August 2019

August 24, 2019

中国飯店@六本木

「中国飯店」に行きました。

さくっと軽く食事したい時に、たまに行きます。

雲白肉

いつもは、前菜盛り合わせと小籠包を最初に頂くのが定番でしたが、今回はちょっとスパイシー系でいこうかなと薄切りのゆで豚肉と胡瓜のスライスに生姜とニンニクの利いた醤油だれ。

69782729_2470487242997122_3545196654728577024_n


5年熟成の紹興酒と水出汁の中国茶で。

69183355_2470487299663783_4698642153935470592_n


アナゴと万願寺唐辛子の中国山椒炒め

夏のお勧めメニューにあったので、頼んでみました。
穴子と大黒しめじ、万願寺唐辛子、赤ピーマンを青山椒と共にさっと炒めて。
爽やかな青山椒の痺れる辛さに、穴子のめそっこの弾力感が心地よい。

69164048_2470487316330448_5474111379835191296_n


辣子鶏

鶏肉の四川唐辛子炒め。
画像は取り忘れましたが、香菜や葱などは使わず、シンプルな鶏唐揚げ的な。


トマト入り白ゴマとクルミの特製担々麺

こちらも夏のお勧めメニューだったので。
担々麺といっても、牛肉の細切りが入っていて、トマトの酸味や白胡麻、胡桃のナッティ感に豆乳を使った、マイルドな旨味のあるスープ。もう少しパンチのある辛さを期待していましたが、これはこれで牛肉を使った高級かつ優しい味わいの担々麺でした。

69750070_2470487352997111_4661768704353107968_n



「中国飯店 六本木店」

東京都港区西麻布1−1−5 オリエンタルビル1F・2F

03−3478−3828


ranmarun at 20:00|PermalinkComments(0) チャイニーズ 

舞寿し@伊豆修善寺

修善寺駅前にある「駅弁 舞寿司」

前回購入したここのあじ寿司が美味しくてリピート。
伊豆箱根鉄道の駅前で40年以上駅弁を販売しています。

69375816_2470487232997123_5860167809476067328_n


「武士のあじ寿司」

伊豆近海の地鯵、伊豆修善寺の醤油、伊豆天城の山葵、伊豆松崎の桜葉、伊豆の米、と地元の食材を使い、鯵と味にこだわって作っています。
たいていの駅弁は、酸化防止剤や保存料、トレハロースなどの添加物を使っているところがほとんどですが、こちらは裏の表示を見ると、「ご飯、酢、食塩、砂糖、鯵、桜葉、生姜、山葵、レモン、胡麻」と無添加で作っているのがとても嬉しいです。

P8220121


蓋を開けると、艶のいい美味しそうな鯵が酢飯の上にたっぷり敷き詰められています。
鯵は骨付きのまま1日塩締めしてから、塩抜きして1日酢締めしたものを骨抜きして、さらに一晩寝かせたものを販売直前に切り分けて、酢飯と一緒に箱に詰めていくそうです。
下の酢飯には、白胡麻ばまぶしてあり、松崎の桜の葉の塩漬けを塩抜きしたものが敷かれ、細切りにした生姜と天城産の山葵、レモンとガリがのっています。
醤油は別添えになっています。

P8220122


前日に食べた熱海の小鯵寿司は、かなりしっかりと酢で締めてありましたが、こちらは鯵のフレッシュな香りを残した柔らかな酢締め加減で、しっとりとした身の美味しいこと。
レモンを搾ったり、生姜をのせたり、醤油をかけたりと、いろんな食べ方で味の変化を楽しむことができます。今回は、季節柄暑い時期なので、シャリも鯵も前回より酢を利かせていましたが、脂がのっている鯵なので、その塩梅が丁度いいです。季節による変化もまた魅力の一つですね。
鮮度重視で修善寺の駅でしか買うことができないので、また次回も購入したいと思います。

P8220123


あじ寿司の他には、あじ巻寿司、い寿司、椎茸弁当、わさびいなり、助六などもあります。
電車に乗らなくても、あるいは待ち時間がある時にも食べられるようなスペースの「駅弁カフェたけし」も近くにあります。


「駅弁 舞寿司」

静岡県伊豆市柏久保631−7

0558−72−2416



ranmarun at 10:00|PermalinkComments(0) 寿司 

伊豆マリオットホテル 修善寺 朝食@修善寺

伊豆マリオットホテルの朝食です。

「グリル&ダイニングG」で、7時から10時まではビュッフェスタイル。

68902699_2467047000007813_939116804251320320_n

フルーツジュースの定番は、オレンジ、グレープフルーツ、アップルですが、フレッシュフルーツや野菜を使ったスムージーも5,6種類ありました。桃、マスカットが美味でした。

69054714_2467047200007793_2826002379558617088_n


サラダコーナー。

69274933_2467047270007786_7130522975610077184_n


フルーツコーナー。

69261198_2467047056674474_673761827645030400_n

和食のおかずコーナー。
ご当地的だとかまぼこや山葵漬けかしら。
梅干しが甘くない塩だけの梅で美味しかった。

69210813_2467047190007794_8375626676096204800_n


69766810_2467047136674466_8629692000452476928_n



まあ、こんな感じで、野菜サラダと、舞茸やしめじのソテー、かぼちゃサラダ、インゲン、ヤングコーン、グリルトマトなど、野菜補給。
野菜のみのつもりでしたが、ハーブソーセージも美味しい。これも地元産なのかしら。

69353145_2467047263341120_8911439372578979840_n


目玉焼き。
玉子も美味しいです。

69246236_2467047313341115_5461694354504548352_n


オムレツも。

69084561_2467047276674452_135455112372944896_n


麺料理は茶そば。
事前に茹でたものを、お湯で湯がいて、温かいつゆを注ぎます。
なめこ、山菜、とろろのトッピング具材があります。

69301342_2467047060007807_22013438263820288_n


なめこととろろの茶そば。

69469149_2467047406674439_4901532998794477568_n


味噌汁はいまいちだったので、蕎麦とご飯に、鮭と梅干し。
納豆ご飯やとろろご飯も食べました。

69085244_2467047373341109_6447015081191407616_n


朝食の後は、再び温泉につかってからチェックアウト。

修善寺は、修業ホテルがないとなかなか行く機会がありませんでしたが、ご当地ならではの食材を使った飲食店もあるので、今度もう少し開拓してみようかな。

69612790_2470381609674352_8341272113163796480_n



「伊豆マリオットホテル 修善寺」


静岡県伊豆市大平1529

0558−72−1311

続きを読む

ranmarun at 07:00|PermalinkComments(0) Hotel 

August 23, 2019

伊豆マリオットホテル 修善寺 @修善寺

箱根強羅から、伊豆修善寺に移動。
ハイアットのシャトルバスは、ホテルから小田原駅まで送迎してくれるので、小田原駅から修善寺駅までは、伊豆踊り子号で向かいます。

69770436_2467047433341103_1343390741405106176_n


今宵の宿は「伊豆マリオットホテル 修善寺」
修善寺駅からホテルまでは、1時間に1本くらいシャトルバスが出ています。
シャトルバスで約25分。
ここは、「ラフォーレ リゾート修善寺」のかなり広い敷地内にあり、ゴルフ場やテニスコート他色々なアクティビティが楽しめます。

marriott_izu4

宿泊するのは、2回目です。
お部屋は前回同様UPグレードしてくれて、お部屋に温泉露天風呂付きのデラックスルームです。
お部屋の広さは40屬らい。

69551457_2467046716674508_6992066690414542848_n

露天風呂といっても建物内の屋根があり、簾がかかっていて、ちゃんと虫などが入らないようになっています。
もちろん館内には大浴場もあるのですが、いつでも気兼ねなく入れるお部屋の露天風呂が嬉しいです。

CIMG3056

シャワールームは、洗面所の横にあります。

69200826_2467046756674504_2969070523327184896_n

アメニティはTann。

69284920_2467046816674498_3869958115734585344_n



温泉につかってゆっくりした後は、夕食を「グリル&ダイニングG」で。

69054230_2467046363341210_1843367411886063616_n


メニューは、色々なオードブルやスープ、サラダなどと、メインに肉料理を選べるお得なグリル・ヴュッフェもありましたが、アラカルトでオーダーしました。

ドリンクは、キウイモヒートと、バーボンベースのミントジュレップのカクテル。

P8210103


伊豆トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ

伊豆トマトとモッツァレラチーズのスライスにバジルソース。

P8210106


伊豆金目鯛のカルパッチョ 月ヶ瀬梅香るドレッシング

金目鯛のカルパッチョは、ケイパーと葉野菜豊富なサラダ仕立てで。
月ヶ瀬梅というと奈良を思い出してしまいますが、伊豆天城にも月ヶ瀬という場所に梅林があり、そこで作っている梅を使ったドレッシングだそうです。

P8210105


テーブルにある塩は3種。
右から、熊笹の塩。燻製塩。家でもたまに使う硫黄の香るヒマラヤのブラックソルト。
金目鯛には、燻製塩を少しかけるとくさみが緩和されました。(いや普通の人は気にならないレベルですがw)

P8210102


紅姫あまごの俵握り

伊豆はあまごの養殖も盛んで、名物でもあります。
サツキマスにも似ています。通常は大きくなり成熟すると味が落ちると言われていますが、紅姫あまごは、獲れた幼魚を再び清流で育て、通常のあまごの10倍くらいにの大きさに成熟させても味が劣化しないように育てているそうです。
三島駅に売っているあまご寿司を買いそびれたので、あまご寿司食べたかったの。

P8210107

もちろん駅弁のあまご寿司よりもしっとりと身厚で旨味があります。
ただ黒米のシャリだったので、甘口に味付けしてあって、食感と共にその美味しさが半減しているのが残念。もちろん黒米も名物らしいですが、普通に白シャリの方が好きかなあ。
つけだれは、梅と生姜の甘口醤油だれ。後の山葵丼のすりおろしたばかりの生山葵と醤油で食べた方があまごの美味しさを感じました。

P8210108


骨付き伊豆鹿ロースのグリル

メインは、伊豆鹿。
伊豆は実は鹿が沢山獲れるようです。その多くは駆除目的だったのですが、最近は食肉としても美味しく食べられるように、くさみがないようにしっかり加工してくれる業者が増えたそう。
とはいえ、まだまだ地元では定着していないようで、出ることも少ないのでしょう。
こちらは塩麹に漬けたものをグリル。
伊豆鹿も初めてですが、骨付き肉の鹿ってなかなか食べる機会が少ないですよね。

P8210109


ソースは、生姜醤油と、金山寺味噌ハラペーニョ。
ハラペーニョは、伊豆の土肥で作っているそうで、実はそこのメキシカンペンションも気になっています。今度伊豆に来た時には行ってみようかな。

P8210110


鹿肉の骨はかなり細いので、仔鹿なのかしら。
塩麹に漬けて柔らかなのもあるけれど、くさみはありません。
脂身もなく淡泊ですが、赤身のしっかりとした肉質。金山寺味噌ハラペーニョが合いました。

P8210116


わさび丼

伊豆天城というと山葵が有名なので、わさび丼。
とろろも付いています。香物の蓮根茎の甘酢漬けも珍しいです。

P8210112


山葵は、茎元の辛味と旨味がしっかりある部分を自分で擦り下ろします。

P8210114

ご飯の上には、鮪節を細かく削ったもの。
おろしたての山葵をのせて、醤油をかけて、美味しいわさび丼。
鰹節だと香りが強すぎますが、鮪節だと香りも質感も優しいので、山葵の新鮮な香りや辛味を引き立ててくれます。あ、山葵をのせた画像は取り損ねました。

P8210115


残ったご飯は、山葵ととろろ丼。
これも美味しかったです。


ちなみに、ビュッフェスタイルでも、伊豆の味覚をいろいろ堪能できます。
オードブルのメニューは、この日だと伊豆鹿ミートピンチョス、とうもろこしのフラン、カポナータ、駿河軍鶏のコンフィ山椒風味、焼津マグロの生ハムと静岡メロン、炙り紅姫あまごの柚子胡椒ドレッシング、など。

69600750_2470381546341025_3607925996411420672_n

枝豆湯葉豆腐、豆アジのフリットなど、いろいろ。

69220281_2467046366674543_4286211292202532864_n


あまご美味しそう。

69828493_2467046433341203_5403516338125668352_n

サラダ、あしたばとしらすの和え物や、空芯菜のお浸しなど。

69546665_2467046373341209_1962755820403818496_n


少量で色々食べたい方はビュッフェもいいかもしれませんね。
ちなみにアレルギー対応もしっかりとしていて、事前にアレルギーシートを記入し、自分のアレルギー食材がある場合には、きちんと対応してくださいます。


「伊豆マリオットホテル 修善寺」

静岡県伊豆市大平1529 

0558−72−1311
続きを読む

ranmarun at 18:00|PermalinkComments(0) Hotel 

箱根ハイアットリージェンシーでのランチ

箱根ハイアットリージェンシー&スパでの滞在。
「べルス」で夕食を堪能した次の日は、同ホテル内の「ダイニングルーム」で昼食。
オープンキッチンと共に、煉瓦や木材で仕切られたプライベートテーブルがあります。

69934862_2467046313341215_919447735231315968_n


メニューは、洋食やイタリアン、カレーなどもありますが、シャトルバスの時間がぎりぎりだったので、早めにできるハンバーガーとクラブサンドイッチを前日にオーダーしておきました。

早雲  反射炉ビール

伊豆韮山の反射炉の横のブルワリーで作っているクラフトビール。
アメリカンペールエールと書いてありましたが、裏書をみるとイギリス産のホップ使用。
まあ美味しければどちらでもいいです。甘い香りと深いコク、酵母の苦みが特徴です。

P8210087


箱根七湯ビール ピルスナー

こちらは、チェコの伝統的なピルスナーを再現し、有機麦芽と富士箱根の天然水を使った芳醇でバランスのよい味わい。

P8210089



特製クラブハウスサンドウィッチ


玉子焼き、チキン、厚切りベーコン、トマト、レタスをはさんだクラブハウスサンドイッチ。
それぞれの具材をほぼ同じ厚さに重ねてあるので、具材がはみ出ることなく食べやすく美味しいです。

P8210097


フレンチフライは、太めにカットしてあり、ボリューム感があります。

P8210096



国産ビーフバーガー ベーコン チーズ フレンチフライ

ふんわりとソフトなバンズに、国産のビーフを使った肉厚なパテとベーコン、チーズ、レッドオニオン、トマト、レタスなどがはさんであります。ピクルスは自家製なのかな。古漬け風のまろやかな酸味と柔らかさ。

P8210092


断面はこんな感じ。
赤身肉のジューシーなパテがジューシーで、具沢山なボリューム感。
ケチャップやマスタードが添えてありますが、何もつけなくても十分に美味しいです。
ホテルのハンバーガーって高いけれど、素材がしっかりしているので、あるとつい食べたくなってしまうのですが、今までの中で5本指に入る美味しさでした。

P8210101



「箱根ハイアットリージェンシー リゾート&スパ ダイニングルーム」

神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320



ranmarun at 11:30|PermalinkComments(0) 洋食 

August 21, 2019

BERCE@箱根強羅

「ベルス」に行きました。
箱根ハイアットリージェンシー内にあるシェフズテーブルレストラン。
ここの総料理長の金山シェフのお料理を頂きに、季節ごとに訪れています。

882ca881


Pierre Pallard Les Parcelles Grand Cru

まずは、すっきりとした酸と飲み口のいいシャンパンからスタート。

P8200042


Gazpacho ガスパチョ

ガスパチョにスイカのダイスとアニスヒソップの花を浮かべて。
シャンパンの酸味が、スイカやトマトの香りを引き立ててくれます。

P8200047


グリド甲州 2016 グレイスワイナリー

山梨グレースの甲州のワイン。柑橘系の香りと酸味にほのかな甘み、白胡椒や丁子などのスパイスの香りと僅かにヨード感。
グレースのワインは実家でもよく飲むので大好きです。

P8200048


Moule ムール貝

モンサンミッシェルのムール貝に、ツルムラサキと人参と雲丹のソース。パンプルネルとタイムの香り。ムール貝と雲丹のヨード感がリンクし、ツルムラサキのぬめりのある食感と人参の甘み、ハーブの香りが心地よい一皿です。

P8200051


Gevrey Chambertin 2016  Bouchard


冷やしめで提供されたジュブレイ・シャンベルタンは、ブラックチェリーの果実味や酸味をくっきりとさせ、タンニンやスパイス感は抑えてあります。

P8200054


Truffe トリュフ

トリュフのラビオリにコロンナータ(ラルド・ディ・コロンナータというコロンナータ村で作られる最上級のラルド:背脂の生ハム)をのせて、鱧のコンソメ。スナップエンドウを浮かべて。

P8200055

ラビオリの中には、ファルシなどは詰めず、オーストラリアの厚切りの黒トリュフのみ。
すっきりとした旨味の鱧のコンソメを吸って、むちっとした食感のラビオリ生地が、トリュフのサクサク感と閉じ込めた香りをより強調させてくれます。

P8200057


その食感の対比が、ある意味パイ包みよりもシンプルにトリュフの香りを引き立たせ、コロンナータとバターの香りと油脂が合わさり、トリュフの旨味が口内にしっとりと広がります。
オーストラリアの黒トリュフは、フランスの黒トリュフほど香りや旨味が強くないので、鱧のコンソメの美味しさも生きるわけです。こういう金山シェフのセンスには脱帽。

P8200058


Crozes Hermitage Les Charmeuses 2017 Domaine Mucyn

南仏のマルサンヌとルーサンヌ。グレープフルーツやライムの酸味とドライなミネラル感。

P8200052


Langoustine 赤座海老

赤座海老のタルタルに、赤座海老のブイヨンジュレ。生姜のババロアとキャビア、水茄子、アメーラトマトを添えて。ナスタチウムとフヌイユの花。
赤座海老のとろとろむにっとした食感を残すように、荒くたたいたタルタルに、ブイヨンジュレの旨味と生姜のババロアの甘い生姜風味が、7,8年前のパリを思い出す味わいで懐かしい。もちろんいい意味で、美味しいのです。

P8200061


Kisvin  Chardonnay  2016

山梨甲州のキスヴィンのシャルドネ。
最初は、還元香がきますが、果実味と酸味のキレがいい感じ。

P8200062


Merou ハタ

今治藤本さんのキジハタ。皮目は焼き切り、身もしっかりと火入れして、弾力のある食感。
ジロール茸とオマール海老のクリュスタッセソース。プルピエ(スベリヒユ)を添えて。
オマール海老のクリュスタッセソースやジロールが引き立て役になり、それに負けないキジハタの旨味が素晴らしいです。

P8200065


Black Queen 2015 Arc en Vigne

長野産のブラッククイーンは、初めて飲みましたが、実は日本固有の赤ワイン品種で、その歴史は川上善兵衛により、1927年にベーリ種とゴールデンクイーンを交配した葡萄だそう。
ブラックベリー系の濃厚な色合いと酸味にほのかな燻樽香。

P8200067


Pigeon 鳩

ラカンの窒息鴨のロティ、内臓と杏仁のソース。アンディーブを添えて。
なめらかな肉質とさくっとした食感を保つ、鳩の火入れの秀逸さが素晴らしく、肉の綺麗な酸味や苦みが纏うサルミソースと蒸煮したアンディーブの苦みがアクセント。
そして、ワインの酸が鳩のえぐみもきりっと切ってくれるので、一口ごとにリセットされながら食べ進美味しさ。

P8200070




醸し人九平治 Eau de Desir 2018

すっきりとした甘みの日本酒です。
ここから、別オーダーの炭水化物に合わせます。

P8200071


メニュー外の我儘オーダーなので、ご了承ください。
今回は、ご飯と椀。

P8200074

蓋を開けると、なんと玉子かけご飯でした。
豆腐とあおさの赤味噌汁。

P8200075


そして、玉子かけご飯の上には、黒トリュフ。
細切りにしたものと、砕いたものが白ご飯に混ぜ合わせてあります。
燻製醤油をかけてさらに混ぜ合わせると、黒トリュフの香りと卵の甘みがご飯に絡みついて、なんとも贅沢な卵かけご飯。

P8200078


おかわりしちゃいました。
ご飯と黒トリュフがなじむ要因は、玉子のエスプーマだったんですね。
後にも先にもこれほど美味い玉子かけご飯はないなあ。
そして、醸し人九平治が合います。

P8200079



Prume プラム

山梨の貴陽とキウイ。桃とアールグレイのグラニテ。
貴陽はプラムの中でも甘い果汁と酸味があり、ジューシー。
酸っぱいプラムは苦手なのですが、こちらはコンポートしてあり、桃とアールグレイのグラニテとも相性ばっちりでした。

P8200082


Poire 梨

チョコレートのスポンジに、コーヒーとマスカルポーネ。カカオとシナモンパウダーにオリーブオイル。千葉の和梨を添えた、ティラミス仕立て。
オリーブオイルを加えることで、クリーミーなマスカルポーネもさっぱりと食べさせてくれます。

P8200083


Mignardise ミニャルディーズ

フランボワーズのパート・ド・フリュイ、チーズケーキ、ショコラケーキなど。

P8200084


ハーブティは、レモンバーム、ミント、セージ。

P8200085


その後は、いつもながら長々談義ですみません。
また秋が楽しみです。


「BERCE」


神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320 ハイアットリージェンシー箱根リゾートスパ内

0460−82−2000




ranmarun at 19:00|PermalinkComments(0) フレンチ 

August 20, 2019

フードタイム@経堂

「フードタイム」に行きました。

今年1月にオープンした南インド料理のお店です。
3回目の訪問はランチで。

IMG_2347-1024x768


夜は本格的な南インド料理が色々頂けますが、ランチはミールスが主流。
チェンナイ・ミールス・ランチをオーダーしました。

69333800_2465513863494460_642176595200573440_n


飲み物はラムコーク。

P8200030


チェンナイ・ミールス・ランチ

ライスとアッパラム(豆粉せんべい)、プーリー。
左からパヤサム、ラッサム、サンバル、野菜のクートゥ、野菜のポリヤル、ヨーグルト。
ミニ・ミールスならば、ベジタブルオンリーのこちらが基本形になります。

P8200031


ヨーグルト、キャベツと人参、豆のポリヤル。
オクラと豆のカレー。

P8200034


冬瓜と人参のサンバル。ライタ。
タピオカとカルダモンとココナッツミルクのパヤサム(インドのデザート)。

P8200033


これに日替わりスープと日替わりカレー(チキン・マトン・ベジタブルなどから選択可)がつくと、
ミールスランチになります。
日替わりスープは、ほうれん草のスープ。さらっと裏ごししたほうれん草と茹でこぼして煮詰めたガーリックの甘みと旨味が美味しいです。
カレーは、チキンカレーを選びましたが、こちらもトマトとスパイスを利かせたさらっとした辛味で、元気になる感じ。

P8200037


それぞれをライスと混ぜ合わせながら食べると、さらに美味しいです。
油も控えめで化学調味料も使っていない、辛さも抑え目のナチュラルな味わいなので、胃にもたれないのがいいんです。

P8200040


次回はまたビリヤニを食べに行こうっと。

「フードタイム」


東京都世田谷区経堂2−3−9 1F 

03−6413−9986



ranmarun at 11:00|PermalinkComments(0) エスニック・アジアン | カレー

August 19, 2019

松川@赤坂

「松川」に行きました。

260578ca-s


De Sousa  Cuvee des Caudalies 2003

ドゥ・スーザのキュヴェ・デ・コダリーの2003年。
ふくよかなミネラル感と酸のバランスが心地よく、次第に綺麗な甘みが出てきます。

P8190001


雲丹・焼き茄子

淡路の雲丹の深い甘みと焼き茄子のコクが、とても相性がいいです。
雲丹と茄子って何でこんなに合うんだろう。

P8190002-2


毛蟹の飯蒸し

噴火湾の毛蟹の身と味噌をたっぷり混ぜ合わせた飯蒸しに、ベルーガキャビアをのせて。
シャンパンと合わせると最高です。

P8190004


お造り

あまてかれいと車海老。
車海老はさっと軽く洗いにして。

P8190005



あこうと銀杏のすり流し椀

あこうのぷりっと弾力のある食感に、鮮やかなグリーン色の新銀杏のすり流し。
白玉と梅肉を添えて。以前はもうちょっととろみがある銀杏でしたが、このくらいのさらっとした濃度が丁度いいです。

P8190007



鰻・冬瓜

宍道湖の鰻の白焼きと冬瓜の冷炊き。生姜の利いた出汁ジュレで。

P8190009


鮑・木耳

蒸し鮑と軽く炊いた生木耳を、出汁と油を喧嘩させるようにさっと炒めて、酢橘を一搾り。
鮑のむちっとした食感と、とろとろしゃきっとした生木耳の異なる食感がより引き出され、そのコントラストが素晴らしい一品でした。

P8190010


鮎の塩焼き

美山の鮎の塩焼き。

P8190011


もう鮎も食べ納めかな。黒ビールと共に。

P8190014


すっぽん

すっぽんの炭火焼きと牛蒡揚げ。

P8190015


鱧すき

淡路の鱧。

P8190016


卵黄とポン酢が用意されています。

P8190017


鱧のお出汁で、十数秒火入れします。

P8190018


これをポン酢につけてから、卵黄にくぐらせて。
美味しい鱧は、いくら食べても飽きないなあ。

P8190020


鮎素麺

焼き鮎と茗荷や白髪葱をのせた、極細素麺。

P8190023


白ご飯と赤出汁に、鰻の蒲焼と香物。

P8190024


葛切り

P8190026


薄茶

P8190027


グレープフルーツゼリーと桃太郎マスカット

P8190028



「松川」

東京都港区赤坂1−11−6 赤坂テラスハウス1階

03−6277−7371



ranmarun at 20:30|PermalinkComments(5) 和食 

August 17, 2019

クラフタル@中目黒

「クラフタル」に行きました。
いつもはランチなので、ディナーの訪問は久しぶり。

12809798_1029110890468105_8715673354834283085_n


Cruse Tradition  Sparkring

カルフォルニアのマイケル・クルーズが手掛けるスパークリングワイン。
クラシカルな絵画にネオンカラーが印象的なラベル。
オルタナティブなパーカー的でないワインが作りたいと言って作ったウルトラマリンは、絶大な人気で
すが、高価で今や入手困難だそう。こちらのシリーズも希少だそうで今年初めてリリースしたもの。
シャルドネ85%、ピノノワール15%(ブレンドワインを含む)で非常にポテンシャルが高いです。
 果実に寄り過ぎないフレッシュなミネラル感と旨味、ほんのりカモミール香。

P8150105


じゃがいも・キャビア

北海道産の2年熟成のほっくりしたじゃがいもにタルタル風ソースとフランスのキャビアをのせて。


P8150109


Chablis  I'Humeur du Temps  2017 Alice et Olivier

近年人気で入手困難なアリスとオリビエのワイン。
青メロンやライムのすっきりとした酸味で、シャキシャキ切れ味のエッジの中に、ふくよかなミネラル感。

P8150110


あいなめ・桃

青森のあいなめと山梨の桃、オクラの花びら。
飛魚出汁のジュレとスープは、鶏ベースのコンソメにトマト水などを合わせ、焼いた飛魚を加えてとったもの。

P8150113


分解すると、しっとりと火入れしたあいなめと、豆腐のようになめらかな帆立すり身のムース。
枝豆と胡瓜、麦、塩レモンのすり流し。
そこに焼き飛魚のスープの香りがしっかりあったので、個人の感想で冷や汁をイメージしたのかと思ったら、まさにそうでした。複雑な組み合わせなのにしっかりとまとまる味わいが素晴らしいです。

P8150117



Palette Rose 2016 Chateau Simone

グルナッシュ、ムールヴェール、サンソーのロゼ。
野いちごや熟した林檎、土の香り。

P8150118


うさぎ・鮑

ラプローの背肉は、香草パン粉揚げし、しっとりとした腿肉と鮑。
うさぎのコンソメと鮑の出汁、トマトなどを合わせたデュグレレ風ソース。
青海苔とグリーントマトのグリーンガスパチョに、アボカドとタバスコハラペーニョのムース、グリーンマスタードとバジル、バジルオイル。
しっとりと柔らかなウサギ肉と鮑に爽やかな辛味や酸味が合わさり、これまた素晴らしい一品。

P8150121

自家製全粒粉の麺に、トウモロコシのスープと卵黄、利尻の雲丹のカルボナーラ風。
もちもちとした食感の麺がいいですね。

P8150123



Grayasusi Etichetta Argento   Rosato 2017 Ceraudo

イタリアカラブリアのロゼ。ガリオッポ100%。
ラズベリーやチェリーに、アニスなどのスパイス感と甘み。

P8150127


蛸・ジャガイモ

蛸のガリシア風の再構築。
真蛸は、パプリカ、ニンニク、韓国唐辛子でコンフィにし、ジャガイモは、ノーザンルビーのチュイル。半熟卵とパプリカ、アンチョビマスタードのソース。

P8150126

エンパナーダ。
ガリシア風に一口サイズで。

P8150128


中には、イベリコチョリソーとパプリカを炒めた具材を詰め、揚げてあります。

P8150129


MANA by Invivo Sauvignion Blanc  2018 MANA

ニュージーランドのソーヴィニオンブラン。グーズベリーやトロピカルフルーツの香りとフレッシュな酸味。


P8150130


きんき・とう菜

きんきは、むっちりとした皮身とヒレ部分はぱりっと焼いて、ラルドをのせて。
下には、火入れすると少しぬめりと甘みが出るとう菜を添えて。
スープは、先程のガリシア風蛸の組み合わせで、チョリソやパプリカ、韓国唐辛子を合わせたきんきのお出汁で。


P8150133


きんきの頭もカリッと香ばしく揚げてくれました。

P8150134


Braufrankisch  Mariental 2008 Ernst Triebaumer

オーストリアのブラウフレンキッシュ。
酸味とモカ香。ガメイのように色濃いけれど、タンニンはなめらかです。

P8150136


鮎・牛蒡・茸

長良川の鮎は、フォアグラを挟み、薄切りの牛蒡で巻いて。
下には、鮎のビスク、青茄子と水茄子、黒ニンニク、マッシュルームや黒トリュフを添え、ポルチーニと牛蒡のバウダー。鮎とフォアグラの旨味に、苦みのある鮎のビスクや、牛蒡の香り、いろいろ茸のニュアンスが融合します。

P8150138


トリュフのブリオッシュ。

P8150139


Alaki Syrah 2017 Dimore di Giurfo

シチリアのシラー。日本的な響きのアラキの名称は、姉のアレッサンドラと当主のアキッレの頭文字を組み合わせて名付けたそう。
ちょうど、鮨あらきの話をしていた時に出てきたので、違った意味でタイムリーでした(笑)
乳酸発酵のニュアンスがあり、まろやかなシラー。

P8150140


仔牛・トロピカルフルーツ

ブルターニュの仔牛は、片面にクルトンを砕いたものをまぶして焼いて。
焼いたパイナップルや、マンゴーのピュレ、パースニップのピュレ、トウモロコシの新芽とレモングラスを添えて。

P8150143


クミンとココナッツのパン。

P8150144


鮑の冷麺

鮑は水貝のように塩水で冷やし、薄切りにしたもの。
全粒粉の自家製極細麺に、トマトと昆布出汁で冷麺風に。

P8150145


最後に冷麺でさっぱりと締めくくる流れもいいですね。

P8150146


デラウェアのアイスクリーム

アバンデセールは、デラウェアのアイスクリーム。
デラウェアの美味しさが凝縮されていて、これ好きです。

P8150147


Altenberg de Bergheim  Riesling Grand Cru 2011 Marcel Deiss

マルセル・ダイスのリースリング。。
蜂蜜の香りやアプリコットの甘みと深いミネラル感。

P8150149


巨峰

巨峰とプラリネ、赤ワインとカシスのソース。黒糖パウダー。

P8150150


巨峰・カカオ

エスプレッソのエスプーマとアマゾンカカオ。

P8150152


中から、巨峰のコンポートとサバイヨンソースが溶けだします。

P8150153


食後は、サマビオン茶園のダージリンのファーストフラッシュ。

P8150154


9月は、キッチン改装の為、2週間ほど休業するそうです。


「クラフタル」


東京都目黒区青葉台1−16−11 2F

03−6277−5813



ranmarun at 19:00|PermalinkComments(0) フレンチ 

August 16, 2019

テピート@下北沢

「テピート」に行きました。

下北沢と東北沢の間の住宅街にあるメキシコ料理のお店です。
シェフは、日本人の滝沢久美さん。幼少より、母から表千家の茶道を学び、母と娘の三代で、茶道・茶事教室を主宰。数江瓢鮎子氏のもとで、茶事・懐石を修業。その後、目黒の竹亭でフランス料理を、メキシコ人シェフのガブリエル氏にメキシコ料理を学び、2006年に「テピート」を開店したそうです。

68860373_2461791300533383_3232352246205251584_n


一軒家を改装したお店で、扉を開けると玄関には、大きな写真が飾られていました。
お聞きすると、今は亡き旦那様のチューチョ・デ・メヒコは、その昔有名だった「トリオ・デルフィネス」のメンバーのミュージシャンだったそうです。解散後、日本でソロ活躍の場を移した彼の為に、故郷の味を食べさせたいとメキシコ料理を学び、作り始めたそうで、店名の「テピート」は、彼の出身地。メキシコシティの少し治安が悪い町ですが、そこで生まれた彼の音楽は、優しさと哀しさと美しさがあり、その原点である町の名前を店名にしたそうです。

68756341_2450972148281965_2219813332511096832_n


2階に上がると、鮮やかな色彩のクロスが敷かれたテーブルと椅子。

68913302_2450972178281962_8863314564675010560_n

棚には、テキーラの瓶やメキシコの雑貨がいろいろ飾ってあります。

68886323_2450971704948676_1362598595362029568_n


ドリンクは、メキシコのビールやオリジナルカクテルが豊富で、テキーラソムリエの資格を持つ滝沢さんが揃えているテキーラはなんと100種もあるそう。

今回は、テキーラベースのカクテルを頼みました。

手前が「パローマ」
メキシコではポピュラーなテキーラをグレープフルーツジュースで割ったカクテルです。

奥は「コーヒーテキーラ」
コーヒーとテキーラに泡立てたミルクを合わせ、濃厚なカルーアミルクのような味です。
そういえば、カルーアもメキシコ原産のリキュールでしたね。

P8140089


ナチョス

お通しでナチョスが出てきました。
トルティーヤチップスの上に、アボカド、トマト、サルサ、チーズなどをのせたTEXMEXの代表的なおつまみです。テクス・メクスは、メキシコ風のアメリカテキサス料理。本場のメキシコではこういう料理は出てきませんが、日本ではテクス・メクスの料理がメキシコ料理として馴染んできたので、受け入れやすい定番のものですね。

P8140086


ソパ・デ・ポジョ

メキシコのスープというとポソレが有名です。メキシコでも食べましたが、具沢山でボリュームがあるので(実は2軒目だったので)、軽めのソパ・デ・ポジョを頼みました。
9時間煮込んだという鶏肉のスープ。
中にはレタス、トルティーヤチップス、トマト、アボガド、チーズと、ナチョスの具材とかぶりましたが、化学調味料などは一切使わないというあっさりとした優しい鶏のお出汁に癒されます。

P8140092


タコス・デ・コチニータ・ピビル

最近は日本でもメキシコ料理のタコスのお店が増えて、テクス・メクスのシェルタコス(揚げた硬いトルティー)ではないお店も出てきましたが、こちらでは、10年以上前から、メキシコでは各家庭にあるトルティーヤプレスを使った自家製生地を一枚づつ丁寧に焼いたもの。

「コチニータ・ピビル」は、豚肉をアチョーテという香辛料に漬け込んで蒸し煮したスパイシーポークで、カンクンやユカタン半島の郷土料理。オレンジジュースを煮込むとデカルニータスというもう少しふっくら柔らかな煮込みになります。
ほぐした豚肉と赤玉葱、コリアンダーをのせて。ここにメキシコでは、辛いサルサをのせてライムを搾ったりするので、その方が好みですが、これはこれでメキシコ料理初心者でも食べれるようにアレンジしてありました。

P8140102


次のカクテルは、「リンダ メヒカーナ」
プレミアムテキーラをハイビスカスのジュースで割ったテピートのオリジナルカクテルです。
甘酸っぱいハイビスカスジュースがテキーラの香りを引き立てます。

P8140098


アラチュラ

牛ハラミのステーキに、豆煮込みとサルサ、ライスを添えて。

P8140094

ライスと一緒に食べてもいいし、焼きたてのトルティーヤに包んで食べると最高です。

P8140097

最後のカクテルは、「ミドリータ」
プレミアムテキーラと最高級の濃茶を使い、シェーカーで泡立てたカクテル。
通常のカクテルの2倍くらいお値段がするのですが(それでも1500円)、茶道のマスターでもある店主が選んだ最高級の抹茶を使っているので、そのまろやかな甘みと苦みに、テキーラの香りが合わさる和テイストが素晴らしいです。
これもここでしか味わえないオリジナルカクテルで、食後にさっぱりとします。

P8140100


メキシコの家庭料理を日本人向けにアレンジした優しい料理。
この日は数品しか食べませんでしたが、日本ではなかなか食べられないメキシコのサボテン料理や、その他のメニューも色々あります。
月に数回、メキシコ音楽のイベントもあるそう。


「テピート」


東京都世田谷区北沢3−19−9

03−3460−1077




ranmarun at 19:00|PermalinkComments(0) メキシコ