minobi@三田彩雲瑞@経堂

February 16, 2008

トロワ・ピエロ@祐天寺4

この時期最後のジビエが食べたいなあと思って、祐天寺にある「トロワ・ピエロ」というお店に行きました。


トロワピエロ

サービスの方は一人、キッチンも二人なので、結構頼んだものが出てくるまで時間がかかりますが、ビストロ感覚で、リーズナブルでボリュームたっぷりのお皿が楽しめます。ワインもビオワインが沢山充実しています。



アミューズで「豚肉と鶏レバーの田舎風パテ」

豚肉と鶏レバーのパテ

シェリーと一緒に頂きました。あっさりしていますが、食べるごとにくせになる味です。パテ好きなので、パテを食べるとそのお店のお肉に対する思い入れがわかってしまうような・・・生意気ですね(陳謝汗)







メニューは本日のお勧めを伺ったら、ジビエは鹿と青首鴨。白子にアンドゥイエットに・・比内鶏の肝に・・・マネージャーのお料理の説明が上手すぎて、どれも魅力的で迷います
お友達は全部食べたい勢いでしたが、「それは無理です(笑)」と断られました。
そこで、おまかせして組み立てて頂き、ワインもリストにないお勧めを頂くことに・・・

マニアックなのを3本ピックアップして頂いて、そのお味の比喩が素晴らしく、これまた迷います。その説明を聞いているだけで、まるでショーをみているかのようなわくわくする感じ
その道化師のようなパフォーマンスに、笑ってしまいました。その場にいないとこの面白さがわかりません^^;

で、選択したのは、フランスの南西地方の小さなワイナリーの1本。
「とにかく面白い、変化します。今まで飲んだことないと思います」と言われて・・・

きちがいピエロワイン







ラベルの絵がコミカルだったのですが、これはワイナリーのオーナーの自画像だそうで・・・(笑)頭にじょうをのせている姿は、フランスではきちがいだそうです。
そんなきちがいの魅惑のワインを飲んでみることにしました。

最初の一口は、オリエンタルというか、白檀の香りがする。そして、ダークなベリー系の味に変わっていますが、甘みと酸味を苦味と複雑な香りが交じり合うなんとも不思議なワインでした。







前菜に「白子と帆立のバターソテー」
白子と帆立のバターソテー

ソバ粉で白子を包みフリットし、肉厚の帆立がのせてあります。
この帆立が香ばしくて、いい火どおりで美味しいです。









ボタン海老のアメリケーヌソース

ソースはボタン海老の味噌を使い、アメリケーヌソースに仕立ててあります。
フリットの中にはとろとろの白子。この組み合わせはいいですね。









後半が肉・肉と続くので「有機野菜のバーニャカウダ」

有機野菜のバーニャカウダ















まるで、フルーツのように彩り良く盛られたお野菜。隠元、蕪、ヤーコン、人参、セロリ、赤トマト、黄色トマト、パプリカ、赤蕪、胡瓜、紫キャベツなどなど。
どれも新鮮でお野菜の味がします。これにつけるソースは通常のバーニャカウダソースではなくて、とてもクリーミーなソース。何が入っているのか伺ったら、オリーブオイルとニンニクやアンチョビは少なめに、生クリームとコクを出すためタイのソイビーンソースを入れているとか。






「鹿肉のタルタル」

鹿肉のタルタル

タルタルステーキをいうと馬をイメージしますが、新鮮な鹿生肉のタルタル。
卵黄や玉葱、ピクルス、香草、リーベリンソースなどを混ぜてあります。
これは、混ぜた後の画像ですが、出てきた時は、鹿肉のケーキのようでした・・・300g以上ははあるかと思われます。





盛り付けてみましたが、凄いボリューム!

スパイシーな味わい

このスパイスの調合が絶妙に美味しいのですが、生肉ってそんなに大量に食べれないので、半分は半面焼きのハンバーグで食べたいような・・・そんな衝動にかられました。火を通した鹿肉も味わってみたかったけれど、新鮮な生で食べれるのですから贅沢ですね。








メインは「新潟産青首鴨のロースト」

青首鴨のロースト

2月15日までで禁猟になった最後の鴨です。
網獲りにした新鮮な鴨を半身の半分。国産の鴨は、洋物と違い、肉質がしまって、赤身の味わいが濃いです。セリと牛蒡と鴨のブイヨンと少しコニャックを使ったこちらも濃厚なソース。黒米のリゾットや里芋のグラタン、その他お野菜や茸が豊富な付け合せ。






濃厚なソース

胸の部分はレアですが、外側はしっかりと焼き、中はしっとりするほど柔らかく、美味しい。ワインとのマリアージュが素晴らしい。きちがいピエロのワインはまさにこの鴨のためにありました(笑)ダークミートの部分が刃が立たなかったので、もう一度焼きなおしてもらいました。やはり、この部分はレアより、カリカリに焼いた方が皮やスジの旨みも引き締まって美味しいです。







終電真近だったので、いそいでデセールを頼みました。
「マンゴープリン・ピスタチオアイス・フランボワーズのソルベ」
デセール盛り合わせ

マンゴープリンは、かなり濃厚な果肉そのものを食べているような感じでした。
ピスタチオも、その豆の風味がありましたが、フランボワーズが素晴らしかった。
酸味と甘みが程よく調和していて、ローズを想わせるようなフラワーの甘い香り






食後に、グラッパのサービスもあって、大満足。
スタッフは3人。その3人のピエロが、創り上げる独創的なお店です。
お料理はジビエだけでなく、厳選産地の新鮮なお魚やお野菜や、素材にこだわりながらも、がっつりお客様を満足させる。テーブルには、珍しいビオワインも並び、ワイン好きには楽しめるお店ですね。
また、通いたいと思います。


「トロワ・ピエロ」

目黒区祐天寺1-1-1 リベルタ祐天寺B1

TEL:03-3793-9090

人気ブログランキングへ



ranmarun at 10:17│Comments(1)TrackBack(0) フレンチ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ココナッツ   February 28, 2008 15:29
4 本当に楽しませてくれるお店ですね。
期待を裏切る旨味のある料理とそれを引き立てるレアなワインたち、素晴らしいパフォーマンスでそれらをなお美味しくそして楽しませてくれるサービス
魅惑的なピエロたちに感謝!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
minobi@三田彩雲瑞@経堂