トラットリアナプレ@六本木タワシタ@東麻布

April 29, 2007

イグレック@新丸ビル3

4月27日OPEN!東京駅の新丸ビルの初日に行ってみました。
とにかく午前中から凄い人だかりで、入場制限があり、中に入るのに一苦労でした。なかなか前にすすみません。フロアに上がってからも、人波でいっぱいでした。

新丸ビル凄い人だかり







地下1階から7階までが店舗で、5階から7階がレストラン街となっています。
50店舗以上の飲食店が入るビルですが、まずは「フレンチダイニングレストラン Igrek〜イグリック」でランチしてきました。

「神戸北野ホテル」の山口氏が東京初出店。バターや生クリームを控えた「水のフレンチ」と言われるお野菜重視のお料理を期待して行ったわけですが・・・
赤い壁と赤い椅子の店内。外は前面ガラス張り天井も高く、開放感のある造りです。さすが、初日は予約もいっぱい。

ガラス窓からは東京駅が一望できます。大きなワインセラーも。

イグレック位置皿窓からの眺め








まずは、シャンパンで乾杯。名前は忘れましたが、クリスタルの味と劣らないお勧めですと言われました。確かにすっきりとしています。
お料理は3コースの中から、Bコース4500円を選択。前菜は、
「コリアンダーで風味づけしたサーモンといろいろ野菜のコンポジション
お野菜の種類が豊富。それぞれ茹でたり、焼いたり、素揚げしたり、マリネしたりいろんな調理法で付け合せてありました。
サーモンの上にはキャビアも。アンチョビとオリーブのソースであっさりとしています。

前菜サーモンと春野菜









「アスパラのブルテ 市場から届いた海老のポワレ添え」
ホワイトアスパラなのかしら。クリーミーな冷製スープに柔らかい海老と甲殻類の香り豊かなムース。オリーブオイルの香りもアクセントに。

海老の冷製スープ








メインは、
「鴨の雌雛のポワレとエシャロットのフォンドュ添え 香草風味のジュー」

エシャロットのソースが美味しいですが、鴨肉がちょっと冷めていて残念でした。ホウレン草のラビオリといろいろ茸のソテーを添えて。全体的にもっとボリューム感を期待していたのですが、やはり少なめな感じです。


鴨のローストエシャロットソース







デザートは、紅茶とフルーツのゼリー寄せ、ガナッシュケーキ、フランボワーズアイスとマカロン、マンゴーソース添え


デザート








初日だけあって、まだサーブも行き届かず、厨房だけが大人数であくせくしていました。これから、また改善されていくのでしょうね。

ランチの後は、各階を回りながらお散歩。雑貨屋さんやお洋服屋さんを巡って、気がつくともう夕方でした。

地下に行って、軽くお茶した後、気になるパン屋「ポワンエリーニュ」へ。ここも入場制限があり行列でした。

18時焼き上がりを目指して並んだのですが、45分経った所でわずか十数人前で売り切れ。仕方なく次の焼き上がりの整理券をもらって、また待つこと1時間・・・


ポワンエリーニュ






焼き上がりの小麦の香りが漂う店内は、名物のリーニュ(上質なブリオッシュような)完売だったものの、15種類くらいのパンが並びます。
いろいろ買って、やっと帰宅。。。

ここもミッドタウン並みにいやそれ以上に話題を呼びそうです。



「FRENCH DINING RESTAURANT Igrek」

東京都千代田区丸の内1−5−1
新丸の内ビル 5F

03−3211−1909


 



ranmarun at 01:24│Comments(0)TrackBack(0) フレンチ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
トラットリアナプレ@六本木タワシタ@東麻布