St.John hotelの朝食@LondonVilla la Massa@Firenze

October 29, 2012

CHINA TANG @London3

ちょっとこ洒落た中華が食べたくて・・・
ドーチェスターホテルの「CHINA TANGに行きました。チャイナタウンの中華はいろいろあるけど、カジュアルな店ばかり。ロンドンでもっと洗練された中華はないだろうかということで。。。

ホテルのエントランスから繋がるメインBarへ。秋は柿か?でもカボチャと林檎のようです。オレンジ色の林檎って何だろう?

ラウンジ




















予約時間までBarでシャンパンを頂きます。
ビルカルサルモン・ロゼ。

ロゼ





















そして、店内へ。

Chainese






















ドア横にあった、ゴヤールの傘立て。
なんとも高価な傘立てだ(笑)

傘立て





















そこから階段を降ります。

.




































店内は、香港のチャイナクラブをデザインされた方だとか。

Bar





















こちらの方がポップな感じですが、雰囲気やインテリアが似ている気がします。

.




































壁のアート。

店内





















引き続きシャンパンを頂きながら。

ビルカルサルモン・ロゼ





















唐人館というのですね(笑)

.





































焼味2種

バラとロースの部位を分けて、蒸してからローストしたもの。
柔らかくしっとりとした豚肉が美味しい。皮目もカリッと焼いてあり、これはロンドンでは美味いレベルかも!

焼味





















海老のガーリック蒸し

ぷりぷりの海老を葱醤油とガーリックで。
殻のままくると思いましたが、きちんと尻尾もワタもとって、身を開いて、ぷりぷりの海老。美味しかった♪

海老






















白身魚の葱醤油蒸し

お魚は平目だったかしら。忘れちゃったけどレアで柔らかな火入れ。
こちらも細かな骨をしっかり処理してあって、しっとりした身が美味。繊細なSoy &Gingerソース。エンガワのところはプリプリでした。白ご飯投入(笑)

.





















豆苗炒め

やっぱりほうれん草のごとく、必須野菜。中国でも豆苗ってない。
日本ではなんでかいわれ大根みたいな豆苗しかないのかな。

豆苗





















蒸しバーグ

多分牛肉と野菜のミンチを混ぜてあるんだろうけど、具材を練り過ぎかな。
硬いし、旨味が抜けちゃっているので、香港のイカ,クワイや豚肉との蒸し物とは全く異なる。でも、それを再現しようとしてメニューにあったのは認めたい。

蒸しハンバーグ






















秘密の小部屋のレストルームは木彫りのコックコートとか。

レストルーム





















Barも豪華でスノッブな雰囲気でした。

Bar






















「CHINA TANG」

Parklane Mayfair Dorchester Hotel 

+74 20 7629 8888


ranmarun at 22:26│Comments(0)TrackBack(0) チャイニーズ | イギリス

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
St.John hotelの朝食@LondonVilla la Massa@Firenze