せいろ屋@世田谷梅蘭@渋谷

March 15, 2007

かるびあ〜の@新橋4

去年の6月にOPENした「炭火焼肉 かるびあ〜の」久しぶりに生肉食べに行ってきました。
肉、鮮魚、野菜といった食材の卸売、横内商店が経営する炭火焼肉の店で、横内商店は日本全国に眠っている素晴らしい食材を生産、飼育しながら、販売ルートを持たない生産者を発掘し、レストランに供給することをモットーとする会社。東京都内に700店の取引先を持っており、国産の生産者の顔が見える、他の業者では扱わないような、ユニークで美味な肉をそろえています。

OPEN当初に行った以来です。最近ちょくちょく「食楽」や「焼肉東京」など雑誌にも掲載され、この日も予約満席でした。
お寿司屋さんのように、お品書きがずらり・・・
まずは定番の生キャベツです。しかもまるごと1個分!
ニンニクと黒胡椒が聞いた秘伝のアンチョビ塩ソースにつけると食欲がわいてきます。隣のテーブルはキャベツお替りしてました(笑)ここの社長の横内さんは、イタリアンやレストランに食肉卸しをしているので、牛一頭買いしても無駄がないそう。とにかく新鮮でいろんな部位が安価で食べられます。

お品書きキャベツ







昨日入ってきたばかりのホルモンはお勧めだよ♪
というので、生レバー刺しとハツ刺し、箸休めのキムチも発酵具合がいい感じです。

レバ刺しハツ刺しキムチ







シンタマという太もも下辺りのお肉の牛刺しは、厚切りキャン玉の下モモの辺りのヤワラなお肉です(*´∀`*)
そして、これもお勧め仔牛の生タン(左)、成牛の生タン(右)の食べ比べ。
最近希少価値が高まっている、牛タンの多くはは普通冷凍で入ってきてカットするのですが(よく出てきてもコチコチ凍ってるのありますよね)、新鮮な生のまま厚切りスライス。
仔牛タンは葱のせして、さっぱりと歯ごたえがあり、若い牛の肉質の味が味わえます。成牛タンの方が柔らかくて旨みがのった感じ。タンはチルドで熟成するともっと柔らかくなるのですが、新鮮なタンはなかなか食べれないよな〜♪

シンタマの牛刺し生タン







生ソーセージと仔牛のシビレ(リードヴォー)
ソーセージは前より塩加減が抑え目で食べやすくなりました。
大好きなリードヴォー(牛の胸腺)はとろけるほど。
強火半生で焼いて、脂ものったレアなシビレは痺れます( ̄ー+ ̄)キラリ

シビレソーセージ






ハラミとハラミスジの部分も食べ比べ。
赤身のお肉が堪能できます。スペシャル以外は、どれも一皿500〜700円台なの。
岩手牛の三角バラA5を脂ののり具合3種分けて出してもらいました。
歯ごたえが微妙に違うのです。赤ワインを飲みすぎて、酔っ払ってしまい、ここでSTOPいたしました(´;ω;`)ウッ…age 〆は、さっぱり平壌冷麺で。
ハラミとハラミスジ
岩手牛三角冷麺








ここはサシがしっかり入っていても、全然しつこくないのが不思議。冷凍でなく生肉なのでしっかり味と歯ごたえがあり、いくらでも食べれちゃうお肉です。ホルモン系の種類も充実しています。
柚須胡椒やタレもあるけれど、何もつけずに炭火でさっと焼いたまま、選び抜いた肉自体の旨みを味わえるお店です。

生レバー寿司や幻霜豚など特製メニューや日毎に珍しいお肉もあるみたい。秋には熊やキジ、猪などジビエもあったらしく、また行かないと。。。(*^o^*)

「炭火焼肉 かるびあ〜の」
東京都港区新橋3−7−4 
TEL 03−3519−2929(にくにく)
 野尻料理長まで
http://plaza.rakuten.co.jp/yakinikusuki/

人気ブログランキングへ


ranmarun at 05:08│Comments(0)TrackBack(0) 焼肉・韓国料理 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
せいろ屋@世田谷梅蘭@渋谷