車力門ちゃわんぶ@荒木町松川@赤坂

August 27, 2014

鮨 あい澤@渋谷

「鮨 あい澤」に行きました。

あい澤





















写真撮影は不可です。

まずは、仙介 夏純米冷おろしを頂きます。

蛤  

 九十九里の蛤を蒸して、紫蘇と胡麻油で。

穴子の洗い 

 対馬の穴子は、先に皮を焼いてから洗いにして、梅肉を添えて。
 旨味があり美味しいです。

とり貝 

 千葉のとり貝。この時期もまだ美味しいとり貝が食べれるのは嬉しいです。
    

鰹たたき

 宮城の鰹をたたきにして。



 千葉大原の鮑のめがいを蒸して。

日本酒は、高千代 SummerBlue 純米大吟醸 。
無調整の夏生原酒です。

握りに入ります。

鮪 

 噴火湾の鮪中トロ。148圓里發痢12日目だそうです。

新子

 天草のシンコは2尾づけで。かぼすがかけてありますが、無くてもいいかな。



 愛媛八幡浜の真鯛。4日くらい寝かせて。

車海老

 ちょっと臭いが気になりました。

縞鯵

 八丈島のシマ鯵。脂がのっています。4日寝かせて。


金目鯛

 千葉の金目鯛は10日寝かせて。脂が回って身が締まり、旨味が柔らかく浸透しています。
 金目鯛は炙る方が多いけれど、上手く寝かせると美味しくなりますね。


日本酒 東一を追加オーダーしました。

●新いか

●赤雲丹  大分の赤雲丹

●鮪漬け

●いくら  新いくらなのに鰹出汁ががっしりと利き過ぎていて、勿体ないな。

●穴子

●玉子

●味噌汁

7月くらいから、以前いた裏方のスタッフを辞めさせたそうで、
今はお一人でやっているので、お酒を運ぶのも、お皿を片付けるのも、
小上がりの席まで運ぶのも全部一人でやっているので、
満席の店内はてんてこ舞いで、随分大変そうでした。
ところどころ気になったネタの粗さは忙しさからくるのかわかりませんが、ちょっと余裕がない感じでした。
もう少し握るに専念できる余裕が欲しいところ。またいい人材が入ってくれるといいですね。
10月にはご結婚されるそうで、おめでとうございます。
イケメン大将が握るお寿司、混んでいる時には少しお待たせしてしまうかもしれませんが、
温かく見守ってほしいです。


「鮨 あい澤」

渋谷区宇田川町42−15 中島ビル1F

03−5784−3309

ranmarun at 21:00│Comments(0)TrackBack(0) 寿司 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
車力門ちゃわんぶ@荒木町松川@赤坂