アルベルゴ・バンブー@箱根SHIZUO TOKYO@銀座

April 13, 2007

ボダニカ@六本木2

3月30日にOPENした六本木の東京ミッドタウンに偵察がてら行ってみました。
「トシ・ヨロイズカ」は大行列。しかも生菓子はほとんど売り切れです。諦めて「サダハル・アオキ」でマカロンとケーキやキッシュを購入。ここでも30分かかりました。

そして、アジア初のコンランレストラン「ボタニカ」にも行ってみました。テレス・コンラン卿とひらまつ氏のコラボはどんなものなのかと話題になっているだけあって、100近くある席は満席。

予約の時間に来たものの、ウェイティングスペースで30分以上くらい待たされましたw。ビールを飲みながら待っていると、柿の種を出してくれました(笑)

お料理はローストビーフコースを選択。インターナショナルというカテゴリーらしく、定番料理が並ぶ感じです。
ワインに迷っていたら、もう一つワインリストがありますのでというので待っていたら全然来ない。。。先に前菜が運ばれてきてしまったのでちょっとテンポが狂いましたけど・・・

まずは5種のオードブルプレート(スコットランド産スモークサーモン、パルマ産プロシュートとメロン、アボガドと鰹のトマトガスパチョ風仕立て、グリーンピースの冷製スープ、フォアグラのテリーヌブリオッシュ添え)
5種の前菜








季節の野菜とスペイン産チョリソー入りのミネストローネスープ フォアグラのリゾット トリュフソース いろんなお豆や野菜とコンソメ仕立てのあっさりした味。チョリソーの塩加減とタイムの香りを効かせています。パンは全粒粉でオリーブオイルは付いてくるのですが、バターは追加料金エシレ50gで+700円も。頼まなかったけれど、これも微妙なラインです。 パルメザンの香りとクリーミーなリゾットにトリュフとソテーしたフォアグラ。お米の弾力感は丁度いい感じです


スープフォアグラリゾット







ボタニカ特製のローストビーフ マッシュポテト添え

特製と聞いて期待していました。オーストラリア産ビーフ。パン粉をつけて焼き、旨みを閉じ込めていますとのことでしたが、肉の旨みはさほど感じられずちょっと残念;;赤身肉の柔らかさだけは評価。オージービーフより仔羊にすれば良かったな。ボソ・・・

ローストビーフマッシュポテト







デセールはカラメル風味のムース ショコラと子菓子
濃厚なバニラアイスとショコラムースはGoodでした。

私的に言うと、コンランテイストのインテリアがあまり感じられず、テーブル感覚も狭い。メニューもオーソドックスな感じでコスパを考えると期待したほどではないかもしれません。「Japan〜禅」をコンセプトにしているので、和食を融合させたメニューが欲しいところ。

OPEN当初ってそんなものですね。1年後にどう改善されるのか。ホスピタリティ精神はとっても感じられます。
ガラス張りの明るいガーデンテラスがいい雰囲気なので、ランチのハンバーガーや、休日のブッフェランチの方がむしろ満足度があるかもしれません。

ショコラムース子菓子









寄り道で「Salon Bar YOL」に行って見ました。
アンティークな扉を開けると、独特な空間が広がります。
なんせ、ここは、昼11時から翌朝9時までやっているらしいです。1杯飲んで軽くつまんで帰るのがよさそ。

Bar YOLカツサンド








カツサンドが人気で美味しいですよ!うちのシェフのあだ名はカツサンドなんです!というので頼んでしまいました。パスタなどフードメニューも充実していました。

どこのお店もとにかく人だかり。
しばらく話題に欠けないスポットのようです。


東京ミッドタウン内
「Bodanica」
03-5413-3282

「Salon Bar YOL」
03-5413-7746





ranmarun at 05:42│Comments(0)TrackBack(0) フレンチ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アルベルゴ・バンブー@箱根SHIZUO TOKYO@銀座