ranmarun at 20:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 料理 

June 24, 2012

ピエ・ド・コション@経堂3

トリコロールカラーの看板に、麺って何だろう?
看板に惹かれて興味本位で入ってみたら、ラーメン屋でした。
しかも、店名が「ピエ・ド・コション」最初ビストロかと思いました^^;

4月中旬にオープンしたそう。

ピエ・ド・コション

















メニューはコラーゲンで作ったヘルシースープ。
塩と醤油2種ですが両方食べてみようかな。

メニュー































まずは、塩ラーメン

チャーシューは、塩ラーメンと醤油ラーメンで作り分けていて、
こちらはハム仕込みの塩豚なんだとか。メンマも塩味。
鶏がらのスープはクリアでコクがあり、美味しいです。チャーシューはレアの赤身で気になりませんかと言われましたが、きちんと火が通っているし、全然気になりません。レアな焼豚なら、今はなき幻のあそこが一番ですけどね。こちらはさっぱり。でも、ちぢれ麺とのバランスが悪いかな。

塩らーめん

















一方、醤油ラーメン

チャーシューは醤油だれに漬けて塩豚とはまた違う味わい。
火も通っていてまた違う豚肉の味です。メンマも醤油味。やはり醤油に漬けた方がメンマも柔らかくなります。
スープは、鶏ガラにコクのある繊細な醤油スープ。じんわり旨味が出てきます。
こちらはちぢれ麺が合いますね。

醤油らーめん

















チャーシューバターライス

醤油仕込みの焼き豚の端っこを混ぜていますが、ちょっと臭い。
脂の酸化したぎりぎりの匂いで、バターライスの風味も全然感じられず残念。


チャーシューバターライス

















塩ラーメンに関しては、コンソメのような上品なスープなので、ちぢれ細麺よりストレート細か平打ち細がスープと麺のバランスが取れるような気がします。

醤油ラーメンは、ちぢれ麺でいいと思います。

どうやら、店主はフレンチの料理人だったらしいです。
店名はピエ・ド・コションなのに、豚足はなかった^^;
豚足ラーメン作ればインパクトあるのにと思ったけれど・・・

更に辛口批評。
ラーメン屋なのに、カウンターでなく、奥に厨房があるのは、居抜きで借りたのか仕方ないけれど、殺風景な店内は、BGMくらいかけた方がいいのに。
BGMかけると、奥の厨房ではお客が入ってきたドアのベルが聞こえなくなっちゃうからかな。

味は悪くないから工夫次第でもっとお客さん入るのになあ・・・
余計なお世話だが応援したい。
私は食べなかったけど、デザートのキャラメルアイスクリームが美味しいらしいです。


「ピエ・ド・コション」

世田谷区経堂1−38−20



ranmarun at 18:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ラーメン 

June 22, 2012

アルドアック@代々木八幡4

6月初めにOpenした「アルドアック」

再訪です。今回も5000円のコースをお願いしました。

まずは、カンタブリア産アンチョビ

アンチョビ


















ピンチョス

鰯とマンゴーの組み合わせが意外で面白い。
アルファルファとイタリアンパセリ、バルサミコとピデロフィメネスのソースをかけて。

鰯とマンゴー


















さくらんぼとチェリートマトのガスパチョ

レモン風味の海老が柔らかい。アボカドのムースとマリネしたチェリートマト、アメリカンチェリーに、優しい甘さのガスパチョ。美味しい、素敵♪

さくらんぼとチェリートマトのガスパチョ


















赤ワインはLAGUNILLA 2002

リオハのラグリーニャ。テンプラニーニョのフルーティーな香りで、
さらっと飲めます。

赤ワイン


















ピメントの白身魚ムース詰め

もちっとしたニョッキのような白身魚のムースは中に入っていて、
前回頂いてからお気に入りです。


ピメント 白身魚ムース詰め

















塩鱈のオジャ

肉厚な塩鱈でいいダシ出ています。
たっぷり浸みたスープでおじや風。おじやはスペイン語が語源なんですよ。

塩鱈のおじや


















仔ウサギと海老のロースト

ウサギは骨付きで、海老は味噌もしっかり味わえるジューシな味わい。
クミンなどスパイスが効いたソースは、甘いカレーの香り。辛くないから、素材の旨味が引き立ちます。スペイン人はスパイスは使っても、辛い料理は苦手なんだどか。まさかのロースト料理、作ってくださってありがとうございます。

ウサギと海老のロースト

















ケソ


ポストレかケソの選択ですが、今回はケソにしました。
スペインのチーズ、種類は忘れてしまいましたが、スペインのチーズはなかなか食べる機会がないので・・・

チーズ


















チーズに合わせて、シェリーを頂きました。
食後酒も魅力的なのが沢山そろっています。

シェリー

















今宵もシェフの優しいスペイン料理に癒されました♪



「アルドアック」

渋谷区上原1−1−20 JPビル2F

03−3465−1620



ranmarun at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スパニッシュ 

June 20, 2012

さくらんぼのパスタ3

ただいま自炊週間中。
これから巡る外食の為に、貯金中w

山形から佐藤錦が送られてきたので、数日置いて熟成した後、さくらんぼのパスタを作りました。

さくらんぼのパスタ

某伊店でさくらんぼのパスタを頂いてから、そのレシピを真似して、この時期は毎年作ります。

さくらんぼのパスタ

















完熟させた佐藤錦は、半分に割って種をとり、チェリートマトは軽くマリネして、フルーツトマトとさくらんぼで作ったガスパチョ風冷製トマトソースを和えて。
炒った松の実をさくらんぼの種に見立てて。

軽いミントの風味で、暑い日にもさっぱりと頂けます。

さくらんぼ

















大浅利のボンゴレビアンコ&ロッソ

殻は4,5センチはある大浅利でボンゴレ。浅利のビアンコソースは別に作り、パスタを固めに茹でてから、ビアンコソースと和え浅利の旨味をしみこませます。仕上げにトマトソースを投入。


大浅利のボンゴレロッソ

















蛸のガリシア風

煮込むならモーリシャス産の方が味がしみるのですが、明石の蛸が入ったので、コンソメとオリーブオイルで煮て一晩。
フランスのじゃがいもとバターで、一緒にガーリックソテーにして、燻製パプリカのパウダーとバスクの花塩をかけます。フランスのじゃがいもとバターは甘みがあるので、蛸の味が引き立ちます。

蛸のガリシア風



















ranmarun at 21:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 料理 

June 17, 2012

鮎ご飯3

お家で鮎料理ってなかなかできないけれど、たまたま琵琶湖近江の活き鮎をお取り寄せすることができたので、鮎尽くしで作ってみることに。

鮎なめろう

活き鮎といっても刃物をおろすと、温度変化で一瞬で臭みがでます。
生姜や葱、、味噌と塩麹で和え、ウズラの卵黄とうるかをのせて、青紫蘇や海苔で、刻み生姜や柴漬けをのせて巻いて。塩麹の甘い香りがいいけれど、鮎の風味はほとんど消し去ってしまったかな。


なめろう































鮎の塩焼き

お家に金串はないので、竹串に刺すが、やはり熱伝導が悪く、中まで熱が通るまで時間がかかり、焼く40分の間に身が縮んでしまいました。ワタも苦みが残るし、見た目悪すぎw 飾りと香り消しにこしあぶらの葉、青蓼酢と赤蓼梅肉酢で。塩焼きは家ではなかなか難しいということがわかりました。





鮎の甘露煮

やはり煮込む方が家庭料理向きだな。出汁と実山椒と醤油、みりんで炊いて。
みずの茎の海苔巻きとこしあぶらのお浸し。みずの茎はぬめりが美味しいです。

甘露煮


















鮎めし

焼き切らず塩焼きした鮎を出汁と一緒に炊きました。
頭と尻尾は取って、小さめの鮎なので、骨も柔らかくなっているのでそのまま。気になった小骨は取り除き、実山椒と一緒に混ぜまず。


鮎めし

















混ぜた鮎めし。椀は鮎はんぺんの吸い物。
白子のようにふわふわはんぺんの中には、鮎つみれが入っています。じゅん菜を入れるつもりだったのですが、入れ忘れてしまいました〜失念〜w

飯と椀

















香の物は南瓜の浅漬けと梅肉大根、稚鮎の佃煮。

鮎飯は、この時期家で作ると好きなだけ食べれるので、おこげに出汁かけて茶漬けにしたり・・・京都で買ってきた実山椒のフレッシュなピリピリ感が舌を刺激して良かったです。



ranmarun at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 料理 

La Fins@新橋4

オープン以来通っているお店ですが・・・
またまた、「ラ・フィネス」に行きました。
ランチで伺ったのは初めてで、どんなお料理が出てくるのか楽しみ♪

アミューズブーシュ

アミューズブーシュ


















平目エンガワと空豆 レモンのロワイヤル


レモンのロワイヤル


















大分産スルメイカとポアロ葱 胡桃のヴィネガーソース

柔らかなスルメイカと溶けるような甘みのポアロ葱。
胡桃の香ばしさと軽やかなヴィネガーです。

大分産スルメイカとポアロ葱 胡桃とヴィネガーソース

















アメーラトマトのファルシ タラバ蟹と天使海老

熟したアメーラトマトは甘〜♪ ちょこっとキャビアがのっています。
グリーンピースの冷製スープに、バジルソース。

アメーラトマトのファルシ タラバ蟹と天使海老

















中は、タラバ蟹の身とレアな天使海老、アヴォカドで合わせているのかな。
こりゃ美味い♪ 泡はフィリポワでしたので、すっきりした味わいにトマトの甘さが引き立ちます。

トマトのファルシ

















ワインはモレサンドニの白と悩んだのですが、
シャブリのグランクリュ2009にしました。
すっきり辛口の中に繊細なミネラル感と上品な香り。

ワイン

















大分臼杵漁港産天然平目のキュイッソン・ユニテラル

7圓發△詁厚な平目。下にはジロール茸とチーズのリゾット。
皮目をかりっと焼いて弾力のある平目は素晴らしい。

大分臼杵産天然平目のキュイッソン・ユ二テラル



















国産牛テールのパルマンティエ 仏産フォアグラのポアレ 赤ワインとモリーユのソース

柔らかく煮込んだ牛テールに、表面かりっと中はジューシーなフォアグラ。
クリーミーなパルマンティエ。
アスパラソバージュとオーストラリア産トリュフスライスを添えて。
オーストラリアのトリュフの香り素晴らしいです。


国産牛テールのパルマンティエ 

















オーストラリア産トリュフ

この時期で素晴らしい薫りです。これはトリュフ尽くしをして頂かないと・・・^^

オーストラリア産とトリュフ

















赤はアルザスのマルク・テンペ 2009

アルザスの赤はあまり飲まないけれど、シェフのKEIZOラベルです。
マルク・テンペ氏とシェフは友人だそうで、限定本数でシェフのために作ったそうです。ピノノアールのすっきり軽めの口あたりで、香りがよいです。限定ワインなので、ついつい頼んじゃいました。リードヴォーとか兎にも合わせたい感じ。

赤のマルク・テンペ KEIZOラベル


















アヴァンデセールはクレープシューゼット

こういう形で出てくるのも面白いです。そして、ひとつひとつに手がこんでいます。

クレープシューゼット


















薔薇香るシャンパンジュレ フランボワーズのマリネ 

フレッシュ苺のソルベにマリネしたフランボワーズ。フィリポナのシャンパンジュレに出雲の薔薇の花弁も甘く優雅な香り。もちろん花弁も食べれます。


薔薇香るシャンパンジュレ

















ミニャルディーズとコーヒーで。

ミニャルディーズ

















ランチタイムも気が付くと16時を回りそうです。
優雅な昼下がりでした。


「La Fins」

港区新橋4−9−1 新橋プラザビルB1

03−6721−5484

ranmarun at 15:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

June 15, 2012

BIO CAFE@渋谷3

日頃暴飲暴食しているので、たまには動物性抜きのデトックス。

「BIO CAFE」に行きました。
「食べてキレイになる」のコンセプトのオーガニックカフェです。
渋谷スペイン坂の途中にあります。
店内はベーカリーでパンの販売もあり、ベーグルが人気のようです。

お料理のコースは、リセットコース、美肌コース、セルフケアコースの3種類ありますが、お野菜だけのリセットコース2900円にしました。

ドリンクはアップルジンジャージュース
オーガニックワインとかもあるけれど、この日はアルコールは抜きの休肝日です。

アップルジンジャー

















自家製の天然酵母パン

パンは酵母の香りがいいです。コースだとパンは食べ放題だとか。
有機オリーブオイルと有機パルミジャーノを混ぜてつけるといいですよと勧められますが、チーズは動物性なのでやめておきます。一日だけビーガンになってもあまり意味ないんですがね^^;

天然酵母パン


















赤土の有機野菜スチーム

赤土は昼夜の温度差が高いためお野菜が甘くなるそうです。
ズッキーニ、人参、じゃがいも、椎茸、蓮根、キャベツ、オクラ、カリフラワーなど。ハーブ塩、赤ワインビネガー、豆乳ディップにつけて。


赤土有機野菜のスチーム






























筍とこんにゃく粉の繊維ポタージュ

筍は繊維質とカリウムが豊富なのでむくみもすっきり。こんにゃく粉でお腹も満腹感。味はたん白なんですけどね。


筍とこんにゃく粉のポタージュ






























植物性ラザニア

ラザニアといってもあくまで完全植物性ですから、パスタの代わりにトマト、ナス、ジャガイモを重ね、トマトソースにはお肉の代わりにたかきび。ホワイトソースは豆乳ソース。たかきびには、マグネシウムやマンガンなどのミネラル効果で疲労回復や偏頭痛予防もあるそうです。ラザニアだと、チーズもかけたくなってしまうのですが、我慢我慢。

植物性ラザニア

















長芋と豆乳のジェラート

長芋ねばねばの無賃は多糖類とタンパク質が結合してできた水溶性植物繊維。人間の粘膜の表面を覆ってくれて、抗酸化作用があります。

長芋と豆乳のジェラート






























たまにはヘルシーに胃袋休め^^;

「BIO CAFE」

渋谷区宇田川町16−14 パティオl 1F

03−5428−3322

ranmarun at 16:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 自然食 

June 13, 2012

ブーランジェリー・グー3

谷町六丁目にあるパン屋「ブーランジェリー・グー」に行きました。

ガラス張りのお洒落な外観と焼き立てパンがどんどん並ぶ店内。
朝からやっているので、ちょいと立ち寄り朝ごはん代わりにも。
惣菜パンやデニッシュも種類豊富で美味しいです。
バケットは天然酵母、しっかりハードに焼いてあるタイプなので、私好みです。

ブーランジエlリー・グー






























こじんまりとスタイリッシュな店内に、いろんな種類のパンが並びます。
クロワッサンやデニッシュ系もいろいろあります。具沢山でクリームもたっぷり。焼き目はこんがり香ばしく焼いているタイプで、ミックスベリーのデニッシュと、クイニーアマンをまず購入。クイニーアマンはキャラメルのパリパリ感がたまりません。

デニッシュ


















キッシュやカスクルートも種類豊富で、具沢山。
昼時にはできたてがどんどん並んで即座に売り切れていきます。
海老とアボカドのカスクルートとキッシュ・ロレーヌを購入。
人気は海老とアボカドのカスクルートです。海老もクリーミなアボガドムースもお野菜もたっぷりです。

.


















塩キャラメルのクリームパンはクリームたっぷりで、これも人気の品。
私はここのカレーパンが好きです。焼きたては表面パン粉のカリカリ感で、しっとりとした生地には、特製カレー。
甘栗のリュスティック、

どれも美味しそうなので、迷いますが、日持ちするなら角切りのパンを香ばしく揚げたラスクもおすすめです。

お値段も100〜300円とお手頃ですが、ここではいつも買い過ぎて3000円くらいいってしまう^^;


「ブーランジェリー・グー」

大阪市中央区安堂寺町1−3−5

06−6762−3040

ranmarun at 14:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スイーツ 

June 12, 2012

太郎作@大阪谷町3

天ぷら「太郎作」に行きました。
上本町から歩いて15分くらいの角にあります。。この近くの流行のパン屋に行こうと思っていたのですが、なぜか昔懐かしくて立ち寄りました。
確か10数年前に訪れて以来。以前は天丼680円、定食980円だったかな。
ちょこっと値上げしているけどそれでも安い!

太郎作






























今はもう70歳を超えた大将が一人で切り盛りしています。
カウンタだけで狭くごちゃごちゃしてますが、ネタケースの穴子はうまそうだ。

カウンター

















メニューは、天ぷら定食で1000円。

天ぷら定食


















そのメニューの通り、豆腐、漬物、天つゆ、味噌汁、ご飯。
あと抹茶塩は混ぜて、天ぷらにつけます。
二日酔いだったせいかお味噌汁が美味い。

ご飯

















天ぷら

そして、網の上にどんどん揚げたての天ぷらがのせられます。
蓮根、インゲン、ししとう、さつまいも、ゴーヤ
あれよあれよと揚がってくるので、どれを食べようか迷うのですが、大将は早よ食べと言わんばかりにどんどんのせていきます。
ゴーヤって珍しいなあ。

天ぷら

















そして、海老、イカ、茄子、カボチャ、海苔、いわし、紅ショウガ・・・

ここの天ぷらは、サラダ油で揚げてあり、衣のサクサク感は揚げた瞬間でないと、秒読みにしんなりしてしまいます。
先程混ぜた抹茶塩で、とにかく揚げたてを食べまくらないと・・・
さつまいもはほっこり甘い。紅ショウガ天は少しずつかじりながらアクセントにいいですねえ。

天ぷら

















普通天ぷらだと魚はキスを使うところなんですが、いわし。
この鰯は肉厚で全くくさみがなく素晴らしい。
安い・美味い・早い!これで1000円てコスパ良すぎ!

やっぱり穴子が気になって、穴子1本揚げ追加してもらいました。
どこの穴子ですか?と聞いたら泉州の穴子だそうで、大きいのに全く臭みなく、
身はしっとり柔らかい穴子。半分は抹茶塩につけて、残りは天つゆにつけて。
あ、でも穴子は1000円でしたw
穴子丼は2匹で800円と書いてあったがどう違うのだろうか。

穴子

















今は、大将の体調により、昼営業だけ。
閉店間際に入店だったので、申し訳ないと思いながらもうちの穴子はね、うちの・・・はね。とお話し好きな大将。
息子さんはいるけど、後継ぎはいないそうで・・・
この天ぷら食べにまた寄るね・・・



「太郎作」


大阪市中央区安堂町1−2−4

06−6761−7822


ranmarun at 14:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 和食 | 天ぷら