土俗村参鶏湯@ソウルウォンジョ・マサン・ハルメアグチプ@ソウル

February 03, 2009

ピエール・ガニエール・ソウル@ソウル3

ソウルのロッテホテルに昨年10月にOPENした「ピエール・ガニエール・ソウル」へ行きました。

ピエール・ガニエール・ソウル店内












お料理は、コースのエスプリ・ピエール・ガニエールを頼みました。
最上階の35階から、夜景を眺めながら優雅なひと時夜

アミューズが運ばれてきて、シャンパンを頂きながらメニュー選び。

位置皿アミューズ












まず運ばれてきた3皿。
:グァバとリンゴのジュレに蟹肉とパルメザンチーズ。フルーティーであっさりとしています。
仔牛:レアな仔牛の鞍下肉の中に鮑と白身魚とオリーブが包まれています。写真はサーモンみたいですが、柔らかな旨みの濃い仔牛です。ブイヨンのソースが美味しい。

蟹仔牛













イカと帆立とグレープフルーツだったかな。赤唐辛子の赤ピーマンのソースで。
パンも美味しいです。
帆立パン












セップ茸のロワイヤル:茶碗蒸し仕立てになっていて、セップ茸のクリームスープとみかんとクレソンのソースにアーモンド。
フルーツ使いが面白いです。

セップ茸
















魚介のスープ
新鮮なさざえ、いいだこ、ムール貝などの魚介にトマトとキャベツなどを合わせた濃厚なフュメドポワソン。特にいいだこは柔らかくて美味しい韓国食材ですからね。
いろんなエキスがカプチーノ仕立てになったまろやかな味わいにノックアウトでした目がハート
魚介のスープ















ブリのスモークには、ほやがのせてあります。
ほやとぶりの組み合わせ。サラダには胡麻の葉が入っていて、韓国らしいです。胡麻の葉好きなの。
ぶり













帆立のロースト:小ぶりな帆立ですが、カリフラワーとベーコンのカレー風味ソースと和えて、ブロッコリーのグリーンソースと。ブロッコリーのソース美味でした。
帆立















ランゴスティーヌ:花梨とバジルとサフランソースで。
串の海老のソースは甘酸っぱいざくろです。生姜も入っていました。
メートルがpomegranateって日本語でなんていうかわからないというので、ざくろと言いました。そういえば、バジルもほうれん草と言ってたし・・・日本人客が多いみたいで、虎の巻手帳に書きこしてあげました。

ランゴスティーヌランゴスティーヌ












お口直しのインフュージョン「グリグリ」:ぐりぐりの意味がわからなかったんですが、
アロエ。パパイヤ、チェリー、キャロットに温かいコンソメスープが注がれますぐりぐり















見た目八宝茶のようですが、フルーツとコンソメの優しい味わいが胃を休めます。

メインは牛フィレのロースト
ホースラデッシュとビーツの赤いソース。なぜかキャビアが沢山のってました。キャビアだけでも美味しいです。

牛フィレ















付け合せは、これまたびっくり!フランセーズキムチとフォアグラ
雲丹のような皮で包んだ(イカで包んであるらしい)フォアグラとキムチの角切りが入っています。フランセーズキムチと表記してあったので、面白い。でも、フォアグラとキムチは、合わない気がします(笑)と、ポテトのムースリーヌでした。

フランセーズキムチポテトのムースリーヌ












フロマージュはシェーブルをアイスクリームのように冷たく仕立ててあります。周りにはココナッツをまぶして、ガーリックチップと黒いソースは黒ニンニクのソースです。

フロマージュ















意外な組み合わせですが、ニンニク特有の臭みはなくて、ガーリックチップはアーモンドのよう。黒ニンニクはチョコレートソースのように可憐な味でした。これも美味しい♪くせがなくてチーズケーキのアイスクリームのようです。


デセールは5皿も・・・
バナナのチップにマスカルポーネ、メイプルシロップをかけて頂きます。
マンダリンとバニラアイス。パウダーもマンダリン風味。
バナナチップとマスカルポーネバニラとマンダリン












柚子のシャーベットと唐辛子のチップ。
アップルパイの上にはルコラがのっています。

柚子ソルベアップルパイ












クロケット風のショコラにグレープのゼリー。パッションフルーツのソース。プティフールは、オレンジ、八角、シナモンなどをミックスしたリキュールと小菓子。
クロケット風のショコラにグレープのゼリーオレンジ、八角、シナモンなどをミックスしたリキュール












ワインは高かったけど、素晴らしい料理と行き届いたサービス共に満足できました。

食後、メインダイニングの他に、個室が4室あるということで、見学させていただきました。

個室個室























個室個室












素敵な雰囲気と行き届いたサービスで満足でした。

人気ブログランキングへ

ranmarun at 06:53│Comments(0)TrackBack(0) フレンチ | 韓国

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
土俗村参鶏湯@ソウルウォンジョ・マサン・ハルメアグチプ@ソウル