鳥料理 それがし@五反田五十嵐@札幌

April 01, 2015

マガーリ@札幌

久しぶりの札幌へ。
「マガーリ」に行きました。

まずは、スプマンテでスタートです。
ベラビスタは、泡が細かく泡持ちがいいので、すっきりとした喉ごし。

スプマンテ





















牛蒡のコンソメ

新牛蒡のコンソメ。もう最後の黒トリュフを削り、ウイスキーの香りで。

牛蒡のコンソメ





















使ったウイスキーはItiro's Molt ”CARD”
肥土伊知郎氏が手掛けた羽生蒸留所のシングルモルト。
2000年に製造がストップしてしまったが、2004年にオーナーが変わり、
2008年に秩父の蒸留所で復活させたそうです。
原酒も飲ませて頂きましたが、濃い褐色でペデロヒメネスのような甘みがあります。

ウイスキー





















馬腿肉のカルパッチョ

会津の馬肉のもも肉のカルパッチョ。
赤玉葱とプンタレッラ、パクチーの軸をスライスして、チーズをスライス。
胡桃や山ワサビを使い、アジアン風な仕立てになっています。

馬腿肉のカルパッチョ





















フォカッチャ

フォカッチャ





















RADIKON Riserva 1997

シャルドネ40%、ソーヴィニオン40%、ピノグリージョ20%。
最初はソルティなミネラル感があり、後にスパイシーさと完熟桃のような果実味が出てきます。

ワイン





















帆立とホワイトアスパラガス・蛍烏賊

レアに火入れした帆立と新函館のホワイトアスパラガス、蛍烏賊、墨烏賊を、
ディル、イタリアンパセリ、浜防風を刻み、ビネガーで和えたサルサヴェルデ的なピュレを添えて。
浜防風のきりっとした辛味がアクセントです。

帆立・ホワイトアスパラ・蛍烏賊





















鯛と白子・桜海老

長崎の鯛は皮目をカリット焼いて、ソテーした鯛の白子。
鯛は桜海老を食べているというイメージで、唐辛子オイルで煎り焼きにした桜海老を敷き、
新函館のグリーンアスパラガスと菜の花を添えて。

鯛と白子・桜海老





















仔牛のリードヴォーと山菜のソテー

北海道の仔牛のリードヴォーは初めて食べたかも。
京都物集女の筍、山菜は、うるい、こごみ、うど、わらび、タラの芽、京蕗、行者ニンニクをソテーして、
オリーブ、茸、ケッパー、をみじん切りして、赤ワインで煮詰めたピュレで和えて。

仔牛のリードヴォーと山菜





















阿部牛のハラミのタリアータ

白老町の阿部牛のハラミは、月に3頭分しか入らない希少部位なのだそうで、
真空して2週間くらい熟成させたそうです。
繊維が柔らかくなり、噛み締めると旨味がじゅわりと出てくる美味しさがたまりません。

阿部牛のハラミ





















雲丹のアーリオオーリオ

ニンニクを効かせたオイルとイタリアンパセリで炒めたスパゲッティに、
浜中の塩水雲丹をたっぷりとのせて。

雲丹のアーリオオーリオ





















ドルチェ

北海道由仁町のさちのか100%のジェラート。
糖度が高く甘い苺なので、無添加でジェラートに。

さちのか苺のジェラート





















王者之香

上品な香りのジャスミンティーです。

お茶





















焼き菓子と共に。

小菓子






















「マガーリ」

札幌市中央区双子山3−2−5 ソニア双子山4F

070−5288−8172




ranmarun at 20:30│Comments(0)TrackBack(0) イタリアン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
鳥料理 それがし@五反田五十嵐@札幌