March 02, 2007

萬来園@5

大井町にある中華「萬来園」に行ってきました。商店街の中にある一見、街の中華屋さんの外観で、中はカウンター10席あまりで親子3人で切り盛りしているアットホームな雰囲気。 しかし、このお店にはメニューが一切ありません。その日仕入れたおすすめの新鮮な食材をもとに、食べてが調理法を指定し、気の向くままにいろんなお料理を出してくださいます。時価というのがこわいところですが・・・

まずは前菜をつまみながらビールを飲み、どんな食材と調理法を相談します。
生くらげ、豚ガツ、湯葉、ミミガー、白菜甘酢、ハチノス、山くらげの盛り合わせ、とこぶしの葱醤油蒸し
看板前菜








がいらん菜の炒め、モロッコインゲンの炒め、たいら貝とまこも茸炒め
新鮮なお野菜をさっと素揚げして、しゃきしゃき感とお野菜の甘みがたまりません。がいらん菜にはオイスターソース。インゲンはピーナッツの粒が和えてありました。シンプルなお野菜の味。
1cm以上はある肉厚の平貝がたっぷりで、まこも茸の新鮮な歯ごたえが美味しいです。この大きな平貝は寿司屋で食べたら高い〜
がい蘭菜モロッコインゲンまこも茸







やりいかとアスパラ炒め、巨大なまこと手羽先炒め、巨大車えびの山椒香り揚げ
やりいかは柔らかくて肝も一緒に炒めてさらに食欲増進されました。新鮮な魚介の味をひきたてあっさり醤油味です。30センチ近くある巨大な肉厚なまこと柔らかい手羽先はコラーゲンたっぷり♪普通少し臭みがあるのですが、ここのは本当に丁寧に処理されています。

「あれ食べる?これ食べる?」と言われると、はいお願いしますと二つ返事・・

なまこと手羽先やりいか車えび







山椒揚げかチリソースが酢でさっぱりかと聞かれ(エビチリも惹かれましたが)悩んだあげくシンプルに山椒で。普通このサイズだと大正海老でしょ!ってくらい極太な活車海老を素揚げした後、花山椒と唐辛子でスパイシーに。殻まで丸ごと食べれます。海老ミソも新鮮で美味しい♪紹興酒がすすみました。

牛肉とまこも茸の黒豆ソース、牡蠣の香味揚げ、豆苗の炒め
特選ロース肉の中には、まこも茸が入っています。中華にするにはもったいないくらいの上質なA5肉でとろけました。牡蠣は少しカレー風味で、香草の入った甘酢をかけて。牡蠣アレルギーだけど美味しすぎて食べちゃった。

牛肉とまこも茸牡蠣トウミョウ







豆苗ってかいわれ大根みたいなのしか食べたことなかったですが、地場で育てるとこうなるんですね。空芯菜より美味しいかも。

「このあと、何食べますか?お魚やお肉も沢山あるよ」と聞かれて、この時点で10皿は食べているのに、まだ次の皿が待ち遠しいと誘惑にかられるのは、まさに店主の壷です(笑)
調理法に少し悩み、太刀魚の黒酢あんかけをオーダー。
肉厚で脂がのった太刀魚はお刺身で食べたいほど新鮮でした。
黒酢あんがまろやかで美味しい〜の連発!!普通の中華店では味わえない最高級の素材ばかりです。

ここらでそろそろ〆の麺を頼んでいる間、「これ食べててよ」とばい貝と木耳の炒めが出てきました。お客様を待たせずに、ささっと作ってしまう炎の料理人に脱帽です。

太刀魚ばい貝








おすすめのあおさそばと定番の五目そば デザート
塩味のスープに器を盛りつくす磯の香りがたっぷりのあおさそばに驚き(@@)胃に優しく満腹でもするするいっちゃいました。甘いあんかけの五目そばも具沢山で満足。 デザートは少しだけ頂きました。
あおさそば五目そばデザート









普通に考えたらすごい量ですが、お野菜がたっぷりなのと、最高級の新鮮素材を使い、これをこう調理してください!ってわがままが利くのもいいところ。
あっさりした味付けだし、誰かがもう食べれませ〜んという限り、いくらでもオーダーしてしまいそうな雰囲気。肉料理は今回あまり食べませんでしたが、海鮮物が美味しいし、とにかく感動♪まさに中華のディズニーシーや!!(彦麻呂風)

いろいろお話を聞いたら政財界の有名陣やスポーツ界の有名人、企業家など多数黒塗りの車を横付けして接待などで来店されるみたいで、圧巻です。

さて、気になるお会計は・・・3人で64,000円でした。ご馳走様・・・

「うちはきたない店だから、接待とかで最初来ると皆びっくりするよ。でも、料理食べたらもっとびっくりするよ」 はい、お会計もびっくりしました。知る人ゾ知る名店なんですね。恐るべしお店。
ふらっと、一見で入ってレバニラ定食くださいなんて言ったら、追い出されちゃうのかな・・・ラーメンだけ食べて帰るわけにもいかなそうだし・・・

ランチはやってないんですか?と聞いたら30分くらい気まぐれでやってるよと1000円以下で。え!?今度はそれ狙いで^^;

★★★★★☆

人気ブログランキングへ


「萬来園」
東京都品川区東大井5−6−8
03-3450-5667 


ranmarun at 05:32│Comments(0)TrackBack(0) チャイニーズ 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字