ウィーン@オーストリアザルツカンマーグート地方へ

June 17, 2008

ブダペスト〜ザルツブルグへ

ウィーンからバスで3時間あまり。
ハンガリーのブダペストまで来ました。
ドナウ川を境に、ブダ地区とペスト地区に分かれます。ブダ地区は、ドナウの真珠と言われる世界遺産の王宮があります。

王宮国会議事堂














くさり橋という大きな橋を渡ると、全体が城壁に囲まれた王宮の丘があり、そこからペスト地区が見下ろせます。川沿いに見えるのは国会議事堂。折衷建築で10年かかって立てられたそうです。漁夫の砦やマーチャス教会、ゲッレールの丘を回り、眺める景色は本当に美しかったです
くさり橋ドナウ川












教会漁夫の砦










再び、ドナウ川を渡って、ペスト地区に来ました。
英雄広場へ。14体の像が並んでいます。ここも世界遺産だそうで、周りに国立西洋美術館、現代美術館、その奥の市民公園には、博物館や温泉、動物園や遊園地までありました。

聖イシュトヴァーン大聖堂。
美しく荘厳な雰囲気で、ちょうどこの時間結婚式が行われていました。
堂内に響き渡るパイプオルガンの音色にうっとりです。


聖イシュトバーン教会結婚式












ここでカメラの電池が切れてしまったのですが、食事はハンガリー料理。
ハンガリー名産のフォアグラが美味しかったです。
トカイワインという甘口のワインをソーテルヌかわりに。美味〜
パプリカの効いたグヤーシュという牛肉と野菜のスープ。豚肉のステーキを食べました。




次の日、ウィーンに戻り、ザルツブルグへ移動

ここもユーロカップの競技場があるので、ホテルは3倍に跳ね上がっていました。
ミラヴェル宮殿という薔薇が咲き乱れる庭園を通り、旧市街に向かいます。山の上には、城塞だったホーエンザルツブルグ城が見えます。
ミラヴィル庭園薔薇園













薔薇園の入り口rose













大好きな薔薇の香りに包まれながら、しばし休憩。
美しい庭園に旅の疲れが癒されました。

rose噴水












ザルツアッハ川を挟み、モーツアルトのゆかりの地を訪ねました。
旧家、生家は観光スポットのようです。
ケーブルカーでホーエンザルツブルグ城へ。
武器庫や拷問部屋などもあって、当時の歴史背景を感じました。
ここから見下ろす景色も素晴らしいです。
後に行くザルツカンマーグートの山々まで一望できます。


景色景色












歩きつかれたので、シュテルブロイというビアレストランで食事。
中庭が広がり、とっても大きなレストラン。
まずは、ビールで喉を潤し、マッシュルームのサラダ(オーストリアはマッシュルームも美味しいの)とスープを頂きました。

シュテインブロイマッシュルームのサラダ












豚肉の煮込みと牛肉の煮込み(ターフェルシュピッツ)を頂きました。ほうれん草のソースも美味です。
豚肉の煮込み仔牛の煮込み













グリーンソース











食後は、レジデンツ広場にあったヴィジョンでユーロカップ観戦。
この日はオーストリアとドイツの試合だったので、ものすごく盛り上がっていました。


ranmarun at 05:58│Comments(0)TrackBack(0) オーストリア 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ウィーン@オーストリアザルツカンマーグート地方へ