La Fiorita ristrante cafe vini @表参道芝浦@三宿

April 21, 2011

SALONE 2007@横浜4








横浜にある「SALONE 2007」に行ってきました。
以前から行きたいと思っていたお店です。

まずは、スプマンテにこちらから運ばれてきました。

山形牛のスピエディーノ
柔らかくとろけるお肉でメイクイーンとトリュフを串刺しにして、
お肉の甘みが感じられるスペシャリテです。


Salone2007


















平目のマリネとアスパラガスと雲丹のムース

角切りの平目をオレンジの皮と和え柑橘系のさっぱりした香り。
アスパラガスのムースには雲丹とエスプレッソの粉をかけて、とろける一品です。

.


















パンはポンテケージョのように、もちもち熱々です。
美味しくていくらでも食べてしまいます。

パン

















鮮魚のヴァポーレ

真鯛と蛸と蛤の深い出汁が美味しい。アブッリオ州のオレンジオイルが垂らしてあり、優しい仕上がり。お魚には柑橘系を加えると魚介のくさみがまろやかになります。

.


















ワインはシャルドネで。

.

















マルモ 鶏肉とチコリーのテリーヌ ルバーヴ、オレガノ、トンカ豆

イタリア語で大理石という意味です。鶏肉とチコリーをミルフィーユ状に層に仕立ててあります。ルバーブのソースに、オレガノ、ベネズエラ産トンカ豆と桜の香り。それぞれの組み合わせが面白かった。

.

















ワイン。これは初めて飲みます。

ワイン

















表ラベルではわからないので、裏もパチリ

ワイン

















ニョッキ 空豆とリコッタ 生ハムクロッカン

ニョッキというべきかラヴィオリというべきか。そら豆のムースとリコッタペコリーノが中に入っていて、焦がしバターのソース。生ハムをカリッと焼いたものとバルサミコ、そして、ミントの葉がアクセント。ミントが加わるだけでその味は奥深くなります。これは絶妙な今まで食べたニョッキで1番美味しかったかも。

bajilがアクセント

















アマローネ

ワイン

















仏産鴨のクッキアイオ

50度で1時間調理した鴨に、マジョラムの葉、カシス、ゴルゴンゾーラ、
栗の蜂蜜を添えて。ワンスプーンの中に、異なる食感や味わいをもつ食材の未知なる味覚が・・・
この計算された組み合わせすごいなあ〜

one spoon

















PASTA Fresca ガルガネッリ 豚サルシッチャ 赤ワインのサルシーナ

ボローニャ州イモラの郷土料理のパスタ。サルシッチャのラグーとリコッタサラータとローズマリーの香りが効いています。

ragu

















ワイン

ワイン

















仔羊モモのクロスタ ズッキーニ、レモンジャム、クスクス

赤身のちょうどいい火入れ加減。ズッキーニと、レモンジャム、クスクス、アーティーチョークのこれまた面白い組み合わせ。

.

















林檎のコンポスタ

バースデードルチェのサプライズが嬉しいかったです♪
ありがとうございます
プラリネとサンブッカゼリーとコーヒー豆をあしらい、リンゴチップス。

Birthday Dolce

















食後酒も頂きました。


.

















甘くいい香り。

.

















小菓子もいろいろ。
パンナコッタやパローナ、生チョコ、マシュマロ、バナナのセミフレッドなどなど

.


















大満足のディナーでした。イタリア帰りですが、やはりここは洗練されているなと味覚が研ぎ澄まされる感じがしました。また来たいお店です。


「SALONE 2007」

横浜市中区山下町82−3 シタラビル1F

045−651−0113

ranmarun at 22:26│Comments(0)TrackBack(0) イタリアン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
La Fiorita ristrante cafe vini @表参道芝浦@三宿