ラ・グリラーデ@エペルネタイユバン@パリ

June 30, 2008

ボワイエ・レ・クレイエール@ランス4

夜はおめかしして「ボワイエ・レ・クレイエール」へ。
白い洋館の中で夕食です。
ボワイエ・レ・クレイエールレストラン











とってもエレガントで美しい空間。高い天井と白亜の内装でほんとに優雅でした。
位置皿もベージュで柔らかい印象。バターやソルトの入れ物もこっています。
位置皿バターやソルト











アミューズは半熟卵・一口コロッケ・トマトのガスパチョ風ムース
とろ〜り卵の黄身が美味しいです。トマトのムースは、お酒が結構効いてました。お隣の分ももらっちゃいました。そしてタルト・フランベも美味しかった〜♪
タルトフランベアミューズ












デニッシュは、バターがたっぷり。
前菜は白・黒トリュフ2種のフォアグラ
白トリュフを使ったものは、ホワイトマッシュルームのスライス。黒トリュフは、黒胡麻風味でした。

フォアグラ2種パン












オマールブリュ はアプリコットのコンフィを付け合せに、甘みと酸味のバランスがオマールと合います。
オマール仔鳩











グレミヨンの仔鳩は、柔らかで繊細な肉質の仔鳩とと共に、ヒヨコ豆のような豆のムースとコリアンダー風味のソース。エディ君お勧めのジュヴレイ・シャンベルタン1999と合わせました。

今回飲んだ泡は、ブルノパイヤール1995・ドラモット1997・デュヴァル・ルロワ2001

デセールがここから続きます。
まずは、ショコラ
飲んだシャンパンショコラ












そして、フランボワーズ尽くし。タルトとケーキ。フランボワーズのケーキは生クリームたっぷり。
フランボワーズのムースフランボワーズのケーキ





















ワゴンデセールもたっぷり頂きました。フランボワーズのコンフィが美味しかったです。
ワゴンデセールフランボワーズがおいち











食後はバーラウンジへ移動して、マールの入ったコーヒーを頂きました。
かなりお酒が入っています。 そして、年代物のアルマニャックを少し嗅がせて頂きました。60年代と80年代。
食後酒アルマニャック











まったりした後は、スーシェフのウマダさんの案内で厨房とワインの貯蔵庫を見学。
ピカピカです。さっきまで料理していたとは思えないくらい。

調理場調理場












貴重なオーブンやいろいろ。ここでは、焼いていない炭を使っているそうで、見ると積み木みたいなんですが、ここから美味しい料理が生まれるのですね。
お肉を焼く機械木炭











更に地下を降りると、パテシェの調理場。そして、お酒の貯蔵庫へ。

パテシエの調理場仕込み中












ひんやりしていて、カーブ独特のにおいです。
オーナーがワイナリーを経営されているとか。秘蔵のお酒もいっぱいありました。

お酒の貯蔵庫いろいろ











こんな貴重な所を拝見できるとは・・・なかなかできません。
ウマダ様に感謝。
シャンパーニュシャンパーニュ












ここはホテルも併設しています。
私は泊まらなかったけれど、泊まった方のお部屋を見学。
クラシックな調度品に天井の高いこと、カーテンの長いこと。
ベランダで寝袋でも寝かせて欲しかった(笑)

お部屋お部屋












おやすみなさいして、夜更けのレクレイエールを後にしました。

夜更け









http://www.lescrayeres.com/
人気ブログランキングへ

ranmarun at 06:37│Comments(0)TrackBack(0) フレンチ | フランス

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ラ・グリラーデ@エペルネタイユバン@パリ