CHINA TANG @Londonランプレドットバーガー@Firenze

October 30, 2012

Villa la Massa@Firenze4

フィレンツェから郊外へ車で30分くらい。
「Villa la Massa」
に着きました。


Villa de massa





















大木が植えてあるエントランス。

.




































小さなテラス席。

・





















ロビーは吹き抜けになっています。

.





















お部屋は屋根裏小屋みたいな雰囲気で、木組みの天井が見えます。

・





















ホテルからフィレンツェ市内へのシャトルバスが出ているので、少し街探索しようかなと・・・




帰ってくると、おぼろ月夜の静かな夜です。

Villa de Masa






















天井が吹き抜けになっているロビーを上から眺める。

..





















メインダイニングで夕食です。

.





















スプマンテはフランチャコルタ・べラヴィスタ 2006

スプマンテ





















アミューズ
もちもちしたパン生地の上にポルチーニのムースだったかな。

アミューズ





















旬の白トリュフもありますよ〜とのことで。
グラム/9€でした。

白トリュフ





















トリュフメニューの中から

目玉焼きをグリーンアスパラガスのソテー

に白トリュフすりすり。
やはり卵とトリュフは相性がいいです。
今年は白トリュフが高騰しているので、すりすりを止めて頂くタイミングにも緊張する^^;

目玉焼き





















牛肉のカルパッチョとパルミジャーノのサラダ仕立てにもすりすり。

牛肉のカルパッチョ





















リゾット

イタリア米のほっこりアルデンテな火入れが素晴らしいです。
リゾットはシンプルが一番。

リゾット





















オマール海老のタリオリーニ

この茹で加減とソースの絡み具合が素敵。

パスタ





















メインは、トラディショナルにオーソ・ブッコ

トマトベースで柔らかく煮こまれています。ズッキーニや人参、パプリカなどのお野菜とサフラン風味のリゾットとマッシュポテトを軽く焼いたものが付け合せ。

オーソブッコ





















牛肉のソテーには、ハンバーグよりもゆるい、ハーブの効いた餃子餡のような挽肉のペーストがのっていて、面白い食感でした。

・





















スプマンテと赤ワイン

BELLA VISTA 2006とCamartina 2005

ワイン





















ドルチェはミックスベリーのミルフィーユ


ミルフィーユ





















プティフール

プティフール





















お腹いっぱいな夜でした。



「Villa la Massa」

Via della Massa 24 Candeli 50012

+39 055 626 11

ranmarun at 22:00│Comments(0)TrackBack(0) イタリアン | イタリア

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
CHINA TANG @Londonランプレドットバーガー@Firenze