81@要町中華そば すずらん@恵比寿

March 23, 2015

松川@赤坂

「松川」に行きました。

・





















桜の香煎茶

桜茶





















シャンパンは、シエクルドール 1990

フルーリーは、ビオディナミの造り手として、最初に認定されました。
ピノノワール55%、シャルドネ45%。熟成したシェリー香と柔らかな酸味があり、
骨格はしっかりとしています。

シャンパン





















筍と平貝

蒲生の筍と愛知の平貝を焼いて、木の芽酢をかけて。

筍と平貝





















河豚とキャビアの飯蒸し

フグの身は片面だけ炙って、レアな食感としゃきっとした食感のグラデーション。
キャビアの塩気と旨味が合わさり、酢橘のほどよい酸味と共に、甘い旨みが増します。

河豚とキャビアの飯蒸し





















オコゼのお造り

瀬戸内のオコゼは、飴色がかった白色が濃く、オコゼ独特ののぶりんとした食感は、
噛み締めるごとに濃厚な旨味が広がります。
魚体も大きかったそうですが、こんなに肉厚で美味しいオコゼ初めて食べました。

オコゼ





















百合根のすり流し椀

滑らかで甘みのある百合根のすり流しの中には、わらび餅と焼き雲丹、焼いた蕗の董を添えて。
今まで頂いたことのない組み合わせです。京都の蕨粉を使った四角い蕨餅は、香りがあり、
とろんとした舌触りがたまりません。蕗の董と蕨で春を感じる優しい味わいです。

百合根のすり流し





















とこぶしと赤貝

三陸のとこぶしは、細かく斜めに切れ目を入れて蒸し、大分の赤貝と。
生姜酢か酢味噌で頂きます。

とこぶしと赤貝





















間人蟹

間人蟹は、もう今季は最後でしょう。名残りですが、しっかりと身も甘いです。

間人蟹





















焼きすっぽん

服部養鼈場のすっぽんを香味醤油焼きにして。

焼きすっぽん





















渡り蟹と山葵菜

銚子の渡り蟹と山葵菜を出しジュレで。

渡り蟹





















サザエの壺蒸し

千葉のサザエは、まずその大きさにびっくり。
画像で見るとそんなに大きく感じませんが、実際には握りこぶし二つ分くらいはある巨大なサザエです。
そこにサザエと筍と若布を入れて、お出汁で蒸してあります。木の芽を添えて。

びっくりサザエ





















サザエの歯ごたえのある食感とそこから出る貝の旨味、筍や若布の風味も加わり、
美味しいです。

サザエ





















ぐじ煮麺

焼いたぐじ、針茗荷、木の芽をのせた煮麺です。

ぐじ煮麺





















おこぜのあら炊きとご飯。

・





















お造りで頂いたオコゼのヒレの部分は、コラーゲンたっぷりでとろとろです。

あら煮





















近海たらこ

羅臼沖で獲れたたらこ。粒がしっかりとしていて、薄味です。

たらこ





















いくらとちりめん山椒と海苔でもご飯おかわりしちゃいます。

・





















桜餅

強力粉と白玉粉で練ったお餅を焼いて、餡子と桜の葉で包んで。

桜餅





















抹茶

抹茶





















苺のコアントローゼリーと金柑

デザート





















宮崎えびのの厳選された完熟金柑。「たまたま」のさらに上のクラスです。
皮ごと食べれて甘いです。

金柑





















生けてあるお花は椿と姫ミズキ。
椿の蕾が葉の裏側にあるのが特徴です。

姫ミズキと椿






















「松川」

港区赤坂1−11−6 赤坂テラスハウス1F

03−6277−7311


お持たせに頂いた筍ご飯。
絶品でした♪

筍ご飯

ranmarun at 20:30│Comments(0)TrackBack(0) 和食 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
81@要町中華そば すずらん@恵比寿