新紅資客賎と新紅資倶楽部@北京狗不理包子と全聚徳@天津・北京

December 16, 2007

万里の長城と天津3

人類史上最大の建造物と言われる万里の長城にも行きました
人工衛星からも見えるそれは、山を縫い、砂漠を走り、総延長は6300kmにも及ぶそうです。北京市内から車で1時間半、八達嶺長城から登りました。
左に男坂、右に女坂とあり、男坂は勾配が急らしく女坂を登りました。
万里の長城絶景延々と続く道







とはいえ、石畳の坂と階段は下から見るよりかなり急です。雲ひとつない快晴の天気でしたが、寒いし、風も強いし手すりにつかまらないと吹き飛ばされそう・・・上り下りを3キロほど歩いて100段近くの階段を上がった後、展望に辿り着きました。
観光用滑走車というのもありましたが、ジェットコースターのようですね^^;乗ってみたかったけれど、歩いて戻ることに・・・
油断して踵の高い12センチのブーツで来てしまったので、下りはつんのめるように怖いですスニーカーで来ればよかったと後悔。でも山々を全貌できる景色は圧倒的でした


午後、お腹がぺこぺこだったんですけど、移動してイ和園へ。
人口湖らしいですが、西太后が愛したビッグスケールな離宮庭園です。十七孔橋も美しい。
そして、700メートルの回廊には色鮮やかな壁絵が描かれていました。


美しいいわ園壁画の回廊.屋根の上の狛犬







屋根の上の建築にも興味あり。狛犬みたいな彫刻は数が多いほど権力があったとか?あまりにも腹ペコだったので、ここでお昼を食べました。宮廷料理ということでしたが、ツアー向けのお店なので味は普通。
このヨーロッパ建築の石の船は素敵でした。

昼食はここで・・石の船橋








この後は、電車で天津へ移動しました。
北京駅から70分。
オリンピックを控え、開発特区。駅もビルもホテルも沢山立つ予定でもどこも工事中。タクシーで、街へ向かいました。道路は渋滞していて運転手が居眠りをはじめた時にはちょっと不安でした

ホテルは「シェラトン天津」大きなホテルで、ウェルカムスイーツやアメニティーも充実していました。カクテルラウンジもあったけど、忙しくて利用できなかったのが残念・・・

夕食接待で行ったお店は名前は忘れてしまったのですが、かなりの高級店でした。四川料理風。8人で会食。 いずれも中国語での名前はわかりませんが、とても美味しい♪まず前菜が何品か運ばれてきました。

「排骨肉揚と辛し蓮根梅酢漬けと鶏もみじの冷菜」
四川というか東北料理にも近い料理です。
排骨蓮根の肉詰め梅酢漬け鶏もみじの冷菜








「豚フワの辛し冷菜とミミガーの冷菜」
フワは豚の肺です。初めて食べましたが、このなんともいえない食感と薬味たれが食欲を増進します。ミミガーは赤い辣油につけてありますが、思ったほど辛くありません。お酒もすすむ二品・・・

フワの辛し和えミミガーの辣油和え







そして「あっさり青菜とつみれスープと豚肘肉の煮込み」
つみれ団子はまろやかなだしが出ていました。豚肘肉とじゃがいもを醤油と生姜と砂糖で煮込み、肉じゃが風!?和食に近い味です。コラーゲン質がたっぷり含まれぷりぷりしています。
しかし、すごいボリューム!お皿はどれも大皿ですから・・・
つみれと青菜豚肘肉の煮込み







「水煮牛肉と海老と蟹卵の茶碗蒸しとかぼちゃの春巻」
水煮牛肉は北京で食べた方が美味しかったな・・・なぜか皆残していました。
茶碗蒸しとカボチャの春巻きは唐辛子で麻痺した舌に優しいです。

水煮牛肉蟹卵と海老の茶碗蒸しかぼちゃの春巻







そして、日本にないものを食べたいんですけど、とオーダーしたら「ウシ蛙と赤唐辛子炒め」
これが一番美味しかったです。中国セロリとプチトマトみたいな赤唐辛子と生蛙。
蛙はプリプリ食感でちた。ここの名物は田鰻の煮込みや唐揚げもあるそうなんですが、季節的になかったです。これご飯にかけて食べたくなる旨みたっぷりの味でした。

うし蛙とセロリの辛し煮込み









で、更に名物の「水煮魚」
赤い油のスープではなく、透明です。川魚を山椒や八角などのスパイスを入れ、特製スープと胡麻油で煮ます。あっさりしているけれど身はぷりぷり。 これも絶品でした♪

水煮魚







お店の名前を忘れてしまったのが残念ですが、どれもただ辛いだけでなくいろいろなスパイスとスープを調合した旨みとこくがあり、全部違う味に仕上がっています。
ここで頂いた白酒はこれらの料理の倍の値段という貴重なものを頂きました(汗)
中国ではお酒は高いと聞いていましたが、後で聞いたら中国人の1か月分のお給料分もする1本だったとか・・・

そんなすごいお酒だとは知らず、ぐびぐびイってしまったなあ・・・(滝汗)

人気ブログランキングへ

ranmarun at 02:51│Comments(0)TrackBack(0) チャイニーズ | 中国

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
新紅資客賎と新紅資倶楽部@北京狗不理包子と全聚徳@天津・北京