イル・パッチォコーネ @南青山45でランチ♪@RC

April 18, 2007

リッツカールトン東京とJJ@六本木4

3月30日にOpenした東京ミッドタウン内に隣接しているリッツカールトン・東京に泊まってみました。
ホテル好きとしてはやっぱり1度は行ってみたい・・・
まだ最初はいろんなサービスなど問題があると聞いていたのですが、やっぱりありました^^;

まず、チェックインの際に。15時チェックイン予約だったのですが、どうせ混んでいるだろうと20分くらい遅れていったところ・・・
「申し訳ありません。前のお客様がいらして、まだお部屋がご用意できておりませんで・・」
「どのくらいかかるんですか?」
「それがまだわかりませんで・・」
「えっ!?わかりませんって?じゃあどうすればいいの」
「あいにくどのお部屋も今日は満室でして。これからどちらかにお出かけになられませんか?空き次第携帯電話でお呼びいたしますが・・・」
「どこも出かけませんよ。予約の時間はとっくに過ぎているでしょ。じゃあラウンジで待っています」

結局2時間近く待たされました。┗( ̄□ ̄||)┛
待っている間のお茶はもちろんサービスにしてねといいましたけど。

今回は2室しかないクラブフロアエグゼクティブスイートのお部屋(80平米)夕方までレイトチェックアウトする前のお客様はどんな方だったのでしょう(笑)

何はともあれ、お部屋に入ると眺めが良いです。大阪と比べてシンプルでモダンな造りです。
ロビーベッドルームソファー









先月出た「日経ビジネス」には過去5年間ホテルランキング1位。そのホスピタリティは素晴らしいと評価され、一日に一顧客のわがままに使える経費の権限は20万円だとか!
さっそくお花が欲しかったので、持ってきて〜と言っちゃいました(爆)
お花のプレゼントエグゼクティブスイート展望









待ち疲れたので、夕暮れまでお風呂に入ってのんびりすることにしました。アメニティはブルガリのホワイトティーで、バスティーがいい香りです♪
酷評しましたが、お花と一緒に沢山のスタッフからの直筆のメッセージカードが届いたり、その他のサービスはとっても良かったですよ♪


そして夜は、移転したばかりの「キュイジーヌフランセーズ JJ」へ。
お皿もカトラリーも一新されてぴかぴかでした☆

ここも連日満席のようです。コースもありましたが、今回はカルトでお勧めされました。
アミューズで鴨の燻製のしし唐巻きとホワイトアスパラガス
お腹が空いていたので鴨を一口でぱくり。旬のホワイトアスパラガスは白トリュフの効いたソースで。アスパラの苦味と白トリュフとソースの酸味がうまく調和して甘さを引き出します。
シンプルな一皿です。

JJ入り口鴨としし唐ホワイトアスパラ







伊勢海老のグラタン「フェルナンポワン風」 とメニューにはないけれど、食べてみてくださいと言われた一皿。 乳飲み仔羊のナヴァラン クスクス添え

軽く茹でた後、伊勢海老の殻を砕き、味噌などと合わせた濃厚なアメリケーヌソースとこんがり焼き上げた海老の滋味たっぷりの一皿。クラシックテイストでほうれん草や茸も入っています。
柔らかくとろとろに煮込んだ仔羊は少し独特の匂いがありますが、プロヴァンスワインがとっても合います。
伊勢海老のグラタン子羊のナヴァラン







お肉の〆はランド産小鳩のローストニンニクのコンフィ
これが一番美味しかったです。腿周りはカリッと胸肉は柔らかくローストし、適度な旨みと歯ごたえにに、血や内臓をニンニクと合わせた濃厚なソース。付け合せの春野菜もこの時期は美味しいです。

そして、定番のワゴンデセール。
ナッツクリームのパリブレストやフランなど、相変わらず茶色尽くしです・・・^^;苺のシャーベットがフレッシュで美味しかった。

小鳩のローストワゴンデセールいろいろ少しづつ







食後はマネージャーのT木さんとテラスに出ながら内輪Talk。
ここの設計に疑問があったので、聞いてみたら、レストランは初めての設計士だそうで・・・シガーBarスペースにしようとした所がテーブルの高さを間違えて低く造ってしまったり、ワゴンが通らない通路で苦労していて、いずれは改装しなおしたいとか・・・
OPEN当初はどこでもいろいろ問題があるのですね。
メニューの値段も一気に上がっていたのは、家賃が高い上に仕方がないのか。(カルトはやばいですw汗)

客層も変わりそうですが、1年後にはいい意味で充実しているといいと思います。もとジョエルの跡地では、系列の「貝殻亭」で同じようなメニューを出していますが、こちらはどうなんでしょうね。

まだまだ探索しがいがありそうなTownです。
再びお部屋から見る夜景は綺麗だったなあ・・・
夜景☆






「リッツカールトン東京」

〒107-6245
東京都港区赤坂9-7-1
03-3423-8000

「キュイジーヌレストラン JJ」

東京ミッドタウン内ガレリア2F
03-5413-3445




ranmarun at 21:22│Comments(0) フレンチ 

この記事へのトラックバック

1. ザ・リッツ・カールトン東京の宿泊記  [ 高級ホテル宿泊記リンク集 ]   October 10, 2007 15:23
ザ・リッツ・カールトン東京 〒107-6245東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン TEL 03-3423-8000FAX 03-3423-8001ザ・リッツ・カールトン東京のお得なプランを探そう! 一休

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
イル・パッチォコーネ @南青山45でランチ♪@RC