カルネ・ジーオ@恵比寿Nuda@神戸元町

September 18, 2011

Ca Sento@神戸4

「カ・セント」に行きました。
神戸のモダンスパニッシュでは定評のあるお店。
初訪問でわくわく・・・(☆゚∀゚)


カ・セント

















まずはアミューズで、

明石産穴子と黒イチジクのミルフィーユ仕立て

アーモンドのパンケーキの上に炭火焼きの穴子。黒イチジクとトマトゼリー、モロヘイヤをのせて寿司のように面白い組み合わせです。

穴子と・・・

















小玉葱のフラン 海老のコンソメスープ


とろり柔らかなフランに優しい味の海老コンソメ。牡丹海老と花オクラと菊芋の花を添えて。
このスープ美味しいです。


海老の

















そして、タパスがいろいろ運ばれてきました。わくわくゾーン
このタパス達が楽しみなんでした〜

tapas

















鮑のモホソース

鮑に、パセリとコリアンダーとアーモンドのソース。空豆のピュレ。
少し酸味が利いています。


鮑と

















フォアグラのテリーヌとカカオのチュイレ

サクサクのチュイレに挟まれたフォアグラのテリーヌとカカオも甘い香りと味わい。どんどん溶けていくので早く食べてくださいと。
下のポップコーンサクサク食べちゃいます♪

Pop


















コルネ〜

但馬牛のタルタルをコルネの中に入れて、コカ風の薄いピザ生地の上にパプリカなどを使った赤いモホソースとカンボジアの生胡椒。
凝るね〜


フォアグラの

















明石蛸と胡瓜のグラニテ

白玉みたいなモッツァレラチーズが可愛い
胡瓜のグラニテって新鮮な味。

きゅうり


















コーヒーゼリーとパルメザン

デセールみたいですが、甘くないコーヒーゼリーにウズラの温泉卵をしのばせて、パルメザンチーズがかけられています。ティラミスみたいですが、これは食べてみないと表現できない味わい。カンボジアの生胡椒がのっています。


コーヒーの

















アンチョビトースト

スペインカンタブリアのアンチョビとアボカド、甘玉葱のスライスにガーリックチップをのせて。アンチョビ美味し〜
バルではこんな繊細なの食べれないもん。

あんちょび

















ブータンコロッケ

と評していいのかわからないけれど、ブータンのような血肉ソーセージを生ハムミンチと六甲チーズのフロマージュフレを合わせて砕いたパートフィロで。カリッとした中に濃厚な旨みが広がります。

ぶーたん

















個性的なタパスで面白かった〜♪


パンはサマーシュの。
ここのパンは美味しいので食べすぎてしまいます。何度もおかわりしました^^;


パン

















ヤリイカのアーモンドのガスパッチョ

いい感じに刃入れしてあるねっとりしたイカと、スペイン産生アーモンドとガーリックチップ。シブレットを添えてr。

剣先イカ

















本日の有機お野菜

フレッシュなお野菜には、焦がしバターとホエイミルクのスープをかけます。
前菜から荏胡麻の葉の存在がありましたが、韓国の荏胡麻の葉より苦みがない感じ。中には、ジャガイモや小玉葱などソテーした温野菜も沢山隠れています。

ホエイミルクスープをかけて

















のどぐろのソテー 

荏胡麻のピューレと黒にんにく、伏見唐辛子、鷹の爪のソース。
白胡麻と荏胡麻の葉。下にはキクラゲが隠れています。

.

















パン

pan

















仏ルーアル産鴨のロースト


弾力ある肉質。きくらげが付け合わせなのが面白い。
レッドムーンとたまご茸のピュレのナッツの泡。


ルーアン産鴨のロースト

















ワイン


ワイン


















ポットが運ばれてきました。


.


















ヴァレンシア風おじや

兎肉のおじやです。
トマトベースで野菜の旨みとブイヨンがつまっています。
いっぱいおかわりしました。

ヴァレンシア風おじや

















メロンのアイスクリームと六甲牧場のミルクアイス
シェリービネガー風味とカカオ風味の焼き菓子

確かにサクサク薄生地から、ほのかな酸味が感じられます。


ポストレ


















スペイン産チョコレートとヨーグルトとチョコレートのムース


ポストレ

















濃厚なショコラのムース。ヨーグルトのかすかにクリーミーな酸味。


横から見ると

















シェリーを頂きました。


.



















実はこの後にさらに葡萄のポストレがあったのですが・・・記述だけ。

巨峰の表面をカラメリゼして、マシュマロの中にも葡萄が。
アーモンドのムースとカルヴァドスとピスタチオのソースだった。

珈琲の器はA氏がデザインしたそう。
でも、これなら誰でも描けそう^^;


.



















ともあれ酔いよい宴でした〜


「Ca Sento」

神戸市中央区中山手通り4−16−14


078−272−6882







ranmarun at 22:26│Comments(0)TrackBack(0) スパニッシュ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
カルネ・ジーオ@恵比寿Nuda@神戸元町