馳走 そっ琢@ 銀座くずし割烹かのふ@恵比寿 

January 27, 2008

鮨処有馬@すすきの 4

先週に続き、また予約して行ってしまいました。
人気ブログランキングへ

今回はアテ系を多めにして頂きましたが、前回と違うものを出してくれて満足最初から日本酒を頂くことにしました。

まずは鯛の昆布〆めから始まり(これがねっとりとして美味しいの)、何品か出されてから、写真を撮らせて頂きました。

甘エビの醤油漬けと雲丹烏賊

甘エビの醤油漬け烏賊と雲丹







甘海老はその卵もからめてあって、お醤油が海老の甘さを引き出しています。雲丹烏賊これも贅沢ですね。混ぜていただきました。


タラコの山葵漬け焼き
タラコの山葵漬け焼き


山ワサビで漬けたタラコを半生に焼いてあります。甘いタラコ、そしてほんのりワサビの風味。これはお酒にはもちろん合いますが、白ご飯が欲しくなってしまいます。
炊きたてのご飯にのっけたい気分でした。









ほやの塩辛と帆立、ホッキ貝の串焼き、白子の醤油焼き

ほやの塩辛帆立とホッキ貝のひも串焼き白子焼き








ほやは特有の苦味は一切感じられず、むしろ甘くて柔らかいです。この鮮やかなオレンジ色。そしてこちらもいい塩加減でお酒がすすみます。
帆立も北寄貝も美味しい♪白子はポン酢で食べますかと言われたのですが、醤油で焼いてくださいとお願いしました。

鮑の刺身
鮑


隣で出てきた鮑の握りが美味しそうだったので、じーっと見ていたら、大将がまるまる1個お刺身で出してくれました。小ぶりですが、生の肝も合わせて食べると美味しい!コリコリシコシコ感がたまりません。









そろそろ握りに・・・
まずは、鯖と小肌

鯖とコハダ

いい感じに締めた鯖は昆布をのせて。コハダも艶良く江戸前の味です。












新物の数の子といくらご飯

数の子















いくらご飯















最後に山えのきと豆腐のお味噌汁で、癒されました。
お味噌汁














人気ブログランキングへ
「鮨処 有馬」

札幌市中央区南五条西三丁目

011-552-5503




ranmarun at 22:15│Comments(0)TrackBack(0) 寿司 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
馳走 そっ琢@ 銀座くずし割烹かのふ@恵比寿