チャヤマクロビオティックレストラン@新宿すし匠まさ@西麻布

April 22, 2009

ヴォーロ・コズィ@白山4

うららかな春の陽射し。白山にある「ヴォーロ・コズィ」にランチで行ってきました。代々木上原のヴォナ・ヴィータのシェフだった西口シェフがイタリアから戻って開いたリストランテ。開店当初は全国のイタリアンシェフがこぞって視察に訪れたらしい・・・とにかく実力派のシェフです。

ヴォロ・コズィ















以前訪れたのは夜でしたが、昼は女性客がメインで満席でした。
スプマンテとチーズの自家製グリッシーニを頂きながら、メニュー選び。
画像にはないですが、このグリッシーニが美味しくて食欲をかきたてます。
ランチメニューは3800円からですが、前菜、パスタが2種の6500円のコースにしました。


アミューズで、白レバーペーストと一口ピザパイ。真ん中のスティックは、セロリをチキンブイヨンで煮てから、マリネ漬けした感じ。

アミューズ















さらにアミューズでグリーンアスパラのスープ
チキンブイヨンとグリーンアスパラのまろやかな優しい味わいのスープ。
クルトンとアスパラの歯ごたえ。オリーブオイルが香り立ってアクセントになっていました。
グリーンアスパラのスープ
















そして、ヴェネツィア風魚介の盛り合わせ
ヴェネツィアというとバーカロで、いろいろ一口つまみを楽しんだのを思い出しますが、ここのアンティパストミストはほんと繊細です。上から時計周りに、オマール海老のマリネ、花ズッキーニの詰め物、カジキマグロのスモーク、タラのパテ、ホタテのロースト、ウナギのマリネ、小アジのフリット、タコのテリーヌ、真ん中はボタンエビのマリネキャビア添え。

魚介の盛り合わせ















一品一品丁寧に調理されていて、どれを頂こうか迷います。
でも、あっさりめの味付けでどれから頂いてもバランスよく、その素材の味が感じられます。特にタコのテリーヌは最高!シンプルながらにもどうやって作るんだろうなって・・・一本足をうまく円形につなぎ合わせているのですね。
友人はタコ嫌いだったのですがうまい!と絶賛していました。

ウナギやズッキーニのドレサージュも素敵。花ズッキーニにイカと野菜を丁寧に詰めています。
ホタテに軽いローズマリー風味とか、ハーブの使い方もすごくいいです。
カジキマグロの脂や水分を落とし、旨味を凝縮した燻製加減も素晴らしい。
前菜でこれだけ充実しているのが満足度高しです。

うなぎのマリネ花ズッキーニの詰め物












前菜2皿目は、フォアグラのムースと豚肉のパテ・ド・カンパーニュ
これは、フレンチですね。なめらかなフォアグラのムースは、クリーミーで自家製ブリオッシュとの相性もいいです。そして、豚肉のいろんな部位を使ったテリーヌ。ほのかな酸味としっとりとした肉質が感じられる一品。厚切りで食べたくなってしまいます。添えられたパルミジャーノのチップスがワインがすすむ。。。

フォアグラのムースと豚のゼリー寄せ
















ワインは、カザルフェッロ2004
思ったより濃厚で果実味と樽感が味わえました。

ワイン















パスタ1品目は、オマール海老のラザニア
ココットの中には熱々で、こんがりチーズの焼けた香りがたちこめます。

オマール海老のラザニア















中は、オマールの味噌と身のラグーソースが薄く伸ばされたラザニアに
何層にも重ねられ、その香りはもちろん、旨味がぐぐっとパスタにしみこんでいて、一口運ぶごとに幸せな気分になってきます
オマール海老のラザニア















パスタ2皿目は、ポレンタとタレッジョチーズのラビオリ
花形の薄いラビオリの中に、細かいポレンタとチーズの香り。
出来たて、湯でたてだからこそ、シンプルで美味しい。
これにパルメザンの微妙な塩加減が加わって、パスタの弾力を引き立てています。

ポレンタとタレッジョチーズのラビオリ















メインは、牛ヒレのロースト ホワイトアスパラと菜の花のソテー
まず、ホワイトアスパラの太さに驚きました。直径3センチはありましたから^^;
それが、繊維質も感じることなく、しっかり柔らかなんです。
牛フィレも赤身の極やわらかな部分だけをゆっくり火入れした感じで、甘い肉汁がとろけます。
そこに春の菜の花の苦味が加わってバランスいいこと。

牛ヒレ肉のロースト
















ここのメインは、以前ヤギの赤ワイン煮込みを頂きましたが、フレンチ技法なのね。単に焼くだけでなく、素材のマイナスな部分をプラスプラスに引き出すように、丁寧に調理しています。フレンチのようにソースでごまかせないからこそ、
あくまでもシンプルに。


ドルチェは盛り合わせを頂きました。
温かい砂のケーキ、アーモンドのセミブレッド、パッションフルーツのアイス、
パンナコッタ。砂のケーキはトウモロコシ粉を使っているそうです。
さっくり感がいいですね。

ドルチェミスト
















追加でアップルパイも。

厚切りのリンゴをこってり甘めに煮詰めて、マスカルポーネのアイスと共に、薄生地のサクサクのパイで二枚貝のようにはさんであります。

アップルパイ















食後は、紅茶と小菓子。

プティフール















ランチなのにディナーコースで食べちゃった!
終了16時半ですから(笑)
お酒はちょっと高めですが、細かなサービスやクラシックな雰囲気で、満足できました。

 人気ブログランキングへ


「ヴォーロ コズィ」

文京区白山4-37-22

TEL 03-5319-3351





ranmarun at 00:39│Comments(0)TrackBack(0) イタリアン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
チャヤマクロビオティックレストラン@新宿すし匠まさ@西麻布