March 2015

March 31, 2015

鳥料理 それがし@五反田

「鳥料理 それがし」に行きました。

鶏料理のお店です。鳥すき、水炊き、鴨すき、それがしコースの4種がありますが、
鳥すきコースにしました。

それがし





















こだわりの日本酒の種類が豊富です。これは燗酒用で、冷酒は冷蔵庫に沢山あるそうです。

日本酒





















メニューには、こんなグラフもありました。

・





















日本酒カクテルもいろいろあり面白いので、
サケグリアを頼んでみました。

日本酒に柑橘や林檎などのフルーツを漬け込んだサングリア風です。
ほのかな甘さで飲みやすいです。

酒グリア





















とりの握り

左は締めた胸肉にたたき胡瓜をのせて。
右は、軽く炙って漬けにした胸肉に山葵をのせて。

鶏寿司





















風の森 無濾過無加水 奈良御所市のすっきりとしたお酒です。

風の森





















前菜盛り合わせ

横長のお皿に数種類の前菜が盛り付けてあります。
茹で鶏の葱ソース、青海苔出汁巻卵、桜麩とどんこ椎茸。

前菜





















ささみなめろうは、白胡麻と味噌で和えて。

前菜





















生湯葉、鶏スープで炊いた新筍、菜の花のからし和え。

前菜





















野菜サラダ

10種類の野菜を黒トリュフのドレッシングで和えて。
トリュフオイルを使っていない自然な風味でした。

サラダ





















どぶビール

「生もとのどぶ」という奈良のにごり酒をビールで割って。
ビールで割ると意外にすっきりと飲み口が良く、エールのような酵母の香り。
ごくごく飲めてしまうのが不思議ですが、アルコール度は高くなるので危険です^^

どぶビール





















そして、とりすきの具材が運ばれてきました。

胸肉、もも肉、ハツ、砂肝、軟骨などの部位です。
内臓以外は生で食べれるくらい新鮮なものです。

とりすき





















つくね

つくね





















その他具材は豆腐、椎茸、下仁田葱、しらたきです。

野菜





















卵を溶いて待ちます。

卵





















とりのすき焼き

鉄鍋に鶏脂とわりしたを注ぎ、鶏肉の各部位をさっと炒めた後、出汁を注ぎ煮ていきます。
手前が胸肉。腿肉。ハツや砂肝はしっかりめに火を通します。

とりすき





















胸肉は生でも食べれるので、さっと火を通して、溶き卵をつけて。
柔らかくあっさりとしています。もも肉は弾力があり、噛み締めると旨味が出てきます。

・





















ハツや砂肝、軟骨を手前に寄せて、豆腐と椎茸、葱を入れます。

とりすき





















これにおすすめの日本酒はそれがしブランド。
福島大和川酒造のもので、磨き58%、米のうま味がしっかりとあります。

それがし





















続いて、つくねとしらたき、葱、豆腐を入れて。

つくね





















とりすき焼き出汁の卵とじご飯

最後に残ったおつゆに卵を溶き、ご飯にかけて具の無い親子丼。
鶏の旨味がしっかりとある美味しいどんぶり。ご飯は中盛で。

卵雑炊





















甘味5種

左上から和三盆とほうじ茶のプリン、黒糖わらび餅、酒粕のアイスクリームと粒あんの最中、
セロリのシャーベット、桜のプリン。デザートは5種全部頂きました。

デザート5種





















酒粕のアイスクリームが美味しかったのでおかわり^^

酒粕アイス最中





















最後に苺が出てきました。

苺





















系列店の酒場それがしも日本酒が豊富で人気だそうです。

それがし





















「鳥料理 それがし」

品川区五反田2−15−11 2F 

03−3495−1129

ranmarun at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 和食 

March 30, 2015

モンスターグリル@五反田

「モンスターグリル」に行きました。

昨年11月にオープンしたステーキハウスのお店です。
派手なイラストの看板がインパクトがあります。

モンスターズグリル





















入り口の横の壁には、突進してしまった牛のお姿が・・・(笑)
扉の脇には、なにげに消臭剤のリセッシュがかけてあり、食べた後はこれで消臭してくださいと^^;

・





















メニューを広げてみると、部位とオンス別に分かれています。こちらは16ozと32ozのページ。
モンスターステーキ、リブロースステーキ、サイコロステーキ、ハンバーグステーキなどがあります。
オンス表記に慣れていないのですが、写真のイメージでは16オンスが妥当かなと^^;
ソースはOZソース、和風ソース、ガーリックソース、デミグラスソースの4種が選べます。

メニュー





















アメリカンコミックみたいなメニューが面白いわ。

・





















オンス表記についてのグラムが書かれていました。
5オンスから32オンスまであります。
16オンスは約450g。約1ポンド。これなら食べれそう。

・





















モンスターステーキセット 16ozをオーダーしました。
ライスは通常が7オンス(200g)から16オンス(450g)まであり、大盛りも無料ですが、通常の7オンスで。

最初にサラダとオニオンスープが出てきます。

サラダとスープ





















しばし待つこと10分くらい。熱々の鉄板で焼かれたステーキが出てきました。
脂が跳ねるので、紙で包んであります。

ステーキ





















ソースはOZソース。
醤油ベースで生レモンとニンニクを使ったオリジナルソースです。
3分の1くらいお肉にかけてみます。

ソース





















じゅわじゅわと香ばしい湯気がたちのぼります。
お肉はメキシコ牛を使っているそうで、モンスターステーキセットの部位は肩ロースだそうです。
脂身も結構多いです。

ステーキ





















肉専用黒ワインというのがあったので、グラスで頼みました。

・





















濃厚な赤黒い色をしていてカベルネやメルロ、プチシラーですが、渋くなく飲みやすいです。

黒ワイン





















ボリューム満点、ジューシーなお肉には合います。

ステーキ





















赤身の部分も柔らかいですが、冷めると一気に硬くなり、くさみが出てくるので、熱いうちに食べないとです。

・





















調味料はマスタードがあったので、これをかけてみます。

・





















マスタードの酸味が、少し冷めると出てくるメキシコ牛特有の臭みを消してくれます。

・





















がっつりボリュームあるお肉をリーズナブルに食べるのにはいいかもしれませんね。
この後は黒烏龍茶、チャ・チャ♪笑


「モンスターグリル」

品川区西五反田1−25−2

03−6417−9680

ranmarun at 19:30|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 洋食 

March 29, 2015

松原庵 欅 @原宿

「鎌倉 松原庵 欅」に行きました。

鎌倉に本店がある蕎麦居酒屋です。
店内は座席数も多く、通し営業をしているので、使い勝手が良いお店です。
一品料理もやお酒も充実しています。

松原庵





















胡瓜のもろみ和え

付き出しの一品。豆も入っていて、まろやかなもろみ味噌としゃっきりした胡瓜です。

もろみ胡瓜





















日本酒は新潟の麒麟山を頂きました。奥神奈川のお酒も種類豊富で、あとで天青も追加しました。
お洒落な錫の酒器に入っています。窓からは、表参道の景色が見降ろせます。

・





















蕎麦刺し

蕎麦の生地を短冊切りにして、さっと茹でて、冷水で冷やしたもので、蕎麦の実がかかっています。
山葵醤油につけながら、しこしことした食感を楽しみます。

そば刺し





















筍の炭火焼

穂先の柔らかい部分の筍は、醤油を塗って香ばしく焼いてあります。

筍の炭火焼





















だし巻き卵

甘さは控えめの出汁巻き卵です。大根おろしと葱を添えて。

だし巻卵





















活き穴子の天麩羅

穴子の天麩羅は、めそっこくらいの大きさで、薄めの衣もサクサクとしています。
万願寺唐辛子や茄子、牛蒡、じゃがいもなどのお野菜の天ぷらも添えてあります。

穴子の天ぷら





















地鶏の炭火焼

あら塩を振って炭火焼きした地鶏は、レモンを絞って。

地鶏の炭火焼





















せいろ蕎麦

お蕎麦はシンプルにせいろ蕎麦。つゆは江戸つゆと比べると若干甘めかもしれませんが、
バランスはいいと思います。

せいろ蕎麦





















ほどよいコシがあり、綺麗な蕎麦です。

せいろ蕎麦





















すだち鬼おろし蕎麦

すだちの酸味と荒目におろした大根の辛味でさっぱりと頂けます。

酢橘おろし蕎麦





















廊下の横には、そば打ちするガラス張りのスペースがあり、丁度、そば切りしている方のお姿が見えました。

・





















「鎌倉 松原庵 欅」

渋谷区神宮前1−13−14 原宿クエスト4F

03−3478−7444


ranmarun at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 蕎麦 

March 28, 2015

松川@赤坂

「松川」に行きました。

・





















シャンパンは、Jacquesson Dizy Terres Rouges Rose 2007

ジャクソンのロゼ。2012年にデコルジュマン。
ピノノアール100%で、深い赤色をしていますが、香りも味わいもエレガント。
後半でベリーの香りが引き立ってきます。

シャンパン





















筍と蛤

塚原の筍の穂先の柔らかい部分に、蛤を挟んで炭火焼きして、木の芽を添えて。

筍と蛤





















渡り蟹

淡路の渡り蟹の炭火焼。
渡り蟹って焼くと味が濃くてしっかりとした旨味があるんですね。
内子の旨味も濃厚です。

渡り蟹焼き





















お造り

淡路の鯛のお造り。

鯛





















鯛の白子ポン酢につけて食べます。

鯛の白子ポン酢





















椀物

鮑と蕗、若布の椀。
蕗のしゃきしゃきした食感と香りが春らしさを象徴し、若布の下には鮑が入っています。

鮑と若布、蕗の椀





















別添えで木の芽。

木の芽





















若布を食べ終えた後に、木の芽をのせて。
柔らかな鮑と木の芽の香りが素晴らしいです。

・





















赤貝

閖上の赤貝。間引き蕪を添えて。

赤貝





















赤貝の肝がまた貝らしくない旨味と貝らしい深いコクがあって、甘くて美味しいのです。

赤貝肝





















とり貝

銚子のとり貝はさっと炙って、お出汁で山ウドと炊き合わせ、生姜と浜防風を添えて。

とり貝





















アイナメ焼き

アイナメは蕗の薹をほぐしたものをのせて焼き、蕗の薹の天ぷらと共に。

アイナメ焼き





















牛肉と筍焼き

しっとりと焼いた牛ヒレ肉と筍に木の芽を添えて。

牛肉と筍焼き





















トマトとこごみ

トマトとうるい





















白魚の天ぷら蕎麦

サクッと揚げた白魚の天ぷらと酢橘の香る冷たいお蕎麦。

白魚の天ぷら蕎麦





















オコゼと湯葉の炊き合わせ

オコゼと湯葉に芽葱餡をかけ、生姜をのせて。

オコゼと湯葉の炊き合わせ





















空豆ご飯

炊きたてのご飯に空豆の香り。

空豆ご飯





















香物

白菜の浅漬けと、胡瓜は、自家製味噌で和えて。

香物





















海老フライ

天然車海老の海老フライとタルタルソース。

海老フライ





















海老フライ大好きなので、嬉しい。
タルタルソースも美味しくて・・・

海老フライ





















わらび餅

うぐいす粉を塗して、黒蜜をかけて。

蕨餅





















抹茶

抹茶





















グレープフルーツ柑

グレーブフルーツ柑






















「松川」

港区赤坂1−11−6 赤坂テラスハウス1F

03−6277−7371

ranmarun at 20:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 和食 

March 27, 2015

晴山@三田

「晴山」に行きました。

シャンパンはClos du Moulin
シャルドネとピノノワールの半々。

シャンパン






















車海老とせりの白和え

角切りのウドと車海老にポン酢ジュレと花穂紫蘇をのせて。
下にはセリのお浸しが敷いてあります。

車海老とせりの白和え























あいなめとうるいの椀。蕨とうるいの湯葉巻を添えて。
透き通ったお出汁と葛打ちしたあいなめ。

あいなめ椀





















鯛の造り

淡路の鯛は、皮目に切れ目を入れて、片面さっと炙り焼き霜造りにして。

鯛





















蛤雲丹うどん

九十九里の蛤と根室の雲丹をのせた冷たいうどんです。
麺は稲庭饂飩を使い、蛤の白濁した濃厚なエキスがしみこんだうどんは、
お酒が飲みたくなる一品です。

蛤と雲丹の稲庭饂飩





















日本酒は「晴山」のかすり酒。生生のすっきりとした味わいです。
以前は島根の酒造でしたが、今年から酒造元を変え、宮城の酒造で作っているそうです。

お酒のお話をしていたら、なんと隣席した方から、貴重なウイスキーを頂きました。

山崎蒸留所で造られたオーナーズカスクのシングルモルトウイスキー1994。
厳選された素材を熟成させ、一樽ごとに味わいの違うオーナーズカスク。
ウイスキーにはあまり詳しくないのですが、今はもう作られていなく世界唯一無二のモルト。
色が濃く、官能的な香りとそのまろやかで奥深い味わいは素晴らしいです。

・





















こちらはリミテッド・エディション2014。
前者に比べると若い感じですが、なめらかな質感と上品な香りです。
後で聞くと、都内のお肉で有名な某店の大将でした。
貴重なお酒を有難うございました。

・





















揚げ物

蛍烏賊とタラの芽の天ぷらです。

揚げ物





















桜鱒の香味焼き

青森の桜鱒を香味焼きして、岐阜高島豆腐の厚揚げを添えて。

桜鱒の香味焼き





















筍の牛肉巻き

蒲生の筍を神戸牛で巻いて、たれを塗りながら焼いてあります。
空豆を添えて。

神戸牛の筍巻





















穴子の炊き合わせ

淡路の穴子と岐阜の自然栽培の蕪を素揚げして銀餡をかけ、菜の花を添えて。
蕪の甘みと穴子の旨味が見事に合います。

穴子の炊き合わせ





















タラコと筍の炊き込みご飯

たらこと筍ご飯





















自家製たらこの粒々感と柔らかな筍が合わさり、美味しいです。
お味噌汁は浅利でした。

ご飯





















おかわりしちゃいました。

おかわり





















デザート

ラズベリー、オレンジ、苺、ブルーベリーと白ワインジュレで。

オデザ





















「晴山」

港区三田2−17−29 グランデ三田 B1F

03−3451−8320

続きを読む

ranmarun at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 和食 

March 26, 2015

生パスタ

お家ご飯の日。
手打ちの生パスタを作ってもらいました。

トマトとマッシュルームのサラダ

厚切りのトマトの上に、新玉葱のスライスとマッシュルーム。
オリーブオイルをかけて、青紫蘇がアクセントです。

トマトとマッシュルームのサラダ





















浅利と菜の花のタリオリーニ

自家製の生パスタで浅利と菜の花のトマトソース。
浅利のエキスとトマトの甘みが絡んでもちもちと美味しいタリオリーニです。

浅利と菜の花のタリオリーニ





















シャンパンは、ベレッシュ。爽やかな酸味ですっきりとしています。

ベレッシュ





















雲丹のタヤリン

トマトソースとクリームを合わせた濃厚なソースに、
一度水にさらしてから水切りした雲丹をたっぷりのせて。
太麺の方が良かったかもしれないけど、これはこれで美味しいです。

雲丹のクリームソース





















ごちそうさまでした♪


ranmarun at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 料理 

March 25, 2015

ゴブリン@西麻布

「ゴブリン」に行きました。

西麻布にあるワインバーです。

ゴブリン

































黒板メニューから幾つかオーダーしました。
オーナーソムリエの方の祖母が唐津出身ということで、野菜や魚は唐津の食材を使っています。

menu





















アミューズ

白魚と春キャベツのマリネ。

アミューズ





















白アスパラガスの冷製ポタージュ

佐賀産のホワイトアスパラの冷製ポタージュ。

白アスパラの冷製ポタージュ





















ハモン・イベリコベジョータ

生ハムも美味しいです。

ハモン・イベリコベジョータ





















自家製ツナのマセドワーズサラダ

自家製のツナと角切りにした人参、赤パプリカ、黄パプリカ、ズッキーニ、
インゲン、オリーブ、卵などを角切りにして、オーロラソースで和えて。

自家製ツナのマセドワーヌサラダ





















マナガツオのポワレ 生姜のソースと唐津野菜

唐津のマナガツオは皮目を香ばしくポワレして、人参、蓮根、蕾菜、ブロッコリなどの唐津野菜と
生姜の効いたブールブランソース。
マナガツオの火入れもいいし、生姜と葱のアクセントが効いたブールブランがあっさりと美味しいです。
ワインバーでも本格的なお料理が頂けるのは嬉しい。

マナガツオのポワレ 生姜ソース





















ハンガリー国宝マンガリッツァポークグリル

マンガリッツァ豚は、脂身も甘くて綺麗な旨味があります。
トマトとサルサベルデのソースをのせて。
牛蒡のガレットが美味しかった。

マンガリッツァ豚のグリル





















ワインもいろいろ飲みましたが、撮り忘れて画像はこれだけ。

ワイン





















自家製ベーコンのカルボナーラ

粗く刻んだ自家製のベーコンと卵のカルボナーラ。
クリームは使わず卵だけで濃厚に仕上げています。黒胡椒もたっぷりと。

自家製ベーコンのカルボナーラ





















クレームブリュレ

マッカラン12年を使った樽香の香る大人のクレームブリュレです。

クレームブリュレ





















ワイン好きにも、お腹を満たせる一品が揃っています。


「ゴブリン」

港区西麻布2−13−19 コート西麻布2F

03−5466−7728

ranmarun at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

March 24, 2015

オギノ@池尻大橋

「オギノ」に行きました。

いつもはフランス古典料理をテーマにしていますが、今回はフランス家庭料理の「ポトフ」がテーマです。

ogino





















自家製チョリソー

宮古牛の内臓を使ったチョリソーです。
ピメントが効いていて、シャンパンがすすみます。

パテ





















自家製キッシュ

フランス家庭料理といえば、キッシュも欠かせません。
自家製ベーコンと玉葱、椎茸を炒めて、卵とクリームを合わせたものをパイ生地にのせて焼き上げます。
新玉葱の甘みがベーコンや茸の風味と合わさって懐かしい温かさがあります。

キッシュ





















フォアグラのテリーヌ

フォアグラのテリーヌには、バニラの香る蜂蜜をかけて、ブリオッシュを添えて。
フォアグラもしっかりと量がありますが、塩を抑え、見た目よりも軽めになめらかに仕上げてあり、
ぺろりと食べれちゃいました。

フォアグラ





















ポトフ

メインのポトフです。パワフルに盛り付けた具材の多さにびっくり。
まずは、寸胴鍋で塊の牛スネ肉だけ柔らかくなるまでじっくり煮込んで、
そのスープで野菜を煮込み、最後に合わせます。
じっくり煮込まれた人参、セロリ、大根、キャベツ、ジャガイモ、玉葱、自家製ソーセージ、牛スネ肉など。
旨味がしみこんだお野菜が美味しいです。洋風おでんですね。

ポトフ





















牛スネ肉は握りこぶし大くらいの大きさです。
お肉はほとんど出しガラなので、半分は残しましたが、お野菜やソーセージは完食しましたよ^^;

・





















具材には、白トリュフ風味のマスタードをつけて。

マスタード





















煮込んだスープは別皿で。味つけはほとんどせず、肉と野菜の旨味が凝縮した濃厚なコンソメです。
美味しい♪

スープ





















おかわりもたっぷりあります。

ポトフ





















人参が美味しかったので、人参とコンソメをおかわりしました。

・





















ミルフィーユ

ポトフで既にお腹がはちきれそうですが、
大きなミルフィーユがきました。

ミルフィーユ





















ザクザクと厚いパイ生地にプラリネクリームがこれでもかとぎっしり詰まっています。
牛乳のアイスクリームを添えて。

ミルフィーユ





















紫芋のショコラ

ショコラ





















ハーブティー

ハーブティ





















お酒は、クレマンのラングロワと、ブルゴーニュの赤。

ワイン





















「OGINO」

世田谷区池尻2−20−9

03−5481−1333



ranmarun at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) フレンチ 

中華そば すずらん@恵比寿

「中華そば すずらん」に行きました。

渋谷から恵比寿に移転して、やっと落ち着いてきたという感じでしょうか。
行列もそこそこですが、来ているお客が大人なので、居心地もマナーも良い気がします。

すずらん





















前回は又焼雲呑麺を食べましたが、今回は胡桃坦坦麺と決めてました。

・





















胡桃担担麺

脚高のどんぶりの上には、刻んだ香菜と三つ葉と豆苗と唐辛子粉がたっぷりのっています。

担々麺





















自家製芝麻醤と胡桃ペーストを混ぜたスープと共に、香菜をからませ混ぜながら、頂きます。

担々麺





















青菜の中は豆苗が半分を占めていて、挽肉餡と、濃厚な胡桃スープはコクがありながら、
あっさりとまろやかであまり辛くないさらりとした味わいです。

・





















麺も食感が良く美味しいので、替え玉しちゃいました^^

替え玉






















「中華そば すずらん」

渋谷区恵比寿1−7−12 久保田ビル1F

03−5422−6705

ranmarun at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ラーメン 

March 23, 2015

松川@赤坂

「松川」に行きました。

・





















桜の香煎茶

桜茶





















シャンパンは、シエクルドール 1990

フルーリーは、ビオディナミの造り手として、最初に認定されました。
ピノノワール55%、シャルドネ45%。熟成したシェリー香と柔らかな酸味があり、
骨格はしっかりとしています。

シャンパン





















筍と平貝

蒲生の筍と愛知の平貝を焼いて、木の芽酢をかけて。

筍と平貝





















河豚とキャビアの飯蒸し

フグの身は片面だけ炙って、レアな食感としゃきっとした食感のグラデーション。
キャビアの塩気と旨味が合わさり、酢橘のほどよい酸味と共に、甘い旨みが増します。

河豚とキャビアの飯蒸し





















オコゼのお造り

瀬戸内のオコゼは、飴色がかった白色が濃く、オコゼ独特ののぶりんとした食感は、
噛み締めるごとに濃厚な旨味が広がります。
魚体も大きかったそうですが、こんなに肉厚で美味しいオコゼ初めて食べました。

オコゼ





















百合根のすり流し椀

滑らかで甘みのある百合根のすり流しの中には、わらび餅と焼き雲丹、焼いた蕗の董を添えて。
今まで頂いたことのない組み合わせです。京都の蕨粉を使った四角い蕨餅は、香りがあり、
とろんとした舌触りがたまりません。蕗の董と蕨で春を感じる優しい味わいです。

百合根のすり流し





















とこぶしと赤貝

三陸のとこぶしは、細かく斜めに切れ目を入れて蒸し、大分の赤貝と。
生姜酢か酢味噌で頂きます。

とこぶしと赤貝





















間人蟹

間人蟹は、もう今季は最後でしょう。名残りですが、しっかりと身も甘いです。

間人蟹





















焼きすっぽん

服部養鼈場のすっぽんを香味醤油焼きにして。

焼きすっぽん





















渡り蟹と山葵菜

銚子の渡り蟹と山葵菜を出しジュレで。

渡り蟹





















サザエの壺蒸し

千葉のサザエは、まずその大きさにびっくり。
画像で見るとそんなに大きく感じませんが、実際には握りこぶし二つ分くらいはある巨大なサザエです。
そこにサザエと筍と若布を入れて、お出汁で蒸してあります。木の芽を添えて。

びっくりサザエ





















サザエの歯ごたえのある食感とそこから出る貝の旨味、筍や若布の風味も加わり、
美味しいです。

サザエ





















ぐじ煮麺

焼いたぐじ、針茗荷、木の芽をのせた煮麺です。

ぐじ煮麺





















おこぜのあら炊きとご飯。

・





















お造りで頂いたオコゼのヒレの部分は、コラーゲンたっぷりでとろとろです。

あら煮





















近海たらこ

羅臼沖で獲れたたらこ。粒がしっかりとしていて、薄味です。

たらこ





















いくらとちりめん山椒と海苔でもご飯おかわりしちゃいます。

・





















桜餅

強力粉と白玉粉で練ったお餅を焼いて、餡子と桜の葉で包んで。

桜餅





















抹茶

抹茶





















苺のコアントローゼリーと金柑

デザート





















宮崎えびのの厳選された完熟金柑。「たまたま」のさらに上のクラスです。
皮ごと食べれて甘いです。

金柑





















生けてあるお花は椿と姫ミズキ。
椿の蕾が葉の裏側にあるのが特徴です。

姫ミズキと椿






















「松川」

港区赤坂1−11−6 赤坂テラスハウス1F

03−6277−7311続きを読む

ranmarun at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 和食