白碗竹快樓@赤坂韓流 安歡@銀座

March 12, 2007

龍吟@六本木5

六本木の裏路地にある「龍吟」という和食のお店。外観は中華のお店みたいに斬新な赤い看板。店内はシンプルモダンな落ち着いた雰囲気。
青柳から独立した店主が2年前に開いたお店で、OPEN当初行った時は値段のわりにまだ未完成な感じだったのですが、久しぶりに行ってみるとスタッフも増えていて、すごく進化していました。 今回は15000円のコースを選択。

まずポロ葱と四万十川の青海苔の温製スープとイイダコと菜の花のカラスミパウダーかけ

鰹出汁濃厚な一口スープでがつんときちゃいました。赤い色は干し海老、そして帆立とポアロ葱の甘みと旨みと海苔の磯の香りがうま〜く調合しています。イイダコも柔らかく、山椒の葉風味が効いています。

看板ポロ葱と四万十川の青海苔温製スープイイタコの菜の花のカラスミ和え







北海道余市のあん肝・赤貝・わけぎの"ぬた和え" 辛し味噌エスプーマと若竹と海老しんじょうのお吸い物 桜の花びら仕立て

画像はブレちゃいましたが、とろりと濃縮されたアン肝は酒粕で締めているのか、単に蒸しただけでなく甘い味。赤貝やわけぎのぬたに、ゆず風味の辛し味のエスプーマ!デザートやカクテルでもいろいろ頂いていますが、和食にも使うとは驚きです海老しんじょうの中にはお餅も入っています。大根や人参を桜の花びらに仕立てたのは可愛いです。クリアだけど、いろんなお出汁が混ざっています。

あんこうの肝・赤貝・わけぎの
若竹と海老しんじょうのお吸い物 桜の花びら仕立て






お造りは、明石産桜鯛・徳島産アオリイカのお造りと北海道産雲丹の茶碗蒸し 石板の上にこれだけ?といいつつも、海老塩、ユズ粉、あら塩と梅肉ソースでさっぱりと。たまごを割ったような、雲丹の茶碗蒸しは。不安定なお皿なんですが、磁石でくっついております。 お皿の使い方も面白いですね。明石産桜鯛・徳島産アオリイカのお造り北海道産雲丹の茶碗蒸し







そして更にサプライズ!綿菓子のような、泡々のこのお皿はなあに?
たたみ鰯に、あいなめの炭火焼、かぼすのメレンゲ
お魚にメレンゲをつけて食べるのですが、泡は瞬く間に消えていく瞬間のお料理です。そして、もっと驚いたのは「Chateau RYUGIN1970」と焼印してあるコルク!料理長の生まれ年だそうです
え、食べれるの!?これ実はゴボウ煮なんです。先に、赤ワインが浸みついたようなのは、ブルーベリーで色づけしてあるそうです。。。見た目は本物のコルクみたい
下にあるのはおから。これがまた美味しいんです♪脱帽。。。(・◇・)

アイナメとかぼすのメレンゲごぼうのコルクとおからコルクUP







千切り牛蒡と蕗と特製がんもの炊き合わせそして、名物の大根飯
がんもは百合根や胡麻やいろいろ入っていて、優しい春菜とのバランスがよかったです。大根飯っておしんの世界でしか見たことなかった。。。それが、名物料理だとは(驚)
大根はアクを抜いた後、くるみ醤油で味付けし、京人参と三つ葉で炊き上げます。
大根飯白味噌汁と香のもの







デザートから、また別の世界が広がる・・・
苺とオレンジのシャーベット、ワンスプーンピニャコラーダ、空気のワラビ餅 白玉のような中には、ピニャコラーダとラムが入ってまして、一口食べると、南国の香りが漂います。
「マシュマロですか?」と安易に聞いてしまったワラビ餅は、きな粉、黒胡麻、玄米茶と3味です。食べた瞬間溶けてなくなるエスプーマ技法の逸品。

苺とオレンジのワンスプーンシャーベットワンスプーン ピニャコラーダ空気のワラビ餅







そして、更に驚いたのは・・・
「りんごあめ2007」 艶々の林檎を割ると中は白いパウダー。なんと、アップルパイの味がします。不思議〜!!(@@)この白い粉にやられました・・・
あとで聞いてみると、焼き林檎を−196度まで凍らせてから、粉末状にするのだとか。それをまた飴細工の中に入れてしまうとは・・・すごい技です。そして、ショコラで描いたQRコードを読み込むと料理長のメッセージが出てきます。これも遊び心があって面白いです。
これらのデザートが出てくる間に、宇治茶、ほうじ茶、桜餅茶、梅茶、グレープフルーツ茶などいろんなお茶が出てくるのも嬉しいところ。

りんご飴2007ショコラのQRコード割ると・・・







エルブジのような細かい技に、終始圧巻。感動して、彼が2006年の料理学会に出されたというDVDも購入してしまいました。 早速見てみると、理科の実験のように厳密に計算された調理法のパフォーマンス・・・(特にデザートは凄い)

2杯食べたけど、食べきれなくて残った大根飯は、ちゃんとおみやにしてきました。嬉しい心使いですね(´ー`)
DVDお持ち帰り









和食の基本理念にとらわれず、さまざま技法を凝らした、五感で楽しむ未来系和食という感じでしょうか。
また通いたいお店が増えました!


「龍吟」
〒106-0032

東京都港区六本木 7 - 17 - 24
サイド六本木ビル1F
Tel : 03-3423-8006

http://www.nihonryori-ryugin.com/cgi-bin/blogt/diary/



ranmarun at 01:05│Comments(0)TrackBack(0) 和食 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
白碗竹快樓@赤坂韓流 安歡@銀座