すし匠まさ@西麻布バスクへの旅のはじまり

April 25, 2009

江南飯店@衣笠4

中華では、定期的に通っているお店、「江南飯店」に行きました。
江南飯店









今回は「お茶とスイーツを楽しむ」がテーマで、中国茶に精髄しているお方の企画でお誘い頂きました。自前の茶器も素晴らしいです。

茶器















まずは、この器で安渓烏龍茶 を頂きました。その中でも特級の非常に高価な茶葉で、肉厚。表面は波打っていて、濃い緑色。半発酵なので、紅茶の甘みと緑茶の香りを併せ持つ、独特の旨味が特徴です。 可憐なスミレにような香りを感じさせました。お料理の前に香りを楽しみました。

車海老の紅白仕立て
一皿目から濃厚なお料理。海老チリと海老マヨのコンビは食欲そそる一品。
特にエビマヨの海老の大きいこと。エビチリの味つけは、甘味と辛味のバランスがいいです。

車海老の紅白仕立て















こんなにぷりぷりで、海老マヨにはマンゴーや松の実がアクセント。
海老チリもワンタン揚げとオレンジの香りがうま味を引き立てます。

ぷりぷり















それから2種のお茶を入れて頂きました。
あっさりすっきりな青茶はお料理のお口直しに、炭茶は香ばしい香りと苦みがあり、濃い目の味付けのお料理を引き立てます。

茶葉茶葉












どちらも香りが素晴らしく交互に飲んではお料理を頂く・・・

お茶















ふかひれと海鮮のアボガドスープ

濃厚な上湯とクリーミーなアボガドのスープに、海老やイカ、ふかひれの金糸が入っています。

ふかひれと海鮮のアボガドスープ















とろりとした優しいうま味の溶けるスープで、こちらは青茶を合わせると、さらに繊細な上湯の味が感じられます。

とろり
















そして、スイーツ登場。ここの名スイーツの柳枝甘露
どんぶりくらいのたっぷりポーションです。

柳枝甘露















杏仁豆腐、マンゴープリン、タピオカ、葛餅、ナタデココ、ライチ、グレープフルーツとココナッツミルクでとっても具沢山な王道。
あっさり甘さ控えめなので、するすると入ってしまいます。幸せ満足気分♪

柳枝甘露















続いて、林檎のコンポートととろとろキクラゲ仕立て

林檎のコンポートととろとろ白きくらげ仕立て















甘く煮込んだ林檎にスライスした林檎がのせてあります。
添えてあるお花が可愛いですね。
白キクラゲはとろりと煮詰め、かすかに塩味を感じる金華ハムの香り。
このコンビネーションがたまりません。
林檎のコンポートととろとろ白きくらげ仕立て















繊細なスイーツの後には、焼き餃子。
厚めの皮で包んだ餡から肉汁がたっぷり溢れます。
何もつけなくてもそのままでジューシー美味しいです。
一皿独り占めして、ビールを飲みたい気分♪

江南焼き餃子















ホタテ貝とエビのカリカリ焼きそば
海鮮焼きそばは通常塩味なのですが、夏の名物へちま焼きそばを、茄子に変えて、少し醤油風味に。カリカリに焼いた麺と具沢山の海鮮餡がからみあって、
とっても美味しい。甘味の後の塩味は食欲を増進します。

ホタテ貝とエビのぱりぱり焼きそば















さらに登場した鶏の旨煮あんかけご飯

柔らかく蒸した鶏肉を五香を利かせて煮込み、ニンニク青菜炒めと共に。
これは、週替わりランチ限定メニューらしいですが、くせになるほど美味しかった。何杯もおかわりしてしまいました。

蒸し鶏の旨煮あんかけご飯















女児紅ココナッツのブラマンジェ
シンプルですが、これぞという濃厚さが素晴らしい。

女児紅ココナッツのブラマンジェ















女児紅とは紹興酒の種類です。甘味が強く紹興酒というよりもブランデーを感じるような香りですが、こちらを煮詰めたソースと、クリーミーなブラマンジェは大人の味です。自家製の米麹から醸す香りもアクセントになっています。

女児紅ブラマンジェ












〆は、福青山茶ゼリー
香り高いお茶と氷砂糖だけのぷるぷるゼリーですが、濃厚に入れようとすると、冷やした時に濁ってしまうので、温度や葉の量など難しいはず。香りを生かし、クリアなゼリーです。

福青山茶ゼリー福青山茶ゼリー













いつ行っても江南飯店ラブです

人気ブログランキングへ

「江南飯店」

〒238-0031 神奈川県 横須賀市衣笠栄町1-22-16

TEL / FAX : 046-852-9595  



ranmarun at 23:57│Comments(0)TrackBack(0) チャイニーズ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
すし匠まさ@西麻布バスクへの旅のはじまり