September 22, 2014

御料理はやし@京都

「御料理はやし」に行きました。

はやし





















写真撮影は不可なので、お品書きだけ明記します。

●梅酒

●柿白和え  柿、椎茸、蒟蒻、里芋などを白和えにして。
  
●八寸  虫篭をイメージした器の中には、銀杏、栗、生酢、イカ雲丹焼き、鮎子炊きなど。

●椀物  黒い椀の中に丸く蒸した玉締めを満月に、芽葱をすすきに見立てて、
      すっぽんの綺麗なお出汁で月とすっぽん。見事です。

●新いくら  山葵醤油で漬けた新いくら。

●きすの昆布〆  煎り酒をつけて。

●お造り  淡路の鯛、北海道の鰤、鰤の骨の間のリブの部分。

●蕪の重湯炊き  蕪の甘みがほっこりします。菊の器に盛り、菊が開花しているように。 

●寿司  淡路の鯖寿司、かんぴょう寿司

●焼物  笹カレイ焼き。身には脇に卵があります。骨煎餅を添えて。

●蛸  茹で立ての蛸はとろんと柔らかい食感。

●鯛しんじょうの湯葉餡   鯛のすり身を2時間かけて練り、このこを入れて団子状にしたものを
                 揚げ月見団子に見立てて。湯葉餡をかけて。

●渡り蟹の白和え  渡り蟹と菊、春菊を白和えにして。

●穴子焼きご飯  白焼きした穴子を白飯にのせて。

●無花果煮  静岡の大きな無花果を皮のまま甘煮。

●芋きんつば  芋餡と、蕎麦粉で練った百合根餡。

●抹茶


「御料理はやし」

京都市上京区梶井町448−61

075−213−4409




ranmarun at 12:30│Comments(0)TrackBack(0) 和食 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字