オーベルジュ・ド・リル・トーキョーブダペスト〜ザルツブルグへ

June 14, 2008

ウィーン@オーストリア3

2週間ほど中欧に行ってきました。
まず、滞在したのはオーストリアのウィーン。
この時期、EURO2008が行われていて、街中に各国からのサポーターが集まり、活気でいっぱいでした。

宿泊したのは「メリディアンウィーン」ユーロカップでどこのホテルも2倍以上跳ねあがっており、ここもスタンダードでも400ユーロ近かったけれど、無料宿泊分で、しかもスイートにUPしてもらいました。
メリディアンウィーンロビー













外観は、石造りですが、中はスタイリッシュなデザイナーズホテルのような感じです。ここのレストラン、「シャンバラ」は1つ☆だそう。(行けなかったのが残念なんですが)
リビングベッドルーム













普通に泊まれば1400ユーロのお部屋で、広いです。ラッキー♪
いわゆるヨーロッパ風のクラシカルな雰囲気でなく、シンプルな家具。
アメニティーは、通常のもの。フランクフルトのメリディアンでも、エトロなのにな〜。でも冷蔵庫の飲み物はフリードリンクでした。
オーダーすれば、リキュールやカクテルもお部屋に持ってきてくれます。
王宮庭園の向かいに立つので、観光も歩いていけるのが便利ですが、べスパの貸し出しなんかもあるんです。
べスパべスパ














シェーンブルン宮殿を見学。美しい泉という意味の宮殿は、マリアテレジアのいたハプスブルグ家の夏の離宮。 壮大な建物の中もとっても豪華でした。写真は禁止だったので、撮っていませんが。庭園内には、世界最古の動物園もあります。
シェーンブルン宮殿庭園













ホテル近くのカフェ「モーツァルト」でランチ。
定番のパスタの入ったコンソメスープとウィナーシュニッツェル。子牛のカツレツ。ここもモーツァルトトルテも美味しいです。
この日は、初夏というのにめちゃ寒くて、半袖しか持っていかなかった私は、セーターと皮のジャケットを買いました。(セールで半額)
カフェモーツェアルト馬車













ズッパ ウィーナーシュニッツェル













街は馬車も走っています。シュテファン寺院という138メートルもあるゴシック様式の寺院。周りには、高級ブランド店が立ち並んでいます。
オペラ座シュテファン寺院















オペラ座。オペラも見たかったけれど、めちゃ高いのと、みたい演目の日程が合わなかったので、諦めました。

王宮までたどり着くと、美術館や、博物館だらけで、これは1週間くらい滞在しないと見きれないような広さでした。

王宮王宮














ホテルザッハーの「ザッハトルテ」が有名らしく、おみやげに買いました。
2週間持つそうなので、フランスに持ってきます^^
ホテルザッハーザッハートルテ














夜は、ホイリゲやワインケラーなど、オーストリアワインを気軽に楽しめるお店が沢山あります。もちろんビールも美味しいです。
ホイリゲというのは、ワイン居酒屋みたいな感じで専用のブドウ畑を持ち、樽に貯蔵してある地ワインが安価で楽しめます。
ウィーンの森という少し北の方のグリンツィングという所に沢山お店がありました。
ホテルのフロントにお勧めされた「パッサウアーホーフ」12世紀の修道院を改造した地元では最大のホイリゲ。シュランメル音楽?が演奏されていて(私の訳では、酒乱飲める・・・)一番盛り上がっていました
バッサウアーホーフ盛り合わせ











ハムの盛り合わせと地ワイン。自家製ウィンナーも白ワインに合います。
生ハムメロンとソーセージ。
グラーシュという、牛肉のパプリカシチューと小麦粉とお肉を練り合わせたテリーヌが添えてありました。

生ハムメロンソーセージ












グラーシュホイリゲ












みんな陽気で飲めや、歌えや・・・♪

ウィーンは、景色も綺麗で人も優しい。
ここで、4日間過ごした後、ハンガリーのブタペストへ移動します。。。



ranmarun at 23:37│Comments(0)TrackBack(0) オーストリア 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
オーベルジュ・ド・リル・トーキョーブダペスト〜ザルツブルグへ