晴山@三田IRIE LE JOYEUX ”ペリエ・ジュエとの夕べ”@南青山

November 30, 2013

PRISMA@南青山

「プリズマ」に行きました。

白トリュフの入荷があったそうで、遅い時間に白トリュフの料理だけちょこっと食べに行きました。

プリズマ




















入り口の大きな木の扉には、ニコライ・バーグマンのリース。
枝だけのリース。彼のシンプルな素材使い好きなんです。
そして、お店に雰囲気にもぴったり。

リース





















今宵のアルバ産白トリュフ。

白トリュフ





















干し鱈と白子のミネストラ

干し鱈のムースに白子をのせ、白トリュフをかけます。

・




















泡はTERZAVIA

・





















白トリュフのタリオリーニ

絶妙な茹で加減のタリオリーニに、パルミジャーノとアルバの白トリュフをたっぷり。
何度頂いたかはわかりませんが、この組み合わせは最強です。
今回はちょっと香りが少ないのが残念。仕入れ状況や個体差もあるので、仕方ないけれど。

白トリュフのタリオリーニ





















オーボリと白トリュフのリゾット

この時期にオーボリ(タマゴ茸)があるとは驚き。
サフラン風味に仕上げたオーボリのリゾットに白トリュフをたっぷりかけます。
これぞ、念願のマリアージュです。

オーボリのリゾット





















ワインは、La Castellada 2006

ワイン





















鮑とチーメラータ

蝦夷鮑をソテーし、チーメラータというイタリア菜の花を添え、鮑の肝とバジルのソース。
ここにも白トリュフをたっぷりかけます。

蝦夷鮑





















紅玉林檎のスープとロゼのエスプーマ

紅玉のスープとロゼのエスプーマ





















クレマ・カタラーナ

冷製のクレームブリュレに白トリュフをたっぷり。
大好きなドルチェです。

クレマカタラーナ




















プティフール

ドライフルーツや胡桃が入ったパネトーネ美味しかったです。
ドイツのシュトーレンと共に、クリスマスの焼き菓子として有名ですが、
イタリアだと、クリスマス以外にも、バレンタインやイースターにも食べるそうです。

プティフール





















「PRISMA」

港区南青山6−4−6 青山ALLEY1F

03−3406−3050

ranmarun at 23:30│Comments(0)TrackBack(0) イタリアン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
晴山@三田IRIE LE JOYEUX ”ペリエ・ジュエとの夕べ”@南青山