ポール・ボキューズ@六本木小田島@六本木

November 29, 2009

エキュレ@西麻布4

10月に来栖けい氏がプロデュースしたお店「エキュレ」に行ってきました。
年内はすでに予約いっぱいで、たまたまキャンセルの席が空き行ってきました。
1年ごとにシェフを変えていき、自分のお気に入りのパンやスイーツを出すというスタイルです。

最初の1年間は、フレンチでカンテサンスにいたシェフです。

エキュレ












メニューは、その日の仕入れで変わるそうで、想像力をかき立てるようなお品書きです。まずは、 かりっとした脂ハモンデイベリコベジョータ かりっとしたハモンイベリコの風味。
通してドラモットのシャンパンで頂きました。

menuカリっとした脂












カロチン にんじん・ミカン・あんぽ柿
ニンジンのコンソメスープにみかんの泡、柚子のスライスが入っていて、甘さをひきたてます。あんぽ柿は衣をつけて、ニンジンの形にしてあります。

カロチン
















本日のパンは、5種類。好きなものを好きなだけ温めなおして出してくださいます。
大阪のブランジェリータケウチの天然酵母オリーブ、生地の中にはオリーブが入っています。塩加減が効いていておつまみにいい感じ。これは一人1個のみです。

パンブランジュリタケウチ












パン工房風見鶏の 石焼釜塩トースト とレジオンのレジオン22。
石焼塩トーストが個人的には、好み。ふわっと広がる小麦の香りと甘みがくせになります。
パンが美味しくてついついおかわり、食べすぎてしまいます。

石窯焼き塩トーストレジオン22 














美白 かわはぎと肝とマッシュルーム
かわはぎの上にフレッシュなマッシュルームのスライスをのせ、肝をレモンで溶いたソース。不思議な磯の香りがします。さらにポルチーニのパウダーがかかっています。

美白















ホタテパン ホタテ・黒トリュフ・カリフラワー
これがとても美味しかった一品。薄くスライスしてカリッと揚げた石窯焼き塩トーストでホタテをサンド。うまみを凝縮して火入れしたホタテにカリフラワーのソースとトリュフが絶妙のバランスです。これもう一個食べたい♪

ホタテパン
















じゃがバター フォアグラ・さつまいも
さつまいもの甘みしっかりとフォアグラの旨みが感じられます。

じゃがバター















潮風 アザハタ・しじみ・青菜
アザハタは皮をかりっと。しじみのエキスと青菜の香りがさわやかな潮風を感じられる一品。優しい味わいです。

潮風
















来日 鴨・焼ネギ
しっとり柔らかな鴨は低温調理され、つややかな肉質。
焼きネギというのは、多分焼いたポアロ葱をペースト状にしているのかな。
ソムリエはイタリアワインがお好きなようで、シシリーの赤を頂きました。

来日















タルトタタン 紅玉・シナモン
煮詰めたリンゴにエスプーマ。意外にあっさりしています。

タルトタタン
















それにしても、どの皿もメニューのネーミングがおもしろいです。
出てくるまでの想像が楽しいです。

そして、サプライズなのは、食後のコーヒー。
ミ・カフェートのグランクリュカフェは、なんとシャンパンボトルで登場。
栓を抜いた瞬間に香ばしいかおりが広がります。
100グラム6000円もする高価な豆をその都度挽いてくださいます。

ボトルに入った





















さらに、来栖けい氏お気に入りのスイーツ店からのスペシャルなお取り寄せ。

奥から一幸庵の椿餅・ ランベリーのクグロフ・ パティスリー リョーコのキャラドゥー・ パティスリーカー・ヴァンソンのアメール 80%・ パティスリー スリールのフロマージュキュイ・ ショコラティエ ・ ショコラティエミキのボンボンショコラ  エキュレ。
これだけの種類が一度に食べれるとは・・・まさにオールスターの競演です。

デセール6種















エキュレ(右下)は、さきほどのコーヒー豆を使ったショコラ。まずはこれを一口。オリジナルで作って頂いているそうで、一粒いくらするんだろう?

そして、目の前で挽いたコーヒーを来栖氏が目の前で入れてくださいます。
お湯を注ぐごとに広がる芳醇な香りがたまりません。

カフェ
















スイーツの頂く順番も示唆してくださって、なるほど・・と思いました。
アメールとキャラドゥーは最後に。濃厚な味がコーヒーととても合うんです。
コーヒーは、ワイングラスのような器で出してくださるのですが、
ワインを嗜むようにデキャンタージュすると、さらに香りと甘みが増すんですね。

カフェ
















コーヒーの2杯目までは、コースに含まれています。1杯目は、スイーツに合うように少し酸味をきかせ、2杯目は、濃い目に入れてくださいます。
入れ方で味も香りも全然変わります。
さすが、最高級の豆で入れたコーヒー一杯の真実。

まだオープン仕立てですが、これからどう展開していくのかが楽しみです。


「エキュレ」

東京都港区西麻布2-26-20 ニューシティ・レジデンス西麻布ツインタワーII B1F.

Tel 03-6427‐4670

ranmarun at 23:44│Comments(0)TrackBack(0) フレンチ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ポール・ボキューズ@六本木小田島@六本木