Sensing @ParisVilla D'este @Como Vol.2

April 14, 2011

Villa D’este @Como Vol.13

パリのシャルル・ドゴール空港。
空港ホテルにて、
眠れなくて明け方から飛行機の発着を眺めながら、シャンパン。
曇り空だが、目的地はきっと晴れるだろう。

空港















空港にて。
ホテルから直結しているので、随分早く着いてしまって、下のカフェでお茶してみたけど、まだ時間が余っている。

空港
















パリからミラノ、そして、コモまで来ました。
湖がとても綺麗です。

Como


















ホテルは「VILLA D'ESTE」

コモ湖周辺では最高級のホテル。以前から憧れて泊ってみたかった所です。

.

















緑溢れるエントランス。


.


















湖畔のホテルいいな♪

.

















room
薔薇の花の絵が飾ってあります。

room

















アメニティも自社ブランド。
香りがいいの♪


amenity


















バスタブ

bath

















夕食は、館内の「Risttante Veranda」へ。


menu

















Barスペースで、スプマンテ。
ライスコロッケとオリーブをつまみに。
そういや朝から何も食べてなかったんだっけ。

Bar

















高い天井にシャンデリアが

Bar

















そして、レストランへ向かいます。

このホテルはある貴族の屋敷を改装したので、その貴族の紋章かしら。

.

















アミューズで牛のタルタル
サラダ仕立てになっています。

タルタル


















キャビア

マッシュポテトにキャビアたっぷり。
この上なく幸せを感じる一皿です。


キャビア

















シーフード

ランゴスタのソテー、パンケーキにのせたヤリイカ、チーズスティック、
ケッパー添え


アミューズ

















ズワイ蟹のパスタ

タヤリンかキタッラのような食感のパスタに濃厚な蟹の旨みがしみていて、
蟹肉がたっぷり。

蟹パスタ

















赤ワインはこちら。

ワイン

















口あたりは柔らかく、時間が経つごとにしっかりと深い香りがたまりません。

ワイン


















牛頬肉の煮込み

トリュフの香りのポテトムースリーヌに柔らかく煮込んだ頬肉。
赤ワインにすごく合います。

牛ほほ煮込み


















お腹いっぱいでドルチェはパス。

びっくりするほどの美味しさというわけではありませんが、ほぼ満席でした。
コモの他のレストランは、さほど美味しくないらしく、きっと周辺に泊っている観光客もここに来たのでしょう。

ブオノッテ


「Villa D'este」

via Regina 40-22012 Cernobbip Como

39 031 3481



ranmarun at 17:26│Comments(0)TrackBack(0) 旅行 | イタリア

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Sensing @ParisVilla D'este @Como Vol.2