趙楊@新橋一笑美茶樓@赤坂

May 12, 2015

霞町 すゑとみ@西麻布

「霞町 すゑとみ」に行きました。

すゑとみ





















お客様がいらっしゃるときには、写真撮影は不可です。

鮑の飯蒸し

また鮑を薄くスライスして、肝ソースをかけた飯蒸し。
肝ソースとお米が混じりあう美味さが絶妙です。


お造り

アマテカレイと唐津の雲丹。
それぞれが綺麗な味ですが、合わせると絶妙。
日本酒が進みます。

稚鮎の天ぷら

琵琶湖の稚鮎を天ぷらにして、蓼酢を頭の部分にのせて。


ここから秘密のお肉のスタートです。
希少な月の輪熊のお肉の炭火焼。
赤身は醤油、白身は生姜醤油を刷毛で塗って焼きます。

・





















1枚目のバラ肉は、野性味があります。

・





















2、3枚目は、白身と赤身をしっかりめに焼いて。

・





















その後は、大根おろしをのせて食べます、。

・





















10枚くらい食べたかな。スジの歯ごたえがある部分も噛み締めるごとに美味しいです。

.





















賀茂茄子

賀茂茄子を油通しして炊いたもの。

賀茂茄子





















今年の花山椒は、時期が早くもう最後。
ぎりぎりの花山椒を採っておいてくださいました。

花山椒





















花山椒と木の芽をたっぷり入れた鍋。

・





















ここで月の輪熊肉をしゃぶしゃぶにします。

・





















お出汁に絡ませながら、しゃぶしゃぶ・・・

・





















たっぷり花山椒の香りと熊肉の上品な脂。
1杯目はさっぱりと、2杯目は脂の甘みを感じます。
スープも美味しくてごくごく飲んでしまいます・・・

.





















アクはほとんど出ないのですが、浮いた脂を丁寧に取りながら、しゃぶしゃぶにします。
3杯目は、脂を取り除き、クリアなスープの中に熊肉のコクを感じます。
白い脂身の部分も噛むと甘みがじんわりと出てきます。
スープも美味しくてごくごく飲んでしまいます・・・

・





















柚子胡椒や黒七味も用意してくださいましたが、このお料理は、そのままを味わいたい。

・





















そして、もう一度新しいスープに切り替えてしゃぶしゃぶします。

・





















クリアなお出汁の中に浮かび上がった熊肉は、最初よりは厚みのあるお肉。
上質なお出汁と花山椒の爽やかな青い辛味と合わさる極上の旨味がたまりません。

・





















もう何杯食べたかわからないけれど、3人で2圓侶肉を堪能しました。
牛や他の肉では、ここまでの量は食べれないはずですが、するすると胃に入ってしまうのが、不思議です。
それは熊の脂が綺麗で重くないから。
まだまだ食べれる勢いでしたが、さすがに全部食べ尽くしたようです(笑)

・





















最後は中勢以の6か月熟成の和牛肉をしゃぶしゃぶに。
ほんのり熟成香と花山椒が合いますが、牛肉はこのくらいが丁度いいです^^;

牛肉





















すっぽん雑炊

〆はすっぽん雑炊。すっぽんのお出汁と玉子で煮込んだ雑炊です。

すっぽん雑炊





















すっぽん玉子の醤油漬けと香物

・





















すっぽんの玉子を雑炊の中に入れると、また濃厚な味わいです。

・





















デザート

小夏のゼリーだったかな。
さっぱりとした柑橘の風味です。

デザート





















熊にすっぽんと精力ついてしまいましたが、この日は台風の嵐だったので、
大人しく家に帰りましょと^^;

「霞町 すゑとみ」

東京都西麻布4−2−13 八幡ビル3F

03−5466−1270

ranmarun at 22:00│Comments(0)TrackBack(0) 和食 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
趙楊@新橋一笑美茶樓@赤坂