ル・マノアール・ダスティン@銀座レ・ヌガ@銀座

September 06, 2008

煮込みやなりた@代々木3

代々木にあるなかなか予約のとれないお店。
「煮込みやなりた」カウンター10席とテーブル席が3つくらいなので、いつも満席です。「煮」と描かれた看板とビニールシートの中は居酒屋の雰囲気。ここは、ワイン居酒屋なのです。予約時には、当然のように「ワインの飲めますよね」と確認されます。

煮込みやなりた煮込みやなりた












ワインもシャンパンも安価でいろいろありますが、この日はおすすめのロゼ「クレマン・デ・ブルゴーニュ」ロゼでもすっきりとした味わいで、お料理にも合いました。
ロゼシャンパン












シェフのなりたさんは、1人で作っているので、混雑時にはお皿が出てくるまで、時間がかかります。でも、調理しているところを見ながら、楽しみに待つお酒も美味しいんです。

まずは、誰もが頼む「砂肝サラダ」
砂肝サラダ

バケツいっぱいはあるだろうかというくらいのたっぷりお野菜を粒マスタードが利いたヴィネガードレッシングで和えて、たっぷりの砂肝の煮込みと生ハムがのせられています。このボリュームにまず驚きました!これで1000円です。







「鶏肉のシャンパンビネガー煮込み」

鶏肉のシャンパンビネガー煮込み
ボリュームびっくり!骨付きの腿肉を柔らかく煮込んで、マッシュポテトと焼きトマトがそえてあります。
このお肉がジューシーでとっても美味しかったです。付け合せのマッシュポテトとトマトと鶏肉を煮込んだお野菜の優しいブイヨンが合わさると、絶妙な奥深い味わい。
それでいて塩加減もちょうど良くて、ぺろりと食べちゃいました。1600円。



「ラムのロースト バジルとほうれん草のソース」
ラムのロースト バジルとほうれんそうソース

ラムは粒胡椒をまぶして塊のまま焼き、切り分けます。結構レアだったのですが、繊維質が荒くちょっと固めでした。バジルとほうれん草のグリーンソースはこれまた絶妙に美味しいですが、お肉がちょっと残念でした。まあ値段が値段ですから仕方ないか。。。2500円。



そして、次回の予約をして帰りました。
とにかくはんぱな量でないので、大勢で来てシェアしないと皿数食べれません。
トリッパのトマト煮込みオーブン焼きも次回食べたいです。


「煮込みやなりた」

東京都渋谷区千駄ヶ谷5-20-19

03-3355-2538


人気ブログランキングへ


ranmarun at 23:49│Comments(0)TrackBack(0) フレンチ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ル・マノアール・ダスティン@銀座レ・ヌガ@銀座