麺・麺雪の降る街を

November 23, 2008

アピシウス@有楽町3

創業25周年の「ノスタルジーとイヴェルナージュの晩餐」

アピシウスりんご












最終回です。バカラの花瓶にりんごがいっぱい。
今年の25周年フェアで3回行きましたが、今宵はどんなお料理が出てくるのか楽しみです。

長年変わらない位置皿に変わらないサービス。
クラシックレストラン好きとしては、ずっと続いてほしいです。
ノスタルジーコースを選択しました。

位置皿メニュー












オリーブはグリーンが好きです。ここのは、ついつい食べ過ぎてしまいます。
パンは海草入りとそば粉、シャンピニオン。

オリーブパン












アミューズは、マグロのたたき風黄にらとトリュフが和えたものとキッシュ。
生クリームがたっぷり入った上品なキッシュに添えてあるトマトソースが美味。

アミューズ白ワイン












白ワインは茸に合わせて芳醇な樽感のあるものでした。
「野生の茸と帆立貝のムーステリーヌ 胡瓜のクリーム添え1983」
トランペット茸、花びら茸、ジロール茸、平茸、しめじのマリネを添えて。
テリーヌは2枚もあるボリュームにびっくり。でも軽い味わいです。

野生の茸と帆立貝のテリーヌ水山産牡蠣のフラン エシャロットソース











「気仙沼産唐桑半島 水山産牡蠣のフラン エシャロットソース1986」
牡蠣をしっかり裏ごしした濃厚ムースと軽めのフランが2層仕立てになっています。その旨みはしっかりと。ワインのシャブリが合いました♪

「ムール貝のクリームスープ サフラン風味1989」

濃厚なスープです。
玉葱や人参、ぺーコンを程よく炒め、ニンニクを利かせて、中は具沢山。ムール貝の旨みが詰まったクリーミーなスープです。


ムール貝のクリームスープ サフラン風味















「ノルウェー産鮭のヴァプール ディル風味ソース1987」

シンプルに蒸し焼きした鮭。脂ものっていてやわらかです。添えた蕪も美味しい。そして、ソースが酸味とディルの香りが利いています。

ノルウェー産鮭のヴァプール ディル風味ソース
















「蝦夷鹿のポワレ 芋セロリと栗のビューレ ポワブラードソース」

柔らかな赤みの鹿肉。焼き加減もいいです。お料理全般塩加減控えめでしたが、胡椒をかけるとさらに赤身肉の旨みが増加して、ジューシーな味わいになります。

蝦夷鹿のポワレ ボワブラードソース

















フロマージュはウォッシュ系を中心に頂きました。

フロマージュ












「西洋梨のクープ バニラアイスクリームとチョコレートガナッシュ添え」

西洋梨のクープ ポートワイン












クリーミーなカスタードソースの中に、さくさくの洋梨とガナッシュが入っています。クランチのガナッシュとピスタチオがまた美味しいの。
ポートワインと共に。

ここで、カメラに興味を持たれたサービスのA氏に貸したら、
いろんな名画を撮ってきてくださいました(笑)

絵画















そう、ここはユトリロやシャガールなど、いろんな名画が勢ぞろいしているんです。

絵画















他にも沢山の作品があるのですが・・・
美術館ではなかなか見れない原画も多数。

個室















こちらは、個室。

今回飲んだワイン達のラインナップです。
お料理一皿に1種類ずつ頂きました。そのマリアージュも素晴らしかったです。

ワイン達















そして、プティフールのワゴンも圧巻でした。
エスプレッソとハーブティーでいろいろ頂きました。
塩サブレが美味しかったです。

プティフールプティフール












連日満席。昔の料理が頂けるこういう催しはまたとないので、訪問できたことに感謝です。

人気ブログランキングへ


「アピシウス」

東京都 千代田区有楽町1-9-4 蚕糸会館B1 [地図]

 03-3214-1361






ranmarun at 22:23│Comments(0)TrackBack(0) フレンチ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
麺・麺雪の降る街を